【Leica】S(Typ007)とは何者か | THE MAP TIMES 
Select Language



【Leica】S(Typ007)とは何者か

[ Category:Leica|掲載日時:2019年01月22日 18時00分]



中判フォーマットセンサーのライカ製一眼レフカメラ。
何と魅力的な響きなんでしょうか。
圧倒的なボディ剛性や、考え抜かれたエルゴノミクスデザイン。
30x45㎜の大型センサーと、専用設計のSマウントレンズから描き出される、
表面的なシャープネスに頼らない圧倒的な画質。
一度体験してしまえばもう逃げられない、王者の風格…。
今回は、そんな素晴らしい魅力に溢れるカメラ、LEICA S(Typ007)のお話です。
組み合わせたレンズは、ズマリット S70mm F2.5 ASPH.
このセットで、静岡県の熱海市に撮影に行ってまいりました。


こちらのカメラは、通常であればスタジオ用途がメインでしょう。
計算しつくされたライティングと、モデルの表情を引き出すプロカメラマン。
素晴らしい写真になる事は容易に想像できます。
そこをあえてフィールドに持ち出し、まるでフルサイズの一眼レフカメラのように使ってまいりました。
どんな写真が撮れるのか。ワクワクしながらシャッターを切ると・・・。


LEICA S(Typ007)+ズマリット S70mm F2.5 ASPH.



いきなり凄いものが出てまいりました。なんでしょう、この雲は。
およそここまで立体感のある雲は見たことがありません。暗部も階調が残り、ハイライト部もかなり粘っています。
思わず「嘘でしょ…」と声が漏れてしまいました。


LEICA S(Typ007)+ズマリット S70mm F2.5 ASPH.



すっかり気分の良くなってしまった筆者、辺りにあるものを片端から撮り始めました。
ごみ箱、階段、ヤシの木、灰皿。いつもは気にも留めないモノたちが、急に「被写体」として目に映るようになります。
撮影して、背面ディスプレイで拡大再生する度に感動の嵐…。
「解像度」や「シャープネス」と言った言葉では表せないのです。
物がそこに「在る」感覚。写真ではなく、世界そのものを見ているかのような錯覚を覚えます。


LEICA S(Typ007)+ズマリット S70mm F2.5 ASPH.



それはそれは舞い上がってしまった筆者、初島行きのフェリーに乗り込み、
デッキの上を群れ飛ぶウミネコを撮影してみました。流石に中央一点のみのオートフォーカスは追従しきれませんでしたので、
マニュアルフォーカス+マニュアル露出にて必死で振り回しました。
中判一眼レフ機での、動体撮影。本来の使用用途から大きく外れているのにも拘らず、
ピントピークの掴みやすいファインダーのLEICA S(Typ007)は、ちゃんと応えてくれました。


LEICA S(Typ007)+ズマリット S70mm F2.5 ASPH.



蔦が「線」ではなく、「蔦」として写ります。


LEICA S(Typ007)+ズマリット S70mm F2.5 ASPH.



「気迫」を感じる写真。空気の重さも写し取ります。
「なぜ俺を捨てた・・・」という建機の声が聞こえてくるようです。


LEICA S(Typ007)+ズマリット S70mm F2.5 ASPH.



シルキーな波もご覧の通り。
水面だけでなく、深い水の色や奥行きも描き出します。


LEICA S(Typ007)+ズマリット S70mm F2.5 ASPH.



艶めかしいほどの「静」。


大きなミラーショックや、「ジャッキョン」という歯切れの良いシャッター音。
信じられないほどの高画質…。
このカメラを持てば、日常の中の「ありふれたしあわせ」が「特別な幸せ」になるはずです。
どんな物だって、被写体にしてしまうカメラですから。






〓〓タイムズフォト〓〓

[ Category:Leica|掲載日時:2019年01月22日 18時00分]



≪前の記事 記事一覧 次の記事≫

【私のお気に入り】なかめさんぽ 【私のお気に入り】なかめさんぽ 2019年08月22日
今年の7月、SIGMAからフルサイズミラーレスの開発発表がありました。 まだ詳しいことは解禁されていないですが、今から楽しみです。 そんなSIGMAから生み出されたdp3 Quattro 私のお気に入りカメラの一つです。 dp3 Quattroはdpシリーズの一つで、50mm(35mm換算75mm相当)F2.8のレンズが搭載されています。 今回はこのdp3 Quattroを持って同じく私のお気に入りの場所・中目黒に向かいました。 編集せずにありのままを載せていきます。 dp3 Quattro F3.2 1/320 ISO200 SIGMAはモノクロが良い...
続きを読む
【SONY】α7R IV 第4世代の進化点と革新 【SONY】α7R IV 第4世代の進化点と革新 2019年08月21日
カメラ史に残るフルサイズミラーレス『α7』が登場して約6年、そこからフルモデルチェンジを繰り返しながら進化を果たし、2019年9月に第4世代に当たる『α7R IV』が発売されます。トピックとして有効6100万画素の新型センサーを搭載したことが挙げられますが、特徴や魅力は超高画素だけなのでしょうか?マップカメラでは世界中のカメラユーザーが注目する『α7R IV』の魅力を改めて検証したいと思います。 ダイナミックレンジ15ストップ、常用ISO感度32000。『α7R IV』が今まで...
続きを読む
Nikonデジタルカメラ 徹底比較レポート 【私のお気に入り】Nikonデジタルカメラ 徹底比較レポート Vol.3 2019年08月21日
Nikonデジタルカメラ徹底比較レポート 今回は最終第三回です。 人気のデジタルカメラを作例と実際の使用感・スペックをもとに比較してゆくこの企画。 最終回とはなりますが、引き続きご紹介させていただきます。 Vol.1はこちら[Vol.1の記事] Vol.2はこちら[Vol.2の記事] 7. D810 発売日:2014年 7月 有効画素数3635万画素サイズCMOSセンサー EXPEED4搭載 秒間撮影枚数約5コマ/秒 常用ISO感度64-12800 質量約980g 後継機種であるD850の発売以後も、人気の衰えないベストセ...
続きを読む
Nikonデジタルカメラ 徹底比較レポート 【私のお気に入り】Nikonデジタルカメラ 徹底比較レポート Vol.2 2019年08月21日
Nikonデジタルカメラ徹底比較レポート 今回は第二回です。 人気のデジタルカメラを作例と実際の使用感・スペックをもとに比較してゆくこの企画。 今回もどんどんご紹介させていただきます。 Vol.1はこちら[前の記事] 4. D5 発売日:2016年 3月 有効画素数2082万画素CMOSセンサー EXPEED5搭載 秒間撮影枚数約12コマ/秒 4K UHD 30p記録対応 常用ISO感度100-102400 質量約1405g/1415g(XQD/CFタイプ別総質量) 2016年、オリンピックイヤーに発売された現行フラッグシップ機種です。使...
続きを読む
Nikonデジタルカメラ徹底比較レポート 【私のお気に入り】Nikonデジタルカメラ 徹底比較レポート Vol.1 2019年08月21日
蝉の鳴き声と、青々と力強く生きる植物のにおいが、少し落ち着いてきました。お盆のお休みだった方々も、いつもの日常に戻りつつあるかもしれません。とはいえ、まだまだ夏休み折り返し地点という方もいらっしゃるでしょう。 存分に写真を撮られた方、あるいは、これからたくさん写真を撮られる方。それから、写真を撮るために、新しい機材を探されている方…。 そんな皆様に宛てて、本日は売れ筋のNikon製カメラを各種ご紹介いたします。 題して、「Nikon デジタルカメラ徹底比較レポート」です...
続きを読む

[↑TOPへ戻る]