【OLYMPUS】OM-D E-M1X発売まであと5日!45mm F1.2 PROを使ってみた! | THE MAP TIMES 
Select Language



【OLYMPUS】OM-D E-M1X発売まであと5日!45mm F1.2 PROを使ってみた!

[ Category:OLYMPUS|掲載日時:2019年02月17日 10時30分]





E-M1X


OLYMPUS OM-D E-M1 Mark II + M.ZUIKO DIGITAL ED 45mm F1.2 PRO

45mm F1.2 1/60秒 ISO200

本日のレンズは「M.ZUIKO DIGITAL ED 45mm F1.2 PRO」です。
35mm判換算で約90mmの中望遠レンズでF1.2の大口径!
大きく柔らかいボケを味わえるポートレートレンズとしてその地位を確立しています。

OLYMPUS OM-D E-M1 Mark II + M.ZUIKO DIGITAL ED 45mm F1.2 PRO

45mm F1.2 1/80秒 ISO200

「ポートレートレンズ」と言った以上はポートレートで使わねば!と思い、
以前もマップタイムズに出演してもらった知人のべっぴんさんに頼んで撮らせてもらいました。

OLYMPUS OM-D E-M1 Mark II + M.ZUIKO DIGITAL ED 45mm F1.2 PRO

45mm F1.2 1/15秒 ISO250

スケジュール的にタイトだったので撮影は新宿周辺でサクサクッと。
サクサクッと撮りすぎて良く見てなかったので水平が…。

いつもはマニュアルフォーカスで撮っているのですが、今回はオートフォーカスな上に顔認識までしてくれるので何と楽な事か。
手軽さにかまけていると、このように水平がずれたりするので「撮ってやるぞ」という気持ちはしっかり持ちたいものです。

OLYMPUS OM-D E-M1 Mark II + <br />
M.ZUIKO DIGITAL ED 45mm F1.2 PRO

45mm F1.2 1/15秒 ISO320

先の写真もそうですが、シャッタースピードを1/15秒で切っています。
ご自慢の手振れ補正を体感したかったので、オートISOの設定で最長シャッタースピードを1/15秒に設定しました。
最大5.5段分という驚異の補正力なので(12-100mmなら最大6.5段分)
仮に、1/15秒から5段分で計算してみると…
1/15→1/30(1段)→1/60(2段)→1/125(3段)→1/250(4段)→1/500秒(5段)相当ということに!!
いやはや…もはや手振れという概念が存在しない世の中になりそうです。

OLYMPUS OM-D E-M1 Mark II + M.ZUIKO DIGITAL ED 45mm F1.2 PRO

45mm F1.2 1/15秒 ISO250

ここでちょっと小難しい話を。
巷でよく言われる「センサーサイズが大きい方がボケが大きくなる」という説。
これ、センサーサイズではなくて装着するレンズの焦点距離が影響しています。

例えば、35mmフルサイズセンサー搭載機で50mm相当の画角で撮りたかったら50mmのレンズを選びます。
マイクロフォーサーズ機で35mmフルサイズセンサー搭載機と同じ画角で撮りたい!となったら
マイクロフォーサーズは対角線長比が35mmフルサイズの半分なので25mmのレンズを使います。
こうなると大元のレンズの焦点距離が違ってくるので、被写界深度(ピントが合って見える範囲)も変わってきます。
そして、焦点距離は短くなるほど被写界深度が深くなる(ボケが少なくなる)という性質があります。

こういった性質から、画角を合わせようとするとセンサーサイズが小さいカメラはレンズの焦点距離が短くなるので
35mmフルサイズセンサー搭載機と比べて同じ画角では結果的にボケが弱く見える、ということです。

なんて難しいことを言いつつ、どうですかこのボケ。
被写体が浮き立って見えるのには十分なボケ量ですし、
F1.2の明るさのレンズをフルサイズセンサー用に設計したら結構な大きさになります。

今回使用したOLYMPUS 45mm F1.2 PROは全長約8.5cm、410gです。
某社フルサイズミラーレスカメラ用の50mm F1.2だと全長約11cm、950gです。
ほぼ同じ明るさ、同じ焦点距離のレンズでも、重さは半分くらいです。コレは何物にも代えがたい魅力。

OLYMPUS OM-D E-M1 Mark II + M.ZUIKO DIGITAL ED 45mm F1.2 PRO

45mm F4 1/13秒 ISO6400

少し絞ってみたらボケが少なくなり、背景も幾らかピントが合って見えます。
この時期に紅葉のような赤い葉っぱがあるとは思わずパシャリ。
ISO6400とかなり高感度ですが、ノイズなど何のそのです。
PCのモニターで見てもそれほど気になりませんでした。

OLYMPUS OM-D E-M1 Mark II + M.ZUIKO DIGITAL ED 45mm F1.2 PRO

45mm F4 1/15秒 ISO5000

今まで「1/15秒でポートレートを撮る」なんて考えたことも無かったですが、このカメラならイケる!と確信した次第です。
センサーサイズも他社のものより小さいながら、PCモニターで比較しても画質に極端な差は見当たりませんでした。
よっぽど大伸ばしでプリントするようなことがない限りは「センサーサイズの差」は感じないように思います。
むしろセンサーが小さい分、設計段階でマウント部にある程度の「ゆとり」を持たせていると聞いたことがあります。
この「ゆとり」のおかげでレンズを通った光がセンサーの周辺まで真っ直ぐに届きやすく
レンズの性能が活きやすいというメリットまであるほど。
洗練された「マイクロフォーサーズ」システムから今後も目が離せません!

少し長くなってしまいましたが、「OM-D E-M1X」発売まであと5日!
もうすぐなようでいて、待ち遠しいです。

2/22発売!ご予約受付中!



今回使用した機材はコチラ!







〓〓商品ピックアップ〓〓〓〓タイムズフォト〓〓

[ Category:OLYMPUS|掲載日時:2019年02月17日 10時30分]



≪前の記事 記事一覧 次の記事≫

【OLYMPUS】ほぼ一択の望遠レンズ 【OLYMPUS】ほぼ一択の望遠レンズ 2019年05月11日
今回ご紹介するのは、 オリンパス M.ZUIKO DIGITAL ED 40-150mm F2.8 PROです。 他社のフルサイズ機やAPS-Cサイズのシステムで、 普及タイプ以外の望遠ズームを探してみると、 70-200mm F2.8、70-200mm F4、70-300mm、100(80)-400mmなど、多くの選択肢があります。 しかしながら、オリンパスの望遠レンズはシステムのコンパクトさゆえ、 購入時も、使用時も、レンズ選びに迷う必要がほぼありません。 筆者は、このレンズを使うためにオリンパスを選んだといっても過言ではありませんでした。 使用...
続きを読む
M.ZUIKO DIGIAL 30mm F3.5 Macro 【OLYMPUS】どこでもマクロ 2019年05月09日
令和が始まり、約1週間が経ちました。 季節も5月と過ごし易い時期で、 写真を撮りに出掛けたくなるかと思います。 そう言った時、持ち出すレンズは 標準ズームレンズや標準単焦点レンズが多いかもしれません。 しかし、こちらのレンズを使って見るのも良いかもしれません。 「M.ZUIKO DIGIAL 30mm F3.5 Macro」 コンパクトなマクロレンズはとても使いやすく便利で面白いレンズです。 1/200秒 F8 ISO 200 小枝の幹の分かれ目を一枚。 普通に見ているとただの小枝ですが、レンズ越しですと ...
続きを読む
【新元号令和、平成を振り返る】魅惑のE-1 【新元号令和、平成を振り返る】魅惑のE-1 2019年04月29日
平成が終わるまであと一日。久しぶりに写真を見返しながらどんなカメラで撮っているかを見ていると、 今でも年に1回か2回必ずオリンパスのE-1で撮影していることに気が付いた。 オリンパス E-1が発売されたのが2003年。今から15年以上前のことである。自身が手に入れたのは2012年なので、その当時でもかなり古い機種であった。 E-1自体は何度も手に取っていたが、後継のE-3、および2012年当時のフォーサーズフラッグシップのE-5と比べるとセンサーも500万画素と少なく、CAMEDIAシリーズから受け...
続きを読む
null 【新元号令和、平成を振り返る】フォトキナ2008とマイクロフォーサーズ 2019年04月13日
今から遡ること、10年半ほど前。 既にカメラ業界に足を踏み入れていた私は「フォトキナ2008」を視察する機会を得たのでした。 ちなみに、撮影機材は「リコー R8」です。 フォトキナ直前に、パナソニックからマイクロフォーサーズ企画のデジタル一眼カメラ「LUMIX DMC-G1」が発表され 言わばミラーレス創生のタイミングであった訳ですが、市場的にはライブビュー専用機に懐疑的な見方がされ 小型で女性に受けるかなという程度の感覚で見られている方が多かったように思います。 「ミラーレス」...
続きを読む
OM-D E-M1 Mark II 【新元号令和、平成を振り返る】平成最後の桜とともに平成のカメラの進化を振り返る 2019年04月12日
ここ数年、桜の咲く時期はなぜか多忙なことが多く、 「今年は桜の写真は1枚も撮らなかった」という年も多くありました。 今年の春は、「平成最後」という、少し格別な思いがあるせいか、 桜の写真を撮る機会をいつもより持つことができました。 筆者は、昭和の終わり、高校生の頃に写真を撮り始めました。 当時、フイルムカメラ(キヤノン A-1)で、1枚1枚、丁寧に撮っていたことを思い出します。 そんな中、平成のカメラの歴史について思いをめぐらしていて、 あることに気がつき...
続きを読む

[↑TOPへ戻る]