【Canon】M-fnバーで楽しみましょう。 | THE MAP TIMES 
Select Language



【Canon】M-fnバーで楽しみましょう。

[ Category:Canon|掲載日時:2018年12月27日 21時30分]



キヤノン初のフルサイズミラーレス「EOS R」が発売してから2ヶ月が経ちます。
先週はついに大口径標準ズームレンズ「RF28-70mm F2L USM」が発売されました。
発表時から高い注目があった一本、私も一日も早く使用してみたい限りです。

さて、今回は先程も申し上げました「EOS R」の新機能について今更ではありますが、
紹介したいと思います。

その新機能とは、「M-fnバー」です。
カメラを構えた時に右手の親指辺りにある細長い横棒の事です。
ダイアルの代わりにあるソレはタップ・スクロールと、
今までとは違った使い方ができ、とても便利な機能です。

しかし残念なことに沢山の方から、
「使い方が良くわからない。」「使いにくい。」と言った声をよく聞きます。
そこで今回、
誠に勝手ながら私の個人的主観も入りますが、使い方を簡単にお伝えできたらと思います。
EOS R


まず、「M-fnバー」をカスタマイズする為に、「MENU」ボタンを押します。
カスタムファンクションマークの4番目の3行目に、
カスタマイズする項目があり、そこでカスタマイズを行います。

すると下のような画面が出ると思います。

EOS R


機能の割り当ての前に、その下にある「M-fn誤操作防止機能」を確認しておきましょう。

「ON」 に設定すると、
最初に1秒ぐらいタッチしないとM-fnバー機能が作動しません。
作動するのに時間が掛かりますが、誤操作での設定変更を防ぎます。

「OFF」にすると、そのままタッチするだけですぐに作動します。
設定を瞬時に変えられますが、誤操作を起こしやすいです。

どっちが良いかは言い難いですが、
私は設定を頻繁に変えるので、常にOFFに設定しています。

設定を殆ど変えない方はONのままが良いかもしれません。

OFFにはしていますが誤操作は出来るだけ防ぎたいので、「〉」の方は機能を、設定していません。
設定出来る機能を一つ減らしてしまいますが、
これで親指が触れても勝手に設定が変わるのを極力防ぎます。

M-fnバーカスタムは
AF・MF・WB・ISO・動画など様々な機能の設定ができます。
RFレンズやコントロールリング付きマウントアダプターのコントロールリングと併用すると今までにない位より直感的に操作ができます。
私自身はスライドで色温度変更にして、「〈」に個人的によく使う、色温度「4500K」
に設定しています。これで色温度をすぐに自らの標準に戻せるようにしています。

Canon EOS R + RF24-105mm F4L IS USM
F4 1/5000秒 ISO 1250

教会のシンボルと空を寒色系で爽やかに撮ろうとしましたが、
どことなく悲しい雰囲気になってしまいました。

Canon EOS R + RF35mm F1.8 マクロ IS STM
F2 1/640秒 ISO 100

金属製のゴミ箱に描かれたペイント。
普段は街に溶け込む彼らも、今は街から浮いた存在に。

Canon EOS R + RF35mm F1.8 マクロ IS STM
F4 1/60秒  ISO 100

使い込まれた自転車の鍵。
暖色系にしてサビを少しだけ目立たせてみました。


確かに今までに搭載されたことの無い機能なので操作に慣れるまで時間がかかるかもしれません。
しかし出来るだけ早く操作に慣れていただきたいです。
そうすることでこのカメラの使いやすさ素晴らしさをもっと知って貰えるかと思います。

↓今回使用した機材はコチラ↓







〓〓タイムズフォト〓〓

[ Category:Canon|掲載日時:2018年12月27日 21時30分]



≪前の記事 記事一覧 次の記事≫

EOS620+EF 85mm F1.2L USM 【新元号令和、平成を振り返る】平成元年生まれのレンズと私 2019年04月17日
平成、それは FUJIFILM SUPERIA PREMIUM 400 平成、それは 私が生まれてから今に至るまでの全ての時間。 筆者は平成元年(1989年)9月生まれです。 私にとっては、景色や音楽、今までの記憶全てが平成そのものです。 平成の最後に、自分が生まれて最初に住んでいた街へ出かけておきたいと思い、 筆者がお供に選んだのがこちらです。 「Canon EOS 620」。 CanonがEOSを投入したのは1987年、 筆者が生まれた時、平成が始まった頃にはすでにEOSは世に登場していたのです。 このEOS 620...
続きを読む
【新元号令和、平成を振り返る】My Style Welinagara 【新元号令和、平成を振り返る】続・私だけの色で 2019年04月16日
自分が生まれた年号が終わろうとしている。 その事実に、未だに実感がわきません。 「ひょっとすると、平成はこれからも続いてゆくのではないか」とすら思っています。 ああ、今気が付きました。私は「平成」が好きだったのだと。 毎朝泣きながら保育園に行き、小学校のカレー早食い競争で一位をとり、中学校で初恋をし、高校でクルマに憧れ、社会人になってカメラを始めて…。 私の時間は、ずっと平成でした。 「新元号令和、平成を振り返る」というタイトルで連載しておりますブログ、今回のタイ...
続きを読む
【新元号令和、平成を振り返る】Canonの名機5D MarkIIと世界を歩く 【新元号令和、平成を振り返る】Canonの名機5D MarkIIと世界を歩く 2019年04月15日
スイス ゴルナーグラート展望台 新元号『令和』を迎えるにあたって、平成を振り返る。 遡るは10年ほど前、今回は私が平成20年ごろに練り歩いたヨーロッパの写真を振り返ります。 私の愛する名機『EOS 5D MarkII』とレンズ数本を抱えて3ヶ月間ヨーロッパ一周、12カ国の旅へ出発。 その時は若くまだお金がなくレンズはサードパーティでしたが、 EOS 5D MarkIIが私の旅路をしっかり記録してくれました。 オーストリア ザルツブルグ 映画サウンドオブミュージックの舞台として知られ...
続きを読む
null 【Canon】 日本で一番高い山 ~いい写真の予感がする。vol.6~ 2019年03月31日
f/6.3 シャッタースピード 1/1600 ISO感度 100 今回はCarl Zeiss の新型レンズ。 鳥の名を冠したシリーズから 「Carl Zeiss Milvus 35mm F1.4 ZE」です。 レンズ構成:11群14枚 (絞り羽根:9枚) 最短撮影距離:0.3m(最大撮影倍率:0.18) フィルター径:72mm  重量:1080g さて、日本で一番高い山が間近に見える遊園地です。 冬の遊園地は人がまばらでアトラクションに乗りたい方はおすすめです。 とこれを書いたのは冬のある日ですが 今はもう春、桜が咲き始めました。 f/1...
続きを読む
null 【Canon】鎌倉散歩×EOS R ~いい写真の予感がする。vol.5~ 2019年03月28日
最近は春の温かさを感じる季節になりました。 重いコートを脱ぎ、カーディガン1枚で身軽におでかけが出来るこの季節が好きです。 焦点距離:35mm 絞り:F5.6 シャッタースピード:1/320秒 ISO:100 さて、Canon EOS R が発売されてから約半年経ちました。3月にはEOS RPも発売。 他メーカーからもフルサイズミラーレス機が続々と登場し注目を集めています。 今回はコンパクトなEOS R+RF35mmF1.8を首にぶらさげ鎌倉散歩と行きましょう。 焦点距離:35mm 絞り:F3.2 シャッタースピー...
続きを読む

[↑TOPへ戻る]