今こそ欲しい『R-D1』 | THE MAP TIMES 
Select Language



今こそ欲しい『R-D1』

[ Category:etc.|掲載日時:2019年01月12日 23時52分]


R-D1s


『R-D1』

ライカ初のM型デジタル機『M8』より3年早い2004年に、大手プリンターメーカーのエプソンが作った世界初のデジタルレンジファインダーカメラである。当時カメラ業界にデジタル化の波が押し寄せる中、ついにMマウントレンズをデジタルで使用できると話題になったが発売当時の価格は約30万円と黎明期のデジタルカメラとしては非常に高価な一台だった。その後、基本性能は変わらないものの『R-D1s』『R-D1x』とマイナーチェンジをされつつ約10年間発売されたロングセラーモデルである。

その初期モデルの登場から約15年が経った現在であるが、デジタルカメラはフルサイズミラーレス戦国時代へと突入し、高画素とデジタル技術で武装した最新機種が次々登場している。
色々と試したきたが、α9の無音20コマ連写とAF性能は本当に最高だ。EVFの見え方はライカSLかZ7が好みだ。EOS Rは非常にコスパが高いカメラだ。でも、今私が一番そそられているカメラが『R-D1』なのだ。




R-D1s


R-D1のスペックを今聞くと、さすがに時代を感じてしまう数値や仕様だ。約600万画素のAPS-CサイズCCDセンサーに、2インチ23.5万画素の背面液晶。記録メディアは最大2GBまでのSDカード。最高使用感度はISO1600である。ある意味現在のデジタルカメラは15年でここまで進歩したのかと感心してしまう。




R-D1s


R-D1の一番の魅力は“徹底的なアナログ操作”。マニュアルフォーカスしか使えないのはもちろん、フィルムカメラのような巻き上げレバーも飾りではなく、シャッターチャージの機能をこのレバーに持たせている。そのためシャッターを切るためには必ずレバーを巻き上げなくてはならないのだ。そして、ファイル形式・WB・撮影可能枚数・バッテリー残量をアナログ時計のように針で表示してくれる。美しく、機能的でマニア的。ここまでアナログを売りにしているデジタルカメラは他に知らない。




null


そして撮れる画は15年前の600万画素デジタルカメラとは思えない写りをする。CCDセンサー独特の発色はポジフィルム的にも見える。




null





null








モノクロでの表現も最高。現像するとシャドウ部の情報量に驚くほどで、少しざらつく感度ノイズも絶妙な粒状感も演出してくれる。




null


今回のブログのために数年ぶりに『R-D1(正確にはR-D1s)』を手にしたが、やはりいいカメラだなとしみじみ感じた。最新機種と比べて不満点をあげればキリがないが、それがいいのだ。このカメラを選ぶ時点で便利さは求めていないし、今のカメラが失った”シャッターを切るまでの面白さ”を存分に楽しめる一台である。今改めて欲しくなってしまった。











〓〓タイムズフォト〓〓〓〓商品ピックアップ〓〓

[ Category:etc.|掲載日時:2019年01月12日 23時52分]



≪前の記事 記事一覧 次の記事≫

null 【Leica】S(Typ007)とは何者か 2019年01月22日
中判フォーマットセンサーのライカ製一眼レフカメラ。 何と魅力的な響きなんでしょうか。 圧倒的なボディ剛性や、考え抜かれたエルゴノミクスデザイン。 30x45㎜の大型センサーと、専用設計のSマウントレンズから描き出される、 表面的なシャープネスに頼らない圧倒的な画質。 一度体験してしまえばもう逃げられない、王者の風格…。 今回は、そんな素晴らしい魅力に溢れるカメラ、LEICA S(Typ007)のお話です。 組み合わせたレンズは、ズマリット S70mm F2.5 ASPH.。 このセットで、静岡県の熱海市に...
続きを読む
『第9回日本リンホフクラブ写真展"大判カメラでとらえた世界"』 写真展のご案内 ~ 『第9回日本リンホフクラブ写真展"大判カメラでとらえた世界"』 2019年01月22日
マップカメラでは写真展のご案内を致しております。 本日ご紹介するのは - 『第9回日本リンホフクラブ写真展"大判カメラでとらえた世界"』 - です。 是非足をお運び下さい。
続きを読む
【SIGMA】×【Carl Zeiss】 ポートレート撮り比べ 【SIGMA】×【Carl Zeiss】 ポートレート撮り比べ 2019年01月21日
SONY α7RIII + SIGMA Art 135mm F1.8 DG HSM F2 1/400 ISO-100 未修整ですが印象的な画に。瞳AFもしっかり反応。 単焦点レンズを3本持って、友人と横浜へポートレートを撮りに行って参りました。 今回は以下の機材を使用いたしました。 ・α7RIII 重量657g(バッテリー込) ・Carl Zeiss Batis 25mm F2 重量335g ・Carl Zeiss Batis 85mm F1.8 重量452g ・SIGMA Art 135mm F1.8 DG HSM 重量1130g Batis3本で撮り比べしようか悩みましたが、 メーカーの色味や解像力の違いを検証したかっ...
続きを読む
null 【SIGMA】新レンズ Art 28mm F1.4 DG HSMをハンズオン。  2019年01月20日
年始めの忙しさも落ち着き始めた1月中旬。 朝出勤してみると、そこには1月25日発売予定の「SIGMA Art 28mm F1.4 DG HSM」が! 年始に写真を撮ったっきり、休日は家でゴロゴロ。そんな姿をふと思い出すと「よし、撮りに行くぞ」という気持ちになってきました。 発売までに少しでも画像をお届けできればと思い、簡単なインプレッションも兼ねて、今回は観光客で賑わう冬の浅草へ足を運んでみました。 焦点距離:28mm 絞り:F1.4 シャッタースピード:1/1000秒 ISO:800 使用機材:SIGM...
続きを読む
Voigtlander 【Voigtlander】フィルム探究道ながし 2019年01月19日
冷え込みがさらに厳しくまさに冬本番、といった季節となりました。 皆様いかがお過ごしでしょうか。 遅ればせながらではございますが、新年あけましておめでとうございます。 今年もどうかよろしくお願いいたします。 さて、この季節は澄んだ空気感が素敵な反面、いっそう気をつけなければならないことがございます。 私事となりますが、この手がかじかみすぎてかつい先日、携帯電話を水没させてしまいました。 ここ半年間で二度目となります。撮影の方も、残念ながら水の表現も...
続きを読む

[↑TOPへ戻る]