晩秋の京 | THE MAP TIMES //該当の要素を削除する $(this).remove(); }); });  晩秋の京 | THE MAP TIMES
Select Language

晩秋の京

[ Category: Panasonic|掲載日時:2018年12月22日 19時53分]


京都というのは実に面白い街です。
これだけメディアに取り沙汰され、常に国内外から多くの人々が訪れて情報を拡散しているにもかかわらず、
実際に自分で訪れてみれば途端にその雰囲気に飲まれてしまいます。

私は学生時代からほぼ毎年京都を訪れています。
そこまで惹きつけられる理由は、やはり市内に点在する多くの寺や古道、繁華街でしょうか。
そしてその場所に流れる「歴史の重み」を感じるのです。
そこまで難しく考えているわけではありませんが、要するに古都に流れる独特の「空気」というものを感じたくなってしまうのです。



Panasonic (パナソニック) LUMIX DC-G9 PRO ボディ+Panasonic (パナソニック) LEICA DG SUMMILUX 25mm F1.4 ASPH.



Panasonic (パナソニック) LUMIX DC-G9 PRO ボディ+Panasonic (パナソニック) LEICA DG SUMMILUX 25mm F1.4 ASPH.


冒頭では大げさにいいましたが、私は実際には京都の寺についてそこまで詳しいわけではありません。
ただ上の二枚の写真のように境内のほんの一部を切り取ってみると、そこだけで完成された空間ができあがります。


Panasonic (パナソニック) LUMIX DC-G9 PRO ボディ+Panasonic (パナソニック) LEICA DG SUMMILUX 25mm F1.4 ASPH.


京都の路地裏というのは、東京のそれとはまた違った趣があります。
こうして路上に止められた自転車も実に様になってしまいます。


Panasonic (パナソニック) LUMIX DC-G9 PRO ボディ+Panasonic (パナソニック) LEICA DG SUMMILUX 25mm F1.4 ASPH.


売店の窓辺に置かれた招き猫に惹かれました。
こういった小物も京都ではより見映えしてしまうのが不思議なところです。


Panasonic (パナソニック) LUMIX DC-G9 PRO ボディ+Panasonic (パナソニック) LEICA DG SUMMILUX 25mm F1.4 ASPH.


清水寺からの京都市内の眺め。奥に京都タワーが見えます。


Panasonic (パナソニック) LUMIX DC-G9 PRO ボディ+Panasonic (パナソニック) LEICA DG SUMMILUX 25mm F1.4 ASPH.


Panasonic (パナソニック) LUMIX DC-G9 PRO ボディ+Panasonic (パナソニック) LEICA DG SUMMILUX 25mm F1.4 ASPH.


ふと見上げると、傘にもみじの葉がくっついていました。
今回京都を訪れたのは12月の初め。紅葉はぎりぎり残っていて、最後の華やかな赤色をしていました。


Panasonic (パナソニック) LUMIX DC-G9 PRO ボディ+Panasonic (パナソニック) LEICA DG SUMMILUX 25mm F1.4 ASPH.


最後にとある路地の石畳。
この道に一体どれだけの時間と人々が通り過ぎたのかは想像もできませんが、
こうやって自分がその上を歩いていると考えることが楽しいのです。


いかがでしたでしょうか。
個人的に、京都を十分に楽しむには最低でも三日は必要だと思っています。
三日あれば毎回訪れている定番のスポットを回りつつ、もう一歩いつもと違うところへ向かう余裕が生まれるはずです。


旅の定番といえる京都も、テーマを持って歩けば自分にしか得られない何かを見つけられるかもしれません。


今回使用した機材はこちら
Panasonic (パナソニック) LUMIX DC-G9 PRO ボディ
Panasonic (パナソニック) LEICA DG SUMMILUX 25mm F1.4 ASPH.












〓〓タイムズフォト〓〓 〓〓商品ピックアップ〓〓

[ Category: Panasonic|掲載日時:2018年12月22日 19時53分]

面白いと思ったらコチラをClick!20票


null

【Panasonic】巾着田を撮る。[2019年10月12日]

日高市内を流れる清流、高麗川(こまがわ)の蛇行により長い年月をかけてつくられ、 その形がきんちゃくの形に似ていることから、巾着田(きんちゃくだ)と呼ばれるようになりました。 ここ数年、通い続けて少しワンパターン化してきてしまったかな。 と思い行くのを躊躇していたのですが そういえばまだやったことがない事がある、と思って今年も行ってきました。 というわけで 焦点距離: 560mm 絞り:F4.0 / シャッタースピード:1/1000秒 / ISO:200 2019 巾着田を超望遠で撮る です。 ...
続きを読む
【Panasonic】GH5で4K&6K PHOTOを撮ってみた

【Panasonic】GH5で4K&6K PHOTOを撮ってみた[2019年10月03日]

あっというまに過ぎ去ってしまうシャッターチャンス、肉眼では見逃してしまうような一瞬を画に残したいと思うことはありませんか? わたしは普段生き物を撮ることが好きです。いざ被写体に向けてカメラを構えていても、反応が遅れて撮り逃してしまうことがしょっちゅうあります。 そこで以前から気になっていたGH5に搭載されている機能『6K PHOTO/4K PHOTO』に挑戦してきました。 今回訪れた場所は千葉市動物公園です。 GH5とともに同行した使用レンズはLEICA DG VARIO-ELMARIT 50-200mm F2.8-4.0 ASP...
続きを読む
【増税前にデビュー】S1レンズキットで撮る

【増税前にデビュー】S1レンズキットで撮る[2019年09月12日]

さて今回は、Panasonic DC-S1M レンズキットのLUMIX S 24-105mm F4 MACRO O.I.S. で撮影した写真をご紹介いたします。 折角の機会だったのですが雨降りの一日。 というわけで雨の日のしとしと室内撮りです。 DC-S1はDC-S1Rと比べ画素数を抑え、動画も撮れるハイブリッド型ということになっていますが、 写真機として十分な画質を誇ります。 赤と緑のコントラストが印象的だった椅子を一枚。 椅子の革の皺もきめ細かく描写しています。 雨の日の室内というのは光が柔く、 射す、と...
続きを読む
DC-S1 + Art 35mm F1.2 DG DN

【私のお気に入り】A Better Life, A Better One[2019年08月14日]

Lifeを豊かにする選択肢 【DC-S1 + Art 35mm F1.2 DG DN / F1.2】 自分の「くらし」を、数々の「お気に入り」で彩っていく。 それは人生を豊かにするとてもシンプルで直感的な方法でしょう。 カメラや時計などに限りません、 服やバッグといった身に着けるものはもちろん、お店や観光地などの場所、 ありとあらゆる「お気に入り」が私たちの人生を色鮮やかで豊かなものにしてくれます。 さて今回は、筆者の人生を彩るspecialな相棒、 Panasonic S1で使える2本のレンズを紹介しながら、筆者の「お気...
続きを読む
Panasonic LUMIX G X VARIO 12-35mm F2.8 II ASPH. POWER O.I.S. H-HSA12035

【私のお気に入り】生き物を撮ること[2019年07月21日]

私は動物たちと暮らしてきた。 近所の文房具屋から貰ってきたハムスター、 15年も生きた縁日の金魚、 祖母の家にはイグアナと猫がいて、 ある日突然家にやってきた犬とは人生の半分を共にした。 動物たちとの思い出はずっと心に残っている。 そんな動物たちのことが恋しくなると、 私はたくさんの生き物に会いに行く。 梅雨の晴れ間に水族館へ行ってきた。 青色の空間でゆらゆら泳ぐ魚たち。涼しい。 クーラーが効いている。 カメラは映画制作を学んでいた学生時...
続きを読む