【SIGMA】新レンズ Art 28mm F1.4 DG HSMをハンズオン。 | THE MAP TIMES 
Select Language



【SIGMA】新レンズ Art 28mm F1.4 DG HSMをハンズオン。

[ Category:SIGMA|掲載日時:2019年01月20日 10時00分]





安定感漂う容姿に惚れ惚れや。

年始めの忙しさも落ち着き始めた1月中旬。
朝出勤してみると、そこには1月25日発売予定の「SIGMA Art 28mm F1.4 DG HSM」が!
年始に写真を撮ったっきり、休日は家でゴロゴロ。そんな姿をふと思い出すと「よし、撮りに行くぞ」という気持ちになってきました。

発売までに少しでも画像をお届けできればと思い、簡単なインプレッションも兼ねて、今回は観光客で賑わう冬の浅草へ足を運んでみました。




ステッカーも良い味出とるなー
焦点距離:28mm 絞り:F1.4 シャッタースピード:1/1000秒 ISO:800
使用機材:SIGMA Art 28mm F1.4 DG HSM + Canon EOS 5D Mark IV

地下鉄都営線を乗り継いで浅草へ到着。
地上に出た記念に目の前の看板を撮ると、なだらかな前後のボケに心躍ります。
今日は楽しく撮影できそうだと、軽い足取りで進んでいきます。




焦点距離:28mm 絞り:F1.4 シャッタースピード:1/1000秒 ISO:800
使用機材:SIGMA Art 28mm F1.4 DG HSM + Canon EOS 5D Mark IV

大通りに進む途中、お茶目なオブジェと目が合いました。
レンズ先端から40cmほど距離を取っていますが、画面全体で歪みを抑制したArt 28mm F1.4 DG HSMは、接近しても気になる歪みは見受けられません。
個人の見解ではありますが、この歪みの小ささを活かして、準広角レンズのような使い方もできるかもと胸が躍りました。



null
焦点距離:28mm 絞り:F1.4 シャッタースピード:1/5000秒 ISO:100
使用機材:SIGMA Art 28mm F1.4 DG HSM + Canon EOS 5D Mark IV

日暮れの早い冬だから当然と思いつつも、駅前の看板に差し込んだ光に思わず足が止まりました。
ファインダー越しに広がる光の滲みが美しく、写欲が増していく感覚を覚えます。



null
焦点距離:28mm 絞り:F1.4 シャッタースピード:1/6400秒 ISO:800
使用機材:SIGMA Art 28mm F1.4 DG HSM + Canon EOS 5D Mark IV

28mmといえばスナップ撮影で好まれる画角。
普段はスナップ撮影しないものの、たまには良いかもと挑戦してみることに。
結果はというと、ご覧のとおり。被写体と距離感を保つのは難しいです。あの子のように、もっと勉強頑張らなくては。



null
焦点距離:28mm 絞り:F4 シャッタースピード:1/125秒 ISO:100
使用機材:SIGMA Art 28mm F1.4 DG HSM + Canon EOS 5D Mark IV

観光センターから一望する浅草。一望できるスポットは訪れたくなる性分で、念願叶って初訪問です。
絞り値をF4まで絞ることで、開放時特有の滲みや周辺画質工場により、隅々までシャープに描写してくれます。
EOS 5D Mark IVの高解像力も相まって、遠くの景色まで克明に記録されています。
「あそこに行ってみたい」とワクワクする気持ちが湧いてきます。



null
焦点距離:28mm 絞り:F1.4 シャッタースピード:1/200秒 ISO:160
使用機材:SIGMA Art 28mm F1.4 DG HSM + Canon EOS 5D Mark IV




null
焦点距離:28mm 絞り:F1.4 シャッタースピード:1/40秒 ISO:160
使用機材:SIGMA Art 28mm F1.4 DG HSM + Canon EOS 5D Mark IV

有名なパンケーキ屋の話を思い出し、せっかくだからと足を運んでみました。
小さなお店に、賑やかな店内。皆がスマートデバイスを手にしながら談笑する中、懐かしさ漂う卓上の星座占い盤に目が向きました。
遠い記憶がよみがえってくる、不思議な不思議な感覚。パンケーキの優しい甘さも一役買っているかも。

肝心のパンケーキを撮り忘れたから、また来よう。



null
焦点距離:28mm 絞り:F1.4 シャッタースピード:1/13秒 ISO:800
使用機材:SIGMA Art 28mm F1.4 DG HSM + Canon EOS 5D Mark IV

日没の浅草を歩いていると、なぜだか来てしまったスカイツリー。間近で見ると相当な迫力です。
特撮モノで敵が巨大化する瞬間、勇者たちが抱く絶望感とはこのような感じだろうか。
真面目に考えたりすると、逆にそれが面白かったり。




ソニーE用を除く各マウントの発売日は1月25日です
新レンズ「SIGMA Art 28mm F1.4 DG HSM」、いかがでしたか。
865g(シグマ用)という重量も、ハンドリングを考慮したであろう太さの鏡筒のおかげで、無理なく取回せる印象を受けました。
また描写性能についても、寄ってよし、離れてよし。様々な撮影に対応してくれそうだという期待がさらに膨らみました。

より広角でF1.4を達成するレンズの方がインパクトは絶大ですが、
そのような中にあっても28mmは、自然な広がりと遠近感という点で、いつの時代も良きパートナーで有り続けるのだろうと思います。




※発売日について※
ソニーE用のみ、発売日未定となっております。
1月25日ではございませんので、ご注意ください。




〓〓タイムズフォト〓〓

[ Category:SIGMA|掲載日時:2019年01月20日 10時00分]



≪前の記事 記事一覧 次の記事≫

【写真を楽しむ6月】祖父の形見のNikon F4で撮るポートレート 【写真を楽しむ6月】祖父の形見のNikon F4で撮るポートレート 2019年06月20日
私は大学一年生の時に、祖父の形見のNikon F4を譲り受け、今でもF4で写真を撮り続けています。 今回はF4で撮影した、どこか懐かしい気分にさせてくれるようなポートレートをご紹介しながらF4の魅力に触れていきたいと思います。 Nikon F4は1988年にフラッグシップ機として発売されました。Nikon F一桁シリーズ初のオートフォーカスが搭載されています。 見た目はとてもメカメカしく、レバーやダイヤルにも存在感があります。シャッタースピードの最高速は1/8000秒。 そして大きくて重量があるのも特...
続きを読む
空を印刷 【写真を楽しむ6月】空を印刷 2019年06月19日
FUJIFILM X100F -今月の空- 6月は梅雨の季節。 防塵防滴のカメラも増え、雨の日でも写真を楽しめる現代ですが、 それでもやはり雨の日は撮影に出かけるのは控えてしまいます。 そんな6月に写真を楽しむ方法のひとつとして、 今までご自身で撮った写真を振り返り、お気に入りの写真を選別・印刷し、 まとめてみることはいかがでしょうか。 私は、毎日の空をFUJIFILM X100Fで撮って楽しんでいます。 今回このブログを書くために、1年間撮り続けた空の写真を整理・選別してみました。 そして...
続きを読む
イメージです 【写真を楽しむ6月】ローライ持って出かけよう! 2019年06月18日
ある日、棚を開けたらローライフレックスが出てきたとします。 「棚からローライ」……出たらいいなぁ… ……なんて願望はともかく、幸運にも二眼レフカメラの雄 ローライフレックスを手に入れることに成功した貴方は、いざ撮影に出かけようとして大変な事に気がつきます。 そう、ストラップがない!! ローライフレックスのほとんどのモデルで、ストラップ取付部が下の写真のような形状になっています。(ローライコードのシリーズは異なります。) 真ん中に心棒が入っているため、通常のスト...
続きを読む
【写真を楽しむ6月】OLYMPUS OM-4 とちょっとそこまで 【写真を楽しむ6月】OLYMPUS OM-4 とちょっとそこまで 2019年06月17日
とある平日の午後。東京都東村山市にある北山公園菖蒲苑に行きました。 北山公園菖蒲苑は東村山駅から徒歩で20分ほど。八国山緑地を背景にした自然公園です。 毎年6月上旬から中旬にかけ、300種、8,000株の花菖蒲が開花し、新東京百景にも選ばれています。 この日、首から下げたのは、OLYMPUS OM-4TiとE.ZUIKO AUTO-T 100mm F2.8の組み合わせ。 コンパクトなボディとレンズは、動き回る撮影にぴったりです。 OM-4Tiは1986年に発売され、電子制御布幕横走りフォーカルプレーンシャッターを持...
続きを読む
紫陽花を見上げる 【写真を楽しむ6月】紫陽花を見上げる 2019年06月16日
手に入れてすぐ、 これはめいっぱい楽しむには一脚必須! と確信した RICOH THETA SC。 今後の様々な撮影シーンを見据え、 小さな三脚付きの一脚を購入し、 紫陽花を見に出かけた際に連れていきました。 たくさんの品種が植えられており、 満開時にはそれは美しいようなのですが、まだ見頃はこれからというところ。 現在は、白と緑が上品なアナベルがとてもきれいに咲いていました。 これがやりたかった、中から! まるでこびとになった気分です。 手持ちではできません...
続きを読む

[↑TOPへ戻る]