【Canon】M-fnバーで楽しみましょう。 | THE MAP TIMES 
Select Language



【Canon】M-fnバーで楽しみましょう。

[ Category:Canon|掲載日時:2018年12月27日 21時30分]



キヤノン初のフルサイズミラーレス「EOS R」が発売してから2ヶ月が経ちます。
先週はついに大口径標準ズームレンズ「RF28-70mm F2L USM」が発売されました。
発表時から高い注目があった一本、私も一日も早く使用してみたい限りです。

さて、今回は先程も申し上げました「EOS R」の新機能について今更ではありますが、
紹介したいと思います。

その新機能とは、「M-fnバー」です。
カメラを構えた時に右手の親指辺りにある細長い横棒の事です。
ダイアルの代わりにあるソレはタップ・スクロールと、
今までとは違った使い方ができ、とても便利な機能です。

しかし残念なことに沢山の方から、
「使い方が良くわからない。」「使いにくい。」と言った声をよく聞きます。
そこで今回、
誠に勝手ながら私の個人的主観も入りますが、使い方を簡単にお伝えできたらと思います。
EOS R


まず、「M-fnバー」をカスタマイズする為に、「MENU」ボタンを押します。
カスタムファンクションマークの4番目の3行目に、
カスタマイズする項目があり、そこでカスタマイズを行います。

すると下のような画面が出ると思います。

EOS R


機能の割り当ての前に、その下にある「M-fn誤操作防止機能」を確認しておきましょう。

「ON」 に設定すると、
最初に1秒ぐらいタッチしないとM-fnバー機能が作動しません。
作動するのに時間が掛かりますが、誤操作での設定変更を防ぎます。

「OFF」にすると、そのままタッチするだけですぐに作動します。
設定を瞬時に変えられますが、誤操作を起こしやすいです。

どっちが良いかは言い難いですが、
私は設定を頻繁に変えるので、常にOFFに設定しています。

設定を殆ど変えない方はONのままが良いかもしれません。

OFFにはしていますが誤操作は出来るだけ防ぎたいので、「〉」の方は機能を、設定していません。
設定出来る機能を一つ減らしてしまいますが、
これで親指が触れても勝手に設定が変わるのを極力防ぎます。

M-fnバーカスタムは
AF・MF・WB・ISO・動画など様々な機能の設定ができます。
RFレンズやコントロールリング付きマウントアダプターのコントロールリングと併用すると今までにない位より直感的に操作ができます。
私自身はスライドで色温度変更にして、「〈」に個人的によく使う、色温度「4500K」
に設定しています。これで色温度をすぐに自らの標準に戻せるようにしています。

Canon EOS R + RF24-105mm F4L IS USM
F4 1/5000秒 ISO 1250

教会のシンボルと空を寒色系で爽やかに撮ろうとしましたが、
どことなく悲しい雰囲気になってしまいました。

Canon EOS R + RF35mm F1.8 マクロ IS STM
F2 1/640秒 ISO 100

金属製のゴミ箱に描かれたペイント。
普段は街に溶け込む彼らも、今は街から浮いた存在に。

Canon EOS R + RF35mm F1.8 マクロ IS STM
F4 1/60秒  ISO 100

使い込まれた自転車の鍵。
暖色系にしてサビを少しだけ目立たせてみました。


確かに今までに搭載されたことの無い機能なので操作に慣れるまで時間がかかるかもしれません。
しかし出来るだけ早く操作に慣れていただきたいです。
そうすることでこのカメラの使いやすさ素晴らしさをもっと知って貰えるかと思います。

↓今回使用した機材はコチラ↓







〓〓タイムズフォト〓〓

[ Category:Canon|掲載日時:2018年12月27日 21時30分]



≪前の記事 記事一覧 次の記事≫

null 【Leica】S(Typ007)とは何者か 2019年01月22日
中判フォーマットセンサーのライカ製一眼レフカメラ。 何と魅力的な響きなんでしょうか。 圧倒的なボディ剛性や、考え抜かれたエルゴノミクスデザイン。 30x45㎜の大型センサーと、専用設計のSマウントレンズから描き出される、 表面的なシャープネスに頼らない圧倒的な画質。 一度体験してしまえばもう逃げられない、王者の風格…。 今回は、そんな素晴らしい魅力に溢れるカメラ、LEICA S(Typ007)のお話です。 組み合わせたレンズは、ズマリット S70mm F2.5 ASPH.。 このセットで、静岡県の熱海市に...
続きを読む
『第9回日本リンホフクラブ写真展"大判カメラでとらえた世界"』 写真展のご案内 ~ 『第9回日本リンホフクラブ写真展"大判カメラでとらえた世界"』 2019年01月22日
マップカメラでは写真展のご案内を致しております。 本日ご紹介するのは - 『第9回日本リンホフクラブ写真展"大判カメラでとらえた世界"』 - です。 是非足をお運び下さい。
続きを読む
【SIGMA】×【Carl Zeiss】 ポートレート撮り比べ 【SIGMA】×【Carl Zeiss】 ポートレート撮り比べ 2019年01月21日
SONY α7RIII + SIGMA Art 135mm F1.8 DG HSM F2 1/400 ISO-100 未修整ですが印象的な画に。瞳AFもしっかり反応。 単焦点レンズを3本持って、友人と横浜へポートレートを撮りに行って参りました。 今回は以下の機材を使用いたしました。 ・α7RIII 重量657g(バッテリー込) ・Carl Zeiss Batis 25mm F2 重量335g ・Carl Zeiss Batis 85mm F1.8 重量452g ・SIGMA Art 135mm F1.8 DG HSM 重量1130g Batis3本で撮り比べしようか悩みましたが、 メーカーの色味や解像力の違いを検証したかっ...
続きを読む
null 【SIGMA】新レンズ Art 28mm F1.4 DG HSMをハンズオン。  2019年01月20日
年始めの忙しさも落ち着き始めた1月中旬。 朝出勤してみると、そこには1月25日発売予定の「SIGMA Art 28mm F1.4 DG HSM」が! 年始に写真を撮ったっきり、休日は家でゴロゴロ。そんな姿をふと思い出すと「よし、撮りに行くぞ」という気持ちになってきました。 発売までに少しでも画像をお届けできればと思い、簡単なインプレッションも兼ねて、今回は観光客で賑わう冬の浅草へ足を運んでみました。 焦点距離:28mm 絞り:F1.4 シャッタースピード:1/1000秒 ISO:800 使用機材:SIGM...
続きを読む
Voigtlander 【Voigtlander】フィルム探究道ながし 2019年01月19日
冷え込みがさらに厳しくまさに冬本番、といった季節となりました。 皆様いかがお過ごしでしょうか。 遅ればせながらではございますが、新年あけましておめでとうございます。 今年もどうかよろしくお願いいたします。 さて、この季節は澄んだ空気感が素敵な反面、いっそう気をつけなければならないことがございます。 私事となりますが、この手がかじかみすぎてかつい先日、携帯電話を水没させてしまいました。 ここ半年間で二度目となります。撮影の方も、残念ながら水の表現も...
続きを読む

[↑TOPへ戻る]