【EOS RP発売記念】いい写真の予感がする。 | THE MAP TIMES 
Select Language



【EOS RP発売記念】いい写真の予感がする。

[ Category:Canon|掲載日時:2019年03月07日 21時15分]




EOS R + EF 40mm F2.8 STM



こんにちは。
最近では「R Playing」というタイトルでブログを書いています。
今回は「EOS RP」の発売まであと一週間ということで
「EOS RP」発売記念も兼ねて、「EOS R」と組み合わせておすすめのレンズをご紹介できればと思います。

「EF40mm F2.8 STM」

レンズ構成:4群6枚 (絞り羽根:7枚)
最短撮影距離:0.3m(最大撮影倍率:0.18)
フィルター径:52mm 
重量:約130g

厚さにして22.8mm。
重量130gという軽さが「RP」のコンセプトにもピッタリです。

さて、今回は気軽に撮れるレンズなので
撮影も気軽にふらっとエリアを決めて行ってきました。
場所は「蔵前」。
数年前からお洒落なカフェやお店が出来るようになり
散策するのがとても楽しいエリアになりました。


EOS R + EF 40mm F2.8 STM
f/5.6 シャッタースピード 1/60 ISO感度 400


すぐ隣に「浅草」という東京屈指の観光名所があるからなのか
このあたりには海外旅行者も泊まれる「ホステル」「ゲストハウス」が点在しています。
私が最初に立ち寄ったのもそんなホステル、カフェ、バーラウンジを兼ねたお店です。

カフェラテとクロワッサン。
どこか散策した時は必ずどこかのカフェに立ち寄るのがマイブームです。
全然お腹は空いていないけれど美味しそうだったのでクロワッサンも。。
美味しすぎてペロっと食べてしまいました。
美味しいものは別腹です。

普段こういう食べ物を撮ることはなかったのですが
40mmの画角の撮りやすさで撮ってしまいました。
今まで撮らなかったのは画角のせいでもあるかもしれません。
こういう記録にも便利なレンズだと思いました。


EOS R + EF 40mm F2.8 STM
f/7.1 シャッタースピード 1/400 ISO感度 100


店を出て少し歩けばすぐそこに隅田川。
スッキリクッキリスカイツリー。
絞るとこんな遠景もしっかり撮影出来ます。

EOS R + EF 40mm F2.8 STM
f/4.5 シャッタースピード 1/50 ISO感度 100



EOS R + EF 40mm F2.8 STM
f/3.2 シャッタースピード 1/125 ISO感度 100


何の変哲もない猫さんの写真ですが出会った記念に。
上野や浅草、谷中のある日暮里など小路が多い町では猫を頻繁に見かけます。
気ままに歩く猫の姿は散策の楽しみの一つです。

EOS R + EF 40mm F2.8 STM
f/4.5 シャッタースピード 1/500 ISO感度 100



EOS R + EF 40mm F2.8 STM
f/4.5 シャッタースピード 1/160 ISO感度 100


FOCUSにフォーカス。


EOS R + EF 40mm F2.8 STM
f/3.2 シャッタースピード 1/125 ISO感度 400



EOS R + EF 40mm F2.8 STM
f/2.8 シャッタースピード 1/2500 ISO感度 100


蔵前には昔から存在する建物を改装してお店にしている
というところが沢山あります。(登録有形文化財の建物も)
蔵前には革製品のお店が数多くあり、革製品が好きなら
お店巡りだけでたっぷり楽しめます。

自分だけのノートを作ったりインクを選んだり
コーヒー飲んでチョコレート選んで日本茶のお土産。
一日面白そうなことして終わってしまいそうです。
この日はこの中からいくつか実行しましたが
いつか全部実行してみたいものです。


EOS R + EF 40mm F2.8 STM
f/7.1 シャッタースピード 1/800 ISO感度 400



EOS R + EF 40mm F2.8 STM
f/7.1 シャッタースピード 1/800 ISO感度 400


このブログを書くにあたり少し調べて分かったのですが
御徒町から蔵前辺りまで「カチクラエリア」と呼ばれているようです。
徒歩でゆっくり、もいいですし、この一帯を100%楽しみたいならレンタサイクルもお薦めです。
私も次回は自転車でもっとエリア広めに散策するつもりです。

「EF40mm F2.8 STM」を使ってみた感想は
小さく軽い、まさにスナップレンズ。
日常を切り取るのに最適な画角だと思います。
常に絞った状態でとっさに撮る、というスタイルも合いそうです。


EOS R + EF 40mm F2.8 STM
f/7.1 シャッタースピード 1/800 ISO感度 400


さて、冒頭でも触れましたが
今日から約一週間後には「EOS RP」が発売されます。
そこでマップカメラスタッフも手ごろで手軽なフルサイズ「EOS RP」に
組み合わせたら面白いのではないかというレンズを使って発売日までにブログを書くつもりですので
もしお暇な時間が出来ましたらご覧ください。

今回の「EOS RP」のキャッチコピーでもある
「いい写真の予感がする。」が大好きなのですがこの全文の中の
「もうカメラを置いてけぼりになんてしない。
もうシャッターチャンスに置いてけぼりにされない。」
というコピーも心くすぐられます。
「RP システムブランドサイト」 を一度見てみてください。

それではまた「R Playing」にて。
本日もご覧いただきありがとうございました。








〓〓商品ピックアップ〓〓 〓〓タイムズフォト〓〓

[ Category:Canon|掲載日時:2019年03月07日 21時15分]



≪前の記事 記事一覧 次の記事≫

null 【Canon】EOS Kiss M でカメラデビュー 2019年05月16日
初めまして。今回から新たにブログを書かせていただきます。 そんな私ですが、ずばりカメラ初心者です。 どうか温かい目で見守っていただけると嬉しいです。 さて、初心者の私が相棒に選んだのは、 【Canon】の「EOS Kiss Mダブルズームキット」です。 カメラを手にして感じたのが、 普段の何気ない景色をしっかりと見つめるようになりました。 そこで、今回の写真は近所の公園を撮ろうと思い、Kiss Mで 撮影を楽しんできました。 Kiss Mを選んだ理由の一つは何と言っても軽いことで...
続きを読む
【Canon】雨色じゃない景色Vol5%>>--><br />
<br />
本日はこどもの日。<br />
後半は晴天に恵まれた大型連休も残り僅かとなりました。<br />
<br />
こんにちは。雨男です。<br />
<br />
<br />
前半に雨が降り続いたので撮影をしようかと考えたのですが残念ながらタイミングが合わず撮影できませんでした。<br />
<br />
それならば!と混雑しているのを覚悟し立川の昭和記念公園にネモフィラを撮影しに行こう!<br />
<br />
<div style="text-align: center"><%image(nemo.JPG 【Canon】雨色じゃない景色Vol5 2019年05月05日
本日はこどもの日。 後半は晴天に恵まれた大型連休も残り僅かとなりました。 こんにちは。雨男です。 前半に雨が降り続いたので撮影をしようかと考えたのですが残念ながらタイミングが合わず撮影できませんでした。 それならば!と混雑しているのを覚悟し立川の昭和記念公園にネモフィラを撮影しに行こう! いつもの様にハイキーな写真で・・・と、他のスタッフのマップタイムズを見るとネモフィラ・・・。 昭和記念公園より迫力満点なネモフィラ。しかも2人も。 【HASSEL BLAD】...
続きを読む
【新元号令和、平成を振り返る】「またね」 【新元号令和、平成を振り返る】「またね」 2019年04月30日
2019年4月30日。本日をもって平成が終わります。 連載企画【新元号令和、平成を振り返る】もこの記事で最後となります。 マップカメラスタッフそれぞれの「平成」、お楽しみ頂けましたでしょうか? ラストを務めますのは私、スタッフEです。 使用機材はCANON EOS 60D。 Canonデジタル一眼レフの中級機として初めてバリアングル液晶を搭載した画期的な一台でした。 筆者はEOS 60Dと5年間寄り添い、数えきれないほど写真を撮りました。 当時は休日が楽しみで楽しみで、「次はどこに行こう、何を撮ろう」...
続きを読む
キヤノン 【新元号令和、平成を振り返る】平成に誕生した「L」レンズ、勝手に8選 2019年04月22日
キヤノン EFレンズで振り返る平成。 「平成」に誕生した「個人的に推せる」EFレンズの数々を写真と共に紹介します。 今回は数あるEFレンズから、筆者が特に思い入れの強い8本を選出しました。 EFレンズは多くの種類から構成されていますがその中でも「Lレンズ」から厳選します。 鏡筒に刻まれた鮮やかな一本の赤いラインには特別感があります。 プロ品質と呼ぶに相応しい卓越した描写性能と優れた操作性、耐環境性・堅牢性を備えたレンズです。 EF50mm F1.0L USM(1989年/平成元年) 当時、35mm一眼...
続きを読む
EOS620+EF 85mm F1.2L USM 【新元号令和、平成を振り返る】平成元年生まれのレンズと私 2019年04月17日
平成、それは FUJIFILM SUPERIA PREMIUM 400 平成、それは 私が生まれてから今に至るまでの全ての時間。 筆者は平成元年(1989年)9月生まれです。 私にとっては、景色や音楽、今までの記憶全てが平成そのものです。 平成の最後に、自分が生まれて最初に住んでいた街へ出かけておきたいと思い、 筆者がお供に選んだのがこちらです。 「Canon EOS 620」。 CanonがEOSを投入したのは1987年、 筆者が生まれた時、平成が始まった頃にはすでにEOSは世に登場していたのです。 このEOS 620...
続きを読む

[↑TOPへ戻る]