2018年12月 新品・中古デジタルカメラ人気ランキング | THE MAP TIMES 
Select Language



2018年12月 新品・中古デジタルカメラ人気ランキング

[ Category:etc.|掲載日時:2019年01月12日 13時45分]






新品デジカメ12月ランキング
1位 SONY α7III ミラーレス一眼カメラ
2位 Canon EOS R ミラーレス一眼カメラ
3位 SONY α7RIII ミラーレス一眼カメラ
4位 Nikon Z6 ミラーレス一眼カメラ
5位 FUJIFILM X-T3 ミラーレス一眼カメラ
6位 OLYMPUS Tough TG-5 コンパクトデジタルカメラ
7位 Nikon D850 デジタル一眼レフカメラ
8位 SONY Cyber-shot DSC-RX100M6 コンパクトデジタルカメラ
9位 Canon EOS Kiss M ミラーレス一眼カメラ
10位 OLYMPUS OM-D E-M1 Mark II ミラーレス一眼カメラ

SONY α7III


やっぱり強かった SONY!
ここ2ヶ月、新製品 Canon EOS R に1位の座を譲っていましたが、平成30年の締めくくりを飾るべく、α7III が見事首位を奪還しました。
α7RIII も3位に入り、SONY勢の安定した強さを見せつける形に。
平成30年は、ミラーレス機、なかでも SONY の活躍を抜きにしては語れない年となりました。このまま、新しい年も3強のトップを走り続けそうな勢いです。

2位に食い込んだ Canon EOS R、4位の Nikon Z6 と、追いかける Canon・Nikon が、勢いを落とすことなく食らいつき、トップの座を奪い取れるのか注目です。

そんな第1集団の混戦の様子を、後方からじっと見つめる FUJIFILM X-T3 の存在も忘れてはいけません。
一眼レフ機並みに大きく、重量も増してしまったフルサイズミラーレス機に対し、本体は勿論、交換レンズ群も手頃な大きさにまとめている FUJIFILM のシステムは、新規のファンも取り入れ、着実に勢いを伸ばしています。

そして、すっかりランキングの常連となった感のある、タフさが売りの OLYMPUS TG-5 や、ハイスペック機 SONY Cyber-shot DSC-RX100M6、単焦点高画質機の FUJIFILM X100F など、一芸に秀でたコンパクト機の好調ぶりも2018年の特徴といえます。
今後、どんな機能を持った機種が現れるのかも楽しみの一つです。

さて、前回唯一の一眼レフ機として、今後の動向を心配していた Nikon D850。今回は2つ順位を上げ、7位にランクインしました。
ライバル Canon EOS 5D Mark IV が、新品部門で8月以来ランキングに名が挙がらないなか、孤軍奮闘が続いています。
新しい年になってもその名を残してくれるのか、それともついに一眼レフ機が1機種もランキングに顔を出さない時が来てしまうのか、2019年の新品部門ランキング、皆様はどう予想されますか?





中古デジカメ12月ランキング
1位 SONY α7III ミラーレス一眼カメラ
2位 Canon EOS 5D Mark IV デジタル一眼レフカメラ
3位 SONY α7II ミラーレス一眼カメラ
4位 Canon EOS 5D Mark III デジタル一眼レフカメラ
5位 FUJIFILM X-T2 ミラーレス一眼カメラ
6位 Canon EOS 6D デジタル一眼レフカメラ
7位 Canon EOS 7D Mark II デジタル一眼レフカメラ
8位 Nikon D750 デジタル一眼レフカメラ
9位 Nikon D500 デジタル一眼レフカメラ
10位 FUJIFILM X-T1 ミラーレス一眼カメラ

SONY α7III


なんと SONY α7III が、新品・中古両部門で1位を獲得!!
前回、中古部門での SONY の低調ぶりに、来月への持ち越しも考えられるなんて述べましたが、まさか α7III が1位まで昇りつめるとは… 予想をはるかに超える巻き返しが起こりました。
しかも、2位 Canon EOS 5D Mark IV に大きな差をつけての1位でした。
それだけ中古品が出回ったのは、なぜでしょう?
上位機種 α7RIII への買い換えも勿論ですが、新機種 Canon EOS R や Nikon Zシリーズへの買い換えの方も多かったのでは。
一時期 Canon・Nikon から SONY に鞍替えしていたユーザーが、またフルサイズカメラ登場を機に古巣に戻ったなんてことも考えられます。
いずれにしても、α7III がここまで来てしまっては、今後2019年の中古ランキングを予想するのは至難の業です。

1位に大差をつけられましたが、中古部門では Canon の一眼レフ勢がまだまだ元気です。4機種がランクインし、Nikon の2機種と合わせ、今回もミラーレス勢を上回ることが出来ました。
新品との価格差が大きくなっていることもあり、特にカメラを使い慣れている方の購入が目立ちます。より上位機種への買い換えという以外にも、同じ機種の予備機としてご購入される方もいて、まだまだ一眼レフ機への信頼の厚さが感じられます。

新品部門で X-T3 が好調の FUJIFILM も、X-T2 が5位、X-T1 が10位と奮闘しています。着実に進化を遂げているシリーズですが、初代 X-T1 でもまだまだ実用には十分な性能を備え、それが安価に手に入るということで、これから本格的に写真をやってみたいという方が導入機として購入されるケースも多いようです。


さてさて、平成30年最後のランキングは、SONY α7III が見事に締めくくる形となりましたが、新しい年はどんなカメラがランキングを賑わしてくれることでしょう?
我々をあっと驚かせるような新製品の登場にも期待したいところ。皆様、どうぞお楽しみに!!





[ Category:etc.|掲載日時:2019年01月12日 13時45分]



≪前の記事 記事一覧 次の記事≫

null 【Leica】S(Typ007)とは何者か 2019年01月22日
中判フォーマットセンサーのライカ製一眼レフカメラ。 何と魅力的な響きなんでしょうか。 圧倒的なボディ剛性や、考え抜かれたエルゴノミクスデザイン。 30x45㎜の大型センサーと、専用設計のSマウントレンズから描き出される、 表面的なシャープネスに頼らない圧倒的な画質。 一度体験してしまえばもう逃げられない、王者の風格…。 今回は、そんな素晴らしい魅力に溢れるカメラ、LEICA S(Typ007)のお話です。 組み合わせたレンズは、ズマリット S70mm F2.5 ASPH.。 このセットで、静岡県の熱海市に...
続きを読む
『第9回日本リンホフクラブ写真展"大判カメラでとらえた世界"』 写真展のご案内 ~ 『第9回日本リンホフクラブ写真展"大判カメラでとらえた世界"』 2019年01月22日
マップカメラでは写真展のご案内を致しております。 本日ご紹介するのは - 『第9回日本リンホフクラブ写真展"大判カメラでとらえた世界"』 - です。 是非足をお運び下さい。
続きを読む
【SIGMA】×【Carl Zeiss】 ポートレート撮り比べ 【SIGMA】×【Carl Zeiss】 ポートレート撮り比べ 2019年01月21日
SONY α7RIII + SIGMA Art 135mm F1.8 DG HSM F2 1/400 ISO-100 未修整ですが印象的な画に。瞳AFもしっかり反応。 単焦点レンズを3本持って、友人と横浜へポートレートを撮りに行って参りました。 今回は以下の機材を使用いたしました。 ・α7RIII 重量657g(バッテリー込) ・Carl Zeiss Batis 25mm F2 重量335g ・Carl Zeiss Batis 85mm F1.8 重量452g ・SIGMA Art 135mm F1.8 DG HSM 重量1130g Batis3本で撮り比べしようか悩みましたが、 メーカーの色味や解像力の違いを検証したかっ...
続きを読む
null 【SIGMA】新レンズ Art 28mm F1.4 DG HSMをハンズオン。  2019年01月20日
年始めの忙しさも落ち着き始めた1月中旬。 朝出勤してみると、そこには1月25日発売予定の「SIGMA Art 28mm F1.4 DG HSM」が! 年始に写真を撮ったっきり、休日は家でゴロゴロ。そんな姿をふと思い出すと「よし、撮りに行くぞ」という気持ちになってきました。 発売までに少しでも画像をお届けできればと思い、簡単なインプレッションも兼ねて、今回は観光客で賑わう冬の浅草へ足を運んでみました。 焦点距離:28mm 絞り:F1.4 シャッタースピード:1/1000秒 ISO:800 使用機材:SIGM...
続きを読む
Voigtlander 【Voigtlander】フィルム探究道ながし 2019年01月19日
冷え込みがさらに厳しくまさに冬本番、といった季節となりました。 皆様いかがお過ごしでしょうか。 遅ればせながらではございますが、新年あけましておめでとうございます。 今年もどうかよろしくお願いいたします。 さて、この季節は澄んだ空気感が素敵な反面、いっそう気をつけなければならないことがございます。 私事となりますが、この手がかじかみすぎてかつい先日、携帯電話を水没させてしまいました。 ここ半年間で二度目となります。撮影の方も、残念ながら水の表現も...
続きを読む

[↑TOPへ戻る]