【Leica】M‐Eが良い。 | THE MAP TIMES 
Select Language



【Leica】M‐Eが良い。

[ Category:Leica|掲載日時:2019年01月15日 20時00分]



今回私が興味を持ったライカは、M-E

中身はM9と同じです。
違いはUSBケーブルの差し込み端子がない事と、
フレームセレクトレバーがないこと。
そして、独特なグレーのペイント。
このペイントが非常に良く、
光の加減で、青みがかったり、緑がかったり深みのある色です。

そして、使い込んでいくと、よく擦れる場所や、ぶつけた部分が剥げ真鍮の金色が覗いてきます。
長く使っていきたいカメラです。

早速持ち出して撮影へ
Leica M-E(Typ220) + SUMMILUX M50mm F1.4 2nd

慣れない運転に苦心し、久々に訪れた相模湖。
寒い。そして既に日は傾き始め、心が折れそうです。
Leica M-E(Typ220) + SUMMILUX M50mm F1.4 2nd

今回合わせたレンズは
Leica ズミルックスM50mm F1.4 後期型 シルバー
開放付近のハイライトのにじみは美しく、
初期型に通ずる繊細な描写です。
Leica M-E(Typ220) + SUMMILUX M50mm F1.4 2nd


モノクロームに変換しての1枚。
かなりアンダーだったものを持ち上げましたが、
予想以上にトーンが残っていました。
Leica M-E(Typ220) + SUMMILUX M50mm F1.4 2nd


今は懐かしき、わたがし機
この濃い発色はCCDならではでしょうか。
Leica M-E(Typ220) + SUMMILUX M50mm F1.4 2nd


相模湖からの足で夜の街へ。
普段は通らない裏道を歩くと、様々な飲食店等が軒を連ねていました。
薄暗さと、店の照明が面白いコントラストを生みます。
Leica M-E(Typ220) + SUMMILUX M50mm F1.4 2nd

もう10年ほど前のCCDセンサー
夜の撮影は酷だろうと思いましたが、素敵な発色です。
Leica M-E(Typ220) + SUMMILUX M50mm F1.4 2nd

そして、夜の街をフラフラしていると、
私の頭をひとつの閃き、または疑問が頭をよぎる。

「M-Eで星を撮ったらどうなるのか…?」

というわけで
12月、都内某所。
純粋なワクワク感に胸を高鳴らせながら、シャッターを切ります。
Leica M-E(Typ220) + SUMMILUX M50mm F1.4 2nd

急な撮影だった為、三脚の用意がなく、
車のルーフに置いて撮影しました。

リサイズのついでに、少し明るくしてみました。
Leica M-E(Typ220) + SUMMILUX M50mm F1.4 2nd

よく見ると星がレモン型に。これが口径食!!

それにしても10年近く前のCCDセンサーに
60年近く前のレンズで星を撮影していると思うと感慨深いです。
今私が見ているこの星の輝きも
何百年前の光か、と柄にもなくロマンチックなことを考えてみたり…。


そして1月。
初詣の為に山を登ります。
CCDセンサーが描く青空は本当に綺麗です。
Leica M-E(Typ220) + SUMMILUX M50mm F1.4 2nd

空と溶けていく都市のグラデーションもたまりません。
Leica M-E(Typ220) + SUMMILUX M50mm F1.4 2nd

周辺部のボケはオールドレンズらしさがあります。
Leica M-E(Typ220) + SUMMILUX M50mm F1.4 2nd

結局この日は混雑していた為、リフトやケーブルカーを使わずに足を使いました。
Leica M-E(Typ220) + SUMMILUX M50mm F1.4 2nd


Leica M-E(Typ220) + SUMMILUX M50mm F1.4 2nd

さらに後日。
モノクロ写真を見るとその人の好みがはっきり分かる気がします。
Leica M-E(Typ220) + SUMMILUX M50mm F1.4 2nd

私はコントラスト強めで、黒の締りが良い方が好みです。
Leica M-E(Typ220) + SUMMILUX M50mm F1.4 2nd

イルミネーションと和傘。
先程の星よりもレモンが沢山です。
Leica M-E(Typ220) + SUMMILUX M50mm F1.4 2nd

暗いシーンではISOを上げてモノクロにするのも一つの手段です。
ノイズがカラーほど気になりません。
どことなくフィルムっぽくも見えてきます。
Leica M-E(Typ220) + SUMMILUX M50mm F1.4 2nd


今ライカを始めたい皆様に自信を持っておすすめする
Leica M-E(Typ220)
M9の発売より10年が経とうとする今、
いまだ多くのユーザーを魅了する描写力。
CCDセンサーが描き出す、CMOSセンサーのM(Typ240)やM10とも違う
味のある描写が楽しめます!






〓〓タイムズフォト〓〓〓〓商品ピックアップ〓〓

[ Category:Leica|掲載日時:2019年01月15日 20時00分]



≪前の記事 記事一覧 次の記事≫

嵐のち晴天、黄昏がきこえた 【私のお気に入り】嵐のち晴天、黄昏がきこえた 2019年08月16日
ライツレンズはその端正な造りもあって こういった空間にもうまく溶け込んでいます。 おわかりいただけるでしょうか。 閑話休題、お盆も明けて そろそろ素麺や冷や麦に 飽きてきた頃合いかと思います。 皆様いかがお過ごしでしょうか。 この度は【私のお気に入り】の続きを綴ります。 またお付き合いいただけると幸いです。 背中。 何も告げず帰ってきた私にも ふたりは昔と変わらない あたたかさで迎えてくれました。 祖母は明るく少し皮肉屋で、 ...
続きを読む
TeleElmare135mm+monochrom 【私のお気に入り】MMvol.3 2019年08月14日
前回に続きわたしのお気に入り『LEICA M Monochrom』 まだまだレンズを模索する日々、 今回は普段個人では使わない望遠を攻めてみました。 ここでいきなり【Tele Elmar135mm】を持ち出す事に。 ちなみにわたしが使っているモノクロームCCDタイプのもの ライブビューありません。AFもそこはM型、ありません。 いけるのでしょうか… よって撮ってみたり 眼圧の限界を感じながらも引いてみたり 通りがかりでやっていた阿波踊り とてつもなく混み合っていた...
続きを読む
嵐のち晴天、潮風にゆられて 【私のお気に入り】嵐のち晴天、潮風にゆられて 2019年08月09日
冷夏と呼ばれた先月からうって変わり 強い日差しと熱帯夜が続いております。 昼には蝉の大合唱が、夜には羽虫の演奏会が。 まさに日本の夏も本番となってまいりました。 冷たい物の摂りすぎにはご用心を。 さてこの度のお題目は【私のお気に入り】。 お気に入りの場所をお気に入りの機材と 【スーパーアンギュロンM21mm f4】で 数枚撮ってまいりました。 またお付き合いいただけると幸いです。 電車に飛行機、バスに船。 ありとあらゆる交通手段を...
続きを読む
Leica M9-P×C Sonnar T* 50mm F1.5 ZM 【私のお気に入り】M9-Pと長野への旅 2019年07月27日
先日のお休みに愛機のM9-Pを携えて日帰りで長野旅行に行ってまいりました。 東京駅から長野駅までは2時間弱ですが、朝食をとって旅行のプランを考えているとあっという間に到着しました。 Leica M9-P×C Sonnar T* 50mm F1.5 ZM 長野といえば善光寺ということで参拝に訪れると、ながの祇園祭当日で御祭礼屋台巡行が行われておりました。 Leica M9-P×C Sonnar T* 50mm F1.5 ZM 町内毎の屋台の賑やかなお囃子や舞を堪能することができました。 Leica M9-P×C Sonnar T* 50mm F1.5 ZM ...
続きを読む
【私のお気に入り】広角ライカ! 【私のお気に入り】広角ライカ! 2019年07月23日
「ライカレンズのメジャーラインは35mmと50mm」という言葉を、よく耳にします。 確かにこの焦点距離は使い易い。銘玉も多い。 ですが筆者は、あえて28㎜をチョイスすることがままあります。 元はと言えば、インターネット上での作例が少なかった為に「自分で使ってみよう」と思い立った所から始まったのですが、今ではすっかりお気に入りになりました。 今日はそんな私のおすすめレンズであるズミルックス M28mm F1.4 ASPH.についてお話ししたいと思います。 まずこのレンズ、フィルターの装着...
続きを読む

[↑TOPへ戻る]