Select Language

【SONY】 カメラと旅を。 Ⅳ

[ Category: SONY|掲載日時:2019年01月31日 13時15分]

カメラと旅を。第四弾。
今回は学生時代に研究で訪れたとある猫島と呼ばれる離島の風景とともにカメラの魅力をお届けいたします。
使用したカメラはSONYα5100ズームレンズキット。


SONYα5100+E PZ16-50mm F3.5-5.6OSS

SONYα5100+E PZ16-50mm F3.5-5.6OSS
焦点距離:16mm 絞り:F4 シャッタースピード:1/160秒 ISO:200



この島は猫島と呼ばれているように、人口80人前後に対してその倍、猫がいます。
港からフェリーで約45分。チケットの判子も可愛いです。



SONYα5100+E PZ16-50mm F3.5-5.6OSS"

SONYα5100+E PZ16-50mm F3.5-5.6OSS
焦点距離:24mm 絞り:F9 シャッタースピード:1/250秒 ISO:100



船から降りて早速猫。
動き回りシャッターを押すタイミングが難しい。
上の写真はスポーツモードを使い、画面の向きをかえタッチシャッターで撮影しています。
撮りたい場面で瞬時にカメラを構えシャッターをきる。
スポーツモードなら子猫の予測できない動きも捉える事が可能です。
a5100ならモニターを動かしローアングルで撮れ、画面タッチで合わせたいところに簡単にピントが合います。



SONYα5100+E PZ16-50mm F3.5-5.6OSS

SONYα5100+E PZ16-50mmF3.5-5.6OSS
焦点距離:16mm 絞り:F11 シャッタースピード:1/200秒 ISO:100


海辺を散策。
猫も自由気ままにお散歩をしています。
空と海の綺麗な青、また距離のある猫と人物もぶれる事無く1枚の画になっています。



SONYα5100+E55-210mmF4.5-6.3 OSS

SONYα5100+E55-210mmF4.5-6.3 OSS
焦点距離:66mm 絞り:F4.5 シャッタースピード:1/125秒 ISO:320


続いては海辺を離れ、ぐんぐん坂を上ります。
道中も猫と出会う。ついてくる。猫の人の行進の出来上がり。
頂上付近に猫の神社がありました。
『島では昔から、猫は、大漁を招く縁起の良い生き物として親しまれ島民により奉られている』
と書かれた立て看板があり、昔から大切にされていたことが分かります。



SONYα5100+E PZ16-50mm F3.5-5.6OSS

SONYα5100+E PZ16-50mmF3.5-5.6OSS
焦点距離:16mm 絞り:F7.1 シャッタースピード:1/100秒 ISO:100


この写真。この足は自分の足です。
猫に夢中で気づけばブリッジをしながらシャッターをきっていました。
液晶を自由に動かせるので、体が悲鳴を上げなければ撮影可能。
オートで撮影しているのでしっかりと猫にピントが合っています。子猫は興味津々で寄ってきたり、バックの中に侵入してきます。



SONYα5100+E55-210mmF4.5-6.3 OSS

SONYα5100+E55-210mmF4.5-6.3 OSS
焦点距離:210mm 絞り:F6.3 シャッタースピード:1/400秒 ISO:1600


こちらの写真は珍しくマニュアルモードで撮影しました。
黒猫は難しいです。
白とびをしてしまっていますが毛のふわふわが表現できた1枚になったと思います。



SONYα5100+E PZ16-50mm F3.5-5.6OSS

SONYα5100+E PZ16-50mmF3.5-5.6OSS
焦点距離:16mm 絞り:F4 シャッタースピード:1/160秒 ISO:200


今回の旅では180度チルト可動式液晶モニターとタッチシャッターがとても役に立ちました。
カメラの知識がなくても簡単に撮影が可能。
カメラを始めるきっかけにこの1台をおススメ致します。



SONYα5100+E55-210mmF4.5-6.3 OSS

SONYα5100+E55-210mmF4.5-6.3 OSS
焦点距離:174mm 絞り:F6.3 シャッタースピード:1/320秒 ISO:200


















マップカメラのご案内


〓〓商品ピックアップ〓〓 〓〓タイムズフォト〓〓

[ Category: SONY|掲載日時:2019年01月31日 13時15分]

面白いと思ったらコチラをClick!32票


光害カットフィルター「StarScape」の魅力

【marumi】光害カットフィルター「StarScape」の魅力[2020年02月17日]

α7RⅣ + FE24-70mm F2.8 GM + M100 + StarScape for M100 + ND8 65mm | F8 | 31s | ISO100 東京都江東区にて 古今を問わず、写真撮影の応用として、「特殊な効果」を持ったフィルターは大変人気です。例えば、「C-PLフィルター」「NDフィルター」等はその中でも定番です。更に特殊なものとして、カラーフィルターやソフトフィルター、クロスフィルターなんかがありますが、昨今では夜景を...
続きを読む
【OLYMPUS】4K動画×手ブレ補正【OM-D E-M1 Mark III】

【OLYMPUS】4K動画×手ブレ補正【OM-D E-M1 Mark III】[2020年02月16日]

2月12日にオリンパスから待望のフラッグシップモデル『OM-D E-M1 Mark III』が発表されました。 2013年10月に『OM-D E-M1』 2016年12月に『OM-D E-M1 Mark II』 そして2020年2月、3代目となる『OM-D E-M1 Mark III』 特集ページに収まりきらなかった機能をMapTimesで紹介。 今回は『4K動画×手ブレ補正』 手持ちでシネマクオリティを実現するOM-D Movie 4K動画撮影機能はもちろん、E-M1 X...
続きを読む
null

私の現像レシピ[2020年02月15日]

先日、自分でフィルム現像をしていて本当に良かったなぁと感じたことがありました。 カメラ屋さん「ご自身で現像されたんですか?」 私「ええ、意外と簡単ですよ。」 カメラ屋さん「私も興味がありまして... 暗室でですか。」 私「いえ、暗室がなくてもできますよ。私はお風呂場を暗室の代わりにしてやってます。」 カメラ屋さん「すごい、私もやってみようと思います。」 自家現像...
続きを読む
【Laica】ひだまりの暗箱、詠う蛹

【Leica】ひだまりの暗箱、詠う蛹[2020年02月15日]

のぼる朝日は靄を帯びて、 窓からのぞく歩道は白く歪んでみえます。 鼻をすする声と軽快な足音が入り混じる街は 少し早めの春の訪れを感じさせます。 皆様いかがお過ごしでしょうか。 この度はライカブティック 7周年にあやかりまして 7枚の御手と少しのおまけを 撮ってまいりました。 またお付き合いいただけると幸いです。 『愛昧』 さて、いきなりで大変恐縮ですが ...
続きを読む
Canon EOS R5 開発発表

【Canon】次世代のフルサイズミラーレス『EOS R5』が開発発表されました![2020年02月14日]

2020年2月13日、キヤノンは次世代のフルサイズミラーレスカメラ『EOS R5』と、新しい「RFレンズ」の開発を発表しました。 「EOS Rシステム」をさらに魅力的にする新製品を公開された資料から紹介いたします。 EOS R5 2020年に発売される見込みの『EOS R5』には、新開発のCMOSセンサーを搭載し、電子シャッターで最高約20コマ/秒、メカシャッターで最高約12コマ/秒の連写性能の...
続きを読む