【Leica】新卒社員とLeica Vol.4(最終回) | THE MAP TIMES 
Select Language



【Leica】新卒社員とLeica Vol.4(最終回)

[ Category:Leica|掲載日時:2018年12月28日 12時00分]





みなさまはじめまして。

私はMapCamera以外の部署にいるのですが、
今回Leicaを使った企画をやるということで、興味本位で食らいつき急遽参加させていただきました。

そのためLeicaはもちろん、カメラのことは全くの初心者です。
そんな私でも「あれ、いい感じに撮れてる。センスあるかも?」と思ってしまうカメラだと思いました。

今回使用したものは2017年に発売されたLeica M10と同じくLeicaズミクロン50mm F2 2ndです。

Leica M10 + Leica ズミクロンM50mm F2 2nd


左上の覗き窓から見て、レンズを回して、2つの四角が重なり合ったらシャッターを押す。
教わった通りに使ってみる。

ファインダーのあるカメラを使うことも初めてでしたので、新鮮な気持ちでいくつも撮ってみました。
M10のカシャリという音も、"カメラを使っている"という満足感を与えてくれる心地良い音です。

Leica M10 + Leica ズミクロンM50mm F2 2nd

逆光で朝方なのに暗くなってしまいましたが、それでも素敵に写っているのに驚きました。

私は趣味で茶道を習っており、お道具などを写したく思い、先生にお願いして撮らせていただきました。

Leica M10 + Leica ズミクロンM50mm F2 2nd

紐の細部までもきっちり写しつつも、柔らかくあたたかな印象を与えるボケの感じがとっても好みです。

Leica M10 + Leica ズミクロンM50mm F2 2nd


ライブビュー機能を使ってモニターを見ながら撮るときは、
赤い点線のあるところがピントの合うところ。教わった通りくるりくるりとレンズを回してパシャリ。

手前にあるのは、私の1番のお気に入りの栄螺を模した蓋置きです。とても可愛い。
一目見てどれが主役なのか、あからさまなボケ感ではなく自然と馴染んだその写りはLeicaならではのものでしょうか。

Leica M10 + Leica ズミクロンM50mm F2 2nd


お稽古後の入り口前で撮った写真。

今回、ISO感度やシャッタースピードはオート設定から何も変えずに撮ってみました。
撮るもの・場所によってそれに適した明るさを調節してくれていたので、
"とりあえず撮ってみる"でも、素敵な写真がいくつも生まれました。

全てマニュアルモードで撮ることも、知識のある方には当然の楽しみ方ですが、
私のような初心者でもストレスなく、気軽に使えました。

Leicaというとお値段からして、カメラを知り尽くしたプロが使うものだと思っておりましたが、
実は初心者からプロの方まで、その人にあった使い方で楽しむことができる優秀なカメラだと感じました。

今までの写真も振り返ります。
新卒社員とLeica Vol.1より


新卒社員とLeica Vol.2より


新卒社員とLeica Vol.3より


新卒社員とLeica Vol.3より


いかがでしたでしょうか!

今回で「新卒社員とLeica」シリーズは終了ですが、初心者目線でもっとLeicaを広めたい!という想いから始めたこのシリーズ。
このブログたちがより多くの方がLeicaと繋がるきっかけになれば幸いです。

最後までご覧いただき、ありがとうございました!


新卒社員とLeicaシリーズのバックナンバーはこちら!






〓〓タイムズフォト〓〓

[ Category:Leica|掲載日時:2018年12月28日 12時00分]



≪前の記事 記事一覧 次の記事≫

6枚玉がとおる 【写真を楽しむ6月】6枚玉がとおる 2019年06月14日
各所で暑い日が続き、日に日に来る夏の気配を肌で感じられるようになってまいりました。 皆様いかがお過ごしでしょうか。 今年ももう折り返しの6月。 私事ですが今月で【ズミクロン M35mm F2】の第二世代 通称【6枚玉】を使い始めて半年、つまり6か月が経ちます。 この度のテーマは【写真を楽しむ6月】。 半ば強引ではございますが、この6の数のめぐりあわせに改めて6枚玉で写真を撮ってまいりました。 またお付き合いいただけると幸いです。 ...
続きを読む
null 【写真を楽しむ6月】カラーフィルターを外して 2019年06月04日
シンプルにいたい今日この頃。 人は視覚からの色彩だけでなく 日々の言葉や経験から蓄積されていく色を介して また外の世界を見ていくのだと、思います。 summicron M90mm F2 グラスとコーラが別々で出てくるタイプの喫茶店にいました。 6月です。 早いもので入社して3ヶ月目に突入して、 めまぐるしく時が過ぎ去っていくのを感じます。 このままでは浦島太郎状態になるのではないかと不安になります。 summicron M90mm F2 Elmer L50mm F3.5 写りこみも、モノクロなら...
続きを読む
【新元号令和、平成を振り返る】私のM9とSonnarと子供 【新元号令和、平成を振り返る】私のM9とSonnarと子供 2019年04月28日
あと数日で平成も終わり、新たな元号へと変わります。 今回のブログ企画の話が来て、所有しているカメラでちょうどいい話ができそうだと思いました。そのカメラは『Leica M9』。平成はフィルムからデジタルへ変わった時代。35mmフィルムカメラの歴史そのものとも言えるライカが作った、初のフルサイズセンサーを搭載したM型ライカになります。 M9の発売は今から10年前の2009年。1800万画素のコダック製ローパスレスCCDを搭載した伝統のMマウント・レンジファインダー機。 ...
続きを読む
Vol.1 ~Summicron 50mm F2 1st~ 【新元号令和、平成を振り返る】Leicaで撮るということ 2019年04月18日
平成も終わりかぁ。と思い 数年前に書いたブログを思い出しました。 【SONY】Leicaで撮るということ 当時はα7が発売され、 マウントアダプターでどんなレンズも付ける事が出来る。 という事に感激していた記憶があります。 Leicaで撮るということ、と書いておきながらカメラはSONYなんですが笑 Vol.1 ~Summicron 50mm F2 1st~ Vol.2 ~Summarit 50mm F1.5~ Vol.3 ~Summilux 75mm F1.4~ Vol.4 ~Summar 50mm F2.0~ Vol.5 ~Summarit-M 90mm F2.5 6bit~ Vo...
続きを読む
【Leica】花見月をライカと楽しむ「鎌倉の旅」イベントレポート 【Leica】花見月をライカと楽しむ「鎌倉の旅」イベントレポート 2019年04月02日
桜の開花宣言から数日経ち、そろそろ見頃を迎えた3月30日。神奈川・鎌倉にて開催いたしました『花見月をライカと楽しむ 鎌倉の旅』のイベントをレポートいたします。 今回16名の参加者にお貸し出しをした機種は最新の『M10』と『M10-P』。レンズは35mmと50mmをご用意し、春の鎌倉を思い思いに撮影していただくイベントです。 新宿から貸切バスで移動し、一行は“鎌倉大仏”で有名な大仏殿高徳院へ。 ツアーの講師としてお招きしたのはプロカメ...
続きを読む

[↑TOPへ戻る]