【Canon】M-fnバーで楽しみましょう。 | THE MAP TIMES 
Select Language



【Canon】M-fnバーで楽しみましょう。

[ Category:Canon|掲載日時:2018年12月27日 21時30分]



キヤノン初のフルサイズミラーレス「EOS R」が発売してから2ヶ月が経ちます。
先週はついに大口径標準ズームレンズ「RF28-70mm F2L USM」が発売されました。
発表時から高い注目があった一本、私も一日も早く使用してみたい限りです。

さて、今回は先程も申し上げました「EOS R」の新機能について今更ではありますが、
紹介したいと思います。

その新機能とは、「M-fnバー」です。
カメラを構えた時に右手の親指辺りにある細長い横棒の事です。
ダイアルの代わりにあるソレはタップ・スクロールと、
今までとは違った使い方ができ、とても便利な機能です。

しかし残念なことに沢山の方から、
「使い方が良くわからない。」「使いにくい。」と言った声をよく聞きます。
そこで今回、
誠に勝手ながら私の個人的主観も入りますが、使い方を簡単にお伝えできたらと思います。
EOS R


まず、「M-fnバー」をカスタマイズする為に、「MENU」ボタンを押します。
カスタムファンクションマークの4番目の3行目に、
カスタマイズする項目があり、そこでカスタマイズを行います。

すると下のような画面が出ると思います。

EOS R


機能の割り当ての前に、その下にある「M-fn誤操作防止機能」を確認しておきましょう。

「ON」 に設定すると、
最初に1秒ぐらいタッチしないとM-fnバー機能が作動しません。
作動するのに時間が掛かりますが、誤操作での設定変更を防ぎます。

「OFF」にすると、そのままタッチするだけですぐに作動します。
設定を瞬時に変えられますが、誤操作を起こしやすいです。

どっちが良いかは言い難いですが、
私は設定を頻繁に変えるので、常にOFFに設定しています。

設定を殆ど変えない方はONのままが良いかもしれません。

OFFにはしていますが誤操作は出来るだけ防ぎたいので、「〉」の方は機能を、設定していません。
設定出来る機能を一つ減らしてしまいますが、
これで親指が触れても勝手に設定が変わるのを極力防ぎます。

M-fnバーカスタムは
AF・MF・WB・ISO・動画など様々な機能の設定ができます。
RFレンズやコントロールリング付きマウントアダプターのコントロールリングと併用すると今までにない位より直感的に操作ができます。
私自身はスライドで色温度変更にして、「〈」に個人的によく使う、色温度「4500K」
に設定しています。これで色温度をすぐに自らの標準に戻せるようにしています。

Canon EOS R + RF24-105mm F4L IS USM
F4 1/5000秒 ISO 1250

教会のシンボルと空を寒色系で爽やかに撮ろうとしましたが、
どことなく悲しい雰囲気になってしまいました。

Canon EOS R + RF35mm F1.8 マクロ IS STM
F2 1/640秒 ISO 100

金属製のゴミ箱に描かれたペイント。
普段は街に溶け込む彼らも、今は街から浮いた存在に。

Canon EOS R + RF35mm F1.8 マクロ IS STM
F4 1/60秒  ISO 100

使い込まれた自転車の鍵。
暖色系にしてサビを少しだけ目立たせてみました。


確かに今までに搭載されたことの無い機能なので操作に慣れるまで時間がかかるかもしれません。
しかし出来るだけ早く操作に慣れていただきたいです。
そうすることでこのカメラの使いやすさ素晴らしさをもっと知って貰えるかと思います。

↓今回使用した機材はコチラ↓







〓〓タイムズフォト〓〓

[ Category:Canon|掲載日時:2018年12月27日 21時30分]



≪前の記事 記事一覧 次の記事≫

【Canon】R Playing  vol.04 【Canon】R Playing vol.04 2019年01月16日
f/1.8 シャッタースピード 1/640 ISO感度 100 今回はプライベートでも最も愛用している画角、 中望遠の「EF 85mm F1.8 USM」です。 レンズ構成:7群9枚 (絞り羽根:8枚) 最短撮影距離:0.85m(最大撮影倍率:0.13) フィルター径:58mm  重量:約425g 1992年生まれなので27歳。 今でも現行で発売、人気が衰えている印象は見受けません。 持ってみるととにかく軽い。 ピントリングは軽めですがマニュアルフォーカスはやり易いです。 毎回自然溢れる場所に足が向かいがちなので シテ...
続きを読む
【はじまる410 Graduation】体感型フォトムービー08『Hikari no Mori』 【はじまる410 Graduation】体感型フォトムービー08『Hikari no Mori』 2019年01月10日
【はじまる410ラストムービー】 まったく新しい体感型フォトムービー『はじまる410ムービー』 それは、いつもとは違う小さな旅。 そこは、新しい発見と未来を見る小さな旅。 そこへ、何度でも行きたくなる小さな旅。 そんな小旅行『はじまるトリップ』は、写真を通じて体感する小さな旅の物語です。 次はどこへ行こう!次は何をするに応える『はじまる410ムービー』。 『はじまるトリップ ~ Hikari no Mori イルミネーションの森 ~』 今回の『はじまるトリッ...
続きを読む
【Canon】EOS Kiss Mと小さな相棒 【Canon】EOS Kiss Mと小さな相棒 2019年01月10日
Canon (キヤノン) EOS Kiss M +EF-M32mm F1.4 STM 焦点距離:32mm 絞り:F1.4 シャッタースピード:1/800秒 ISO:100 あっという間にお正月が過ぎ、つぎは成人式が近づいてまいりました。 年末年始、みなさんはいかがお過ごしでしたか? わたしは三が日に一日休暇があったので、早朝に近所のとあるお稲荷さま、お地蔵さまを巡りました。 お共にしたカメラはエントリーミラーレス機 EOS Kiss Mと、明るい単焦点のEF-M32mm F1.4 STMです。 35mm判換算で51mmという人間の視野角に近い標準域なので、 ...
続きを読む
恋ごころ 【Canon】恋ごころ  2019年01月08日
今回はCanon EOS 6D MarkⅡのご紹介です。 なぜ写真を撮るのか。この問いに対する答えは、きっと数えきれないほどあるでしょう。 なぜ写真を撮るのか。私の答えは、「恋ごころ」だと思います。 例えば美しい海を撮りたいと考えたら、撮影に行く日が晴れなのか曇りなのかとそわそわし、 頭の中で理想の海を思い描きます。撮影自体も楽しみですが、その景色に出会うことも待ちきれない。 実際に撮影に赴けば、最高のスポットを探して歩き回り、「自分だけの場所」が見つかればとても嬉し...
続きを読む
null 【Canon】R Playing vol.03 2019年01月03日
f/2.8 シャッタースピード 1/80 ISO感度 100 さて R Playing Vol.03 今回はCanonを持っている方であれば誰もが一度は手にするレンズ。 「 EF 50mm F1.8 STM」での撮影です。 「 EF 50mm F1.8 II」から絞り羽根の枚数(5枚→7枚) 接写距離(約36cm→約26cm) 駆動モーターがDCモーターからSTMに。 金属マウントへの改良もされました。 今回もまた曇天から始まります。 ピンポイントで曇る空、翌朝の青い空がぼやけて見えるのは 決して寝ぼけているからだけではないでしょう。 f...
続きを読む

[↑TOPへ戻る]