【Leica】M‐Eが良い。 | THE MAP TIMES 
Select Language



【Leica】M‐Eが良い。

[ Category:Leica|掲載日時:2019年01月15日 20時00分]



今回私が興味を持ったライカは、M-E

中身はM9と同じです。
違いはUSBケーブルの差し込み端子がない事と、
フレームセレクトレバーがないこと。
そして、独特なグレーのペイント。
このペイントが非常に良く、
光の加減で、青みがかったり、緑がかったり深みのある色です。

そして、使い込んでいくと、よく擦れる場所や、ぶつけた部分が剥げ真鍮の金色が覗いてきます。
長く使っていきたいカメラです。

早速持ち出して撮影へ
Leica M-E(Typ220) + SUMMILUX M50mm F1.4 2nd

慣れない運転に苦心し、久々に訪れた相模湖。
寒い。そして既に日は傾き始め、心が折れそうです。
Leica M-E(Typ220) + SUMMILUX M50mm F1.4 2nd

今回合わせたレンズは
Leica ズミルックスM50mm F1.4 後期型 シルバー
開放付近のハイライトのにじみは美しく、
初期型に通ずる繊細な描写です。
Leica M-E(Typ220) + SUMMILUX M50mm F1.4 2nd


モノクロームに変換しての1枚。
かなりアンダーだったものを持ち上げましたが、
予想以上にトーンが残っていました。
Leica M-E(Typ220) + SUMMILUX M50mm F1.4 2nd


今は懐かしき、わたがし機
この濃い発色はCCDならではでしょうか。
Leica M-E(Typ220) + SUMMILUX M50mm F1.4 2nd


相模湖からの足で夜の街へ。
普段は通らない裏道を歩くと、様々な飲食店等が軒を連ねていました。
薄暗さと、店の照明が面白いコントラストを生みます。
Leica M-E(Typ220) + SUMMILUX M50mm F1.4 2nd

もう10年ほど前のCCDセンサー
夜の撮影は酷だろうと思いましたが、素敵な発色です。
Leica M-E(Typ220) + SUMMILUX M50mm F1.4 2nd

そして、夜の街をフラフラしていると、
私の頭をひとつの閃き、または疑問が頭をよぎる。

「M-Eで星を撮ったらどうなるのか…?」

というわけで
12月、都内某所。
純粋なワクワク感に胸を高鳴らせながら、シャッターを切ります。
Leica M-E(Typ220) + SUMMILUX M50mm F1.4 2nd

急な撮影だった為、三脚の用意がなく、
車のルーフに置いて撮影しました。

リサイズのついでに、少し明るくしてみました。
Leica M-E(Typ220) + SUMMILUX M50mm F1.4 2nd

よく見ると星がレモン型に。これが口径食!!

それにしても10年近く前のCCDセンサーに
60年近く前のレンズで星を撮影していると思うと感慨深いです。
今私が見ているこの星の輝きも
何百年前の光か、と柄にもなくロマンチックなことを考えてみたり…。


そして1月。
初詣の為に山を登ります。
CCDセンサーが描く青空は本当に綺麗です。
Leica M-E(Typ220) + SUMMILUX M50mm F1.4 2nd

空と溶けていく都市のグラデーションもたまりません。
Leica M-E(Typ220) + SUMMILUX M50mm F1.4 2nd

周辺部のボケはオールドレンズらしさがあります。
Leica M-E(Typ220) + SUMMILUX M50mm F1.4 2nd

結局この日は混雑していた為、リフトやケーブルカーを使わずに足を使いました。
Leica M-E(Typ220) + SUMMILUX M50mm F1.4 2nd


Leica M-E(Typ220) + SUMMILUX M50mm F1.4 2nd

さらに後日。
モノクロ写真を見るとその人の好みがはっきり分かる気がします。
Leica M-E(Typ220) + SUMMILUX M50mm F1.4 2nd

私はコントラスト強めで、黒の締りが良い方が好みです。
Leica M-E(Typ220) + SUMMILUX M50mm F1.4 2nd

イルミネーションと和傘。
先程の星よりもレモンが沢山です。
Leica M-E(Typ220) + SUMMILUX M50mm F1.4 2nd

暗いシーンではISOを上げてモノクロにするのも一つの手段です。
ノイズがカラーほど気になりません。
どことなくフィルムっぽくも見えてきます。
Leica M-E(Typ220) + SUMMILUX M50mm F1.4 2nd


今ライカを始めたい皆様に自信を持っておすすめする
Leica M-E(Typ220)
M9の発売より10年が経とうとする今、
いまだ多くのユーザーを魅了する描写力。
CCDセンサーが描き出す、CMOSセンサーのM(Typ240)やM10とも違う
味のある描写が楽しめます!






〓〓タイムズフォト〓〓〓〓商品ピックアップ〓〓

[ Category:Leica|掲載日時:2019年01月15日 20時00分]



≪前の記事 記事一覧 次の記事≫

Vol.1 ~Summicron 50mm F2 1st~ 【新元号令和、平成を振り返る】Leicaで撮るということ 2019年04月18日
平成も終わりかぁ。と思い 数年前に書いたブログを思い出しました。 【SONY】Leicaで撮るということ 当時はα7が発売され、 マウントアダプターでどんなレンズも付ける事が出来る。 という事に感激していた記憶があります。 Leicaで撮るということ、と書いておきながらカメラはSONYなんですが笑 Vol.1 ~Summicron 50mm F2 1st~ Vol.2 ~Summarit 50mm F1.5~ Vol.3 ~Summilux 75mm F1.4~ Vol.4 ~Summar 50mm F2.0~ Vol.5 ~Summarit-M 90mm F2.5 6bit~ Vo...
続きを読む
【Leica】花見月をライカと楽しむ「鎌倉の旅」イベントレポート 【Leica】花見月をライカと楽しむ「鎌倉の旅」イベントレポート 2019年04月02日
桜の開花宣言から数日経ち、そろそろ見頃を迎えた3月30日。神奈川・鎌倉にて開催いたしました『花見月をライカと楽しむ 鎌倉の旅』のイベントをレポートいたします。 今回16名の参加者にお貸し出しをした機種は最新の『M10』と『M10-P』。レンズは35mmと50mmをご用意し、春の鎌倉を思い思いに撮影していただくイベントです。 新宿から貸切バスで移動し、一行は“鎌倉大仏”で有名な大仏殿高徳院へ。 ツアーの講師としてお招きしたのはプロカメ...
続きを読む
【Leica】貴婦人と歩く鎌倉散策 【新元号令和、平成を振り返る】貴婦人と歩く鎌倉散策 2019年04月02日
桜も本格的なシーズンとなり、カメラを持って散歩に 出掛ける機会も多くなりました。皆様如何お過ごしでしょうか? 当店で3/30に行われた「花見月をライカと楽しむ」ツアーは 大変ご好評頂き、ありがとうございます。 ライカを持って1日撮影ができる機会が設けられるのも当店ならでは。 筆者もツアーに同行し、撮影を楽しんでおりました。 今回使用したボディはM モノクローム(Typ246)は平成27年(2015年)発売です。 平成の今、モノクロームしか撮れないという、一見不便そうな制限こそあり...
続きを読む
イメージです 【Leica】勝手にライカライフ 2019年03月21日
先月6周年を迎えたライカブティック MapCamera Shinjuku。 それを記念してマップカメラスタッフ数名による「私のライカライフ」というブログが掲載されました。 ちなみにこの「ライカライフ」という単語を『マップタイムス』のページで検索かけていただくと、一番古いものとして「【LEICA愛】ライカの世界へようこそ」という記事が引っ掛かります。 実はこれ私が書いたもの。 ちょうど6年前の記事で、そのなかに「ライカライフ」という言葉を使っています。 そんなわけで、『マップタイムス』における元...
続きを読む
【Leica】控え目な実力派中望遠 ELMARIT-M 90mm F2.8 【Leica】控え目な実力派中望遠 ELMARIT-M 90mm F2.8  2019年03月18日
Leica ELMARIT-M 90mm F2.8 長い間、ライカの90mmという焦点距離をSummicronとともに担ってきたElmarit 90mm F2.8。 Summaritの登場とともにその役目を終えましたが、やはり「エルマリート」という優しい響きは、それ自体に魅力があります。 個人的にも「ズミクロン」よりも「エルマリート」という名前が好きで、このレンズを選んだ節があります。 今回は、SONY α7RIIとLeica ELMARIT-M 90mm F2.8 E46 フード組込の組み合わせで撮影しました。 ライカMシステムとの違いは、やはりカメラ内手振れ...
続きを読む

[↑TOPへ戻る]