【OLYMPUS】OM-D E-M1X発売まであと6日!300mm F4 PROを使ってみた! | THE MAP TIMES 
Select Language



【OLYMPUS】OM-D E-M1X発売まであと6日!300mm F4 PROを使ってみた!

[ Category:OLYMPUS|掲載日時:2019年02月16日 10時30分]





E-M1X



キャンベルタウン野鳥の森にて
OLYMPUS E-M1 MarkⅡ + M.ZUIKO DIGITAL ED 300mm F4.0 IS PRO
換算600mm | F4.0 | 1/200 | ISO125

OM-D E-M1X発売まであと6日!300mm F4 PRO



本日のレンズは「M.ZUIKO DIGITAL ED 300mm F4.0 IS PRO」です。
35mm判換算で約600mm相当の超望遠レンズ。F値は4・・・
フルサイズ機で600mm F4のレンズを用いて撮影をしようとすると、サイズ、重量、価格ともにビックになります。
しかしながら、マイクロフォーサーズ用のこのレンズは軽量コンパクトで価格も控えめです。
今回はそんな魅力的なレンズで撮影に挑みました!



キャンベルタウン野鳥の森にて
OLYMPUS E-M1 MarkⅡ + M.ZUIKO DIGITAL ED 300mm F4.0 IS PRO
換算600mm | F4.0 | 1/400 | ISO800

撮影の被写体を迷いながら選んだのは「鳥」。筆者の実家には数羽の中型インコがいることもあって、
そんなインコを野生の姿を撮りたいと考えました。まさか、ペットのインコを外に連れ出すわけにはいきません・・・
そんな事を考えながら調べていたところ、良さげな施設が見つかりました。



キャンベルタウン野鳥の森にて
OLYMPUS E-M1 MarkⅡ + M.ZUIKO DIGITAL ED 300mm F4.0 IS PRO
換算600mm | F4.0 | 1/200 | ISO1000

埼玉県越谷市に、オーストラリアの鳥が野鳥に近い形で観られる施設があると知り、
「キャンベルタウン野鳥の森」を訪れました。
この施設は1995年9月にオーストラリアのキャンベルタウン(Campbelltown)市と
越谷市の姉妹都市交流10周年を記念して、オーストラリアの「自然」に親しむ施設として開設されたものです。
施設のメインである約3,000平方メートルのバードケージの中では、
オーストラリアのキャンベルタウン市から寄贈されたオウム類のキバタンやクルマサカオウム、
オカメインコなどの生体を観察する事ができます。



キャンベルタウン野鳥の森にて
OLYMPUS E-M1 MarkⅡ + M.ZUIKO DIGITAL ED 300mm F4.0 IS PRO
換算600mm | F4.0 | 1/200 | ISO250

本来、野生の鳥は日によって撮影の当たり外れがありますが、
この施設は訪れれば確実に撮る事ができるとあって、野鳥撮影の練習にも恰好の撮影場所と言えます。



キャンベルタウン野鳥の森にて
OLYMPUS E-M1 MarkⅡ + M.ZUIKO DIGITAL ED 300mm F4.0 IS PRO
換算600mm | F4.0 | 1/500 | ISO400

ゲージの中に入ると、普段耳にしない鳥の鳴き声にテンションがあがります。
そして数々の鳥が飛び交っています。



キャンベルタウン野鳥の森にて
OLYMPUS E-M1 MarkⅡ + M.ZUIKO DIGITAL ED 300mm F4.0 IS PRO
換算600mm | F4.0 | 1/800 | ISO1600

毛づくろいをする姿を低い位置から撮影。マイクロフォーサーズセンサーを搭載し軽量コンパクトな、
E-M1 MarkⅡと300mm F4 IS PROの組み合わせでは、
瞬時に体勢を変える事が容易で、機材に囚われる事なく撮影に臨めます。



キャンベルタウン野鳥の森にて
OLYMPUS E-M1 MarkⅡ + M.ZUIKO DIGITAL ED 300mm F4.0 IS PRO
換算600mm | F4.0 | 1/200 | ISO64

猛禽類を彷彿させるような目の持ち主は「イシチドリ(Bush stone-curlew)」
素早く正確なAFにより、その目にばっちり合焦しています。



キャンベルタウン野鳥の森にて
OLYMPUS E-M1 MarkⅡ + M.ZUIKO DIGITAL ED 300mm F4.0 IS PRO
換算600mm | F4.0 | 1/200 | ISO800

一際鮮やかな体の「ミカヅキインコ(Superb Parrot)」



キャンベルタウン野鳥の森にて
OLYMPUS E-M1 MarkⅡ + M.ZUIKO DIGITAL ED 300mm F4.0 IS PRO
換算600mm | F4.0 | 1/800 | ISO400

冒頭から何度か登場しているのはペットとしても人気な「オカメインコ(Cockatiel)」
歌を歌ったり、人の手の中で気持ちよさそうに撫でられてる姿を想像しがちですが、
本来は、草原や水場近くの森林帯に生息し、草の種子、穀物・果実などを食べています。
種類にもよりますが、頬のオレンジの模様がチークでお化粧をした様に見え愛らしいです。



キャンベルタウン野鳥の森にて
OLYMPUS E-M1 MarkⅡ + M.ZUIKO DIGITAL ED 300mm F4.0 IS PRO
換算600mm | F4.0 | 1/2500 | ISO3200

フルサイズ機と比べると小さく、持ち運びやすいこの様なシステムで、
これだけの撮影が出来た事に筆者は驚きました。
E-M1Xも素晴らしい機動力を保ちながら更に進化すると思うと楽しみでなりません。



2/22発売!ご予約受付中!



今回使用した機材はコチラ!







〓〓商品ピックアップ〓〓〓〓タイムズフォト〓〓

[ Category:OLYMPUS|掲載日時:2019年02月16日 10時30分]



≪前の記事 記事一覧 次の記事≫

null 【OLYMPUS】手持ちハイレゾショットを試してみて 2019年03月09日
OLYMPUS OM-D E-M1X + M.ZUIKO DIGITAL ED 12-100mm F4.0 IS PRO i-finishのブルー、最高です。 2月22日、満を持して発売を迎えたOM-D E-M1X。 ウリの一つである機能「手持ちハイレゾショット」を少し試してみて、その便利さに思わず「おっ」となりました。 ハイレゾショット自体はOM-D E-M5 MarkIIより搭載されていたものの、三脚仕様は大前提。ハイレゾショットで残したい風景も、三脚がないからと諦めたシーンが何度あったことやら。 今回は5000万画素相当の画像を、しかも手持ち...
続きを読む
null 【OLYMPUS】PEN-F×光の祭り 2019年02月28日
休日。 外は寒いし、家事も途中。読みたい本は溜まっている。 なんとなく外に出るのが億劫になってしまう時に 、カメラを触ると少し出かけてみようという気持ちになれます。 カメラを始めた時は旅行に行くのでカメラを持っていく。というスタンスでしたが、今となっては「写真を撮りに出かける」という考えに変わっていました。 今回使用する機材はPEN-F+M.ZUIKO DIGITAL ED 12mm F2.0 コンパクトなのでちょっとしたお出かけから旅行まで使いこなすことが出来、高スペックで申し分のない仕様になって...
続きを読む
【OLYMPUS】ミラーレスぶら下げ横浜散策 【OLYMPUS】ミラーレスぶら下げ横浜散策 2019年02月22日
良く晴れた休日。 旧友に誘われOLYMPUSのミラーレスPEN E-PL8をぶら下げ横浜散策へ行ってきました。 横浜に到着したのがお昼過ぎだったので、まず向かったのが中華街。 日曜日という事もあり、たくさんの人で大賑わいでした。 普段食にはあまりこだわりのない僕ですが、旧友に会うのは2年ぶりで募る話もありつつ昼食は少し豪勢に。 昼食後、のんびりしたいなと思い、日本郵船氷川丸のある山下公園へ。 綺麗な花が咲いていてとても癒され...
続きを読む
発売まであと1日 【OLYMPUS】OM-D E-M1X発売まであと1日!17mm F1.2 PRO 2019年02月21日
17mm F1.2 1/20秒 ISO200 E-M1X発売カウントダウンブログは、遂に本日最終日となりました。 本日のレンズは「M.ZUIKO DIGITAL ED 17mm F1.2 PRO」です。 35mm判換算で約35mm相当の準広角レンズ。 引けば広角、寄れば標準レンズに近い使い方が出来る便利なレンズ。 融通が利くゆえに中途半端な使い方をすると中途半端な写り方にもなりかねない画角という認識です。 いつも以上に気を引き締めて挑みました! 17mm F1.2 1/20秒 ISO200 狭い路地でも広めの画角で難なくパシャリ。...
続きを読む
発売まであと2日 【OLYMPUS】OM-D E-M1X発売まであと2日!7-14mmを使ってみた。 2019年02月20日
E-M1X発売まで、あと2日! 今回は「E-M1X」と一緒に使用して頂きたいレンズの一つ PROシリーズの超広角ズームレンズ「M.ZUIKO 7-14mm F2.8 PRO」を E-M1 Mark IIで楽しんでみました。 E-M1Xを待ち遠しにしている皆様の暇を少しでも潰せたら幸いです。 水面に写る建物と実際の建物。 広角レンズならではのダイナミックさがあります。 また、太陽の方向からのゴースト現象も味を出してくれています。 また広角レンズの利点は最短撮影距離が短い事です。 その利点は狭い場所での被...
続きを読む

[↑TOPへ戻る]