【SONY】α7IIIとちょっとそこまで | THE MAP TIMES 
Select Language



【SONY】α7IIIとちょっとそこまで

[ Category:SONY|掲載日時:2018年12月24日 18時00分]



とある平日の午後、お散歩に出かけました。
東急田園都市線の市が尾駅からしばらくバスに揺られると、車窓に田園風景が広がってきます。
お供には、α7IIIとFE24-105mmF4G、MACRO APO-LANTHAR 65mm F2 Asphericalの2本を持っていきました。



神奈川県横浜市青葉区にあるこの地域は、「寺家ふるさと村」と呼ばれ、山々と間の谷筋に沿って昔ながらの田園風景が残されています。



まず初めにご挨拶ということで、ふるさと村を見下ろす熊野神社に向かいます。桜の木が両脇に植えられた長い階段を上り、この地域を見守って来た獅子を一枚撮らせていただきました。



静かな境内でお参りを済ませ境内を散策していると、時々階段の下から地元の人がやって来ます。
この時以外にも神社に向かう人を見かけたので地域で大切にされている神社なのだと感じました。



神社を後にして、田んぼが広がるほうへ向かいます。訪れたのは12月、田んぼの刈り取りは終わり冬の気配が訪れていました。
近くの道路の脇では写生をする人たちが、里山の景色を描いています。



写生する人の横を通り進むと水車小屋がありました。この時は水車は動いておらず静かに次の季節を待っているようでした。



今度は田んぼの方に目を向けると、秋の収穫の名残がありました。稲を干す鉄パイプの稲木と脱穀を終えた藁が残されています。



水田の脇を未舗装の道が谷の奥に向かって伸びていました。
子供の頃、このような田舎の道で奥に何があるのか行ってみたい好奇心で進んでみたものの、
その向こうの暗い谷に怖さを感じて引き返したことを思い出しました。



散策を終えるころには、辺りには夕方の気配が漂ってきました。日没よりも早く覆う谷の影がだんだんと田んぼに向かって広がって来ます。
「今日は暗くならないうちに」とバスに乗り家路につきました。







〓〓商品ピックアップ〓〓 〓〓タイムズフォト〓〓


[ Category:SONY|掲載日時:2018年12月24日 18時00分]



≪前の記事 記事一覧 次の記事≫

ヴィンテージカメラ mickey35を使ってみた 【SONY】待望の動物対応 瞳AFがα6400に実装されました! 2019年06月13日
本日、α6400ユーザーが待ちに待った動物対応 瞳AFのファームウェアが公開されました! アップデートはコチラから!(ソニー公式サイト) ご自宅で簡単にアップデートが可能です。 α7RIII、α7IIIで先行搭載され、話題の新機能が遂にα6400にも搭載! フルサイズ機に比べると手軽で使いやすいエントリー機 α6400に対応したことで、今まで以上に気軽に動物対応瞳AFを楽しめるようになりました。 使い方はいたってシンプル! 動物に向かってシャッターを半押しするだけで簡単に瞳にピントが合っ...
続きを読む
ポピーに魅せられて 【写真を楽しむ6月】ポピーに魅せられて 2019年06月10日
α7III + FE24-105mm F4G OSS + ND8 91mm | F5.6 | 1/6 | ISO100 ポピーに魅せられて 暑い日が続いた5月後半、日中は撮影への集中力が続かない為、早朝に撮れる被写体を探しました。 筆者はインターネットで被写体を探したり、グーグルマップでのロケハンをしばしば行いますが、 今回見つけた被写体は、「早朝のポピー」でした。陽が高くなる前なら動きやすいと、休みの日に早速撮影地へ出向きました。 α7III + MC-11 + Art135mm F1.8 DG HSM(キヤノンEF) 135mm | F3.5 | 1/60 | IS...
続きを読む
【写真を楽しむ6月】動物瞳AFを愉しむ 【写真を楽しむ6月】動物瞳AFを愉しむ 2019年06月01日
先日のファームアップで待望の「動物対応瞳AF」が実装された、ソニー「α7III / α7RIII」。 今回は「α7RIII」に「FE 24-70mm F2.8 GM SEL2470GM」を装着し、その実力を体感すべく、いざ動物園へ。 先ずは、腹ごしらえから。 赤い瞳ではなく、いくらが零れ落ちるボリューム。 うねうねとした角にインパクトのある動物と目が合います。 「ブラックバック」というそうです。 てっきりシカの仲間かと思いきや、ウシ科に属するそう。 動物の分類も奥が深いなと変なところに感心したりします。 ...
続きを読む
【SONY】雨ニモマケズ、風ニモマケズ。 【SONY】雨ニモマケズ、風ニモマケズ。 2019年05月27日
焦点距離:24mm 絞り:F4 シャッタースピード:1/400秒 ISO:125 我々、カメラ好きにとって毎年やってくる憂鬱な季節。 【梅雨】 豊かな四季を誇る日本にとって、植物への恵となる雨・・・。わかってはいるのですが、如何せん湿気は機材の大敵であり、せっかくの休日に撮影に行こうと考えていても天気は生憎の【雨】。 生まれつきの出不精な私にとっては、家にこもりっぱなしにもなりがちな季節。 【梅雨】 ジメジメジメジメジメジメジメジメジメジメジメジメジメジメジメジ...
続きを読む
【SONY】強くてニューゲーム 【SONY】強くてニューゲーム 2019年05月14日
愛らしい容姿と、美しい囀り…。 被写体として、小鳥ほど魅力のあるものはなかなか無いのではないでしょうか。 とはいえ撮影難易度は非常に高く、「作品」を撮ろうとすると多大な努力を要します。情報収集から始まり、なわばりの位置特定、さらには目当ての鳥が現れるまで何時間も粘ったり…。 どちらかというと筆者は「歩きながら小鳥を探し、見つけたら撮る」というお手軽撮影派です。なので今までは愛機の一眼レフに70-300mmのズームを装着し、ライトに野鳥撮影を楽しんでおりました。 ですが、そ...
続きを読む

[↑TOPへ戻る]