【Leica】新卒社員とLeica Vol.3 | THE MAP TIMES 
Select Language



【Leica】新卒社員とLeica Vol.3

[ Category:Leica|掲載日時:2018年12月24日 11時36分]



新卒社員とLeica Vol.3
今回は新卒1期生のカメラビギナー2人でお送りしていきます。


私が使用したカメラはLeica M(Typ240)ボディとズミルックスM35mm F1.4 ASPH.


Leica M(Typ240)+ズミルックスM35mm F1.4 ASPH.



今までに手にしたことがない値段。
高級カメラといえばLeicaというイメージです。
持ってみると、今までミラーレスしか使ったことがなかった私からすると重い(物理的にも、金額的にも)
首にぶら下げて撮影に行きましたが終始両手で抱えておりました。
後ほど調べてみるとCanon EOS 6Dと同じ重さでした。普通でしたね。

Leica M(Typ240)+ズミルックスM35mm F1.4 ASPH.
焦点距離:35mm シャッタースピード:1/3000秒 ISO:200


もちろんレンジファインダーは初めて。
今までオートでシャッターを切るだけだった私にとっては慎重に、ゆっくりシャッターを押しました。
「わっ」と一言。
カメラの楽しさが少し実感出来た気がします。
ただ撮るだけではなく、その撮る工程を楽しむ。
どんな構図がいいか、どんな風に写したいか。
ファインダーを覗くと露出が合っているか教えてくれるのでそれに合わせてISO感度を動かすことができ、私でも扱えます。
慣れてくると、もう少し明るい方が好きだな。ここは暗い雰囲気で撮りたいなと楽しさ倍増です。

Leica M(Typ240)+ズミルックスM35mm F1.4 ASPH.
焦点距離:35mm シャッタースピード:1/4000秒 ISO:200



自宅から最寄まで、撮影地に向かう前にウロウロ
コントラストがどうとれるのかが気になり歩道橋をパシャリ
シャープで硬いイメージとあった1枚。
想像以上にコントラストも綺麗に出ています。

Leica M(Typ240)+ズミルックスM35mm F1.4 ASPH.

焦点距離:35mm シャッタースピード:1/45秒 ISO:200



当社のコミュレビを見ていると『立体感』という言葉を何度が目にしました。あまりピンと来ていなかったのですが、撮影した写真を見てなるほど実感。綺麗なボケと奥行きを美しく表現できています。

Leica M(Typ240)+ズミルックスM35mm F1.4 ASPH.
焦点距離:35mm シャッタースピード:1/15秒 ISO:800


何も知らないのでとりあえずいじってみる。
ちゃんと説明書を読まないのは私の悪いところです。
後々知ったのですが、LeicaのレンズはボディにF値が記録されません。
色々いじっていたせいでF値がわかりませんでした。


続いて使用したのはLEICA M8+Leica ズミルックス M24mm F1.4 ASPH.

LEICA M8+Leica ズミルックス M24mm F1.4 ASPH.


Leica M8は「APS-Hサイズ」のCCDセンサーを搭載しています。
35mm判換算で1.33倍なので、24mmのレンズは約32mm相当の画角。
カメラのセンサーに赤外線をカットするIRフィルターが内蔵されていないので、カラー撮影の際はレンズに「UV/IRフィルター」の装着が必須です。
今回は、あえてモノクロ撮影に挑戦しました。

LEICA M8+Leica ズミルックス M24mm F1.4 ASPH.
1/4000秒 ISO 160


陰影がとてもやわやわとしています。
シネマのような表現力を感じます。
写真がうまくなったような気持ち。
重量はわりとずっしりの545g。レンズとあわせれば1054g。
筆者はリストストラップなのですが、M8には握りこめるような出っ張りがないので常に子猫を抱えるように持っていました。

LEICA M8+Leica ズミルックス M24mm F1.4 ASPH.
1/3秒 ISO 160


やはりちょっとやそっとでは使いこなせません。
歩きながらだとピントが合っているのかよくわからないので、意図せず都会の喧騒を表現しているような写真ができました。
これも個性なのでしょうか。

LEICA M8+Leica ズミルックス M24mm F1.4 ASPH.
1/3000秒 ISO 160


都心にいるといろいろな方がいます。
咄嗟にカメラを構えます。
レンジファインダーは一眼レフとまた違って、真ん中の照準に合わせるので意外とピントが分かりやすいです。
被写体が真ん中にいると合わせやすくて助かります。
広めの画角が好きで選んだズミルックスM24mm F1.4が、いい空間を作ってくれています。


LEICA M8+Leica ズミルックス M24mm F1.4 ASPH.
1/45秒 ISO 160


驚きなのが、夜の撮影もなんなくできるということです。
ファインダーでじっくり合わせてシャッターを切ると、前に立っていた人間のシルエットがきれいに浮きました。
また、レンジファインダーと言ってもデジタル。
撮った写真をすぐに確認できるのが便利です。

人生で初めて使ったLeica。
伝統的でクラシカルなフォルムとその使用感を残しつつ、またひとつのデジタルカメラとしてもその立場を確立している、
そのスタイルがいままでも、そしてこれからも多くのファンを魅了し続ける理由なのかな、と感じました。

いつかまた私たちがこのカメラで撮る事を目標に、これからも頑張っていきたいと思います。







〓〓タイムズフォト〓〓

[ Category:Leica|掲載日時:2018年12月24日 11時36分]



≪前の記事 記事一覧 次の記事≫

6枚玉がとおる 【写真を楽しむ6月】6枚玉がとおる 2019年06月14日
各所で暑い日が続き、日に日に来る夏の気配を肌で感じられるようになってまいりました。 皆様いかがお過ごしでしょうか。 今年ももう折り返しの6月。 私事ですが今月で【ズミクロン M35mm F2】の第二世代 通称【6枚玉】を使い始めて半年、つまり6か月が経ちます。 この度のテーマは【写真を楽しむ6月】。 半ば強引ではございますが、この6の数のめぐりあわせに改めて6枚玉で写真を撮ってまいりました。 またお付き合いいただけると幸いです。 ...
続きを読む
null 【写真を楽しむ6月】カラーフィルターを外して 2019年06月04日
シンプルにいたい今日この頃。 人は視覚からの色彩だけでなく 日々の言葉や経験から蓄積されていく色を介して また外の世界を見ていくのだと、思います。 summicron M90mm F2 グラスとコーラが別々で出てくるタイプの喫茶店にいました。 6月です。 早いもので入社して3ヶ月目に突入して、 めまぐるしく時が過ぎ去っていくのを感じます。 このままでは浦島太郎状態になるのではないかと不安になります。 summicron M90mm F2 Elmer L50mm F3.5 写りこみも、モノクロなら...
続きを読む
【新元号令和、平成を振り返る】私のM9とSonnarと子供 【新元号令和、平成を振り返る】私のM9とSonnarと子供 2019年04月28日
あと数日で平成も終わり、新たな元号へと変わります。 今回のブログ企画の話が来て、所有しているカメラでちょうどいい話ができそうだと思いました。そのカメラは『Leica M9』。平成はフィルムからデジタルへ変わった時代。35mmフィルムカメラの歴史そのものとも言えるライカが作った、初のフルサイズセンサーを搭載したM型ライカになります。 M9の発売は今から10年前の2009年。1800万画素のコダック製ローパスレスCCDを搭載した伝統のMマウント・レンジファインダー機。 ...
続きを読む
Vol.1 ~Summicron 50mm F2 1st~ 【新元号令和、平成を振り返る】Leicaで撮るということ 2019年04月18日
平成も終わりかぁ。と思い 数年前に書いたブログを思い出しました。 【SONY】Leicaで撮るということ 当時はα7が発売され、 マウントアダプターでどんなレンズも付ける事が出来る。 という事に感激していた記憶があります。 Leicaで撮るということ、と書いておきながらカメラはSONYなんですが笑 Vol.1 ~Summicron 50mm F2 1st~ Vol.2 ~Summarit 50mm F1.5~ Vol.3 ~Summilux 75mm F1.4~ Vol.4 ~Summar 50mm F2.0~ Vol.5 ~Summarit-M 90mm F2.5 6bit~ Vo...
続きを読む
【Leica】花見月をライカと楽しむ「鎌倉の旅」イベントレポート 【Leica】花見月をライカと楽しむ「鎌倉の旅」イベントレポート 2019年04月02日
桜の開花宣言から数日経ち、そろそろ見頃を迎えた3月30日。神奈川・鎌倉にて開催いたしました『花見月をライカと楽しむ 鎌倉の旅』のイベントをレポートいたします。 今回16名の参加者にお貸し出しをした機種は最新の『M10』と『M10-P』。レンズは35mmと50mmをご用意し、春の鎌倉を思い思いに撮影していただくイベントです。 新宿から貸切バスで移動し、一行は“鎌倉大仏”で有名な大仏殿高徳院へ。 ツアーの講師としてお招きしたのはプロカメ...
続きを読む

[↑TOPへ戻る]