【Canon】恋ごころ | THE MAP TIMES 
Select Language



【Canon】恋ごころ

[ Category:Canon|掲載日時:2019年01月08日 13時30分]


今回はCanon EOS 6D MarkⅡのご紹介です。


なぜ写真を撮るのか。この問いに対する答えは、きっと数えきれないほどあるでしょう。
なぜ写真を撮るのか。私の答えは、「恋ごころ」だと思います。



Canon EOS 6D MarkII + EF16-35mm F4L IS USM





例えば美しい海を撮りたいと考えたら、撮影に行く日が晴れなのか曇りなのかとそわそわし、
頭の中で理想の海を思い描きます。撮影自体も楽しみですが、その景色に出会うことも待ちきれない。
実際に撮影に赴けば、最高のスポットを探して歩き回り、「自分だけの場所」が見つかればとても嬉しい。
その逆に上手く撮れなかったり、天気が悪かったりすると思い切り落ち込みます。
これって、何だか片思いみたいですよね。思い通りにいかないものに焦がれる気持ち、それが写真。

あなたの恋ごころは、何ですか。家族、恋人、風景、星、車・・・。
たとえそれがどんなものであっても、魅力的に残したいと思うはずです。
その心に、フルサイズ。小型軽量かつバリアングル液晶を搭載し、高感度にも非常に強い。
進化したオートフォーカスで、素早く動く被写体も確実に捉えます。
「どんなシーンにも対応できる」
それこそが、EOS 6D MarkⅡの強みです。
それでは、作例をご覧ください。




Canon EOS 6D MarkII + EF16-35mm F4L IS USM

雨の夜、車の窓越しに写した一枚。AFは一発で決まり、ストレスなく撮影できました。


Canon EOS 6D MarkII + EF16-35mm F4L IS USM

広島県の大久野島にある、第二次世界大戦の遺構。
HDR機能のグラフィック調モードを使用し、硬調に仕上げました。


Canon EOS 6D MarkII + EF16-35mm F4L IS USM

次は東京都の羽田空港にて。光と影のグラデーションを
描ききる能力は流石というべきでしょうか。


Canon EOS 6D MarkII + EF16-35mm F4L IS USM

無機物をまるで生きているかのように、いきいきと描き出します。


Canon EOS 6D MarkII + EF16-35mm F4L IS USM

最後は防塵防滴性能のチェックです。
土砂降りの中、空港の展望デッキにて撮影を敢行。
カメラにとっては、かなり厳しいシーンです。
本来防滴とは、「水しぶきが多少かかる程度」を想定していますので、
直接雨がかかるシーンは保証外なのですが・・・。
ボディ表面がびしょ濡れになりながらも、ちゃんと耐えてくれました。


今回は肖像権の都合で載せられませんでしたが、筆者は社交ダンスの
パーティーの撮影を仕事で請け負ったことがありました。
その際にEOS 6D MarkⅡを使用し、AIサーボのゾーンAFで
ダンサーの顔にピントを喰いつかせ連写で撮影しました。
広いステージに、光源はミラーボールのみ。状況としては
相当ハードなはずですが、ピントのヒット率は8割以上。
そのAF精度に感動したことを覚えています。




さあ、迷うことはありません。
あなたもぜひ、Canon EOS 6D MarkⅡを手にしてみてください。
そして、大切な恋ごころを、思いっきり写真に残しましょう!





〓〓タイムズフォト〓〓〓〓商品ピックアップ〓〓

[ Category:Canon|掲載日時:2019年01月08日 13時30分]



≪前の記事 記事一覧 次の記事≫

null 【Leica】S(Typ007)とは何者か 2019年01月22日
中判フォーマットセンサーのライカ製一眼レフカメラ。 何と魅力的な響きなんでしょうか。 圧倒的なボディ剛性や、考え抜かれたエルゴノミクスデザイン。 30x45㎜の大型センサーと、専用設計のSマウントレンズから描き出される、 表面的なシャープネスに頼らない圧倒的な画質。 一度体験してしまえばもう逃げられない、王者の風格…。 今回は、そんな素晴らしい魅力に溢れるカメラ、LEICA S(Typ007)のお話です。 組み合わせたレンズは、ズマリット S70mm F2.5 ASPH.。 このセットで、静岡県の熱海市に...
続きを読む
『第9回日本リンホフクラブ写真展"大判カメラでとらえた世界"』 写真展のご案内 ~ 『第9回日本リンホフクラブ写真展"大判カメラでとらえた世界"』 2019年01月22日
マップカメラでは写真展のご案内を致しております。 本日ご紹介するのは - 『第9回日本リンホフクラブ写真展"大判カメラでとらえた世界"』 - です。 是非足をお運び下さい。
続きを読む
【SIGMA】×【Carl Zeiss】 ポートレート撮り比べ 【SIGMA】×【Carl Zeiss】 ポートレート撮り比べ 2019年01月21日
SONY α7RIII + SIGMA Art 135mm F1.8 DG HSM F2 1/400 ISO-100 未修整ですが印象的な画に。瞳AFもしっかり反応。 単焦点レンズを3本持って、友人と横浜へポートレートを撮りに行って参りました。 今回は以下の機材を使用いたしました。 ・α7RIII 重量657g(バッテリー込) ・Carl Zeiss Batis 25mm F2 重量335g ・Carl Zeiss Batis 85mm F1.8 重量452g ・SIGMA Art 135mm F1.8 DG HSM 重量1130g Batis3本で撮り比べしようか悩みましたが、 メーカーの色味や解像力の違いを検証したかっ...
続きを読む
null 【SIGMA】新レンズ Art 28mm F1.4 DG HSMをハンズオン。  2019年01月20日
年始めの忙しさも落ち着き始めた1月中旬。 朝出勤してみると、そこには1月25日発売予定の「SIGMA Art 28mm F1.4 DG HSM」が! 年始に写真を撮ったっきり、休日は家でゴロゴロ。そんな姿をふと思い出すと「よし、撮りに行くぞ」という気持ちになってきました。 発売までに少しでも画像をお届けできればと思い、簡単なインプレッションも兼ねて、今回は観光客で賑わう冬の浅草へ足を運んでみました。 焦点距離:28mm 絞り:F1.4 シャッタースピード:1/1000秒 ISO:800 使用機材:SIGM...
続きを読む
Voigtlander 【Voigtlander】フィルム探究道ながし 2019年01月19日
冷え込みがさらに厳しくまさに冬本番、といった季節となりました。 皆様いかがお過ごしでしょうか。 遅ればせながらではございますが、新年あけましておめでとうございます。 今年もどうかよろしくお願いいたします。 さて、この季節は澄んだ空気感が素敵な反面、いっそう気をつけなければならないことがございます。 私事となりますが、この手がかじかみすぎてかつい先日、携帯電話を水没させてしまいました。 ここ半年間で二度目となります。撮影の方も、残念ながら水の表現も...
続きを読む

[↑TOPへ戻る]