【RICOH】【FUJIFILM】たくさんの空の色 | THE MAP TIMES //該当の要素を削除する $(this).remove(); }); });  【RICOH】【FUJIFILM】たくさんの空の色 | THE MAP TIMES
Select Language

【RICOH】【FUJIFILM】たくさんの空の色

[ Category: etc.|掲載日時:2019年01月23日 10時30分]



『RICOH GRⅡ・FUJIFILM X100F・FUJIFILM XF10』
今月の空 -January-


RICOH GRⅡ
RICOH GRⅡ F5.6 1/500 ISO100 NORMAL


FUJIFILM X100F
FUJIFILM X100F F8 1/500 ISO200 ASTIA


FUJIFILM XF10
FUJIFILM XF10 F8 1/500 ISO200 PROVIA

突然ですが、皆様はどの空の色が好きですか?
どの空の色が正しいと思いますか?

RICOH GRⅡ
RICOH GRⅡ F5.6 1/640 ISO100 MIYABI


FUJIFILM X100F
FUJIFILM X100F F7.1 1/500 ISO200 Velvia


FUJIFILM XF10
FUJIFILM XF10 F8 1/500 ISO200 Velvia

色の好みは人それぞれ、もちろん空の色の正解はありません。
空はひとつしかありませんが、空の色は驚くほどたくさんあります。
そして、目に映る目の前に広がる空の色はひとつですが、
写真に写すと、同じ空のはずなのにたくさんの空の色の表現方法があります。

RICOH GRⅡ
RICOH GRⅡ F7.1 1/250 ISO100 MIYABI

今回はその空の色を楽しむために3機種を常に持ち歩いて撮影してみました。
本日載せている写真はすべて、ホワイトバランスはオート、JPEGで撮って出しの写真です。

フィルム時代から愛され続けている伝統的なRICOH GRⅡ、
クラシカルなデザインで大人気なFUJIFILM X100F、
そして、昨年8月に登場したこの3機種の中で一番最安値で手に入れることができるFUJIFILM XF10…

FUJIFILM X100F
FUJIFILM X100F F8 1/250 ISO200 PROVIA

すべて共通していることは、高級コンパクトデジタルカメラ(ボディとレンズ一体型)であり、
APS-Cサイズのイメージセンサーにも関わらずポケットサイズの大きさであることです。

FUJIFILM XF10
FUJIFILM XF10 F6.4 1/250 ISO200 PROVIA

異なることを挙げていくと、GRⅡとXF10のレンズは35mm換算で28mm、
X100Fのレンズは35mm換算で35mmであることが大きな違いです。
またGRⅡとXF10は撮影モードを切り替えられるダイアルが上についているのに対して
X100Fはアナログ操作なので、写真の撮影の際に必要なF値やスピードなどの露出の原理を理解しなくてはなりません。

外観であったり、操作のやり方であったり、レンズキャップが手動か自動か…など
異なることを挙げていくとキリがありませんが、最大の違いは色の出かただと思います。

RICOH GRⅡ
RICOH GRⅡ F4.5 1/80 ISO200 NORMAL

FUJIFILM X100F
FUJIFILM X100F F4 1/125 ISO250 PROVIA

1分もしない間に機材を切り替えて撮影した上の2枚の写真ですが、色合いの違いにとても驚きました。
撮ったときに画面のモニターで確認したときはGRⅡの色合いが実際に近いなと感じていましたが、
パソコンのモニターで見るとどちらも写真として成り立つ綺麗な色表現なので両者それぞれの表現で良いなと感じました。

RICOH GRⅡ
RICOH GRⅡ F2.8 1/125 ISO400 NORMAL

FUJIFILM X100F
FUJIFILM X100F F2 1/125 ISO250 PROVIA

FUJIFILM XF10
FUJIFILM XF10 F2.8 1/80 ISO400 PROVIA

また、難しい色表現にも綺麗に対応してくれました。
なんとも言い難いこの色の違い…好みは人それぞれ分かれると思います。

RICOH GRⅡ
RICOH GRⅡ F2.8 1/30 ISO1600 ハイコントラスト白黒

FUJIFILM X100F
FUJIFILM X100F F2.8 1/60 ISO1600 ACROS

それぞれのメーカーの特徴とも言える色味を変えるフィルターも異なる点の1つです。
GRで大人気のエフェクト・ハイコントラスト白黒と
写真フィルムを製造してきたメーカー、FUJIFILMだからこそできる
こだわりのフィルムシュミレーション・ACROS…2枚のモノクロ写真を撮ってみました。
あなたはどちらのモノクロ写真が好みでしょうか。

また、同位置から撮った上の2枚の写真、写ってる範囲が異なります。
わずかな画角の違いで写る範囲が違い、見えてくる景色が変わってくることが伝わりますでしょうか。
同じ画角で撮り続けるからこそ、その画角に慣れが生じて不思議と生まれてくる愛着心、
今回の3機種だと持ち運びが簡単なので写真に対する気軽さから
自然とカメラをどこにでも連れていく相棒になっていくことでしょう。

RICOH GRⅡ
RICOH GRⅡ F4.5 1/125 ISO400 NORMAL

FUJIFILM X100F
FUJIFILM X100F F6.4 1/250 ISO200 ASTIA

FUJIFILM XF10
FUJIFILM XF10 F6.4 1/550 ISO200 PROVIA

素敵な朝も、忙しい朝も、嬉しい昼も、寂しい昼も、疲れた夜も、満足な夜も、
楽しい日も、悲しい日も、憂鬱な日も、辛い日も…
毎日側にいてくれる空は、いつもあなたを見守ってくれています。
当たり前すぎて見逃している空の色の感動を、ぜひ写真に写してみてください。



▼今回使用した機材はこちら▼







〓〓タイムズフォト〓〓〓〓商品ピックアップ〓〓


[ Category: etc.|掲載日時:2019年01月23日 10時30分]

面白いと思ったらコチラをClick!18票


ぼくらのズミクロン日記

【Leica】ぼくらのズミクロン日記Vol.1 ~ズミクロンS100!~[2019年10月15日]

We are summicron!! この連載は、マップカメラライカブティックのスタッフそれぞれがズミクロンへの愛を語るものです。 1954年に発売され、その性能の高さと描写力で世界のレンズ設計の基準を引き上げたとすら言われるLeicaレンズのレジェンド、ズミクロン。 今ではライカMマウント以外にも、Rマウント、Lマウント、Sマウント等様々なズミクロンが存在します。 十人十色ならぬ十本十個性の色々なズミクロンに対し、様々な角度でスポットを当てていきたいと思います。 幕開けを飾る記事は、...
続きを読む
【SONY】早秋の汀にて。

【SONY】早秋の汀にて。[2019年10月14日]

SONY α7S+SIGMA Contemporary 45mm F2.8 DG DN 焦点距離:45mm 絞り:F6.3 シャッタースピード:1/200秒 ISO:100 「早秋の汀にて。」 暑さが一段落して、秋深まりつつある今日この頃…。皆様、いかがお過ごしでしょうか。筆者は北の生まれなもので、夏のうだるような暑さは苦手です。まだまだ残暑厳しい日もありますが、朝晩の風に秋の気配を感じつつあります。 ふと、「秋の海」というものに興味を持ちました。 海水浴客で賑わう夏の海とは少し違う、趣のある風景に出会うため...
続きを読む
null

【Nikon】おやひこさま参り×Z7[2019年10月13日]

   9月中頃、少し遅めの夏休みを頂きましてNikon Z7にZ24-70mm F2.8をつけて、新潟県にあります越後国一宮・弥彦神社のお参りに行ってきました。  一の鳥居をくぐって左手に、神様しか通れないと言われている玉の橋があります。  平日にも関わらず、団体の参拝客の方々を見かけました。神社でお参りする際は二礼二拍一礼が一般的ですが、弥彦神社では二礼四拍一礼でお参りします。この形式は、出雲大社が有名です。  御神木である椎の大木。  お参りが終わった後は、ご本殿の背...
続きを読む
null

【Panasonic】巾着田を撮る。[2019年10月12日]

日高市内を流れる清流、高麗川(こまがわ)の蛇行により長い年月をかけてつくられ、 その形がきんちゃくの形に似ていることから、巾着田(きんちゃくだ)と呼ばれるようになりました。 ここ数年、通い続けて少しワンパターン化してきてしまったかな。 と思い行くのを躊躇していたのですが そういえばまだやったことがない事がある、と思って今年も行ってきました。 というわけで 焦点距離: 560mm 絞り:F4.0 / シャッタースピード:1/1000秒 / ISO:200 2019 巾着田を超望遠で撮る です。 ...
続きを読む
null

【MapTimes】One More Times!! vol.6【二眼レフ特集】[2019年10月11日]

THEMAPTIMES。 更新は毎日。 マップカメラのスタッフが機材の感想、ちょっとした豆知識や体験談を添えて 撮影した写真などをご紹介させていただいております。 【MapTimes】One More Times!! 過去記事はこちらからご覧いただけます。 というわけで今回のキーワードは「二眼レフ」 今回特に注目していただきたいブログは 2008年から連載開始した「二眼レフはいかがですか?!」 番外編なども含めると、なんと総数50本を超えるボリューム! ぜひご覧いただきたいシリーズです。 画像をクリック...
続きを読む