【Canon】EOS R&RF 50mm F1.2L USM | THE MAP TIMES 
Select Language



【Canon】EOS R&RF 50mm F1.2L USM

[ Category:Canon|掲載日時:2019年02月14日 15時45分]



Canon EOS R +RF 50mm F1.2L USM
Canon EOS R+RF 50mm F1.2L USM
焦点距離:50mm 絞り:F1.2 シャッタースピード:1/200秒 ISO:100

気が付けば今年もあっという間にもう2月。
買い物へ行けば売られている洋服ももう春物が中心となっていて、もうすぐ冬も終わるんだなと感じさせられます。とは言ってもまだまだ寒い日が続いています。

今回はEOS RとRF 50mm F1.2L USMを使用する機会があったので写真とともにご紹介いたします。

 
Canon EOS R +RF 50mm F1.2L USM
Canon EOS R+RF 50mm F1.2L USM
焦点距離:50mm 絞り:F2.8 シャッタースピード:1/60秒 ISO:250

まずは個人的に好きな物撮りから。


Canon EOS R +RF 50mm F1.2L USM
Canon EOS R+RF 50mm F1.2L USM
焦点距離:50mm 絞り:F2.8 シャッタースピード:1/60秒 ISO:125

F2.8くらいまで絞ると解像感がぐっと増します。
キヤノンのRAW現像ソフトDPPで少しコントラストを上げてあげると質感の描写がすごく高まります。


Canon EOS R +RF 50mm F1.2L USM
Canon EOS R+RF 50mm F1.2L USM
焦点距離:50mm 絞り:F2.8 シャッタースピード:1/2000秒 ISO:100

続きまして屋外の写真。日が傾きかけた午後の青空ですが綺麗な空の色を再現してくれます。公園に建てられているオブジェも細かいところまで見事に解像。少しサイズの大きい標準レンズではありますが、常に持ち歩きたい気持ちにさせてくれます。


Canon EOS R +RF 50mm F1.2L USM
Canon EOS R+RF 50mm F1.2L USM
焦点距離:50mm 絞り:F2.8 シャッタースピード:1/80秒 ISO:100

できるだけ引いて花壇を真上から撮った写真。フィルムカメラで撮ったような発色が気に入ってます。ピントを合わせた中心の赤い花が背景のボケのおかげでより存在が際立って見えます。
もう少しハイライトを押さえれば白い花も見映えが良くなったのかもしれませんが、他の花の色のバランスも考えなければいけないのがなかなか難しいところです。


Canon EOS R +RF 50mm F1.2L USM
Canon EOS R+RF 50mm F1.2L USM
焦点距離:50mm 絞り:F1.4 シャッタースピード:1/100秒 ISO:800

動物写真も1枚。こちらは開放値に近いF1.4で撮影しました。
F1.4でもピント面の毛並み、鼻のあたりがとてもリアルです。まるで本当にそこで寝ているようです。


Canon EOS R +RF 50mm F1.2L USM
Canon EOS R+RF 50mm F1.2L USM
焦点距離:50mm 絞り:F2.0 シャッタースピード:1/320秒 ISO:100

定番?のカフェでの写真。ラテアートも綺麗に撮れています。こちらも質感描写の高さに満足です。



Canon EOS R +RF 50mm F1.2L USM
Canon EOS R+RF 50mm F1.2L USM
焦点距離:50mm 絞り:F1.8 シャッタースピード:1/60秒 ISO:4000

ここからは暗い室内での写真。


Canon EOS R +RF 50mm F1.2L USM
Canon EOS R+RF 50mm F1.2L USM
焦点距離:50mm 絞り:F1.2 シャッタースピード:1/60秒 ISO:4000

Canon EOS R +RF 50mm F1.2L USM
Canon EOS R+RF 50mm F1.2L USM
焦点距離:50mm 絞り:F1.8 シャッタースピード:1/80秒 ISO:1600

個人的な許容ではありますが、ISO4000くらいまでならほとんどノイズは気になりませんでした。ISO10000を超えてくると、EOS Rの背面モニターではノイズはわかりませんでしたが、PCで確認した時にはやはりノイズのちらつきが気になりましたので、今回はISO4000までを限度と決めて撮影していました。


Canon EOS R +RF 50mm F1.2L USM
Canon EOS R+RF 50mm F1.2L USM
焦点距離:50mm 絞り:F1.8 シャッタースピード:1/60秒 ISO:1000


少し引いて奥行も生かした1枚。とても立体感のある写真を撮ることができます。ピント面の被写体の存在感がより強調されます。少し絞って画面を引き締めながらも大きなぼけを堪能できるところに、明るい単焦点レンズのアドバンテージを感じることができます。


Canon EOS R +RF 50mm F1.2L USM
Canon EOS R+RF 50mm F1.2L USM
焦点距離:50mm 絞り:F1.8 シャッタースピード:1/80秒 ISO:1600


こちらは本当の夜空と月ではありません...。でもEOS Rとこのレンズの描写力の高さで雰囲気のある写真が撮れました。


▼今回撮影した機材はこちら▼








〓〓商品ピックアップ〓〓〓〓タイムズフォト〓〓

[ Category:Canon|掲載日時:2019年02月14日 15時45分]



≪前の記事 記事一覧 次の記事≫

【写真を楽しむ6月】GoPro HERO7 ~ 立体 4K Drive ~ 【写真を楽しむ6月】GoPro HERO7 ~ 立体 4K Drive ~ 2019年06月24日
目の前に広がる世界とかけがえのない瞬間 【立体 4K Drive】 【GoPro HERO7のHyperSmooth機能】 GoPro HERO 7で最も注目すべき機能は「HyperSmooth」と呼ばれるジンバル並みの手ぶれ補正機能です。 この機能はスタビライゼーション機能と呼ばれ、いわゆる手ブレ補正機能の役目で驚異的な滑らかな動画を実現します。 実際の走行映像は愛車に乗って上から下へ、下から上へまた左から右へ、右から左へとまるで迷路に迷い込んでしまったような感覚で、一度入ったら抜け出す事の出来ない出口の見えない立...
続きを読む
写真展のご案内 〜 『第49回 ミノックス写真展』 写真展のご案内 〜 『第49回 ミノックス写真展』 2019年06月24日
マップカメラでは写真展のご案内を致しております。 本日ご紹介するのは - 『第49回 ミノックス写真展』 - です。 是非足をお運び下さい。
続きを読む
初夏の森を歩く 【写真を楽しむ6月】初夏の森を歩く 2019年06月23日
私はよく森を散歩するのですが、カメラを持って森に入ると色々な発見に出会えます。 焦点距離:106mm 絞り:f5.6 シャッタースピード:1/60秒 ISO:100 森といえば木漏れ日。 至る所に射し込む光が森の木々をより一層幻想的にしてくれています。 焦点距離:18mm 絞り:f9.0 シャッタースピード:1/60秒 ISO:100 池、もしくは沼と言うべきでしょうか。 森の妖精でも現れそうな雰囲気です。 焦点距離:250mm 絞り:f9.0 シャッタースピード:1/60秒 ISO:100 この光景には頬が緩...
続きを読む
null Beautiful Harmonyフォトコンテスト 受賞作品のご紹介 2019年06月22日
いつもマップタイムズをご覧いただきありがとうございます。 EVERYBODY×PHOTOGRAPHER.com(エビフォト)のフォトコンテスト情報をお届けします! Beautiful Harmony フォトコンテストにたくさんのお写真 ありがとうございました!
続きを読む
水無月の古都 【写真を楽しむ6月】水無月の古都 2019年06月21日
6月某日。 バスは定刻通りターミナルを出発しました。 カバンの中に 【Leica CL】と【エルマリート TL18mm F2.8 ASPH.】 を忍ばせ、 週末の繁華な新宿を抜けて西へ向かいます。 西の都といえば京都を連想するかもしれませんが、今日行く都はこちら。 どこだと思われましたか。 奈良です。 まほろば、ロマン溢れる古代の都。 青々とした緑に初夏を感じます。 木、水、石、様々な質感を表現する描写力はさすがライカ。 身軽な見た目と侮れません。 【ササユリ】は...
続きを読む

[↑TOPへ戻る]