【Canon】R Playing vol.04 | THE MAP TIMES 
Select Language



【Canon】R Playing vol.04

[ Category:Canon|掲載日時:2019年01月16日 20時36分]




EOS R + EF 85mm F1.8 USM
f/1.8 シャッタースピード 1/640 ISO感度 100



今回はプライベートでも最も愛用している画角、
中望遠の「EF 85mm F1.8 USM」です。

レンズ構成:7群9枚 (絞り羽根:8枚)
最短撮影距離:0.85m(最大撮影倍率:0.13)
フィルター径:58mm 
重量:約425g

1992年生まれなので27歳。
今でも現行で発売、人気が衰えている印象は見受けません。
持ってみるととにかく軽い。
ピントリングは軽めですがマニュアルフォーカスはやり易いです。

毎回自然溢れる場所に足が向かいがちなので
シティに行ってきました。目指せシティボーイ。



EOS R + EF 85mm F1.8 USM


ネオンにエレベーター。
シティ(?)っぽさを押さえてみました。
ずっと工事しているイメージのある街だったんですが
それも終わってどんどん進化していてびっくり。
上京するってこんな気持ちなんでしょうか。


EOS R + EF 85mm F1.8 USM
f/4.5 シャッタースピード 1/160 ISO感度 100


縫い目の隙間からメッセージ。
まだ出来立てのメッセージはパリっとして力強さを感じます。
陰影が綺麗だったのでモノクロにしてみました。


EOS R + EF 85mm F1.8 USM
f/4.5 シャッタースピード 1/400 ISO感度 100


ぐねっと曲がった道を切り取り。
中望遠で高所から撮る、というのは「切り取る」印象が強くなって面白いなと気づきました。
f4.5まで絞ったのですが解像力申し分なしです。
柔らかい印象だけだったので嬉しい誤算でもありました。
絞った画も積極的に撮りたくなります。


EOS R + EF 85mm F1.8 USM
f/1.8 シャッタースピード 1/640 ISO感度 100

「こうかはばつぐんだ!」
後ろに並ぶ赤いポールがまるで控えみたいに並んでます。
気軽に撮って去るつもりが何度撮っても水平が取れずに、
ムキになってポールにものすごい執着を持った人になってしまいました。


EOS R + EF 85mm F1.8 USM
f/2.0 シャッタースピード 1/400 ISO感度 100


街と街を繋ぐ道がちょっとしたオシャレな道になっていました。
おそらく何でもなかった通りをアイデアが咲かせたのでしょう。
ちょうど休みだったりまだ開店していなかったりで活気づいた感じを見ることは出来ませんでしたが、
こういう風に細い道まで気が配られ、その気付きを楽しめるのは「街」の魅力の一つです。
滑らかな曲線で椅子が並んでいたので思わず一枚。


EOS R + EF 85mm F1.8 USM
f/1.8 シャッタースピード 1/160 ISO感度 100


日が傾き始めた午後。
このレンズは本当に光がよく回ります。
逆光に向けると面白いくらい出ます。
でもそれがきっと魅力の一つなのでしょう。
この逆光を上手く使いこなすことがこのレンズの醍醐味ではないかと思います。
つまり私は全然まだ分かっていないということです。


EOS R + EF 85mm F1.8 USM
f/1.8 シャッタースピード 1/160 ISO感度 100


個人的な話で恐縮ですが、年々、白飛び恐怖症になっていきます。
オーバー気味だからこそ見える世界もあります。
自分の見た(見たかった)景色を捉えることが出来るように撮っていきたいものです。


EOS R + EF 85mm F1.8 USM
f/3.5 シャッタースピード 1/60 ISO感度 100


写真を撮るようになって、街中の光陰差に目がいくようになりました。
そうやって見るとただの散策も、なんでもない場所が
思わぬ被写体になったりして飽きません。
写真を撮らなければここまで散策好きにはなっていなかったと思います。


EOS R + EF 85mm F1.8 USM
f/3.5 シャッタースピード 1/60 ISO感度 100


85mmは咄嗟の瞬間を撮るにも意外と適しています。
そして結構ドラマチックな画角なんです。
手軽に印象的なボケを得られるから、という事でしょうか。

とまぁ結局はシティボーイにはなりきれない感じで終わったのでした。
次のレンズは「EF70-200mm F2.8L IS III USM」で動物園です。
新しく発売されたばかりの期待の機体。
応えることはあまりできませんが楽しんできました。
最近のマップタイムズは動物園が多い?たまたまです。








〓〓商品ピックアップ〓〓 〓〓タイムズフォト〓〓

[ Category:Canon|掲載日時:2019年01月16日 20時36分]



≪前の記事 記事一覧 次の記事≫

Canon EOS R/Carl Zeisa Milvus 21mm F2.8 【私のお気に入り】建築散策 2019年08月20日
東京メトロ南北線の「白金台」駅から徒歩約2分。 何かの雑誌で目に留まり、一度足を運んでみたかった場所です。 なかなか用もなければ普段は来ない場所です。 東京大学建築学科教授の内田祥三(よしかず)により設計され、昭和13(1938)年に建設された旧公衆衛生院です。 構造は鉄骨・鉄筋コンクリート造、スクラッチタイルで覆われたゴシック調の外観で、 「内田ゴシック」と呼ばれる特徴的なデザインとなっています。 建物の内部にも、講堂や教室・研究室などのほか、細部にわたる意匠な...
続きを読む
愛機と共に 【私のお気に入り】愛機と共に 2019年08月18日
モノを購入する際、 「コレが決め手!」「ここだけは外せない!」 といったことがあります。 今回【私のお気に入り】ということで、 カメラ機材に全く関係のない腕時計を 上記観点で(恐る恐る)したためることにしました。 是非お読みいただければ幸いです。 初めての機械式時計は10年以上前に購入した OMEGAのスピードマスターだったのですが、 手首の上でジリジリと回るローターの感覚… スムースに動くスイープ運針… たまりませんでした。 すっかり機械式時計に魅了され、あの時計...
続きを読む
Canon EOS kiss X7+Nikon Ai AF Zoom Nikkor 35-70mm F2.8D 【私のお気に入り】キヤノン×ニコン 夏のポートレート 2019年08月15日
今回はCanon EOS kiss X7にニコンのレンズを装着して撮影したポートレートを紹介します。  使用レンズは1992年に発売されたNikon Ai AF Zoom Nikkor 35-70mm F2.8D このボディとレンズの組み合わせは大学生の頃から愛用しています。 Canon EOS kiss X7+Nikon Ai AF Zoom Nikkor 35-70mm F2.8D 最新のレンズでは表現できないような、ふんわりとした描写がとても好きです。 27年前に発売されたレンズなので、F値開放で撮影すると少々ピントを合わせにくいです。 Canon EOS kiss X7+Nikon...
続きを読む
EOS70D 【私のお気に入り】野鳥撮影のススメ 2019年08月11日
私のお気に入りは、 カメラや写真に興味を持ち始めた頃に購入し、今にいたるまで 愛用しているCanon EOS 70Dと、 野鳥撮影を始めてから購入した TAMRON SP 150-600mm F5-6.3 Di VC USD/Model A011E(キヤノンEF用)です。 広大な場所で野鳥撮影をしている方は、 三脚と車を使用しての撮影が多いですが、 私は徒歩でじっくり歩きながら、野鳥のいる自然や他の動植物にも 目を向けやすい状態で撮影がしたいと思っているので、 三脚を使わず、手持ちでの撮影をしております。 三脚を使わ...
続きを読む
【私のお気に入り】BAZOOKA日記 Vol.2 【私のお気に入り】BAZOOKA日記 Vol.2 2019年08月08日
今年も本格的な夏がやってきました。 涼しい家にいてもなかなか超望遠レンズの出番はやってきません。 モータースポーツを撮ってみたいということで、今回は8月3日(土)に行われた 2019 AUTOBACS SUPER GT ROUND5 FUJI GT 500mile RACE の予選を撮りに富士スピードウェイに行って参りました。 私が富士スピードウェイに行くのは今回が2回目。 初めて行ったのは2007年。F1世界選手権第15戦、日本GPでした。 雨と霧の中、必死にレースを観戦していたのを覚えています。 それから約12年。今度は厳しい暑さ...
続きを読む

[↑TOPへ戻る]