【SONY】大型アップデートの概要 〜α9〜 | THE MAP TIMES 
Select Language



【SONY】大型アップデートの概要 〜α9〜

[ Category:SONY|掲載日時:2019年01月17日 19時30分]


α9大型アップデート
大型アップデート内容
α9
大型アップデート内容
α7RIII / α7III

ニコン、キヤノンから遂に新機種が発売され、パナソニック、シグマも参戦を表明しているフルサイズミラーレス市場。その新勢力に対抗すべく、昨日(1/16)にソニーからα9・α7RIII・α7IIIの機能と性能が大幅に向上するアップデートが発表されました。今までのαユーザーはもちろんですが、これからフルサイズミラーレス機を選ぶ方にも朗報と言える今回の大型アップデート内容をまとめてみました。ソニーらしい最新技術がたくさんフィードバックされてありますので是非ご覧ください!


α9大型アップデート

まずα9ですが、今年3月にVer.5.0、今年夏頃にVer.6.0をリリース予定とのこと。注目の『動物瞳AF』はVer.6.0で実装予定です。


Aiによる瞳検出をさらに強化した『瞳AF』の進化
シャッターボタン半押しで作動/瞳の左右選択/動物瞳AF

α9大型アップデート

瞳を検出してピントを合わせ続ける「リアルタイム瞳AF」の性能がさらに進化。精度・速度・追随性・操作性が向上しました。また、シャッターを半押しするだけで瞳AFが作動。ピントを合わせたい瞳の左右を切り換えることも可能です。そして、Ver.6.0では動物にも瞳AFが対応になる予定!大注目の追加機能です。


狙った被写体を自動検出・追尾し続ける
新開発『リアルタイムトラッキング』

α9大型アップデート

AIによる物体認識を含む最新のアルゴリズムの採用により、被写体との距離、模様、輝度などの空間情報を高速に検出し、複雑な動きやスピードに緩急のある動体を高精度に認識し追尾し続けます。特に被写体が人物や動物の場合は、AIにより瞳の位置情報を並行してリアルタイムに認識します。また、カスタムキーに「押す間トラッキング」を設定しておけば、狙ったタイミングに追尾を開始することも可能。さらにタッチトラッキングを設定すれば、モニター上をタッチして追尾する被写体を選べます。


F16まで対応する像面位相差AFの精度向上

進化したアルゴリズムを採用することで、AF-Cかつ連写時にオートフォーカスが可能な絞り値をF11からF16に拡大。屋内スポーツなど照度の低い環境でも性能が向上しました。また、スローシャッター時など絞り値を大きく設定した撮影においても、迅速に自動でフォーカスを合わせることが可能です。


精度・速度・追従が向上した動画撮影時のAF

動画撮影時には、位相差検出AFとコントラスト検出AFを併用したファストハイブリッドAFのうち、位相差検出システムをより効果的に活用することでAFの精度・速度が向上。被写体の手前を何かが横切った場合や、絞り値を大きく設定した撮影時でも、スムーズでふらつきの少ないピント合わせができます。


タッチ操作によるフォーカスの進化

モニター画面上の被写体にタッチするだけで直感的にフォーカスを合わせるタッチフォーカスに加えて、新たに液晶モニター上を指でなぞることでスムーズにフォーカスの位置を変更できるタッチパッド機能にも対応。また、タッチトラッキング機能を設定しておけば、タッチによる被写体の選択と追従が可能です。


階調表現の向上とWBの安定性強化

カメラ内のJPEG生成アルゴリズムを最適化し、より滑らかな階調表現を実現。空のグラデーションなど、少しずつ変化する明暗差や彩度をより自然に再現します。また、連続撮影モード時に短い間隔の連写を繰り返す場合などに、オートホワイトバランスの正確性・安定性が向上しました。全体的な色再現性も向上し、画質全体の改良が図られています。


カスタマイズ性の向上と機能拡張

・ 前後ダイヤルや背面コントロールホイールの柔軟なカスタマイズに対応する「マイダイヤル」機能の追加。
・ メモリーカードの容量オーバー時に、もう一方のメモリーカードに記録先を自動で切り替えるリレー記録。
・ デュアルスロット記録メニューの静止画振り分け記録設定の選択方法を詳細化。
・ 撮影した静止画に5段階で設定できるレーティング機能と再生時の一覧性が向上する連写グループ表示を追加。
・ カスタムキーの設定に対応し、再生画面上で迅速に誤消去を防止できるようプロテクト機能を強化
・ インターバル撮影機能に対応(Ver.6.0)し、タイムラプス用の画像撮影をカメラだけで撮影可能。※付属ソフトの「Imaging Edge」「PlayMemories Home」でタイムラプス動画に編集できます。


スポーツや報道の撮影現場において、
転送や納品をサポートする機能群を強化

α9大型アップデート

・ アプリ「Transfer & Tagging add-on」を使用し、FTPバックグラウンド転送を使用したモバイル機器への画像転送が可能。さらに、転送した画像に音声やショートカットを用いてタグやキャプションを入力したり、ショートカット用の用語をパソコンで作成しモバイル機器に同期することも可能です。

・ 画像の転送後にモバイル機器上でIPTCメタデータを付与が可能。










α7RIII/α7IIIのアップデート内容はコチラ >>



[ Category:SONY|掲載日時:2019年01月17日 19時30分]



≪前の記事 記事一覧 次の記事≫

【SONY】遂に始動!驚愕の動物リアルタイム瞳AFの実力!(実写作例多数掲載) 【SONY】遂に始動!驚愕の動物リアルタイム瞳AFの実力!(実写作例多数掲載) 2019年04月19日
SONY α7III(動物リアルタイム瞳AF) + SEL100400GM 2019年4月11日 α9に続いてα7RIII、α7IIIの大規模アップデートが実施されました。 今回のアップデートでは初めて動物を対象にしたリアルタイム瞳AFが搭載されました。 ペットを飼っている方は待望の機能、待っていた方も多かったと思います。 実際の使い勝手はどうなのか? 本当に瞳にAFが合うようになるのか? そんな疑問にお答えすべく、今回は動物リアルタイム瞳AFにスポットを当てて行きたいと思います。 筆者はロングコートチワワ(白)...
続きを読む
【SONY】RX0 II「手のひらサイズの本格派4Kカメラ」 【SONY】RX0 II「手のひらサイズの本格派4Kカメラ」 2019年04月14日
手のひらサイズの1.0型センサー搭載カメラ「RX0」が更に進化してII型として新登場しました。 今回撮影した映像(4K再生可能です) 撮影設定:PP7「S-Gamut/S-Log2」/ATOMOS SHOGUN収録 カラーグレーディング済み 新たに可動式液晶・4K動画の本体内記録・電子手振れ補正などに対応。外観レビューや使い方は既にメーカーサイトや様々なメディアで取り上げられているので、今回はRX0 IIの4K性能を最大限引き出すべく、外部レコーダーを使用して4Kのテスト撮影を行いました。 小型が魅力のカメラで外部収録を...
続きを読む
【SONY】遂にリリース!α7IIIとα7RIIIに動物対応 瞳AF 【SONY】遂にリリース!α7IIIとα7RIIIに動物対応 瞳AF 2019年04月11日
遂に動物瞳AFのファームウェア“Ver.3.0”がリリースされました!今回の対応機種はα7IIIとα7RIII。他にも性能や操作が向上した点など本ブログで説明いたします。 瞳AFの動物対応 犬・猫・その他一部の動物 瞳を検出してピントを合わせ続ける「リアルタイム瞳AF」が動物にも対応しました。犬・猫の他に一部の動物に対応したとのことですが、おそらく顔のパターンが似ていれば反応するのではないかと思われます。ちなみにサンプル資料の中にはキツネの写真もありま...
続きを読む
【新元号令和、平成を振り返る】春風を追いかけて 【新元号令和、平成を振り返る】春風を追いかけて 2019年04月09日
α7RIII + MACRO APO-LANTHAR 110mm F2.5 1/2000 F2.5 ISO100 マップタイムズをご覧の皆様、写真楽しまれていますか? やっとこさ寒さもひと段落つき、暖かくなって来た事でヘリコイドもスムーズに回るようになってきました。良い季節です。 どういうこっちゃ?という方へ向けて一応解説をしておくと、MFレンズは気温でヘリコイドグリスの粘性が変わってしまうので、トルク感が季節によって変わってしまうわけです…。仕方のない事ですし、多少なりとも不便な事に変わりはないんですが、こんなとこ...
続きを読む
【新元号令和、平成を振り返る】渋谷を見上げて 【新元号令和、平成を振り返る】渋谷を見上げて 2019年04月08日
焦点距離:35mm 絞り:F2 シャッタースピード:1/2000秒 ISO:100 あと、数週間で平成が終わる。 約31年間、数多のカメラが登場しました。 その中の1台。ずっと前から気になっているカメラが私にはありました。そのカメラの名は「DSC-RX1R」 小型ボディにフルサイズセンサーを搭載。 解像度をさらに高めるローパスフィルターレス仕様。 有効約2430万画素。 カールツァイス「ゾナーT*」35mm F2 単焦点レンズ。 フルサイズコンパクトという新たなカテゴリーを生み...
続きを読む

[↑TOPへ戻る]