【Leica】私のライカライフ ~Journey!~ | THE MAP TIMES 
Select Language



【Leica】私のライカライフ ~Journey!~

[ Category:Leica|掲載日時:2019年02月15日 22時00分]



Leica Boutique MAPCAMERA Shinjuku 6th Anniversary

2月20日にライカブティックMapCamera Shinjukuはオープン6周年目を迎えます。
目玉イベントのひとつである、ライカ機材を使用したフォトコンテスト『LEICA Smile Photo Contest』では、
豪華審査員を招き、Best Smile賞に選ばれた1名様に
新品のLeica Q(Typ116)チタングレーをプレゼント!!
詳しくはこちら!
かつてないほどの豪華な賞品です!奮ってご応募ください!

さて、『ライカライフ』をテーマとして連載している6周年ブログも
今回で5本目です。
『ライカライフ』
今まで幸せなことに、様々なライカのカメラを使わせて頂く機会がありました。
中でも私が気に入っているのがLeica Q(Typ116)
理由は様々ありますが、なんと言っても機動力と画質でしょう。

普段生活をしていると、撮影スピードが求められるシーンがあります。
例えば旅行がその一つ。

今回はLeica Q(Typ116)をお供にした旅行の記録をご覧ください。

Leica Q(Typ116)

こちらは平安神宮。
朱色と緑の屋根、そして青空のコントラストが綺麗です。
Q(Typ116)に搭載されているレンズはズミルックス28mm F1.7 ASPH.
風景を撮ることが多い旅行では28mmの画角が丁度よく感じます。

Leica Q(Typ116)

流石ズミルックスといったところでしょうか。
広角レンズながら、ボケを愉しむことができ、立体感にも優れます。

Q.さて、この扉はどこの扉でしょうか?
ヒント:絶景かな絶景かな


Leica Q(Typ116)

A.南禅寺の三門の上にある扉でした。

ここ数年で三回登っていますが、いつまで経っても高所恐怖症の私はビクビクしています。
とくに階段!


Leica Q(Typ116)

古い木の質感がたまりません。


Leica Q(Typ116)

以前もこの瓦の写真を撮ったような…。
すごい苔です。髭のよう。
こういう被写体を撮る時はタッチAFにすると、即座にピントを合わせることができます。


Leica Q(Typ116)

日暮れの鴨川へ。
鴨川には本当に色んな人がいます。
たくさんの被写体に出会えます。


Leica Q(Typ116)

猫の足跡と人の足跡…。


Leica Q(Typ116)

そしてLeica Store Kyotoへ
LeicaでLeica Storeを撮るという個人的に贅沢な経験ができました。
陰影を美しく描き出します!


Leica Q(Typ116)



Leica Q(Typ116)

夜の伏見稲荷。実は24時間参拝が可能です。
こちらは長秒露光しています。


Leica Q(Typ116)

Qの嬉しいところの一つは、被写体に寄れるところです。
最短撮影距離は17cm
このように近づいて撮れば、旅先での美味しい料理もバッチリ!
ちなみにこちらは下鴨神社の休憩処で頂ける申餅です。


Leica Q(Typ116)

こういう写真もスピーディな撮影ができる、Qならでは。
人混みの中、マニュアルでピント合わせをしようと立ち止まったら大変なことになりそう…。
ストリートスナップにもピッタリのカメラです。

ライカを使ってみたいけど、
ライカって難しそう。という皆様に自信を持っておすすめします!









Leica Smail Photon




〓〓タイムズフォト〓〓〓〓商品ピックアップ〓〓

[ Category:Leica|掲載日時:2019年02月15日 22時00分]



≪前の記事 記事一覧 次の記事≫

【新元号令和、平成を振り返る】私のM9とSonnarと子供 【新元号令和、平成を振り返る】私のM9とSonnarと子供 2019年04月28日
あと数日で平成も終わり、新たな元号へと変わります。 今回のブログ企画の話が来て、所有しているカメラでちょうどいい話ができそうだと思いました。そのカメラは『Leica M9』。平成はフィルムからデジタルへ変わった時代。35mmフィルムカメラの歴史そのものとも言えるライカが作った、初のフルサイズセンサーを搭載したM型ライカになります。 M9の発売は今から10年前の2009年。1800万画素のコダック製ローパスレスCCDを搭載した伝統のMマウント・レンジファインダー機。 ...
続きを読む
Vol.1 ~Summicron 50mm F2 1st~ 【新元号令和、平成を振り返る】Leicaで撮るということ 2019年04月18日
平成も終わりかぁ。と思い 数年前に書いたブログを思い出しました。 【SONY】Leicaで撮るということ 当時はα7が発売され、 マウントアダプターでどんなレンズも付ける事が出来る。 という事に感激していた記憶があります。 Leicaで撮るということ、と書いておきながらカメラはSONYなんですが笑 Vol.1 ~Summicron 50mm F2 1st~ Vol.2 ~Summarit 50mm F1.5~ Vol.3 ~Summilux 75mm F1.4~ Vol.4 ~Summar 50mm F2.0~ Vol.5 ~Summarit-M 90mm F2.5 6bit~ Vo...
続きを読む
【Leica】花見月をライカと楽しむ「鎌倉の旅」イベントレポート 【Leica】花見月をライカと楽しむ「鎌倉の旅」イベントレポート 2019年04月02日
桜の開花宣言から数日経ち、そろそろ見頃を迎えた3月30日。神奈川・鎌倉にて開催いたしました『花見月をライカと楽しむ 鎌倉の旅』のイベントをレポートいたします。 今回16名の参加者にお貸し出しをした機種は最新の『M10』と『M10-P』。レンズは35mmと50mmをご用意し、春の鎌倉を思い思いに撮影していただくイベントです。 新宿から貸切バスで移動し、一行は“鎌倉大仏”で有名な大仏殿高徳院へ。 ツアーの講師としてお招きしたのはプロカメ...
続きを読む
【Leica】貴婦人と歩く鎌倉散策 【新元号令和、平成を振り返る】貴婦人と歩く鎌倉散策 2019年04月02日
桜も本格的なシーズンとなり、カメラを持って散歩に 出掛ける機会も多くなりました。皆様如何お過ごしでしょうか? 当店で3/30に行われた「花見月をライカと楽しむ」ツアーは 大変ご好評頂き、ありがとうございます。 ライカを持って1日撮影ができる機会が設けられるのも当店ならでは。 筆者もツアーに同行し、撮影を楽しんでおりました。 今回使用したボディはM モノクローム(Typ246)は平成27年(2015年)発売です。 平成の今、モノクロームしか撮れないという、一見不便そうな制限こそあり...
続きを読む
イメージです 【Leica】勝手にライカライフ 2019年03月21日
先月6周年を迎えたライカブティック MapCamera Shinjuku。 それを記念してマップカメラスタッフ数名による「私のライカライフ」というブログが掲載されました。 ちなみにこの「ライカライフ」という単語を『マップタイムス』のページで検索かけていただくと、一番古いものとして「【LEICA愛】ライカの世界へようこそ」という記事が引っ掛かります。 実はこれ私が書いたもの。 ちょうど6年前の記事で、そのなかに「ライカライフ」という言葉を使っています。 そんなわけで、『マップタイムス』における元...
続きを読む

[↑TOPへ戻る]