【EOS RP発売記念】いい写真の予感がする。 | THE MAP TIMES 
Select Language



【EOS RP発売記念】いい写真の予感がする。

[ Category:Canon|掲載日時:2019年03月07日 21時15分]




EOS R + EF 40mm F2.8 STM



こんにちは。
最近では「R Playing」というタイトルでブログを書いています。
今回は「EOS RP」の発売まであと一週間ということで
「EOS RP」発売記念も兼ねて、「EOS R」と組み合わせておすすめのレンズをご紹介できればと思います。

「EF40mm F2.8 STM」

レンズ構成:4群6枚 (絞り羽根:7枚)
最短撮影距離:0.3m(最大撮影倍率:0.18)
フィルター径:52mm 
重量:約130g

厚さにして22.8mm。
重量130gという軽さが「RP」のコンセプトにもピッタリです。

さて、今回は気軽に撮れるレンズなので
撮影も気軽にふらっとエリアを決めて行ってきました。
場所は「蔵前」。
数年前からお洒落なカフェやお店が出来るようになり
散策するのがとても楽しいエリアになりました。


EOS R + EF 40mm F2.8 STM
f/5.6 シャッタースピード 1/60 ISO感度 400


すぐ隣に「浅草」という東京屈指の観光名所があるからなのか
このあたりには海外旅行者も泊まれる「ホステル」「ゲストハウス」が点在しています。
私が最初に立ち寄ったのもそんなホステル、カフェ、バーラウンジを兼ねたお店です。

カフェラテとクロワッサン。
どこか散策した時は必ずどこかのカフェに立ち寄るのがマイブームです。
全然お腹は空いていないけれど美味しそうだったのでクロワッサンも。。
美味しすぎてペロっと食べてしまいました。
美味しいものは別腹です。

普段こういう食べ物を撮ることはなかったのですが
40mmの画角の撮りやすさで撮ってしまいました。
今まで撮らなかったのは画角のせいでもあるかもしれません。
こういう記録にも便利なレンズだと思いました。


EOS R + EF 40mm F2.8 STM
f/7.1 シャッタースピード 1/400 ISO感度 100


店を出て少し歩けばすぐそこに隅田川。
スッキリクッキリスカイツリー。
絞るとこんな遠景もしっかり撮影出来ます。

EOS R + EF 40mm F2.8 STM
f/4.5 シャッタースピード 1/50 ISO感度 100



EOS R + EF 40mm F2.8 STM
f/3.2 シャッタースピード 1/125 ISO感度 100


何の変哲もない猫さんの写真ですが出会った記念に。
上野や浅草、谷中のある日暮里など小路が多い町では猫を頻繁に見かけます。
気ままに歩く猫の姿は散策の楽しみの一つです。

EOS R + EF 40mm F2.8 STM
f/4.5 シャッタースピード 1/500 ISO感度 100



EOS R + EF 40mm F2.8 STM
f/4.5 シャッタースピード 1/160 ISO感度 100


FOCUSにフォーカス。


EOS R + EF 40mm F2.8 STM
f/3.2 シャッタースピード 1/125 ISO感度 400



EOS R + EF 40mm F2.8 STM
f/2.8 シャッタースピード 1/2500 ISO感度 100


蔵前には昔から存在する建物を改装してお店にしている
というところが沢山あります。(登録有形文化財の建物も)
蔵前には革製品のお店が数多くあり、革製品が好きなら
お店巡りだけでたっぷり楽しめます。

自分だけのノートを作ったりインクを選んだり
コーヒー飲んでチョコレート選んで日本茶のお土産。
一日面白そうなことして終わってしまいそうです。
この日はこの中からいくつか実行しましたが
いつか全部実行してみたいものです。


EOS R + EF 40mm F2.8 STM
f/7.1 シャッタースピード 1/800 ISO感度 400



EOS R + EF 40mm F2.8 STM
f/7.1 シャッタースピード 1/800 ISO感度 400


このブログを書くにあたり少し調べて分かったのですが
御徒町から蔵前辺りまで「カチクラエリア」と呼ばれているようです。
徒歩でゆっくり、もいいですし、この一帯を100%楽しみたいならレンタサイクルもお薦めです。
私も次回は自転車でもっとエリア広めに散策するつもりです。

「EF40mm F2.8 STM」を使ってみた感想は
小さく軽い、まさにスナップレンズ。
日常を切り取るのに最適な画角だと思います。
常に絞った状態でとっさに撮る、というスタイルも合いそうです。


EOS R + EF 40mm F2.8 STM
f/7.1 シャッタースピード 1/800 ISO感度 400


さて、冒頭でも触れましたが
今日から約一週間後には「EOS RP」が発売されます。
そこでマップカメラスタッフも手ごろで手軽なフルサイズ「EOS RP」に
組み合わせたら面白いのではないかというレンズを使って発売日までにブログを書くつもりですので
もしお暇な時間が出来ましたらご覧ください。

今回の「EOS RP」のキャッチコピーでもある
「いい写真の予感がする。」が大好きなのですがこの全文の中の
「もうカメラを置いてけぼりになんてしない。
もうシャッターチャンスに置いてけぼりにされない。」
というコピーも心くすぐられます。
「RP システムブランドサイト」 を一度見てみてください。

それではまた「R Playing」にて。
本日もご覧いただきありがとうございました。








〓〓商品ピックアップ〓〓 〓〓タイムズフォト〓〓

[ Category:Canon|掲載日時:2019年03月07日 21時15分]



≪前の記事 記事一覧 次の記事≫

RIOCH GR III 【RICOH】GReatest snapshooter 2019年03月20日
GR III 1/40 | F2.8 | ISO 1600 ついに発売となりました、RICOH GR III。 昨年の発表からずっと心待ちにしていた方も多くいらっしゃると思います。 既に最高のスナップシューターとしての地位を確立し、 このジャンルにおける一大巨塔であったGRシリーズ。 ですがここにきて、さらなる小型化、画素数向上、レンズの刷新、 そして手ぶれ補正機構”SR”を搭載するなどなど、 さらなる高み、”究極”へと進化したGR III。 待望のこのGR IIIで撮影してきましたので、ご覧いただければと思いま...
続きを読む
更なる進化を遂げた "超高画素" Phaseone XF IQ4 【PhaseOne】更なる進化を遂げた超高画素Phaseone XF IQ4 2019年03月19日
すっかり春の陽気も近付いて参りました。 皆様いかがお過ごしでしょうか? 前回ご紹介したPhaseone IQ3 Trichromaticは 非常に大きな反響を頂き、ありがとうございます! なかなか見ることのできない1億画素機の写真というだけあって 多くのお客様にその衝撃が伝わったと思います。 そして昨年発表され、更なる高画素化を行ったPhaseone IQ4。 なんと今回、PhaseOne Japan様から貴重なこのボディと Schneider 40-80mm LS F4.0-5.6+120mm LS F4.0 macroレンズをお借りして "1億5000万画素"...
続きを読む
写真展のご案内 〜 衝動『8人の写真家たち』~ 写真展のご案内 〜 衝動『8人の写真家たち』~ 2019年03月19日
マップカメラでは写真展のご案内を致しております。 本日ご紹介するのは 衝 動 『8人の写真家たち』 です。 是非足をお運び下さい。 asamiranda/koichi73/佐々木龍一/信夫良介/田河新平/TOSHIO/ZUI/140 会期:2019年3月22日(金)- 24日(日) 会場:gem(東京都目黒区中目黒1-9-18)
続きを読む
【Leica】控え目な実力派中望遠 ELMARIT-M 90mm F2.8 【Leica】控え目な実力派中望遠 ELMARIT-M 90mm F2.8  2019年03月18日
Leica ELMARIT-M 90mm F2.8 長い間、ライカの90mmという焦点距離をSummicronとともに担ってきたElmarit 90mm F2.8。 Summaritの登場とともにその役目を終えましたが、やはり「エルマリート」という優しい響きは、それ自体に魅力があります。 個人的にも「ズミクロン」よりも「エルマリート」という名前が好きで、このレンズを選んだ節があります。 今回は、SONY α7RIIとLeica ELMARIT-M 90mm F2.8 E46 フード組込の組み合わせで撮影しました。 ライカMシステムとの違いは、やはりカメラ内手振れ...
続きを読む
Carl Zeiss Batis 40mm F2 CF 【CarlZeiss】潮風とBatis 40mm F2 CF 2019年03月18日
潮風を感じたくて横浜へ向かった。 装着したレンズはBatis 40mm F2 CF。一枚目に撮ったのは白い巡視船。大きな船の横で、小さなゴムボートが波間を進んでいく。 空を見上げると赤レンガ倉庫と建設中のビルが見える。刻一刻と変わる時の中で、完成したビルが風景に溶け込むのは、何年後のことだろうか。 大桟橋には大型客船が止まっていた。これから長い旅に向かうのか、それとも長い旅を終えてきたのか。遠くからではわからない。 リズミカルに並ぶオブジェを横浜税関の建物が見...
続きを読む

[↑TOPへ戻る]