【Leica】憧れのかたち | THE MAP TIMES 
Select Language



【Leica】憧れのかたち

[ Category:Leica|掲載日時:2019年02月01日 21時00分]


Leica



今年もあっという間に2月となり、所では雪が降り終日暖かい飲み物を手放せない寒さですね。皆様いかがお過ごしでしょうか。

私はと申しますと、先月の初めに自分へのお年玉と称してこっそりレンズを購入いたしましたので
今回はそのレンズのテストも兼ねて、数枚撮って参りました。
相も変わらず拙作ばかりではございますが、またお付き合いいただければ幸いです。


Leica


Leica





まずは日の元で順光、逆光撮り。使っているフィルムも相まってかどちらも発色が少し渋いですね。
f2.8の順光ではボケ味のキレがいい描写に、f8の逆光では私の大好物、フレアやゴーストがこのレンズの色味が十二分に出ていてにやり。
同時になかなかにシャープな描写となりました。



Leica


Leica



次いで日の影で1枚。どちらもf4くらいで落ち着いた印象に。
噂には聞いておりましたがこのレンズのf4は本当にボケとシャープネスのバランスがいいようで
きっちりかっちり、まさに目に写ったとおりの仕上がりとなるので気に入っております。



Leica


Leica




特にこの2枚は個人的には今回の撮り高といってもいいほどの出来にハッとしました。
どちらもf2.8で、瓶や窓等の光沢のある質感をここまで引き出してくれるとは。ますます惹かれてしまいます。



Leica


Leica



ここから先は普段どおりで。折角なのでそれらしくしてみようとやってみましたが、
いやはや慣れないことはまだまだ要練習ですね。
謎のモニュメントが指すほうに何かありそうな予感。



Leica


Leica





開放~f2.8くらいで撮った空の青さは得も言えぬ良さがあります。
水彩絵の具のように淡く優しく溶け出す色彩、と言いましょうか。いやはやたまりませんね。





Leica


Leica




日暮れのお宮様にて。お宮様はいつみても落ち着きます。
音もにおいもお伝えできればどれだけ素敵でしょうか。私は思い出しただけでも今すぐにここでお茶をしたくなります。






Leica



Leica



開放で夜の周辺落ちっぷりはさすがの一言。好みが分かれるかと思いますが
私は色にグラデーションがかかってなお一層味わい深い描写になると思っていますのでどんとこい派です。


さて、いかがでしたでしょうか。もしかするとお気づきの方もいらっしゃるかと存じますが、
今回私が使用したレンズはズミクロンM35mmf2でした。俗に第2世代や6枚玉と呼ばれている古いレンズとなります。

初めて手にしたライツレンズ、6枚玉。
このレンズを選んだ決め手は撮るものの色彩の流動感、と言いましょうか。
オールドと括られるものの中でも6枚玉は発展途上で、黒と白だけの世界から色づき変わりゆく、そんな時代の流れを写してきた1本です。
絞りを一段、また一段と開放に近づけるたび色が緩やかに流れ、写すたびこのレンズが描く曖昧だけど確かな世界の虜になっております。

同時に世間では手に取って、触れて初めてわかる事のほうが多いものだな、とつくづく痛感いたしました。
カメラを始めたばかりの頃にはレンズなんて写ればなんでもいいと思っていましたが、
触って気付くその丁寧な造りと描写はまさに溜息ものでした。これが40余年前に造られた代物だという点にも驚きが隠せません。

今後の課題を増やしてしまった気がしますが、目下の目標は今後も主力となるであろう
このレンズの特徴をきちんと捉え、最大限に活かしつつ楽しく撮っていきたいと存じます。

この度も長々とお付き合い、ありがとうございました。
それではこれにて。またの機会に。


Leica




今回使用したのはこのレンズ
【ズミクロン M35mm F2 (6枚玉)】












〓〓タイムズフォト〓〓〓〓商品ピックアップ〓〓


[ Category:Leica|掲載日時:2019年02月01日 21時00分]



≪前の記事 記事一覧 次の記事≫

キヤノン 【新元号令和、平成を振り返る】平成に誕生した「L」レンズ、勝手に8選 2019年04月22日
キヤノン EFレンズで振り返る平成。 「平成」に誕生した「個人的に推せる」EFレンズの数々を写真と共に紹介します。 今回は数あるEFレンズから、筆者が特に思い入れの強い8本を選出しました。 EFレンズは多くの種類から構成されていますがその中でも「Lレンズ」から厳選します。 鏡筒に刻まれた鮮やかな一本の赤いラインには特別感があります。 プロ品質と呼ぶに相応しい卓越した描写性能と優れた操作性、耐環境性・堅牢性を備えたレンズです。 EF50mm F1.0L USM(1989年/平成元年) 当時、35mm一眼...
続きを読む
Canon EOS 8000D+SIGMA 17-50mm F2.8 EX DC OS HSM 【新元号令和、平成31年間を振り返る】平成最後の目黒川桜まつり 2019年04月21日
新元号の発表が迫る平成31年3月の終わり。 愛用の一眼レフを片手に初めて目黒川桜まつりに足を運びました。 「さて、レンズはどれにしようか」 初めての場所だし、混雑すれば自由に動けないかもしれない。 広角か、望遠か、単焦点か…。 そうは言っても、機材をあれもこれも持っていけるわけでもない。 そんな時に持ち出すのは、 「SIGMA 17-50mm F2.8 EX DC OS HSM」 2010年にキヤノン用が発売され、かれこれ10年近く経過しますが、 未だに人気の衰えない平成のロングセラー商品となります。 ...
続きを読む
【新元号令和、平成を振り返る】フィルムカメラからデジタルカメラへ 【新元号令和、平成を振り返る】フィルムカメラからデジタルカメラへ 2019年04月20日
初めて意識的に写真を撮ったのは18歳でした。高校を卒業し、進路がバラバラになる友人達を撮るためにフィルムのコンパクトカメラで撮影をしていました。 それから写真を撮るようになり、アルバイトをしてNikon FM10と50mmを購入。 ボディは壊れるまで使いました。 当時はカメラと言えばフィルムカメラの時代で、進学先で出来た友人達やライブハウスで撮影したりする日々を送っていました。 その頃から「ロンドンの街をフィルムで撮りたい」という夢があり、2016年にお休みをいただいて渡英。 ...
続きを読む
【SONY】遂に始動!驚愕の動物リアルタイム瞳AFの実力!(実写作例多数掲載) 【SONY】遂に始動!驚愕の動物リアルタイム瞳AFの実力!(実写作例多数掲載) 2019年04月19日
SONY α7III(動物リアルタイム瞳AF) + SEL100400GM 2019年4月11日 α9に続いてα7RIII、α7IIIの大規模アップデートが実施されました。 今回のアップデートでは初めて動物を対象にしたリアルタイム瞳AFが搭載されました。 ペットを飼っている方は待望の機能、待っていた方も多かったと思います。 実際の使い勝手はどうなのか? 本当に瞳にAFが合うようになるのか? そんな疑問にお答えすべく、今回は動物リアルタイム瞳AFにスポットを当てて行きたいと思います。 筆者はロングコートチワワ(白)...
続きを読む
SIGMA MC-21 【SIGMA】マウントコンバーターMC-21発売開始! 2019年04月19日
フルサイズミラーレスLマウントユーザーのお客様、大変お待たせいたしました。 使用できる交換レンズ数が広がる大好評のマウントコンバーター「MC-21」、本日発売開始です! ラインナップがまだまだ限定的なLマウントにあって、既に発売されているEFマウントレンズやSAマウントレンズを取り付けられます。これは素晴らしい。 2019年4月19日時点で、対応を謳うレンズは以下の通りです。 【35mmフルサイズ】 12-24mm F4 DG HSM | Art 14-24mm F2.8 DG HSM | Art 24-35mm F2 DG HSM | A...
続きを読む

[↑TOPへ戻る]