【Canon】R Playing vol.04 | THE MAP TIMES 
Select Language



【Canon】R Playing vol.04

[ Category:Canon|掲載日時:2019年01月16日 20時36分]




EOS R + EF 85mm F1.8 USM
f/1.8 シャッタースピード 1/640 ISO感度 100



今回はプライベートでも最も愛用している画角、
中望遠の「EF 85mm F1.8 USM」です。

レンズ構成:7群9枚 (絞り羽根:8枚)
最短撮影距離:0.85m(最大撮影倍率:0.13)
フィルター径:58mm 
重量:約425g

1992年生まれなので27歳。
今でも現行で発売、人気が衰えている印象は見受けません。
持ってみるととにかく軽い。
ピントリングは軽めですがマニュアルフォーカスはやり易いです。

毎回自然溢れる場所に足が向かいがちなので
シティに行ってきました。目指せシティボーイ。



EOS R + EF 85mm F1.8 USM


ネオンにエレベーター。
シティ(?)っぽさを押さえてみました。
ずっと工事しているイメージのある街だったんですが
それも終わってどんどん進化していてびっくり。
上京するってこんな気持ちなんでしょうか。


EOS R + EF 85mm F1.8 USM
f/4.5 シャッタースピード 1/160 ISO感度 100


縫い目の隙間からメッセージ。
まだ出来立てのメッセージはパリっとして力強さを感じます。
陰影が綺麗だったのでモノクロにしてみました。


EOS R + EF 85mm F1.8 USM
f/4.5 シャッタースピード 1/400 ISO感度 100


ぐねっと曲がった道を切り取り。
中望遠で高所から撮る、というのは「切り取る」印象が強くなって面白いなと気づきました。
f4.5まで絞ったのですが解像力申し分なしです。
柔らかい印象だけだったので嬉しい誤算でもありました。
絞った画も積極的に撮りたくなります。


EOS R + EF 85mm F1.8 USM
f/1.8 シャッタースピード 1/640 ISO感度 100

「こうかはばつぐんだ!」
後ろに並ぶ赤いポールがまるで控えみたいに並んでます。
気軽に撮って去るつもりが何度撮っても水平が取れずに、
ムキになってポールにものすごい執着を持った人になってしまいました。


EOS R + EF 85mm F1.8 USM
f/2.0 シャッタースピード 1/400 ISO感度 100


街と街を繋ぐ道がちょっとしたオシャレな道になっていました。
おそらく何でもなかった通りをアイデアが咲かせたのでしょう。
ちょうど休みだったりまだ開店していなかったりで活気づいた感じを見ることは出来ませんでしたが、
こういう風に細い道まで気が配られ、その気付きを楽しめるのは「街」の魅力の一つです。
滑らかな曲線で椅子が並んでいたので思わず一枚。


EOS R + EF 85mm F1.8 USM
f/1.8 シャッタースピード 1/160 ISO感度 100


日が傾き始めた午後。
このレンズは本当に光がよく回ります。
逆光に向けると面白いくらい出ます。
でもそれがきっと魅力の一つなのでしょう。
この逆光を上手く使いこなすことがこのレンズの醍醐味ではないかと思います。
つまり私は全然まだ分かっていないということです。


EOS R + EF 85mm F1.8 USM
f/1.8 シャッタースピード 1/160 ISO感度 100


個人的な話で恐縮ですが、年々、白飛び恐怖症になっていきます。
オーバー気味だからこそ見える世界もあります。
自分の見た(見たかった)景色を捉えることが出来るように撮っていきたいものです。


EOS R + EF 85mm F1.8 USM
f/3.5 シャッタースピード 1/60 ISO感度 100


写真を撮るようになって、街中の光陰差に目がいくようになりました。
そうやって見るとただの散策も、なんでもない場所が
思わぬ被写体になったりして飽きません。
写真を撮らなければここまで散策好きにはなっていなかったと思います。


EOS R + EF 85mm F1.8 USM
f/3.5 シャッタースピード 1/60 ISO感度 100


85mmは咄嗟の瞬間を撮るにも意外と適しています。
そして結構ドラマチックな画角なんです。
手軽に印象的なボケを得られるから、という事でしょうか。

とまぁ結局はシティボーイにはなりきれない感じで終わったのでした。
次のレンズは「EF70-200mm F2.8L IS III USM」で動物園です。
新しく発売されたばかりの期待の機体。
応えることはあまりできませんが楽しんできました。
最近のマップタイムズは動物園が多い?たまたまです。








〓〓商品ピックアップ〓〓 〓〓タイムズフォト〓〓

[ Category:Canon|掲載日時:2019年01月16日 20時36分]



≪前の記事 記事一覧 次の記事≫

【増税前にデビュー】Canon RFレンズ必須の1本!? 【増税前にデビュー】Canon RFレンズ必須の1本!? 2019年09月20日
ようやく過ごしやすい気温になってきました。 個人的に夏は好きなので名残惜しいですが、秋は紅葉などの風景写真を撮る楽しみがあります。 とは言うもの、私はまだ夏気分を捨てきれないので、 少しばかりですが涼しい金魚たちを使用したカメラと共にご紹介させてください。 Canon RF35mm F1.8 マクロ IS STM 何やら怪しげな雰囲気を漂わせる作品です。 よく見ると金魚が泳いでいます。 今回使用したレンズは「Canon RF35mm F1.8 マクロ IS STM」です。 選んだ理由は全ての要求を満たしていたから、...
続きを読む
7RM4 - Otus 55 【SONY】α7RIV:第4世代の真価 × 世界最高の標準レンズ 2019年09月20日
ボディ:SONY α7RIV / レンズ:Carl Zeiss Otus 55mm F1.4 マウントアダプター:SIGMA MC-11 キャノンEF用/ソニーE用 絞り:F1.4 / シャッタースピード:1/400秒 / ISO:100 SONY α7RIV × Carl Zeiss Otus  カールツァイスの中でも圧倒的なパフォーマンスで他の追従を許さないレンズ『Otus』のラインナップ。今回は標準レンズとして位置する『Otus 55mm F1.4』と、フルサイズカメラ世界初、有効画素数6100万画素を持つ『SONY α7RIV』を使用して撮影を行いました。  甲州街道沿いの駐輪場で撮影し...
続きを読む
憧れとその先と 【増税前にデビュー】Leica 憧れとその先と 2019年09月20日
ISO100 SS:1/125 f8 冷夏、酷暑に暴風雨と続いた今年も いつの間にか身を撫ぜる風が 心地よい日柄に落ち着いてまいりました。 油断すると身体もすぐ冷えてしまいますので 衣替えのタイミングは計画的に。 皆様いかがお過ごしでしょうか。 ISO100 SS:1/250 f2 さて、この度フィルム派の私は ここにきて本格的にデジタル初挑戦。 Mの新鋭【M10-P】で華々しいデビューです。 無論RAW現像も初挑戦で正解が見えるはずもなく、 明るさ調節程度に済ませありのまま撮ってまいりま...
続きを読む
【増税前にデビュー】はじめましてEOSRP 【増税前にデビュー】はじめましてEOSRP 2019年09月19日
はじめましてフルサイズミラーレス。 今回は増税前にデビューという題材で書かせていただきます。 去年から各メーカーで次々と発表され、怒涛の人気を誇っているフルサイズミラーレスカメラ。 キヤノンからもEOS RとEOS RPの2種類が出ています。 今回は私のオススメ、EOSRPについてご紹介させていただきます。 私のEOSRPデビューは夏が始まる少し前です。 初めて手にしたときに女性の手にも収まる大きさと軽さ。 しかしグリップは握りやすく構えやすいカメラだと思いました。 ファインダーでも画...
続きを読む
null 【MapTimes】One More Times!! vol.4【巾着田】 2019年09月18日
THEMAPTIMES。 更新は毎日。 マップカメラのスタッフが機材の感想、ちょっとした豆知識や体験談を添えて 撮影した写真などをご紹介させていただいております。 月に30本以上掲載されるので 月初に掲載されたブログも月末には見にくくなってしまい勿体ない、、、 と思ったのでもう少しだけ目に留まるようにしたく 不規則ではありますが何本かをピックアップさせていただくことにしました。 今回のキーワードは今まさに旬の「巾着田」 赤い花の絨毯はまさにこの世のものとは思えない景色です。 Ma...
続きを読む

[↑TOPへ戻る]