【OLYMPUS】OM-D E-M1X発売まであと1日!17mm F1.2 PRO | THE MAP TIMES 
Select Language



【OLYMPUS】OM-D E-M1X発売まであと1日!17mm F1.2 PRO

[ Category:OLYMPUS|掲載日時:2019年02月21日 10時30分]





E-M1X



OLYMPUS OM-D E-M1 Mark II + M.ZUIKO DIGITAL ED 17mm F1.2 PRO

17mm F1.2 1/20秒 ISO200

E-M1X発売カウントダウンブログは、遂に本日最終日となりました。

本日のレンズは「M.ZUIKO DIGITAL ED 17mm F1.2 PRO」です。
35mm判換算で約35mm相当の準広角レンズ。
引けば広角、寄れば標準レンズに近い使い方が出来る便利なレンズ。
融通が利くゆえに中途半端な使い方をすると中途半端な写り方にもなりかねない画角という認識です。
いつも以上に気を引き締めて挑みました!

OLYMPUS OM-D E-M1 Mark II + M.ZUIKO DIGITAL ED 17mm F1.2 PRO

17mm F1.2 1/20秒 ISO200

狭い路地でも広めの画角で難なくパシャリ。
数年前にOM-D E-M1を使った際はシャープネスが鋭くてエッジが立ちすぎるような印象を受けましたが
E-M1 Mark IIになって自然なシャープネスながら解像感もしっかりしており、大きく進化したのだと実感しました。

OLYMPUS OM-D E-M1 Mark II + M.ZUIKO DIGITAL ED 17mm F1.2 PRO

17mm F1.2 1/15秒 ISO800

F1.2の大口径+5.5段分の手振れ補正なので、ISO感度を上げなくてもしっかり撮れます。
手振れ補正のおかげでブレも気になりません。

そして準広角の画角で背景もしっかりぼかせるこのレンズは使っていて楽しいです。
焦点距離が短くなると被写界深度が深く(ボケが少なく)なりやすいですが、そんなことは微塵も感じさせないのがこのレンズ。

OLYMPUS OM-D E-M1 Mark II + M.ZUIKO DIGITAL ED 17mm F1.2 PRO

17mm F1.2 1/40秒 ISO200

狭い路地をウロウロしていたので被写体に寄ってばかりでしたが、最後に広角らしいショットを。
被写体から少し離れただけで背景が写るのがこの画角の面白いところ。
この距離でも程よく被写体が浮き立っています。

OLYMPUS OM-D E-M1 Mark II + M.ZUIKO DIGITAL ED 17mm F1.2 PRO

17mm F1.2 1/60秒 ISO200

ダイナミックレンジ(階調の豊かさ。白飛びや黒潰れの耐性)も以前のモデルより格段に良くなった印象です。
背景は明るく、被写体は影になっていますが
両方とも飛んだり潰れたりといったこともなく描写されています。
ホワイトバランスもその場の雰囲気を残した色味で自然なのが好印象です。

OM-D E-M1 Mark IIも流石の描写力ですが、「OM-D E-M1X」はデュアルエンジンなので
高感度耐性の向上や、レスポンスの高速化に期待が出来ます。
ご自慢の手振れ補正も最大7.5段分(12-100mm使用時)と、さらに強力になり、ますます撮影の幅が広がりそうです!

大注目の「OM-D E-M1X」ですが、同時に「OM-D E-M1 Mark II シルバー」も発売!!
世界2000台限定なので要チェックです!
発売日まであと1日!楽しみに待つとしましょう!

2/22発売!ご予約受付中!



今回使用した機材はコチラ!







〓〓商品ピックアップ〓〓〓〓タイムズフォト〓〓

[ Category:OLYMPUS|掲載日時:2019年02月21日 10時30分]



≪前の記事 記事一覧 次の記事≫

更なる進化を遂げた "超高画素" Phaseone XF IQ4 【PhaseOne】更なる進化を遂げた超高画素Phaseone XF IQ4 2019年03月19日
すっかり春の陽気も近付いて参りました。 皆様いかがお過ごしでしょうか? 前回ご紹介したPhaseone IQ3 Trichromaticは 非常に大きな反響を頂き、ありがとうございます! なかなか見ることのできない1億画素機の写真というだけあって 多くのお客様にその衝撃が伝わったと思います。 そして昨年発表され、更なる高画素化を行ったPhaseone IQ4。 なんと今回、PhaseOne Japan様から貴重なこのボディと Schneider 40-80mm LS F4.0-5.6+120mm LS F4.0 macroレンズをお借りして "1億5000万画素"...
続きを読む
写真展のご案内 〜 衝動『8人の写真家たち』~ 写真展のご案内 〜 衝動『8人の写真家たち』~ 2019年03月19日
マップカメラでは写真展のご案内を致しております。 本日ご紹介するのは 衝 動 『8人の写真家たち』 です。 是非足をお運び下さい。 asamiranda/koichi73/佐々木龍一/信夫良介/田河新平/TOSHIO/ZUI/140 会期:2019年3月22日(金)- 24日(日) 会場:gem(東京都目黒区中目黒1-9-18)
続きを読む
【Leica】控え目な実力派中望遠 ELMARIT-M 90mm F2.8 【Leica】控え目な実力派中望遠 ELMARIT-M 90mm F2.8  2019年03月18日
Leica ELMARIT-M 90mm F2.8 長い間、ライカの90mmという焦点距離をSummicronとともに担ってきたElmarit 90mm F2.8。 Summaritの登場とともにその役目を終えましたが、やはり「エルマリート」という優しい響きは、それ自体に魅力があります。 個人的にも「ズミクロン」よりも「エルマリート」という名前が好きで、このレンズを選んだ節があります。 今回は、SONY α7RIIとLeica ELMARIT-M 90mm F2.8 E46 フード組込の組み合わせで撮影しました。 ライカMシステムとの違いは、やはりカメラ内手振れ...
続きを読む
Carl Zeiss Batis 40mm F2 CF 【CarlZeiss】潮風とBatis 40mm F2 CF 2019年03月18日
潮風を感じたくて横浜へ向かった。 装着したレンズはBatis 40mm F2 CF。一枚目に撮ったのは白い巡視船。大きな船の横で、小さなゴムボートが波間を進んでいく。 空を見上げると赤レンガ倉庫と建設中のビルが見える。刻一刻と変わる時の中で、完成したビルが風景に溶け込むのは、何年後のことだろうか。 大桟橋には大型客船が止まっていた。これから長い旅に向かうのか、それとも長い旅を終えてきたのか。遠くからではわからない。 リズミカルに並ぶオブジェを横浜税関の建物が見...
続きを読む
写真展のご案内「ETHER」-エーテル- ゼラチンシルバープリントによるモノクロームの植物群~ 写真展のご案内 〜「ETHER」-エーテル- ゼラチンシルバープリントによるモノクロームの植物群~ 2019年03月18日
マップカメラでは写真展のご案内を致しております。 本日ご紹介するのは 「ETHER」-エーテル- ゼラチンシルバープリントによるモノクロームの植物群 です。 是非足をお運び下さい。
続きを読む

[↑TOPへ戻る]