【EOS RP発売記念】いい写真の予感がする。 | THE MAP TIMES 
Select Language



【EOS RP発売記念】いい写真の予感がする。

[ Category:Canon|掲載日時:2019年03月07日 21時15分]




EOS R + EF 40mm F2.8 STM



こんにちは。
最近では「R Playing」というタイトルでブログを書いています。
今回は「EOS RP」の発売まであと一週間ということで
「EOS RP」発売記念も兼ねて、「EOS R」と組み合わせておすすめのレンズをご紹介できればと思います。

「EF40mm F2.8 STM」

レンズ構成:4群6枚 (絞り羽根:7枚)
最短撮影距離:0.3m(最大撮影倍率:0.18)
フィルター径:52mm 
重量:約130g

厚さにして22.8mm。
重量130gという軽さが「RP」のコンセプトにもピッタリです。

さて、今回は気軽に撮れるレンズなので
撮影も気軽にふらっとエリアを決めて行ってきました。
場所は「蔵前」。
数年前からお洒落なカフェやお店が出来るようになり
散策するのがとても楽しいエリアになりました。


EOS R + EF 40mm F2.8 STM
f/5.6 シャッタースピード 1/60 ISO感度 400


すぐ隣に「浅草」という東京屈指の観光名所があるからなのか
このあたりには海外旅行者も泊まれる「ホステル」「ゲストハウス」が点在しています。
私が最初に立ち寄ったのもそんなホステル、カフェ、バーラウンジを兼ねたお店です。

カフェラテとクロワッサン。
どこか散策した時は必ずどこかのカフェに立ち寄るのがマイブームです。
全然お腹は空いていないけれど美味しそうだったのでクロワッサンも。。
美味しすぎてペロっと食べてしまいました。
美味しいものは別腹です。

普段こういう食べ物を撮ることはなかったのですが
40mmの画角の撮りやすさで撮ってしまいました。
今まで撮らなかったのは画角のせいでもあるかもしれません。
こういう記録にも便利なレンズだと思いました。


EOS R + EF 40mm F2.8 STM
f/7.1 シャッタースピード 1/400 ISO感度 100


店を出て少し歩けばすぐそこに隅田川。
スッキリクッキリスカイツリー。
絞るとこんな遠景もしっかり撮影出来ます。

EOS R + EF 40mm F2.8 STM
f/4.5 シャッタースピード 1/50 ISO感度 100



EOS R + EF 40mm F2.8 STM
f/3.2 シャッタースピード 1/125 ISO感度 100


何の変哲もない猫さんの写真ですが出会った記念に。
上野や浅草、谷中のある日暮里など小路が多い町では猫を頻繁に見かけます。
気ままに歩く猫の姿は散策の楽しみの一つです。

EOS R + EF 40mm F2.8 STM
f/4.5 シャッタースピード 1/500 ISO感度 100



EOS R + EF 40mm F2.8 STM
f/4.5 シャッタースピード 1/160 ISO感度 100


FOCUSにフォーカス。


EOS R + EF 40mm F2.8 STM
f/3.2 シャッタースピード 1/125 ISO感度 400



EOS R + EF 40mm F2.8 STM
f/2.8 シャッタースピード 1/2500 ISO感度 100


蔵前には昔から存在する建物を改装してお店にしている
というところが沢山あります。(登録有形文化財の建物も)
蔵前には革製品のお店が数多くあり、革製品が好きなら
お店巡りだけでたっぷり楽しめます。

自分だけのノートを作ったりインクを選んだり
コーヒー飲んでチョコレート選んで日本茶のお土産。
一日面白そうなことして終わってしまいそうです。
この日はこの中からいくつか実行しましたが
いつか全部実行してみたいものです。


EOS R + EF 40mm F2.8 STM
f/7.1 シャッタースピード 1/800 ISO感度 400



EOS R + EF 40mm F2.8 STM
f/7.1 シャッタースピード 1/800 ISO感度 400


このブログを書くにあたり少し調べて分かったのですが
御徒町から蔵前辺りまで「カチクラエリア」と呼ばれているようです。
徒歩でゆっくり、もいいですし、この一帯を100%楽しみたいならレンタサイクルもお薦めです。
私も次回は自転車でもっとエリア広めに散策するつもりです。

「EF40mm F2.8 STM」を使ってみた感想は
小さく軽い、まさにスナップレンズ。
日常を切り取るのに最適な画角だと思います。
常に絞った状態でとっさに撮る、というスタイルも合いそうです。


EOS R + EF 40mm F2.8 STM
f/7.1 シャッタースピード 1/800 ISO感度 400


さて、冒頭でも触れましたが
今日から約一週間後には「EOS RP」が発売されます。
そこでマップカメラスタッフも手ごろで手軽なフルサイズ「EOS RP」に
組み合わせたら面白いのではないかというレンズを使って発売日までにブログを書くつもりですので
もしお暇な時間が出来ましたらご覧ください。

今回の「EOS RP」のキャッチコピーでもある
「いい写真の予感がする。」が大好きなのですがこの全文の中の
「もうカメラを置いてけぼりになんてしない。
もうシャッターチャンスに置いてけぼりにされない。」
というコピーも心くすぐられます。
「RP システムブランドサイト」 を一度見てみてください。

それではまた「R Playing」にて。
本日もご覧いただきありがとうございました。








〓〓商品ピックアップ〓〓 〓〓タイムズフォト〓〓

[ Category:Canon|掲載日時:2019年03月07日 21時15分]



≪前の記事 記事一覧 次の記事≫

【写真を楽しむ6月】祖父の形見のNikon F4で撮るポートレート 【写真を楽しむ6月】祖父の形見のNikon F4で撮るポートレート 2019年06月20日
私は大学一年生の時に、祖父の形見のNikon F4を譲り受け、今でもF4で写真を撮り続けています。 今回はF4で撮影した、どこか懐かしい気分にさせてくれるようなポートレートをご紹介しながらF4の魅力に触れていきたいと思います。 Nikon F4は1988年にフラッグシップ機として発売されました。Nikon F一桁シリーズ初のオートフォーカスが搭載されています。 見た目はとてもメカメカしく、レバーやダイヤルにも存在感があります。シャッタースピードの最高速は1/8000秒。 そして大きくて重量があるのも特...
続きを読む
空を印刷 【写真を楽しむ6月】空を印刷 2019年06月19日
FUJIFILM X100F -今月の空- 6月は梅雨の季節。 防塵防滴のカメラも増え、雨の日でも写真を楽しめる現代ですが、 それでもやはり雨の日は撮影に出かけるのは控えてしまいます。 そんな6月に写真を楽しむ方法のひとつとして、 今までご自身で撮った写真を振り返り、お気に入りの写真を選別・印刷し、 まとめてみることはいかがでしょうか。 私は、毎日の空をFUJIFILM X100Fで撮って楽しんでいます。 今回このブログを書くために、1年間撮り続けた空の写真を整理・選別してみました。 そして...
続きを読む
イメージです 【写真を楽しむ6月】ローライ持って出かけよう! 2019年06月18日
ある日、棚を開けたらローライフレックスが出てきたとします。 「棚からローライ」……出たらいいなぁ… ……なんて願望はともかく、幸運にも二眼レフカメラの雄 ローライフレックスを手に入れることに成功した貴方は、いざ撮影に出かけようとして大変な事に気がつきます。 そう、ストラップがない!! ローライフレックスのほとんどのモデルで、ストラップ取付部が下の写真のような形状になっています。(ローライコードのシリーズは異なります。) 真ん中に心棒が入っているため、通常のスト...
続きを読む
【写真を楽しむ6月】OLYMPUS OM-4 とちょっとそこまで 【写真を楽しむ6月】OLYMPUS OM-4 とちょっとそこまで 2019年06月17日
とある平日の午後。東京都東村山市にある北山公園菖蒲苑に行きました。 北山公園菖蒲苑は東村山駅から徒歩で20分ほど。八国山緑地を背景にした自然公園です。 毎年6月上旬から中旬にかけ、300種、8,000株の花菖蒲が開花し、新東京百景にも選ばれています。 この日、首から下げたのは、OLYMPUS OM-4TiとE.ZUIKO AUTO-T 100mm F2.8の組み合わせ。 コンパクトなボディとレンズは、動き回る撮影にぴったりです。 OM-4Tiは1986年に発売され、電子制御布幕横走りフォーカルプレーンシャッターを持...
続きを読む
紫陽花を見上げる 【写真を楽しむ6月】紫陽花を見上げる 2019年06月16日
手に入れてすぐ、 これはめいっぱい楽しむには一脚必須! と確信した RICOH THETA SC。 今後の様々な撮影シーンを見据え、 小さな三脚付きの一脚を購入し、 紫陽花を見に出かけた際に連れていきました。 たくさんの品種が植えられており、 満開時にはそれは美しいようなのですが、まだ見頃はこれからというところ。 現在は、白と緑が上品なアナベルがとてもきれいに咲いていました。 これがやりたかった、中から! まるでこびとになった気分です。 手持ちではできません...
続きを読む

[↑TOPへ戻る]