【Leica】私のライカライフ ~Journey!~ | THE MAP TIMES 
Select Language



【Leica】私のライカライフ ~Journey!~

[ Category:Leica|掲載日時:2019年02月15日 22時00分]



Leica Boutique MAPCAMERA Shinjuku 6th Anniversary

2月20日にライカブティックMapCamera Shinjukuはオープン6周年目を迎えます。
目玉イベントのひとつである、ライカ機材を使用したフォトコンテスト『LEICA Smile Photo Contest』では、
豪華審査員を招き、Best Smile賞に選ばれた1名様に
新品のLeica Q(Typ116)チタングレーをプレゼント!!
詳しくはこちら!
かつてないほどの豪華な賞品です!奮ってご応募ください!

さて、『ライカライフ』をテーマとして連載している6周年ブログも
今回で5本目です。
『ライカライフ』
今まで幸せなことに、様々なライカのカメラを使わせて頂く機会がありました。
中でも私が気に入っているのがLeica Q(Typ116)
理由は様々ありますが、なんと言っても機動力と画質でしょう。

普段生活をしていると、撮影スピードが求められるシーンがあります。
例えば旅行がその一つ。

今回はLeica Q(Typ116)をお供にした旅行の記録をご覧ください。

Leica Q(Typ116)

こちらは平安神宮。
朱色と緑の屋根、そして青空のコントラストが綺麗です。
Q(Typ116)に搭載されているレンズはズミルックス28mm F1.7 ASPH.
風景を撮ることが多い旅行では28mmの画角が丁度よく感じます。

Leica Q(Typ116)

流石ズミルックスといったところでしょうか。
広角レンズながら、ボケを愉しむことができ、立体感にも優れます。

Q.さて、この扉はどこの扉でしょうか?
ヒント:絶景かな絶景かな


Leica Q(Typ116)

A.南禅寺の三門の上にある扉でした。

ここ数年で三回登っていますが、いつまで経っても高所恐怖症の私はビクビクしています。
とくに階段!


Leica Q(Typ116)

古い木の質感がたまりません。


Leica Q(Typ116)

以前もこの瓦の写真を撮ったような…。
すごい苔です。髭のよう。
こういう被写体を撮る時はタッチAFにすると、即座にピントを合わせることができます。


Leica Q(Typ116)

日暮れの鴨川へ。
鴨川には本当に色んな人がいます。
たくさんの被写体に出会えます。


Leica Q(Typ116)

猫の足跡と人の足跡…。


Leica Q(Typ116)

そしてLeica Store Kyotoへ
LeicaでLeica Storeを撮るという個人的に贅沢な経験ができました。
陰影を美しく描き出します!


Leica Q(Typ116)



Leica Q(Typ116)

夜の伏見稲荷。実は24時間参拝が可能です。
こちらは長秒露光しています。


Leica Q(Typ116)

Qの嬉しいところの一つは、被写体に寄れるところです。
最短撮影距離は17cm
このように近づいて撮れば、旅先での美味しい料理もバッチリ!
ちなみにこちらは下鴨神社の休憩処で頂ける申餅です。


Leica Q(Typ116)

こういう写真もスピーディな撮影ができる、Qならでは。
人混みの中、マニュアルでピント合わせをしようと立ち止まったら大変なことになりそう…。
ストリートスナップにもピッタリのカメラです。

ライカを使ってみたいけど、
ライカって難しそう。という皆様に自信を持っておすすめします!









Leica Smail Photon




〓〓タイムズフォト〓〓〓〓商品ピックアップ〓〓

[ Category:Leica|掲載日時:2019年02月15日 22時00分]



≪前の記事 記事一覧 次の記事≫

憧れとその先と 【増税前にデビュー】Leica 憧れとその先と 2019年09月20日
ISO100 SS:1/125 f8 冷夏、酷暑に暴風雨と続いた今年も いつの間にか身を撫ぜる風が 心地よい日柄に落ち着いてまいりました。 油断すると身体もすぐ冷えてしまいますので 衣替えのタイミングは計画的に。 皆様いかがお過ごしでしょうか。 ISO100 SS:1/250 f2 さて、この度フィルム派の私は ここにきて本格的にデジタル初挑戦。 Mの新鋭【M10-P】で華々しいデビューです。 無論RAW現像も初挑戦で正解が見えるはずもなく、 明るさ調節程度に済ませありのまま撮ってまいりま...
続きを読む
TL2と行く。 【増税前にデビュー】TL2と行く。 2019年09月17日
ここ1ヵ月くらい、関西の方へ、その先へと 足を延ばすことが多かったです。 夜行バスに飛び乗り京都へ行ったり 目的地を鳥取県、某砂丘にしレンタカーを走らせたり。 (帰りはレンタカーの返却リミットが迫りタイムアタックな 帰路となり、あまりゆっくりはできませんでした) 今回使用したレンズは、 ライカ・スクリューマウントのNikkor 50mm F1.4です 口径には当時の呼び名(日本光学)で NIPPON KOGAKUと刻まれているレンズです。 ズマリット50mm F1.5を気にかけていましたが 同...
続きを読む
Leica (ライカ) Q-P 【増税前にデビュー】[ライカデビュー]そしてついでに「ギター撮り」デビュー。 2019年09月06日
「遂に」と言うか「やっと」と言うか【ライカデビュー】の日がやって来ました。 そのお相手は『Leica Q-P』です。 なんだかものすごく可愛らしいお名前のこのカメラです。 その可愛らしさとこのビジュアルのギャップがとてもいいと思います。 大人っぽいマットなブラックボディ。 その姿は正面から見るとあまりにもシンプル。 それでもトップカバーの上面にはしっかりと「譲れない拘り」を主張。 そうです。世界中の多くのLeicaファンの拘り「筆記体ロゴの刻印」です。 そしてつ...
続きを読む
null 【増税前にデビュー】[Noct debut] Noctilux M75の描写・画質 2019年09月03日
写真でしか、描き出せない世界があります。 我々人間の目がどんなに高性能でも、たとえ息を呑むような美しい景色が目の前に広がっていても…。 結局は普段通りの「自分の目」で、付き合い慣れた「自分の感性」で視ていることに他なりません。 だからこそ、シャッターを切った先で待っていてほしいのは“どこでもない”ファンタジー。 そこへ至る手段は多々あれど、一番痛烈で、妖艶で、官能的な選択肢はNoctilux M75mm f1.25 ASPH.ではないでしょうか! 数えきれないほどの伝説を遺してきたM型の...
続きを読む
嵐のち晴天、黄昏がきこえた 【私のお気に入り】嵐のち晴天、黄昏がきこえた 2019年08月16日
ライツレンズはその端正な造りもあって こういった空間にもうまく溶け込んでいます。 おわかりいただけるでしょうか。 閑話休題、お盆も明けて そろそろ素麺や冷や麦に 飽きてきた頃合いかと思います。 皆様いかがお過ごしでしょうか。 この度は【私のお気に入り】の続きを綴ります。 またお付き合いいただけると幸いです。 背中。 何も告げず帰ってきた私にも ふたりは昔と変わらない あたたかさで迎えてくれました。 祖母は明るく少し皮肉屋で、 ...
続きを読む

[↑TOPへ戻る]