【Leica】新卒社員とLeica Vol.4(最終回) | THE MAP TIMES 
Select Language



【Leica】新卒社員とLeica Vol.4(最終回)

[ Category:Leica|掲載日時:2018年12月28日 12時00分]





みなさまはじめまして。

私はMapCamera以外の部署にいるのですが、
今回Leicaを使った企画をやるということで、興味本位で食らいつき急遽参加させていただきました。

そのためLeicaはもちろん、カメラのことは全くの初心者です。
そんな私でも「あれ、いい感じに撮れてる。センスあるかも?」と思ってしまうカメラだと思いました。

今回使用したものは2017年に発売されたLeica M10と同じくLeicaズミクロン50mm F2 2ndです。

Leica M10 + Leica ズミクロンM50mm F2 2nd


左上の覗き窓から見て、レンズを回して、2つの四角が重なり合ったらシャッターを押す。
教わった通りに使ってみる。

ファインダーのあるカメラを使うことも初めてでしたので、新鮮な気持ちでいくつも撮ってみました。
M10のカシャリという音も、"カメラを使っている"という満足感を与えてくれる心地良い音です。

Leica M10 + Leica ズミクロンM50mm F2 2nd

逆光で朝方なのに暗くなってしまいましたが、それでも素敵に写っているのに驚きました。

私は趣味で茶道を習っており、お道具などを写したく思い、先生にお願いして撮らせていただきました。

Leica M10 + Leica ズミクロンM50mm F2 2nd

紐の細部までもきっちり写しつつも、柔らかくあたたかな印象を与えるボケの感じがとっても好みです。

Leica M10 + Leica ズミクロンM50mm F2 2nd


ライブビュー機能を使ってモニターを見ながら撮るときは、
赤い点線のあるところがピントの合うところ。教わった通りくるりくるりとレンズを回してパシャリ。

手前にあるのは、私の1番のお気に入りの栄螺を模した蓋置きです。とても可愛い。
一目見てどれが主役なのか、あからさまなボケ感ではなく自然と馴染んだその写りはLeicaならではのものでしょうか。

Leica M10 + Leica ズミクロンM50mm F2 2nd


お稽古後の入り口前で撮った写真。

今回、ISO感度やシャッタースピードはオート設定から何も変えずに撮ってみました。
撮るもの・場所によってそれに適した明るさを調節してくれていたので、
"とりあえず撮ってみる"でも、素敵な写真がいくつも生まれました。

全てマニュアルモードで撮ることも、知識のある方には当然の楽しみ方ですが、
私のような初心者でもストレスなく、気軽に使えました。

Leicaというとお値段からして、カメラを知り尽くしたプロが使うものだと思っておりましたが、
実は初心者からプロの方まで、その人にあった使い方で楽しむことができる優秀なカメラだと感じました。

今までの写真も振り返ります。
新卒社員とLeica Vol.1より


新卒社員とLeica Vol.2より


新卒社員とLeica Vol.3より


新卒社員とLeica Vol.3より


いかがでしたでしょうか!

今回で「新卒社員とLeica」シリーズは終了ですが、初心者目線でもっとLeicaを広めたい!という想いから始めたこのシリーズ。
このブログたちがより多くの方がLeicaと繋がるきっかけになれば幸いです。

最後までご覧いただき、ありがとうございました!


新卒社員とLeicaシリーズのバックナンバーはこちら!






〓〓タイムズフォト〓〓

[ Category:Leica|掲載日時:2018年12月28日 12時00分]



≪前の記事 記事一覧 次の記事≫

更なる進化を遂げた "超高画素" Phaseone XF IQ4 【PhaseOne】更なる進化を遂げた "超高画素" Phaseone XF IQ4 2019年03月19日
すっかり春の陽気も近付いて参りました。 皆様いかがお過ごしでしょうか? 前回ご紹介したPhaseone IQ3 Trichromaticは 非常に大きな反響を頂き、ありがとうございます! なかなか見ることのできない1億画素機の写真というだけあって 多くのお客様にその衝撃が伝わったと思います。 そして昨年発表され、更なる高画素化を行ったPhaseone IQ4。 なんと今回、PhaseOne Japan様から貴重なこのボディと Schneider 40-80mm LS F4.0-5.6+120mm LS F4.0 macroレンズをお借りして "1億5000万画素"...
続きを読む
写真展のご案内 〜 衝動『8人の写真家たち』~ 写真展のご案内 〜 衝動『8人の写真家たち』~ 2019年03月19日
マップカメラでは写真展のご案内を致しております。 本日ご紹介するのは 衝 動 『8人の写真家たち』 です。 是非足をお運び下さい。 asamiranda/koichi73/佐々木龍一/信夫良介/田河新平/TOSHIO/ZUI/140 会期:2019年3月22日(金)- 24日(日) 会場:gem(東京都目黒区中目黒1-9-18)
続きを読む
【Leica】控え目な実力派中望遠 ELMARIT-M 90mm F2.8 【Leica】控え目な実力派中望遠 ELMARIT-M 90mm F2.8  2019年03月18日
Leica ELMARIT-M 90mm F2.8 長い間、ライカの90mmという焦点距離をSummicronとともに担ってきたElmarit 90mm F2.8。 Summaritの登場とともにその役目を終えましたが、やはり「エルマリート」という優しい響きは、それ自体に魅力があります。 個人的にも「ズミクロン」よりも「エルマリート」という名前が好きで、このレンズを選んだ節があります。 今回は、SONY α7RIIとLeica ELMARIT-M 90mm F2.8 E46 フード組込の組み合わせで撮影しました。 ライカMシステムとの違いは、やはりカメラ内手振れ...
続きを読む
Carl Zeiss Batis 40mm F2 CF 【CarlZeiss】潮風とBatis 40mm F2 CF 2019年03月18日
潮風を感じたくて横浜へ向かった。 装着したレンズはBatis 40mm F2 CF。一枚目に撮ったのは白い巡視船。大きな船の横で、小さなゴムボートが波間を進んでいく。 空を見上げると赤レンガ倉庫と建設中のビルが見える。刻一刻と変わる時の中で、完成したビルが風景に溶け込むのは、何年後のことだろうか。 大桟橋には大型客船が止まっていた。これから長い旅に向かうのか、それとも長い旅を終えてきたのか。遠くからではわからない。 リズミカルに並ぶオブジェを横浜税関の建物が見...
続きを読む
写真展のご案内「ETHER」-エーテル- ゼラチンシルバープリントによるモノクロームの植物群~ 写真展のご案内 〜「ETHER」-エーテル- ゼラチンシルバープリントによるモノクロームの植物群~ 2019年03月18日
マップカメラでは写真展のご案内を致しております。 本日ご紹介するのは 「ETHER」-エーテル- ゼラチンシルバープリントによるモノクロームの植物群 です。 是非足をお運び下さい。
続きを読む

[↑TOPへ戻る]