【SONY】 コンデジを侮ることなかれ DSC-HX99Vの実力は凄かった! | THE MAP TIMES 
Select Language



【SONY】 コンデジを侮ることなかれ DSC-HX99Vの実力は凄かった!

[ Category:SONY|掲載日時:2019年01月07日 17時30分]



SONY DSC-HX99

SONY DSC-HX99

SONY DSC-HX99

SONY DSC-HX99


突然ですが、この写真はどのカメラで撮影された写真かお分かりになりますでしょうか。

一眼レフ?
ミラーレス?
高級コンデジ??

本ブログのタイトルで察しがつくと思いますが
1/2.3インチ小型センサーを搭載したコンデジで撮影したものです。

一眼でもなく、ミラーレスでもなく、高級コンデジでもない
ファミリー向けのセンサーサイズが小さいコンデジで撮影されたものだと聞くと、驚く方もいるかも知れません。


近年、スマートフォンを筆頭にした気軽に写真撮影ができるデバイスとの差別化を図り、フルサイズミラーレスや大型センサーを搭載したコンデジが主流になってきました。

その中で残念ながら縮小を続けている1/2.3センサーを搭載したコンパクトデジタルカメラ。
コンデジ全盛期は各メーカーがしのぎを削り、技術力をつぎ込んだ新製品が出るたびに革新的な技術が搭載され、すごい!と感動していた頃を懐かしく思う方も多いかもしれません。

しかし、近年もコンデジは進化を続けており、全盛期とは比較にならないスペックを手にしていました。
マップタイムズやkasyapaでもあまり取り上げることのない1/2.3センサー搭載コンパクトデジタルカメラ、今だからこそ改めてその魅力に迫ってみたいと思います。

SONY DSC-HX99


今回はSONYから発売されているDSC-HX99を片手に、限られた時間の中ではありますが、様々な撮影にトライしてみました。

センサーは先述の通り"1/2.3型 Exmor R CMOS センサー"を搭載しており、SONYのお家芸である裏面照射型CMOS技術が使用されています。

レンズはZEISSバリオ・ゾナーT*レンズ≪レンズ構成:10群11枚(非球面レンズ5枚)≫と、小さいながら11枚のレンズを使用することで高倍率ズームを可能にし、非球面レンズ5枚搭載と光学性能にも力が入っていることが伺えます。

このレンズの焦点距離は"24-720mm"と、近年コンデジの主流となっている高倍率ズームレンズでありながら、242gとコンパクトなボディサイズに収まっています。
家族写真から風景写真、スナップから子供の運動会までこなすことが出来るオールインワンのコンパクトデジタルカメラに仕上がっています。

このクラスのコンデジは保存形式としてJPG一択とされているのが一般的ですが、DCS-HX99はRAW撮影ができ、撮影後に自宅でゆっくり調整できるのも大きなポイントです。
(ちなみに、小型化に伴い記録メディアがmicroSDカードとなっているので注意が必要です)


以下に掲載される写真は全てSONY DSC-HX99にて撮影された作例です。
RAW形式で保存の上、最低限のカラーバランス、露出の調整、ノイズ処理を行っています。


小型センサー搭載のコンパクトデジタルカメラにも様々なメリットがありますが、その一つに最短撮影距離の短さがあります。

SONY DSC-HX99

SONY DSC-HX99


一枚目のおはじき写真の左端の繊維を見て頂ければわかるとおり、接写でも周辺部までキレのある描写が維持されているのがわかります。
ガラスの透明感のあるクリアな質感も表現されており、マクロ性能の高さが窺えます。

フクロウの写真は薄暗い環境下での撮影でしたので、感度を上げたことでノイズが出てしまっています。
しかし、羽の質感は損なわれておらず、しっかりとノイズ処理を行えば十分に実用に耐えうるのではないでしょうか。

SONY DSC-HX99

SONY DSC-HX99


少し時季外れになってしまいましたが、色づいた葉もマクロで撮影してみました。
一枚目の写真のように、ズームしつつ最短撮影距離付近で撮影すれば、小さなセンサーでも十分にボケを生かした撮影が可能に。

二枚目のような広角側ならではのダイナミックなマクロ撮影は、小物や花の撮影だけでなく、小さなペットや昆虫にも積極的に活用したいところです。


SONY DSC-HX99

SONY DSC-HX99


ここまで良い点ばかりを挙げてきましたが、他の小型カメラと同様に強い逆行時には、光源に対しては特徴的なフレアが発生してしまいます。
橋に太陽の光が当たって反射している部分は特に分かりやすいのではないでしょうか。
ダイナミックレンジもセンサーサイズが小さい故、どうしても白飛びしてしまいがちではあります。
キラキラ光る水面の反射なども、場合によっては少し気になるかもしれません。

SONY DSC-HX99

フレアや白飛びしやすい特性を生かせないかと思い、水が撒かれたアスファルトを撮影してみました。

明暗さを大胆に活かしながらホワイトバランスも調整することで、いつも気にせず歩いている歩道も幻想的な雰囲気に。

カメラ側で変更しながら撮影もできますが、RAW対応の本機種では自宅に帰ってからゆっくりホワイトバランスの調整を行うことが可能です。
調整前提で構図だけささっと決めて撮影が出来るのも、本機の魅力です。

SONY DSC-HX99

SONY DSC-HX99

SONY DSC-HX99

SONY DSC-HX99


DSC-HX99をポケットに忍ばせ、近所の公園をぶらぶらと散歩しながらスナップ感覚で撮影を行いました。

先ほど逆光では…との記述をしましたが、少し意地悪な環境下での撮影でしたので、通常使用する分にはあまり気になる事もなく、綺麗な写真を描き出してくれました。

木の凹凸の質感や自転車のイスの光沢感もしっかり出ており、ワンランク上の写りを楽しませてくれます。


SONY DSC-HX99


お洒落なカフェがあったので、少しローアングルめに一枚パシャリ。
本機は可動式液晶を備えているので、腰の位置までアングルを落とすことも安易に可能です。

街中で腰をかがめて…なんて撮影をしていると目立ってしまいがちですが
姿勢を変えずにアングルを変更できるのも本機を使っていて感じたうれしいポイントです。

SONY DSC-HX99

SONY DSC-HX99

SONY DSC-HX99



コンデジでは厳しいと思いがちな明暗差のある写真も、露出さえ整えれば一眼レフに決して劣らないレベルで撮影が可能なことに驚きました。

昔のデジタルカメラでは明るいところは白飛び、暗いところは黒つぶれ…なんて撮影環境でも階調がしっかり表現されており、SONYセンサーの技術力の高さが実感できると思います。


SONY DSC-HX99


本機の特徴である高倍率ズームを活かして、野鳥の撮影も少し行いました。
720mmの世界では手振れが気になるところですが、手振れ補正のおかげで安定して被写体をとらえ、撮影する事ができます。

ゆっくり泳いでいる鴨に対しては高速AFでピタっとピント合わせができ、一眼レフさながらの一枚に。
比較的動きの遅い被写体であれば、テレ側720mmでも十分な結果が得られそうです。

SONY DSC-HX99

SONY DSC-HX99


本機はシャッタースピード優先での撮影も可能でしたので、上限である1/2000秒での撮影も行いました。

ハイエンド機やレンズ交換式カメラは1/4000~8000秒で撮影が出来る中、1/2000秒では少し心許無いと思うところではありますが、ポケットサイズで持ち歩けるカメラという前提であれば必要十分であるとも言えます。

流石に鳥の羽ばたきを止めることはできませんでしたが、顔の部分はしっかり止まっており、ちょっとした撮影には十分耐えうるのではないでしょうか。

さすがに噴水の撮影は意地悪かな?と思いながらトライしてみましたが、水玉一つ一つをしっかりと捕られており、シャープさには欠けるもののここまで出来るのか!と感心した一枚に。


SONY DSC-HX99

(背景の白い線はツリーを支えるワイヤーです)

最後は夜景の作例です。
クリスマスシーズンはデートや家族で、夜景やイルミネーションを楽しむ方も多いと思います。
そんな時に大きな一眼やカメラはちょっと…という時にもポケットサイズの本機は大活躍。
スマートフォンよりワンランク上の撮影を手軽に楽しむことができます。

180度可動式液晶モニターも搭載しているので夜景と共に自撮りしたり
その写真をWiFiでスマートフォンに送信することも安易に行うことが出来るのもうれしいポイントです。

SONY DSC-HX99


少し遠いところにあるクリスタルのシャンデリアも高倍率ズームの本機であれば簡単に撮影することができます。
このようば場所で600mmを超える大きなレンズを使うのはさすが躊躇ってしまうところですが
ポケットからササっと取り出し、スマートに撮影することができました。
肝心の画質もクリスタルの質感がしっかりと描写されており、立体感のある一枚に。


SONY DSC-HX99


ちょっとした夜景の撮影では、超小型三脚での長時間露光での撮影もオススメです。
感度を少しでも上げたくない場面では、シャッタースピードを遅くすることでノイズの少ないクリアな夜景撮影が可能になります。
光源が強いところでは少し白飛びしてしまっていますが、ノイズレスのかなり綺麗な画質を得られることができました。


以上、少し長くなってしまいましたが、SONY DSC-HX99のレビューを締めたいと思います。
実際に本機を使ってみた感想としてはスゴイ!の一言。
ここまで撮れるのであれば重たい一眼レフは要らないのでは…なんて思わせてくれる機種になりました。

ファミリーフォトや荷物を少なくしたい旅行での撮影で大活躍の本機。
写真好きな方もポケットに忍ばせておけば、オールマイティに活躍してくれること間違いなし。
高性能カメラに目が行きがちですが、今を生きるコンデジも是非思い出していただければ幸いです。


↓今回の撮影で使用した機材はコチラ!↓






〓〓商品ピックアップ〓〓 〓〓タイムズフォト〓〓

[ Category:SONY|掲載日時:2019年01月07日 17時30分]



≪前の記事 記事一覧 次の記事≫

【SONY】強くてニューゲーム 【SONY】強くてニューゲーム 2019年05月14日
愛らしい容姿と、美しい囀り…。 被写体として、小鳥ほど魅力のあるものはなかなか無いのではないでしょうか。 とはいえ撮影難易度は非常に高く、「作品」を撮ろうとすると多大な努力を要します。情報収集から始まり、なわばりの位置特定、さらには目当ての鳥が現れるまで何時間も粘ったり…。 どちらかというと筆者は「歩きながら小鳥を探し、見つけたら撮る」というお手軽撮影派です。なので今までは愛機の一眼レフに70-300mmのズームを装着し、ライトに野鳥撮影を楽しんでおりました。 ですが、そ...
続きを読む
【SONY】下町にて昭和を想う 【SONY】下町にて昭和を想う 2019年05月03日
先日、ずっと訪問したいと思っていたJR日暮里駅周辺の散策に行ってきました。 この界隈には平成より以前、昭和の雰囲気を今なお残す街並みが多く、谷中・根津・千駄木と合わせて「谷根千」と呼ばれ 外国人観光客も訪れる、東京下町散策スポットがあります。 日暮里駅を出発して数分、さっそく美味しそうな佃煮が並んだお店に足を止められます。 モノクロ写真でも絶対に美味しいであろうことが分かる、「とら豆」「甘海老」の佃煮。 佃煮店に後ろ髪を引かれつつ進んでゆくと、「昭和の遊び...
続きを読む
【SONY】遂に始動!驚愕の動物リアルタイム瞳AFの実力!(実写作例多数掲載) 【SONY】遂に始動!驚愕の動物リアルタイム瞳AFの実力!(実写作例多数掲載) 2019年04月19日
SONY α7III(動物リアルタイム瞳AF) + SEL100400GM 2019年4月11日 α9に続いてα7RIII、α7IIIの大規模アップデートが実施されました。 今回のアップデートでは初めて動物を対象にしたリアルタイム瞳AFが搭載されました。 ペットを飼っている方は待望の機能、待っていた方も多かったと思います。 実際の使い勝手はどうなのか? 本当に瞳にAFが合うようになるのか? そんな疑問にお答えすべく、今回は動物リアルタイム瞳AFにスポットを当てて行きたいと思います。 筆者はロングコートチワワ...
続きを読む
【SONY】RX0 II「手のひらサイズの本格派4Kカメラ」 【SONY】RX0 II「手のひらサイズの本格派4Kカメラ」 2019年04月14日
手のひらサイズの1.0型センサー搭載カメラ「RX0」が更に進化してII型として新登場しました。 今回撮影した映像(4K再生可能です) 撮影設定:PP7「S-Gamut/S-Log2」/ATOMOS SHOGUN収録 カラーグレーディング済み 新たに可動式液晶・4K動画の本体内記録・電子手振れ補正などに対応。外観レビューや使い方は既にメーカーサイトや様々なメディアで取り上げられているので、今回はRX0 IIの4K性能を最大限引き出すべく、外部レコーダーを使用して4Kのテスト撮影を行いました。 小型が魅力のカメラで外部収録を...
続きを読む
【SONY】遂にリリース!α7IIIとα7RIIIに動物対応 瞳AF 【SONY】遂にリリース!α7IIIとα7RIIIに動物対応 瞳AF 2019年04月11日
遂に動物瞳AFのファームウェア“Ver.3.0”がリリースされました!今回の対応機種はα7IIIとα7RIII。他にも性能や操作が向上した点など本ブログで説明いたします。 瞳AFの動物対応 犬・猫・その他一部の動物 瞳を検出してピントを合わせ続ける「リアルタイム瞳AF」が動物にも対応しました。犬・猫の他に一部の動物に対応したとのことですが、おそらく顔のパターンが似ていれば反応するのではないかと思われます。ちなみにサンプル資料の中にはキツネの写真もありま...
続きを読む

[↑TOPへ戻る]