今こそ欲しい『R-D1』 | THE MAP TIMES 
Select Language



今こそ欲しい『R-D1』

[ Category:etc.|掲載日時:2019年01月12日 23時52分]


R-D1s


『R-D1』

ライカ初のM型デジタル機『M8』より3年早い2004年に、大手プリンターメーカーのエプソンが作った世界初のデジタルレンジファインダーカメラである。当時カメラ業界にデジタル化の波が押し寄せる中、ついにMマウントレンズをデジタルで使用できると話題になったが発売当時の価格は約30万円と黎明期のデジタルカメラとしては非常に高価な一台だった。その後、基本性能は変わらないものの『R-D1s』『R-D1x』とマイナーチェンジをされつつ約10年間発売されたロングセラーモデルである。

その初期モデルの登場から約15年が経った現在であるが、デジタルカメラはフルサイズミラーレス戦国時代へと突入し、高画素とデジタル技術で武装した最新機種が次々登場している。
色々と試したきたが、α9の無音20コマ連写とAF性能は本当に最高だ。EVFの見え方はライカSLかZ7が好みだ。EOS Rは非常にコスパが高いカメラだ。でも、今私が一番そそられているカメラが『R-D1』なのだ。




R-D1s


R-D1のスペックを今聞くと、さすがに時代を感じてしまう数値や仕様だ。約600万画素のAPS-CサイズCCDセンサーに、2インチ23.5万画素の背面液晶。記録メディアは最大2GBまでのSDカード。最高使用感度はISO1600である。ある意味現在のデジタルカメラは15年でここまで進歩したのかと感心してしまう。




R-D1s


R-D1の一番の魅力は“徹底的なアナログ操作”。マニュアルフォーカスしか使えないのはもちろん、フィルムカメラのような巻き上げレバーも飾りではなく、シャッターチャージの機能をこのレバーに持たせている。そのためシャッターを切るためには必ずレバーを巻き上げなくてはならないのだ。そして、ファイル形式・WB・撮影可能枚数・バッテリー残量をアナログ時計のように針で表示してくれる。美しく、機能的でマニア的。ここまでアナログを売りにしているデジタルカメラは他に知らない。




null


そして撮れる画は15年前の600万画素デジタルカメラとは思えない写りをする。CCDセンサー独特の発色はポジフィルム的にも見える。




null





null








モノクロでの表現も最高。現像するとシャドウ部の情報量に驚くほどで、少しざらつく感度ノイズも絶妙な粒状感も演出してくれる。




null


今回のブログのために数年ぶりに『R-D1(正確にはR-D1s)』を手にしたが、やはりいいカメラだなとしみじみ感じた。最新機種と比べて不満点をあげればキリがないが、それがいいのだ。このカメラを選ぶ時点で便利さは求めていないし、今のカメラが失った”シャッターを切るまでの面白さ”を存分に楽しめる一台である。今改めて欲しくなってしまった。











〓〓タイムズフォト〓〓〓〓商品ピックアップ〓〓

[ Category:etc.|掲載日時:2019年01月12日 23時52分]



≪前の記事 記事一覧 次の記事≫

null 【FUJIFILM】高円寺散歩 2019年05月19日
東京では、5月だというのに30℃に到達しそうな日が続きます。 夜なら外に出れると思い、 ふと思うと、仕事から帰ってくるだけで夜のご近所を知らないことに気づきました。 日も沈んできたので、 夜のご近所を散策してみます。 お供には携帯性抜群わずか155g「フジノン XF16mm F2.8 R WR ブラック」と、 「FUJIFILM X-E3」を従えていきます。 まず向かったのは高円寺~中野間の中央線の車内から見てて、 なんの建物だろうと思っていた座高円寺です。 半分もう閉まってましたが、 ...
続きを読む
GR IIとお散歩 【RICOH】GR IIとお散歩 2019年05月17日
ゴールデンウィークも終わり、初夏を思わせるような陽気になってきました。 そんな私は桜が散り始めた頃、 周りの方々からすすめられて、気になっていたカメラを手にしました。 【RICOH (リコー) GR II】です。 今回はこのカメラを持ち、駒込にある「六義園」に行きました。 巣鴨駅からとことこお散歩をしながら六義園の近くまで。 知らない場所を歩くのは楽しいですね。 庭園にはレトロなお茶屋さんがあったり、老若男女楽しめるところでした。 毎日東京のせわしないところに...
続きを読む
null 【Canon】EOS Kiss M でカメラデビュー 2019年05月16日
初めまして。今回から新たにブログを書かせていただきます。 そんな私ですが、ずばりカメラ初心者です。 どうか温かい目で見守っていただけると嬉しいです。 さて、初心者の私が相棒に選んだのは、 【Canon】の「EOS Kiss Mダブルズームキット」です。 カメラを手にして感じたのが、 普段の何気ない景色をしっかりと見つめるようになりました。 そこで、今回の写真は近所の公園を撮ろうと思い、Kiss Mで 撮影を楽しんできました。 Kiss Mを選んだ理由の一つは何と言っても軽いことで...
続きを読む
緑の恵み 【PENTAX】緑の恵み 2019年05月15日
『PENTAX K-1MarkⅡ +FA77mm F1.8 Limited』 1/125 f/8 ISO400 WB AUTO -言葉を写真に- "ひとつ、またひとつ心を優しくするために" 1/100 f/6.3 ISO800 WB AUTO 今回は新緑の緑を感じにフルサイズボディPENTAXK-1と 独特な描写で人気のLimitedレンズ・FA77mmの組み合わせでお出掛けしました。 1/160 f/5.6 ISO800 WB AUTO PENTAXは緑の発色が本当に綺麗だと、心から思います。 JPEGで撮ってだし、WBをボディ内で調整せず、 AUTOでこの緑の発色が出せ、さらにこの表現力は このメーカ...
続きを読む
【SONY】強くてニューゲーム 【SONY】強くてニューゲーム 2019年05月14日
愛らしい容姿と、美しい囀り…。 被写体として、小鳥ほど魅力のあるものはなかなか無いのではないでしょうか。 とはいえ撮影難易度は非常に高く、「作品」を撮ろうとすると多大な努力を要します。情報収集から始まり、なわばりの位置特定、さらには目当ての鳥が現れるまで何時間も粘ったり…。 どちらかというと筆者は「歩きながら小鳥を探し、見つけたら撮る」というお手軽撮影派です。なので今までは愛機の一眼レフに70-300mmのズームを装着し、ライトに野鳥撮影を楽しんでおりました。 ですが、そ...
続きを読む

[↑TOPへ戻る]