【OLYMPUS】OM-D E-M1X発売まであと6日!300mm F4 PROを使ってみた! | THE MAP TIMES 
Select Language



【OLYMPUS】OM-D E-M1X発売まであと6日!300mm F4 PROを使ってみた!

[ Category:OLYMPUS|掲載日時:2019年02月16日 10時30分]





E-M1X



キャンベルタウン野鳥の森にて
OLYMPUS E-M1 MarkⅡ + M.ZUIKO DIGITAL ED 300mm F4.0 IS PRO
換算600mm | F4.0 | 1/200 | ISO125

OM-D E-M1X発売まであと6日!300mm F4 PRO



本日のレンズは「M.ZUIKO DIGITAL ED 300mm F4.0 IS PRO」です。
35mm判換算で約600mm相当の超望遠レンズ。F値は4・・・
フルサイズ機で600mm F4のレンズを用いて撮影をしようとすると、サイズ、重量、価格ともにビックになります。
しかしながら、マイクロフォーサーズ用のこのレンズは軽量コンパクトで価格も控えめです。
今回はそんな魅力的なレンズで撮影に挑みました!



キャンベルタウン野鳥の森にて
OLYMPUS E-M1 MarkⅡ + M.ZUIKO DIGITAL ED 300mm F4.0 IS PRO
換算600mm | F4.0 | 1/400 | ISO800

撮影の被写体を迷いながら選んだのは「鳥」。筆者の実家には数羽の中型インコがいることもあって、
そんなインコを野生の姿を撮りたいと考えました。まさか、ペットのインコを外に連れ出すわけにはいきません・・・
そんな事を考えながら調べていたところ、良さげな施設が見つかりました。



キャンベルタウン野鳥の森にて
OLYMPUS E-M1 MarkⅡ + M.ZUIKO DIGITAL ED 300mm F4.0 IS PRO
換算600mm | F4.0 | 1/200 | ISO1000

埼玉県越谷市に、オーストラリアの鳥が野鳥に近い形で観られる施設があると知り、
「キャンベルタウン野鳥の森」を訪れました。
この施設は1995年9月にオーストラリアのキャンベルタウン(Campbelltown)市と
越谷市の姉妹都市交流10周年を記念して、オーストラリアの「自然」に親しむ施設として開設されたものです。
施設のメインである約3,000平方メートルのバードケージの中では、
オーストラリアのキャンベルタウン市から寄贈されたオウム類のキバタンやクルマサカオウム、
オカメインコなどの生体を観察する事ができます。



キャンベルタウン野鳥の森にて
OLYMPUS E-M1 MarkⅡ + M.ZUIKO DIGITAL ED 300mm F4.0 IS PRO
換算600mm | F4.0 | 1/200 | ISO250

本来、野生の鳥は日によって撮影の当たり外れがありますが、
この施設は訪れれば確実に撮る事ができるとあって、野鳥撮影の練習にも恰好の撮影場所と言えます。



キャンベルタウン野鳥の森にて
OLYMPUS E-M1 MarkⅡ + M.ZUIKO DIGITAL ED 300mm F4.0 IS PRO
換算600mm | F4.0 | 1/500 | ISO400

ゲージの中に入ると、普段耳にしない鳥の鳴き声にテンションがあがります。
そして数々の鳥が飛び交っています。



キャンベルタウン野鳥の森にて
OLYMPUS E-M1 MarkⅡ + M.ZUIKO DIGITAL ED 300mm F4.0 IS PRO
換算600mm | F4.0 | 1/800 | ISO1600

毛づくろいをする姿を低い位置から撮影。マイクロフォーサーズセンサーを搭載し軽量コンパクトな、
E-M1 MarkⅡと300mm F4 IS PROの組み合わせでは、
瞬時に体勢を変える事が容易で、機材に囚われる事なく撮影に臨めます。



キャンベルタウン野鳥の森にて
OLYMPUS E-M1 MarkⅡ + M.ZUIKO DIGITAL ED 300mm F4.0 IS PRO
換算600mm | F4.0 | 1/200 | ISO64

猛禽類を彷彿させるような目の持ち主は「イシチドリ(Bush stone-curlew)」
素早く正確なAFにより、その目にばっちり合焦しています。



キャンベルタウン野鳥の森にて
OLYMPUS E-M1 MarkⅡ + M.ZUIKO DIGITAL ED 300mm F4.0 IS PRO
換算600mm | F4.0 | 1/200 | ISO800

一際鮮やかな体の「ミカヅキインコ(Superb Parrot)」



キャンベルタウン野鳥の森にて
OLYMPUS E-M1 MarkⅡ + M.ZUIKO DIGITAL ED 300mm F4.0 IS PRO
換算600mm | F4.0 | 1/800 | ISO400

冒頭から何度か登場しているのはペットとしても人気な「オカメインコ(Cockatiel)」
歌を歌ったり、人の手の中で気持ちよさそうに撫でられてる姿を想像しがちですが、
本来は、草原や水場近くの森林帯に生息し、草の種子、穀物・果実などを食べています。
種類にもよりますが、頬のオレンジの模様がチークでお化粧をした様に見え愛らしいです。



キャンベルタウン野鳥の森にて
OLYMPUS E-M1 MarkⅡ + M.ZUIKO DIGITAL ED 300mm F4.0 IS PRO
換算600mm | F4.0 | 1/2500 | ISO3200

フルサイズ機と比べると小さく、持ち運びやすいこの様なシステムで、
これだけの撮影が出来た事に筆者は驚きました。
E-M1Xも素晴らしい機動力を保ちながら更に進化すると思うと楽しみでなりません。



2/22発売!ご予約受付中!



今回使用した機材はコチラ!







〓〓商品ピックアップ〓〓〓〓タイムズフォト〓〓

[ Category:OLYMPUS|掲載日時:2019年02月16日 10時30分]



≪前の記事 記事一覧 次の記事≫

【OLYMPUS】ほぼ一択の望遠レンズ 【OLYMPUS】ほぼ一択の望遠レンズ 2019年05月11日
今回ご紹介するのは、 オリンパス M.ZUIKO DIGITAL ED 40-150mm F2.8 PROです。 他社のフルサイズ機やAPS-Cサイズのシステムで、 普及タイプ以外の望遠ズームを探してみると、 70-200mm F2.8、70-200mm F4、70-300mm、100(80)-400mmなど、多くの選択肢があります。 しかしながら、オリンパスの望遠レンズはシステムのコンパクトさゆえ、 購入時も、使用時も、レンズ選びに迷う必要がほぼありません。 筆者は、このレンズを使うためにオリンパスを選んだといっても過言ではありませんでした。 使用...
続きを読む
M.ZUIKO DIGIAL 30mm F3.5 Macro 【OLYMPUS】どこでもマクロ 2019年05月09日
令和が始まり、約1週間が経ちました。 季節も5月と過ごし易い時期で、 写真を撮りに出掛けたくなるかと思います。 そう言った時、持ち出すレンズは 標準ズームレンズや標準単焦点レンズが多いかもしれません。 しかし、こちらのレンズを使って見るのも良いかもしれません。 「M.ZUIKO DIGIAL 30mm F3.5 Macro」 コンパクトなマクロレンズはとても使いやすく便利で面白いレンズです。 1/200秒 F8 ISO 200 小枝の幹の分かれ目を一枚。 普通に見ているとただの小枝ですが、レンズ越しですと ...
続きを読む
【新元号令和、平成を振り返る】魅惑のE-1 【新元号令和、平成を振り返る】魅惑のE-1 2019年04月29日
平成が終わるまであと一日。久しぶりに写真を見返しながらどんなカメラで撮っているかを見ていると、 今でも年に1回か2回必ずオリンパスのE-1で撮影していることに気が付いた。 オリンパス E-1が発売されたのが2003年。今から15年以上前のことである。自身が手に入れたのは2012年なので、その当時でもかなり古い機種であった。 E-1自体は何度も手に取っていたが、後継のE-3、および2012年当時のフォーサーズフラッグシップのE-5と比べるとセンサーも500万画素と少なく、CAMEDIAシリーズから受け...
続きを読む
null 【新元号令和、平成を振り返る】フォトキナ2008とマイクロフォーサーズ 2019年04月13日
今から遡ること、10年半ほど前。 既にカメラ業界に足を踏み入れていた私は「フォトキナ2008」を視察する機会を得たのでした。 ちなみに、撮影機材は「リコー R8」です。 フォトキナ直前に、パナソニックからマイクロフォーサーズ企画のデジタル一眼カメラ「LUMIX DMC-G1」が発表され 言わばミラーレス創生のタイミングであった訳ですが、市場的にはライブビュー専用機に懐疑的な見方がされ 小型で女性に受けるかなという程度の感覚で見られている方が多かったように思います。 「ミラーレス」...
続きを読む
OM-D E-M1 Mark II 【新元号令和、平成を振り返る】平成最後の桜とともに平成のカメラの進化を振り返る 2019年04月12日
ここ数年、桜の咲く時期はなぜか多忙なことが多く、 「今年は桜の写真は1枚も撮らなかった」という年も多くありました。 今年の春は、「平成最後」という、少し格別な思いがあるせいか、 桜の写真を撮る機会をいつもより持つことができました。 筆者は、昭和の終わり、高校生の頃に写真を撮り始めました。 当時、フイルムカメラ(キヤノン A-1)で、1枚1枚、丁寧に撮っていたことを思い出します。 そんな中、平成のカメラの歴史について思いをめぐらしていて、 あることに気がつき...
続きを読む

[↑TOPへ戻る]