【Canon】R Playing vol.05 | THE MAP TIMES 
Select Language



【Canon】R Playing vol.05

[ Category:Canon|掲載日時:2019年02月07日 15時15分]





EOS R + EF70-200mm F2.8L IS III USM
f/2.8 シャッタースピード 1/2000 焦点距離 200mm ISO感度 100



今回は望遠レンズの定番中の定番
「EF70-200mm F2.8」の最新型「EF70-200mm F2.8L IS III USM」です。

レンズ構成:19群23枚 (絞り羽根:8枚)
最短撮影距離:1.2m(最大撮影倍率:0.21※200mm時)
フィルター径:77mm 
重量:約1,480g

特殊コーティング「ASC」でフレアやゴーストを大幅に抑制。
逆光だけでなくさまざまな撮影環境下で高画質を実現。
このブログはまずは手に入れやすいレンズと組み合わせていこうと思っていたのですが
使う機会があったのでまさかいきなりの最新型レンズに。
作例も限定的ではありますが、どうか御覧ください。

多摩動物公園に行ってきました。
冬の動物園。
冬は寒いですから、動物達も動きません。
とても当たり前のことなのに行ってから気付くんです。
多摩動物公園のマップを把握していない私、大物をことごとく撮りこぼします。
熟練者いわく「多摩動物公園は右から回る」が良いらしいです。
そんなこんなで言い訳も済ませたのでいきます。

EOS R + EF70-200mm F2.8L IS III USM
f/5.6 シャッタースピード 1/640 焦点距離 190mm ISO感度 100


柵なんてあってないようなものです。
こんな間近でインコを見ることができると思いませんでした。
ちなみにこの赤いインコはベニコンゴウインコというそうです。
胸のあたりのモフっとした感じとエメラルド色の羽の質感の違いがよく出ています。


EOS R + EF70-200mm F2.8L IS III USM
f/4.0 シャッタースピード 1/3200 焦点距離 190mm ISO感度 100


こちらはルリコンゴウインコ。
目より嘴にピントが合っているのですが、それにしても解像度がすごい。
最新設計のレンズを使う機会が最近あまりなかった為、二重に驚きです。
そして今回私が撮った動物園で最もカラフルなおふた方です。


EOS R + EF70-200mm F2.8L IS III USM
f/4.0 シャッタースピード 1/250 焦点距離 200mm ISO感度 100


次はチンパンジー。
さて何をやっているのでしょう。
実は人口のアリ塚になっていて中にジュースがあります。
それを棒で取り出し舐めているのです。


EOS R + EF70-200mm F2.8L IS III USM
f/4.0 シャッタースピード 1/250 焦点距離 200mm ISO感度 100


無我夢中とはこのこと。


EOS R + EF70-200mm F2.8L IS III USM
f/3.5 シャッタースピード 1/2500 焦点距離 200mm ISO感度 100


こちらはアカカンガルー。
沢山いるのですがどれももれなく寝ています。
そういう時間帯だったのでしょうか。やっぱり寒いからでしょうか。
でもこういうのんびりした動物の様子を見て自分も和むのが動物園の楽しみかもしれません。


EOS R + EF70-200mm F2.8L IS III USM
f/3.5 シャッタースピード 1/800 焦点距離 180mm ISO感度 100


眩しい眩しい、と布をかけて陽射しを防ごうとしているオランウータン。
この時期は陽のあたる場所と日陰で寒暖差があるので、眩しくてもそこにいるのかもしれません。


EOS R + EF70-200mm F2.8L IS III USM
f/2.8 シャッタースピード 1/1000 焦点距離 200mm ISO感度 100


にっこり。


EOS R + EF70-200mm F2.8L IS III USM
f/2.8 シャッタースピード 1/1600 焦点距離 200mm ISO感度 100


素敵、いや不敵な笑み。

折角動物園に来たので枚数多めでいきたいと思います。


EOS R + EF70-200mm F2.8L IS III USM
f/3.5 シャッタースピード 1/2500 焦点距離 200mm ISO感度 100


陽と


EOS R + EF70-200mm F2.8L IS III USM
f/2.8 シャッタースピード 1/1000 焦点距離 200mm ISO感度 100


陰。


EOS R + EF70-200mm F2.8L IS III USM
f/2.8 シャッタースピード 1/1600 焦点距離 200mm ISO感度 100


微笑みの Otus。 
Otus って何?という方は コチラをどうぞ。


EOS R + EF70-200mm F2.8L IS III USM
f/3.5 シャッタースピード 1/1000 焦点距離 70mm ISO感度 100


視線が合っている気がします。
正直、ちょっと「ひぃ…」ってなるほどに。


EOS R + EF70-200mm F2.8L IS III USM
f/3.5 シャッタースピード 1/1600 焦点距離 70mm ISO感度 100


脱走しそうです。


EOS R + EF70-200mm F2.8L IS III USM
f/2.8 シャッタースピード 1/200 焦点距離 200mm ISO感度 100


瞳を見開いた彼はこの数秒後に唐突に走り出した仲間に
タックルされます。


EOS R + EF70-200mm F2.8L IS III USM
f/2.8 シャッタースピード 1/2000 焦点距離 102mm ISO感度 100


おそらく戯れているだけだと思うのですが
ヘコたれている彼はバケツで遊んでいたらバケツを奪われ
追いかけられて今の現状です。


EOS R + EF70-200mm F2.8L IS III USM
f/3.5 シャッタースピード 1/640 焦点距離 170mm ISO感度 100


おねだり小猿。

と、いろいろと撮ったつもりなのですが
やはりまずはマップを見ることは大事だなと感じました。
被写体のバリエーションの少なさは書いている私が一番身にしみて感じています。
とはいえ、動物園。
撮ることばかりに夢中になるのではなく、楽しむのが一番です。
レンズの性能云々より面白い瞬間を撮ろうということに目的が変わっていました。

今回の経験を考慮すれば
動物園で動物の顔をクローズアップして撮りたいならもっと焦点距離の長いレンズを
選んでもいいかもしれません。
ただ、動物達の様子を撮るにはちょうどいい画角ではないかと思います。

さて、次は初心に返る というわけではありませんが
次のレンズは「EF 40mm F2.8 STM」
これもまたCanonの代表パンケーキレンズです。
スナップに使いやすい画角なのでふらふらと歩きながら撮りたいと思います。
それではまたの機会、ご覧いただければ幸いです。

あ、
マップといえば カメラやレンズ選びで迷ってしまった方のためにございます。
ぜひ、情報豊かなマップカメラへ。







〓〓商品ピックアップ〓〓 〓〓タイムズフォト〓〓

[ Category:Canon|掲載日時:2019年02月07日 15時15分]



≪前の記事 記事一覧 次の記事≫

null 【写真を楽しむ6月】気軽に持ち出して 2019年06月26日
小柄なパートナー Nikon FM2 【FUJICOLOR 100】 ここ数年近く、 小柄なものを中心にフィルムカメラの人気が再燃しています。 気軽に持ち出しやすく、 ファッション性も高い、 スマホで得られるデジタルな絵柄とは異なるものが撮れる、 こういったところが人々を惹きつけるのでしょうか。 小柄なフィルムカメラといっても、 レンズ交換できるものとそうでないものがあります。 今回はレンズ交換できる小柄なフィルムのなかでも、 定番中の定番、 各所で初心者の方々にもよくオススメさ...
続きを読む
【写真を楽しむ6月】九十九神と旅を 【写真を楽しむ6月】九十九神と旅を 2019年06月25日
【写真を楽しむ6月】と言うタイトルで連載しておりますブログ、本日は私スタッフEがお送りいたします。 突然ですが皆様、「トランスルーセントミラーテクノロジー」をご存知でしょうか? 古くはキヤノンのペリックスなどにも採用されていた透過ミラーを使用し、入射光を撮像センサーと専用位相差AFセンサーの両方に導くという画期的なシステムです。 今回はその技術を搭載し、時代を先取りした名機である「SONY α99Ⅱ」に「Vario-Sonnar T*24-70mm F2.8 ZA SSM SAL2470Z」をマウントして、福島県へ旅に行...
続きを読む
【写真を楽しむ6月】GoPro HERO7 ~ 立体 4K Drive ~ 【写真を楽しむ6月】GoPro HERO7 ~ 立体 4K Drive ~ 2019年06月24日
目の前に広がる世界とかけがえのない瞬間 【立体 4K Drive】 【GoPro HERO7のHyperSmooth機能】 GoPro HERO 7で最も注目すべき機能は「HyperSmooth」と呼ばれるジンバル並みの手ぶれ補正機能です。 この機能はスタビライゼーション機能と呼ばれ、いわゆる手ブレ補正機能の役目で驚異的な滑らかな動画を実現します。 実際の走行映像は愛車に乗って上から下へ、下から上へまた左から右へ、右から左へとまるで迷路に迷い込んでしまったような感覚で、一度入ったら抜け出す事の出来ない出口の見えない立...
続きを読む
写真展のご案内 〜 『第49回 ミノックス写真展』 写真展のご案内 〜 『第49回 ミノックス写真展』 2019年06月24日
マップカメラでは写真展のご案内を致しております。 本日ご紹介するのは - 『第49回 ミノックス写真展』 - です。 是非足をお運び下さい。
続きを読む
初夏の森を歩く 【写真を楽しむ6月】初夏の森を歩く 2019年06月23日
私はよく森を散歩するのですが、カメラを持って森に入ると色々な発見に出会えます。 焦点距離:106mm 絞り:f5.6 シャッタースピード:1/60秒 ISO:100 森といえば木漏れ日。 至る所に射し込む光が森の木々をより一層幻想的にしてくれています。 焦点距離:18mm 絞り:f9.0 シャッタースピード:1/60秒 ISO:100 池、もしくは沼と言うべきでしょうか。 森の妖精でも現れそうな雰囲気です。 焦点距離:250mm 絞り:f9.0 シャッタースピード:1/60秒 ISO:100 この光景には頬が緩...
続きを読む

[↑TOPへ戻る]