【Leica】私のライカライフ ~Journey!~ | THE MAP TIMES //該当の要素を削除する $(this).remove(); }); });  【Leica】私のライカライフ ~Journey!~ | THE MAP TIMES
Select Language

【Leica】私のライカライフ ~Journey!~

[ Category: Leica|掲載日時:2019年02月15日 22時00分]


Leica Boutique MAPCAMERA Shinjuku 6th Anniversary

2月20日にライカブティックMapCamera Shinjukuはオープン6周年目を迎えます。
目玉イベントのひとつである、ライカ機材を使用したフォトコンテスト『LEICA Smile Photo Contest』では、
豪華審査員を招き、Best Smile賞に選ばれた1名様に
新品のLeica Q(Typ116)チタングレーをプレゼント!!
詳しくはこちら!
かつてないほどの豪華な賞品です!奮ってご応募ください!

さて、『ライカライフ』をテーマとして連載している6周年ブログも
今回で5本目です。
『ライカライフ』
今まで幸せなことに、様々なライカのカメラを使わせて頂く機会がありました。
中でも私が気に入っているのがLeica Q(Typ116)
理由は様々ありますが、なんと言っても機動力と画質でしょう。

普段生活をしていると、撮影スピードが求められるシーンがあります。
例えば旅行がその一つ。

今回はLeica Q(Typ116)をお供にした旅行の記録をご覧ください。

Leica Q(Typ116)

こちらは平安神宮。
朱色と緑の屋根、そして青空のコントラストが綺麗です。
Q(Typ116)に搭載されているレンズはズミルックス28mm F1.7 ASPH.
風景を撮ることが多い旅行では28mmの画角が丁度よく感じます。

Leica Q(Typ116)

流石ズミルックスといったところでしょうか。
広角レンズながら、ボケを愉しむことができ、立体感にも優れます。

Q.さて、この扉はどこの扉でしょうか?
ヒント:絶景かな絶景かな


Leica Q(Typ116)

A.南禅寺の三門の上にある扉でした。

ここ数年で三回登っていますが、いつまで経っても高所恐怖症の私はビクビクしています。
とくに階段!


Leica Q(Typ116)

古い木の質感がたまりません。


Leica Q(Typ116)

以前もこの瓦の写真を撮ったような…。
すごい苔です。髭のよう。
こういう被写体を撮る時はタッチAFにすると、即座にピントを合わせることができます。


Leica Q(Typ116)

日暮れの鴨川へ。
鴨川には本当に色んな人がいます。
たくさんの被写体に出会えます。


Leica Q(Typ116)

猫の足跡と人の足跡…。


Leica Q(Typ116)

そしてLeica Store Kyotoへ
LeicaでLeica Storeを撮るという個人的に贅沢な経験ができました。
陰影を美しく描き出します!


Leica Q(Typ116)



Leica Q(Typ116)

夜の伏見稲荷。実は24時間参拝が可能です。
こちらは長秒露光しています。


Leica Q(Typ116)

Qの嬉しいところの一つは、被写体に寄れるところです。
最短撮影距離は17cm
このように近づいて撮れば、旅先での美味しい料理もバッチリ!
ちなみにこちらは下鴨神社の休憩処で頂ける申餅です。


Leica Q(Typ116)

こういう写真もスピーディな撮影ができる、Qならでは。
人混みの中、マニュアルでピント合わせをしようと立ち止まったら大変なことになりそう…。
ストリートスナップにもピッタリのカメラです。

ライカを使ってみたいけど、
ライカって難しそう。という皆様に自信を持っておすすめします!









Leica Smail Photon




〓〓タイムズフォト〓〓〓〓商品ピックアップ〓〓

[ Category: Leica|掲載日時:2019年02月15日 22時00分]

面白いと思ったらコチラをClick!21票


ぼくらのズミクロン日記

【Leica】ぼくらのズミクロン日記Vol.1 ~ズミクロンS100!~[2019年10月15日]

We are summicron!! この連載は、マップカメラライカブティックのスタッフそれぞれがズミクロンへの愛を語るものです。 1954年に発売され、その性能の高さと描写力で世界のレンズ設計の基準を引き上げたとすら言われるLeicaレンズのレジェンド、ズミクロン。 今ではライカMマウント以外にも、Rマウント、Lマウント、Sマウント等様々なズミクロンが存在します。 十人十色ならぬ十本十個性の色々なズミクロンに対し、様々な角度でスポットを当てていきたいと思います。 幕開けを飾る記事は、...
続きを読む
【SONY】早秋の汀にて。

【SONY】早秋の汀にて。[2019年10月14日]

SONY α7S+SIGMA Contemporary 45mm F2.8 DG DN 焦点距離:45mm 絞り:F6.3 シャッタースピード:1/200秒 ISO:100 「早秋の汀にて。」 暑さが一段落して、秋深まりつつある今日この頃…。皆様、いかがお過ごしでしょうか。筆者は北の生まれなもので、夏のうだるような暑さは苦手です。まだまだ残暑厳しい日もありますが、朝晩の風に秋の気配を感じつつあります。 ふと、「秋の海」というものに興味を持ちました。 海水浴客で賑わう夏の海とは少し違う、趣のある風景に出会うため...
続きを読む
null

【Nikon】おやひこさま参り×Z7[2019年10月13日]

   9月中頃、少し遅めの夏休みを頂きましてNikon Z7にZ24-70mm F2.8をつけて、新潟県にあります越後国一宮・弥彦神社のお参りに行ってきました。  一の鳥居をくぐって左手に、神様しか通れないと言われている玉の橋があります。  平日にも関わらず、団体の参拝客の方々を見かけました。神社でお参りする際は二礼二拍一礼が一般的ですが、弥彦神社では二礼四拍一礼でお参りします。この形式は、出雲大社が有名です。  御神木である椎の大木。  お参りが終わった後は、ご本殿の背...
続きを読む
null

【Panasonic】巾着田を撮る。[2019年10月12日]

日高市内を流れる清流、高麗川(こまがわ)の蛇行により長い年月をかけてつくられ、 その形がきんちゃくの形に似ていることから、巾着田(きんちゃくだ)と呼ばれるようになりました。 ここ数年、通い続けて少しワンパターン化してきてしまったかな。 と思い行くのを躊躇していたのですが そういえばまだやったことがない事がある、と思って今年も行ってきました。 というわけで 焦点距離: 560mm 絞り:F4.0 / シャッタースピード:1/1000秒 / ISO:200 2019 巾着田を超望遠で撮る です。 ...
続きを読む
null

【MapTimes】One More Times!! vol.6【二眼レフ特集】[2019年10月11日]

THEMAPTIMES。 更新は毎日。 マップカメラのスタッフが機材の感想、ちょっとした豆知識や体験談を添えて 撮影した写真などをご紹介させていただいております。 【MapTimes】One More Times!! 過去記事はこちらからご覧いただけます。 というわけで今回のキーワードは「二眼レフ」 今回特に注目していただきたいブログは 2008年から連載開始した「二眼レフはいかがですか?!」 番外編なども含めると、なんと総数50本を超えるボリューム! ぜひご覧いただきたいシリーズです。 画像をクリック...
続きを読む