【Canon】M-fnバーで楽しみましょう。 | THE MAP TIMES 
Select Language



【Canon】M-fnバーで楽しみましょう。

[ Category:Canon|掲載日時:2018年12月27日 21時30分]



キヤノン初のフルサイズミラーレス「EOS R」が発売してから2ヶ月が経ちます。
先週はついに大口径標準ズームレンズ「RF28-70mm F2L USM」が発売されました。
発表時から高い注目があった一本、私も一日も早く使用してみたい限りです。

さて、今回は先程も申し上げました「EOS R」の新機能について今更ではありますが、
紹介したいと思います。

その新機能とは、「M-fnバー」です。
カメラを構えた時に右手の親指辺りにある細長い横棒の事です。
ダイアルの代わりにあるソレはタップ・スクロールと、
今までとは違った使い方ができ、とても便利な機能です。

しかし残念なことに沢山の方から、
「使い方が良くわからない。」「使いにくい。」と言った声をよく聞きます。
そこで今回、
誠に勝手ながら私の個人的主観も入りますが、使い方を簡単にお伝えできたらと思います。
EOS R


まず、「M-fnバー」をカスタマイズする為に、「MENU」ボタンを押します。
カスタムファンクションマークの4番目の3行目に、
カスタマイズする項目があり、そこでカスタマイズを行います。

すると下のような画面が出ると思います。

EOS R


機能の割り当ての前に、その下にある「M-fn誤操作防止機能」を確認しておきましょう。

「ON」 に設定すると、
最初に1秒ぐらいタッチしないとM-fnバー機能が作動しません。
作動するのに時間が掛かりますが、誤操作での設定変更を防ぎます。

「OFF」にすると、そのままタッチするだけですぐに作動します。
設定を瞬時に変えられますが、誤操作を起こしやすいです。

どっちが良いかは言い難いですが、
私は設定を頻繁に変えるので、常にOFFに設定しています。

設定を殆ど変えない方はONのままが良いかもしれません。

OFFにはしていますが誤操作は出来るだけ防ぎたいので、「〉」の方は機能を、設定していません。
設定出来る機能を一つ減らしてしまいますが、
これで親指が触れても勝手に設定が変わるのを極力防ぎます。

M-fnバーカスタムは
AF・MF・WB・ISO・動画など様々な機能の設定ができます。
RFレンズやコントロールリング付きマウントアダプターのコントロールリングと併用すると今までにない位より直感的に操作ができます。
私自身はスライドで色温度変更にして、「〈」に個人的によく使う、色温度「4500K」
に設定しています。これで色温度をすぐに自らの標準に戻せるようにしています。

Canon EOS R + RF24-105mm F4L IS USM
F4 1/5000秒 ISO 1250

教会のシンボルと空を寒色系で爽やかに撮ろうとしましたが、
どことなく悲しい雰囲気になってしまいました。

Canon EOS R + RF35mm F1.8 マクロ IS STM
F2 1/640秒 ISO 100

金属製のゴミ箱に描かれたペイント。
普段は街に溶け込む彼らも、今は街から浮いた存在に。

Canon EOS R + RF35mm F1.8 マクロ IS STM
F4 1/60秒  ISO 100

使い込まれた自転車の鍵。
暖色系にしてサビを少しだけ目立たせてみました。


確かに今までに搭載されたことの無い機能なので操作に慣れるまで時間がかかるかもしれません。
しかし出来るだけ早く操作に慣れていただきたいです。
そうすることでこのカメラの使いやすさ素晴らしさをもっと知って貰えるかと思います。

↓今回使用した機材はコチラ↓







〓〓タイムズフォト〓〓

[ Category:Canon|掲載日時:2018年12月27日 21時30分]



≪前の記事 記事一覧 次の記事≫

【写真を楽しむ6月】祖父の形見のNikon F4で撮るポートレート 【写真を楽しむ6月】祖父の形見のNikon F4で撮るポートレート 2019年06月20日
私は大学一年生の時に、祖父の形見のNikon F4を譲り受け、今でもF4で写真を撮り続けています。 今回はF4で撮影した、どこか懐かしい気分にさせてくれるようなポートレートをご紹介しながらF4の魅力に触れていきたいと思います。 Nikon F4は1988年にフラッグシップ機として発売されました。Nikon F一桁シリーズ初のオートフォーカスが搭載されています。 見た目はとてもメカメカしく、レバーやダイヤルにも存在感があります。シャッタースピードの最高速は1/8000秒。 そして大きくて重量があるのも特...
続きを読む
空を印刷 【写真を楽しむ6月】空を印刷 2019年06月19日
FUJIFILM X100F -今月の空- 6月は梅雨の季節。 防塵防滴のカメラも増え、雨の日でも写真を楽しめる現代ですが、 それでもやはり雨の日は撮影に出かけるのは控えてしまいます。 そんな6月に写真を楽しむ方法のひとつとして、 今までご自身で撮った写真を振り返り、お気に入りの写真を選別・印刷し、 まとめてみることはいかがでしょうか。 私は、毎日の空をFUJIFILM X100Fで撮って楽しんでいます。 今回このブログを書くために、1年間撮り続けた空の写真を整理・選別してみました。 そして...
続きを読む
イメージです 【写真を楽しむ6月】ローライ持って出かけよう! 2019年06月18日
ある日、棚を開けたらローライフレックスが出てきたとします。 「棚からローライ」……出たらいいなぁ… ……なんて願望はともかく、幸運にも二眼レフカメラの雄 ローライフレックスを手に入れることに成功した貴方は、いざ撮影に出かけようとして大変な事に気がつきます。 そう、ストラップがない!! ローライフレックスのほとんどのモデルで、ストラップ取付部が下の写真のような形状になっています。(ローライコードのシリーズは異なります。) 真ん中に心棒が入っているため、通常のスト...
続きを読む
【写真を楽しむ6月】OLYMPUS OM-4 とちょっとそこまで 【写真を楽しむ6月】OLYMPUS OM-4 とちょっとそこまで 2019年06月17日
とある平日の午後。東京都東村山市にある北山公園菖蒲苑に行きました。 北山公園菖蒲苑は東村山駅から徒歩で20分ほど。八国山緑地を背景にした自然公園です。 毎年6月上旬から中旬にかけ、300種、8,000株の花菖蒲が開花し、新東京百景にも選ばれています。 この日、首から下げたのは、OLYMPUS OM-4TiとE.ZUIKO AUTO-T 100mm F2.8の組み合わせ。 コンパクトなボディとレンズは、動き回る撮影にぴったりです。 OM-4Tiは1986年に発売され、電子制御布幕横走りフォーカルプレーンシャッターを持...
続きを読む
紫陽花を見上げる 【写真を楽しむ6月】紫陽花を見上げる 2019年06月16日
手に入れてすぐ、 これはめいっぱい楽しむには一脚必須! と確信した RICOH THETA SC。 今後の様々な撮影シーンを見据え、 小さな三脚付きの一脚を購入し、 紫陽花を見に出かけた際に連れていきました。 たくさんの品種が植えられており、 満開時にはそれは美しいようなのですが、まだ見頃はこれからというところ。 現在は、白と緑が上品なアナベルがとてもきれいに咲いていました。 これがやりたかった、中から! まるでこびとになった気分です。 手持ちではできません...
続きを読む

[↑TOPへ戻る]