【Canon】R Playing vol.04 | THE MAP TIMES 
Select Language



【Canon】R Playing vol.04

[ Category:Canon|掲載日時:2019年01月16日 20時36分]




EOS R + EF 85mm F1.8 USM
f/1.8 シャッタースピード 1/640 ISO感度 100



今回はプライベートでも最も愛用している画角、
中望遠の「EF 85mm F1.8 USM」です。

レンズ構成:7群9枚 (絞り羽根:8枚)
最短撮影距離:0.85m(最大撮影倍率:0.13)
フィルター径:58mm 
重量:約425g

1992年生まれなので27歳。
今でも現行で発売、人気が衰えている印象は見受けません。
持ってみるととにかく軽い。
ピントリングは軽めですがマニュアルフォーカスはやり易いです。

毎回自然溢れる場所に足が向かいがちなので
シティに行ってきました。目指せシティボーイ。



EOS R + EF 85mm F1.8 USM


ネオンにエレベーター。
シティ(?)っぽさを押さえてみました。
ずっと工事しているイメージのある街だったんですが
それも終わってどんどん進化していてびっくり。
上京するってこんな気持ちなんでしょうか。


EOS R + EF 85mm F1.8 USM
f/4.5 シャッタースピード 1/160 ISO感度 100


縫い目の隙間からメッセージ。
まだ出来立てのメッセージはパリっとして力強さを感じます。
陰影が綺麗だったのでモノクロにしてみました。


EOS R + EF 85mm F1.8 USM
f/4.5 シャッタースピード 1/400 ISO感度 100


ぐねっと曲がった道を切り取り。
中望遠で高所から撮る、というのは「切り取る」印象が強くなって面白いなと気づきました。
f4.5まで絞ったのですが解像力申し分なしです。
柔らかい印象だけだったので嬉しい誤算でもありました。
絞った画も積極的に撮りたくなります。


EOS R + EF 85mm F1.8 USM
f/1.8 シャッタースピード 1/640 ISO感度 100

「こうかはばつぐんだ!」
後ろに並ぶ赤いポールがまるで控えみたいに並んでます。
気軽に撮って去るつもりが何度撮っても水平が取れずに、
ムキになってポールにものすごい執着を持った人になってしまいました。


EOS R + EF 85mm F1.8 USM
f/2.0 シャッタースピード 1/400 ISO感度 100


街と街を繋ぐ道がちょっとしたオシャレな道になっていました。
おそらく何でもなかった通りをアイデアが咲かせたのでしょう。
ちょうど休みだったりまだ開店していなかったりで活気づいた感じを見ることは出来ませんでしたが、
こういう風に細い道まで気が配られ、その気付きを楽しめるのは「街」の魅力の一つです。
滑らかな曲線で椅子が並んでいたので思わず一枚。


EOS R + EF 85mm F1.8 USM
f/1.8 シャッタースピード 1/160 ISO感度 100


日が傾き始めた午後。
このレンズは本当に光がよく回ります。
逆光に向けると面白いくらい出ます。
でもそれがきっと魅力の一つなのでしょう。
この逆光を上手く使いこなすことがこのレンズの醍醐味ではないかと思います。
つまり私は全然まだ分かっていないということです。


EOS R + EF 85mm F1.8 USM
f/1.8 シャッタースピード 1/160 ISO感度 100


個人的な話で恐縮ですが、年々、白飛び恐怖症になっていきます。
オーバー気味だからこそ見える世界もあります。
自分の見た(見たかった)景色を捉えることが出来るように撮っていきたいものです。


EOS R + EF 85mm F1.8 USM
f/3.5 シャッタースピード 1/60 ISO感度 100


写真を撮るようになって、街中の光陰差に目がいくようになりました。
そうやって見るとただの散策も、なんでもない場所が
思わぬ被写体になったりして飽きません。
写真を撮らなければここまで散策好きにはなっていなかったと思います。


EOS R + EF 85mm F1.8 USM
f/3.5 シャッタースピード 1/60 ISO感度 100


85mmは咄嗟の瞬間を撮るにも意外と適しています。
そして結構ドラマチックな画角なんです。
手軽に印象的なボケを得られるから、という事でしょうか。

とまぁ結局はシティボーイにはなりきれない感じで終わったのでした。
次のレンズは「EF70-200mm F2.8L IS III USM」で動物園です。
新しく発売されたばかりの期待の機体。
応えることはあまりできませんが楽しんできました。
最近のマップタイムズは動物園が多い?たまたまです。








〓〓商品ピックアップ〓〓 〓〓タイムズフォト〓〓

[ Category:Canon|掲載日時:2019年01月16日 20時36分]



≪前の記事 記事一覧 次の記事≫

寒い冬はみんなで囲えるものを 【SONY】寒い冬はみんなで囲えるものを 2019年02月23日
年も明けて、もうすぐ3月になってしまいます。 まだまだ寒いですが桜が咲くのが待ち遠しいです。 今回は毎度同じく食べ物シリーズです。 おなかに入れる前の撮影は勝手に期待値があがります。 【SONY Cyber-shot DSC-RX100M5A】 が今回のお供です。 まずは馬刺し。 シーンセレクションの料理を選択して撮影してみました。 そして、鍋料理で一番好きなもつ鍋。 もつがプリプリで、にんにくと出汁のマッチング具合がたまりません…。 どうしてこんなに九州料理っておいしいんでしょう。 ...
続きを読む
トークイベント『ライカが捉えた奇界遺産』レポート トークイベント『ライカが捉えた奇界遺産』レポート 2019年02月22日
2019年2月17日 東京・新宿。マップカメラ本館地下1階『ライカブティック MAPCAMERA SHINJUKU』の6周年記念イベントとして、世界中の“奇妙なもの”を撮影されている佐藤健寿氏をお招きしたトークイベント『ライカが捉えた奇界遺産』を開催いたしました。今回はその様子を、写真を交えてレポートいたします。 テレビ番組をはじめとする様々なメディアでご活躍されている佐藤氏。今回のトークイベントでは実際に使用している『Leica M10』と、発売されたばかりの...
続きを読む
【Leica】私のライカライフ~Beginning~ 【Leica】私のライカライフ~Beginning~ 2019年02月22日
日頃よりマップカメラをご愛顧のほど、まことにありがとうございます。 2月20日でライカブティックMapCamera Shinjukuはおかげさまでオープン6周年目を迎えることが出来ました。 今回は【スタッフM】が記事を書かせて頂きます。 さて、この度のテーマである「私のライカライフ」。 皆様はどのような思い出をお持ちでしょうか。 私は実は初めて自分で選んで手に取ったカメラがライカでした。 出会いは今から半年前、暑い夏の休日の事でした。 行く当てもなく自転車にまた...
続きを読む
【OLYMPUS】ミラーレスぶら下げ横浜散策 【OLYMPUS】ミラーレスぶら下げ横浜散策 2019年02月22日
良く晴れた休日。 旧友に誘われOLYMPUSのミラーレスPEN E-PL8をぶら下げ横浜散策へ行ってきました。 横浜に到着したのがお昼過ぎだったので、まず向かったのが中華街。 日曜日という事もあり、たくさんの人で大賑わいでした。 普段食にはあまりこだわりのない僕ですが、旧友に会うのは2年ぶりで募る話もありつつ昼食は少し豪勢に。 昼食後、のんびりしたいなと思い、日本郵船氷川丸のある山下公園へ。 綺麗な花が咲いていてとても癒され...
続きを読む
【SONY】まもなく発売 α6400!! 【SONY】まもなく発売 SONY α6400!! 2019年02月21日
いよいよ注目の新機種SONY α6400が 2月22日発売となります。今回は進化したその性能を改めて整理してみました!! まずは注目のAF性能。α6000シリーズ最速の最速0.02秒を実現したAF速度と、被写体を確実に捉え続けるリアルタイムトラッキング。 加えて撮像エリアの約84%をカバーする425点の位相差AFセンサーを高密度に配置。像面位相差センサー測距点の数については、α6500・α6300は同様となりますが、コントラストAF枠をα6300の169点から425点に多分割化されており、より高性能なAFになっています。 ...
続きを読む

[↑TOPへ戻る]