【Leica】S(Typ007)とは何者か | THE MAP TIMES 
Select Language



【Leica】S(Typ007)とは何者か

[ Category:Leica|掲載日時:2019年01月22日 18時00分]



中判フォーマットセンサーのライカ製一眼レフカメラ。
何と魅力的な響きなんでしょうか。
圧倒的なボディ剛性や、考え抜かれたエルゴノミクスデザイン。
30x45㎜の大型センサーと、専用設計のSマウントレンズから描き出される、
表面的なシャープネスに頼らない圧倒的な画質。
一度体験してしまえばもう逃げられない、王者の風格…。
今回は、そんな素晴らしい魅力に溢れるカメラ、LEICA S(Typ007)のお話です。
組み合わせたレンズは、ズマリット S70mm F2.5 ASPH.
このセットで、静岡県の熱海市に撮影に行ってまいりました。


こちらのカメラは、通常であればスタジオ用途がメインでしょう。
計算しつくされたライティングと、モデルの表情を引き出すプロカメラマン。
素晴らしい写真になる事は容易に想像できます。
そこをあえてフィールドに持ち出し、まるでフルサイズの一眼レフカメラのように使ってまいりました。
どんな写真が撮れるのか。ワクワクしながらシャッターを切ると・・・。


LEICA S(Typ007)+ズマリット S70mm F2.5 ASPH.



いきなり凄いものが出てまいりました。なんでしょう、この雲は。
およそここまで立体感のある雲は見たことがありません。暗部も階調が残り、ハイライト部もかなり粘っています。
思わず「嘘でしょ…」と声が漏れてしまいました。


LEICA S(Typ007)+ズマリット S70mm F2.5 ASPH.



すっかり気分の良くなってしまった筆者、辺りにあるものを片端から撮り始めました。
ごみ箱、階段、ヤシの木、灰皿。いつもは気にも留めないモノたちが、急に「被写体」として目に映るようになります。
撮影して、背面ディスプレイで拡大再生する度に感動の嵐…。
「解像度」や「シャープネス」と言った言葉では表せないのです。
物がそこに「在る」感覚。写真ではなく、世界そのものを見ているかのような錯覚を覚えます。


LEICA S(Typ007)+ズマリット S70mm F2.5 ASPH.



それはそれは舞い上がってしまった筆者、初島行きのフェリーに乗り込み、
デッキの上を群れ飛ぶウミネコを撮影してみました。流石に中央一点のみのオートフォーカスは追従しきれませんでしたので、
マニュアルフォーカス+マニュアル露出にて必死で振り回しました。
中判一眼レフ機での、動体撮影。本来の使用用途から大きく外れているのにも拘らず、
ピントピークの掴みやすいファインダーのLEICA S(Typ007)は、ちゃんと応えてくれました。


LEICA S(Typ007)+ズマリット S70mm F2.5 ASPH.



蔦が「線」ではなく、「蔦」として写ります。


LEICA S(Typ007)+ズマリット S70mm F2.5 ASPH.



「気迫」を感じる写真。空気の重さも写し取ります。
「なぜ俺を捨てた・・・」という建機の声が聞こえてくるようです。


LEICA S(Typ007)+ズマリット S70mm F2.5 ASPH.



シルキーな波もご覧の通り。
水面だけでなく、深い水の色や奥行きも描き出します。


LEICA S(Typ007)+ズマリット S70mm F2.5 ASPH.



艶めかしいほどの「静」。


大きなミラーショックや、「ジャッキョン」という歯切れの良いシャッター音。
信じられないほどの高画質…。
このカメラを持てば、日常の中の「ありふれたしあわせ」が「特別な幸せ」になるはずです。
どんな物だって、被写体にしてしまうカメラですから。






〓〓タイムズフォト〓〓

[ Category:Leica|掲載日時:2019年01月22日 18時00分]



≪前の記事 記事一覧 次の記事≫

トークイベント『ライカが捉えた奇界遺産』レポート トークイベント『ライカが捉えた奇界遺産』レポート 2019年02月22日
2019年2月17日 東京・新宿。マップカメラ本館地下1階『ライカブティック MAPCAMERA SHINJUKU』の6周年記念イベントとして、世界中の“奇妙なもの”を撮影されている佐藤健寿氏をお招きしたトークイベント『ライカが捉えた奇界遺産』を開催いたしました。今回はその様子を、写真を交えてレポートいたします。 テレビ番組をはじめとする様々なメディアでご活躍されている佐藤氏。今回のトークイベントでは実際に使用している『Leica M10』と、発売されたばかりの...
続きを読む
【Leica】私のライカライフ~Beginning~ 【Leica】私のライカライフ~Beginning~ 2019年02月22日
日頃よりマップカメラをご愛顧のほど、まことにありがとうございます。 2月20日でライカブティックMapCamera Shinjukuはおかげさまでオープン6周年目を迎えることが出来ました。 今回は【スタッフM】が記事を書かせて頂きます。 さて、この度のテーマである「私のライカライフ」。 皆様はどのような思い出をお持ちでしょうか。 私は実は初めて自分で選んで手に取ったカメラがライカでした。 出会いは今から半年前、暑い夏の休日の事でした。 行く当てもなく自転車にまた...
続きを読む
null LEICA Boutique ~MapCamera Shinjuku~ 6th Anniv. 2019年02月20日
この度ライカブティックMapCamera Shinjuku は、本日2月20日にオープン6周年を迎えることとなりました。 これもひとえにお客様おひとりおひとりのご愛顧あってのことと心より御礼を申し上げます。 これからもご期待にお応えできるよう、スタッフ一丸となって皆様に愛されるお店にして参りたいと思います。 今後とも末永いお付き合いのほどよろしくお願いいたします。 ライカブティックでは様々なライカを実際に手に取り お座りいただきながらゆったりと製品をご覧いただけるカウンターもご用意...
続きを読む
【Leica】私のライカライフ~S~ 【Leica】私のライカライフ ~S~ 2019年02月19日
平素よりマップカメラをご愛顧賜りまして、誠に有難うございます。 お陰様でライカブティック MapCamera Shinjukuは、2月20日にオープン6周年を迎えます。 LEICA Qチタングレー等の豪華賞品が貰えるLEICA SMILE PHOTO CONTESTの開催や、 LEICA M10用のサムレストレバーなど、ワクワク盛り沢山でお送りしております。 さて、そんなワクワクの中の一つ(になれたらいいな)の「私のライカライフ」ですが、今回はスタッフEがお送りいたします。 使用機材はLEICA S(Typ007)とLEICA S-E、組み合わせたレ...
続きを読む
【Leica】旅するライカ 【Leica】旅するライカ 2019年02月17日
2年前の初夏、突然思い立ち伊勢神宮へ行ってきました。 旅行で使用するカメラはどうしよう。と、悩んだ末に選んだのはライカM6。 レンズは CANON (L) 28mm F2.8、フィルムはKodak のTRI-X 400での撮影です。 伊勢神宮へ行ったのは初めてだったので、緊張しながら参拝した記憶があります。 フィルムでの撮影も緊張感があって集中して撮影していました。 広角レンズを使う事に苦手意識がありましたが、この旅では28mmという画角で良かったです。 M6は機械式のカメラながら、露出...
続きを読む

[↑TOPへ戻る]