【Leica】新卒社員とLeica Vol.4(最終回) | THE MAP TIMES 
Select Language



【Leica】新卒社員とLeica Vol.4(最終回)

[ Category:Leica|掲載日時:2018年12月28日 12時00分]





みなさまはじめまして。

私はMapCamera以外の部署にいるのですが、
今回Leicaを使った企画をやるということで、興味本位で食らいつき急遽参加させていただきました。

そのためLeicaはもちろん、カメラのことは全くの初心者です。
そんな私でも「あれ、いい感じに撮れてる。センスあるかも?」と思ってしまうカメラだと思いました。

今回使用したものは2017年に発売されたLeica M10と同じくLeicaズミクロン50mm F2 2ndです。

Leica M10 + Leica ズミクロンM50mm F2 2nd


左上の覗き窓から見て、レンズを回して、2つの四角が重なり合ったらシャッターを押す。
教わった通りに使ってみる。

ファインダーのあるカメラを使うことも初めてでしたので、新鮮な気持ちでいくつも撮ってみました。
M10のカシャリという音も、"カメラを使っている"という満足感を与えてくれる心地良い音です。

Leica M10 + Leica ズミクロンM50mm F2 2nd

逆光で朝方なのに暗くなってしまいましたが、それでも素敵に写っているのに驚きました。

私は趣味で茶道を習っており、お道具などを写したく思い、先生にお願いして撮らせていただきました。

Leica M10 + Leica ズミクロンM50mm F2 2nd

紐の細部までもきっちり写しつつも、柔らかくあたたかな印象を与えるボケの感じがとっても好みです。

Leica M10 + Leica ズミクロンM50mm F2 2nd


ライブビュー機能を使ってモニターを見ながら撮るときは、
赤い点線のあるところがピントの合うところ。教わった通りくるりくるりとレンズを回してパシャリ。

手前にあるのは、私の1番のお気に入りの栄螺を模した蓋置きです。とても可愛い。
一目見てどれが主役なのか、あからさまなボケ感ではなく自然と馴染んだその写りはLeicaならではのものでしょうか。

Leica M10 + Leica ズミクロンM50mm F2 2nd


お稽古後の入り口前で撮った写真。

今回、ISO感度やシャッタースピードはオート設定から何も変えずに撮ってみました。
撮るもの・場所によってそれに適した明るさを調節してくれていたので、
"とりあえず撮ってみる"でも、素敵な写真がいくつも生まれました。

全てマニュアルモードで撮ることも、知識のある方には当然の楽しみ方ですが、
私のような初心者でもストレスなく、気軽に使えました。

Leicaというとお値段からして、カメラを知り尽くしたプロが使うものだと思っておりましたが、
実は初心者からプロの方まで、その人にあった使い方で楽しむことができる優秀なカメラだと感じました。

今までの写真も振り返ります。
新卒社員とLeica Vol.1より


新卒社員とLeica Vol.2より


新卒社員とLeica Vol.3より


新卒社員とLeica Vol.3より


いかがでしたでしょうか!

今回で「新卒社員とLeica」シリーズは終了ですが、初心者目線でもっとLeicaを広めたい!という想いから始めたこのシリーズ。
このブログたちがより多くの方がLeicaと繋がるきっかけになれば幸いです。

最後までご覧いただき、ありがとうございました!


新卒社員とLeicaシリーズのバックナンバーはこちら!






〓〓タイムズフォト〓〓

[ Category:Leica|掲載日時:2018年12月28日 12時00分]



≪前の記事 記事一覧 次の記事≫

null 【FUJIFILM】高円寺散歩 2019年05月19日
東京では、5月だというのに30℃に到達しそうな日が続きます。 夜なら外に出れると思い、 ふと思うと、仕事から帰ってくるだけで夜のご近所を知らないことに気づきました。 日も沈んできたので、 夜のご近所を散策してみます。 お供には携帯性抜群わずか155g「フジノン XF16mm F2.8 R WR ブラック」と、 「FUJIFILM X-E3」を従えていきます。 まず向かったのは高円寺~中野間の中央線の車内から見てて、 なんの建物だろうと思っていた座高円寺です。 半分もう閉まってましたが、 ...
続きを読む
GR IIとお散歩 【RICOH】GR IIとお散歩 2019年05月17日
ゴールデンウィークも終わり、初夏を思わせるような陽気になってきました。 そんな私は桜が散り始めた頃、 周りの方々からすすめられて、気になっていたカメラを手にしました。 【RICOH (リコー) GR II】です。 今回はこのカメラを持ち、駒込にある「六義園」に行きました。 巣鴨駅からとことこお散歩をしながら六義園の近くまで。 知らない場所を歩くのは楽しいですね。 庭園にはレトロなお茶屋さんがあったり、老若男女楽しめるところでした。 毎日東京のせわしないところに...
続きを読む
null 【Canon】EOS Kiss M でカメラデビュー 2019年05月16日
初めまして。今回から新たにブログを書かせていただきます。 そんな私ですが、ずばりカメラ初心者です。 どうか温かい目で見守っていただけると嬉しいです。 さて、初心者の私が相棒に選んだのは、 【Canon】の「EOS Kiss Mダブルズームキット」です。 カメラを手にして感じたのが、 普段の何気ない景色をしっかりと見つめるようになりました。 そこで、今回の写真は近所の公園を撮ろうと思い、Kiss Mで 撮影を楽しんできました。 Kiss Mを選んだ理由の一つは何と言っても軽いことで...
続きを読む
緑の恵み 【PENTAX】緑の恵み 2019年05月15日
『PENTAX K-1MarkⅡ +FA77mm F1.8 Limited』 1/125 f/8 ISO400 WB AUTO -言葉を写真に- "ひとつ、またひとつ心を優しくするために" 1/100 f/6.3 ISO800 WB AUTO 今回は新緑の緑を感じにフルサイズボディPENTAXK-1と 独特な描写で人気のLimitedレンズ・FA77mmの組み合わせでお出掛けしました。 1/160 f/5.6 ISO800 WB AUTO PENTAXは緑の発色が本当に綺麗だと、心から思います。 JPEGで撮ってだし、WBをボディ内で調整せず、 AUTOでこの緑の発色が出せ、さらにこの表現力は このメーカ...
続きを読む
【SONY】強くてニューゲーム 【SONY】強くてニューゲーム 2019年05月14日
愛らしい容姿と、美しい囀り…。 被写体として、小鳥ほど魅力のあるものはなかなか無いのではないでしょうか。 とはいえ撮影難易度は非常に高く、「作品」を撮ろうとすると多大な努力を要します。情報収集から始まり、なわばりの位置特定、さらには目当ての鳥が現れるまで何時間も粘ったり…。 どちらかというと筆者は「歩きながら小鳥を探し、見つけたら撮る」というお手軽撮影派です。なので今までは愛機の一眼レフに70-300mmのズームを装着し、ライトに野鳥撮影を楽しんでおりました。 ですが、そ...
続きを読む

[↑TOPへ戻る]