【Leica】新卒社員とLeica Vol.2 | THE MAP TIMES 
Select Language



【Leica】新卒社員とLeica Vol.2

[ Category:Leica|掲載日時:2018年12月22日 10時30分]



『Leica M9 ブラックペイント + ズマロン M28mm F5.6』
-言葉を写真に-

Leica M9 ブラックペイント + ズマロン M28mm F5.6
f5.6 1/30 iso200 WB AUTO



それがあなたの真実の感情であれば、
どんなことであっても心に刻まれ、自分の中へプラスに落ちてゆく…


Leica M9 ブラックペイント + ズマロン M28mm F5.6


今回の企画ではじめてLeicaを使用し、撮影いたしました。

使用した機材はライカデジタルではじめてのフルサイズ/ライカ版を採用したM9と
1955年から1963年に製造されていたLマウントの復刻版レンズ・ズマロン M28mm F5.6で。

ボディの厚さは37mmに対し、レンズの厚さはわずか18mm…
常に首からぶらさげていたのですが、レンズの先端が邪魔にならず、
重さも重すぎず軽すぎず、撮りたいときに厚みのあるボディをしっかり持ち、構え、
スナップ写真には丁度良いサイズ感でした。


Leica M9 ブラックペイント + ズマロン M28mm F5.6
f5.6 1/30 iso160 WB AUTO

この組み合わせの独特の雰囲気を味わいたいと感じたため、
今回載せている写真はすべてJPEGの撮って出しの写真です。

その独特の雰囲気は直結して写真に出てきています。
一度撮って、すぐに印刷してみたときには驚きました…
色の出かた、美しいと言わざるを得ないような周辺減光…

編集では決して再現することができない、独特の味を感じます。

Leica M9 ブラックペイント + ズマロン M28mm F5.6
f5.6 1/16 iso320 WB AUTO

ですが、周辺の歪みはなく、解像力の高い描写をしてくれます。
当時としては異例の超広角として誕生したこちらのレンズ…
外観含めすべてからLeicaのこだわりと質の高さを感じます。


Leica M9 ブラックペイント + ズマロン M28mm F5.6
f5.6 1/30 iso160 WB AUTO

また無限遠のロック機構が非常に便利でした。
無限でロックにしておき、撮りたい被写体を見つけたら、
ファインダーを覗かず、さっと時間をかけずに撮影をしておりました。

Leica M9 ブラックペイント + ズマロン M28mm F5.6
f5.6 1/30 iso160 WB AUTO

いつの間にかに無限でなくなってる心配もなかったので、
フォーカスレバーの誤作動を気にせずに撮ることができました。
「パチン」と無限遠でロックされるあの感触は何度もワクワクさせられました…


Leica M9 ブラックペイント + ズマロン M28mm F5.6
f5.6 1/30 iso160 WB AUTO

こちらの写真はファインダーを覗いてじっくり撮ってみました。
レンジファインダー式を使うのははじめてでしたので、上手に撮れるかとても不安でした。

ですが実際に使ってみると、思ったより簡単にピントを合わせることができ、
徐々に像が重なっていく光景がとても新鮮で、操る楽しさを感じました。

また、フォーカスレバーを操作する感覚がとても心地よく、
すっとストレスなく動かすことができるあの感覚は思わず無意味に動かしてしまいそうな程、良かったです。


Leica M9 ブラックペイント + ズマロン M28mm F5.6
f5.6 1/30 iso200 WB AUTO

レンジファインダーから挙げると、ファインダー内が撮影範囲以外の景色が見えることも印象深かったです。
実際のところどこまで写るんだ?と分からなくなってしまいそうになりましたが、
端の端まで見えると、構図の想像が膨らませやすかったです。

ファインダー覗きながら次の被写体を見つける…なんていうことがあったのは、
素通しのファインダーのおかげだと思います。


Leica M9 ブラックペイント + ズマロン M28mm F5.6
f5.6 1/90 iso160 WB AUTO

今回使用していて、カメラのシンプルさに改めてLeicaらしさを感じました。
撮影に最低限必要な機能しかついていなく、写真と向き合うためのカメラ、
シャッター音からも1枚1枚を重んじて撮る、大切に撮らなきゃいけない…そんなことを感じさせられました。

撮影した帰り道…この日は珍しく満足せず、もっとこのセットで撮りたいなと素直に感じました。


Leica M9 ブラックペイント + ズマロン M28mm F5.6
f5.6 1/12 iso400 WB AUTO


自分の中に落ちた感情は、すべて忘れることができない。
本物の感情の積み重ねで、きっと何かが見えてくる…

その本質が少しでも写真に可能性があるあなた、
また、スナップ写真好きなあなた、
ぜひLeicaで自分と向き合ってみてはいかがでしょうか。



▼今回使用した機材はこちら▼





〓〓タイムズフォト〓〓〓〓商品ピックアップ〓〓

[ Category:Leica|掲載日時:2018年12月22日 10時30分]



≪前の記事 記事一覧 次の記事≫

【写真を楽しむ6月】祖父の形見のNikon F4で撮るポートレート 【写真を楽しむ6月】祖父の形見のNikon F4で撮るポートレート 2019年06月20日
私は大学一年生の時に、祖父の形見のNikon F4を譲り受け、今でもF4で写真を撮り続けています。 今回はF4で撮影した、どこか懐かしい気分にさせてくれるようなポートレートをご紹介しながらF4の魅力に触れていきたいと思います。 Nikon F4は1988年にフラッグシップ機として発売されました。Nikon F一桁シリーズ初のオートフォーカスが搭載されています。 見た目はとてもメカメカしく、レバーやダイヤルにも存在感があります。シャッタースピードの最高速は1/8000秒。 そして大きくて重量があるのも特...
続きを読む
空を印刷 【写真を楽しむ6月】空を印刷 2019年06月19日
FUJIFILM X100F -今月の空- 6月は梅雨の季節。 防塵防滴のカメラも増え、雨の日でも写真を楽しめる現代ですが、 それでもやはり雨の日は撮影に出かけるのは控えてしまいます。 そんな6月に写真を楽しむ方法のひとつとして、 今までご自身で撮った写真を振り返り、お気に入りの写真を選別・印刷し、 まとめてみることはいかがでしょうか。 私は、毎日の空をFUJIFILM X100Fで撮って楽しんでいます。 今回このブログを書くために、1年間撮り続けた空の写真を整理・選別してみました。 そして...
続きを読む
イメージです 【写真を楽しむ6月】ローライ持って出かけよう! 2019年06月18日
ある日、棚を開けたらローライフレックスが出てきたとします。 「棚からローライ」……出たらいいなぁ… ……なんて願望はともかく、幸運にも二眼レフカメラの雄 ローライフレックスを手に入れることに成功した貴方は、いざ撮影に出かけようとして大変な事に気がつきます。 そう、ストラップがない!! ローライフレックスのほとんどのモデルで、ストラップ取付部が下の写真のような形状になっています。(ローライコードのシリーズは異なります。) 真ん中に心棒が入っているため、通常のスト...
続きを読む
【写真を楽しむ6月】OLYMPUS OM-4 とちょっとそこまで 【写真を楽しむ6月】OLYMPUS OM-4 とちょっとそこまで 2019年06月17日
とある平日の午後。東京都東村山市にある北山公園菖蒲苑に行きました。 北山公園菖蒲苑は東村山駅から徒歩で20分ほど。八国山緑地を背景にした自然公園です。 毎年6月上旬から中旬にかけ、300種、8,000株の花菖蒲が開花し、新東京百景にも選ばれています。 この日、首から下げたのは、OLYMPUS OM-4TiとE.ZUIKO AUTO-T 100mm F2.8の組み合わせ。 コンパクトなボディとレンズは、動き回る撮影にぴったりです。 OM-4Tiは1986年に発売され、電子制御布幕横走りフォーカルプレーンシャッターを持...
続きを読む
紫陽花を見上げる 【写真を楽しむ6月】紫陽花を見上げる 2019年06月16日
手に入れてすぐ、 これはめいっぱい楽しむには一脚必須! と確信した RICOH THETA SC。 今後の様々な撮影シーンを見据え、 小さな三脚付きの一脚を購入し、 紫陽花を見に出かけた際に連れていきました。 たくさんの品種が植えられており、 満開時にはそれは美しいようなのですが、まだ見頃はこれからというところ。 現在は、白と緑が上品なアナベルがとてもきれいに咲いていました。 これがやりたかった、中から! まるでこびとになった気分です。 手持ちではできません...
続きを読む

[↑TOPへ戻る]