【Leica】私のライカライフ ~focus!~ | THE MAP TIMES 
Select Language



【Leica】私のライカライフ ~focus!~

[ Category:Leica|掲載日時:2019年02月06日 19時30分]





2月20日にライカブティックMapCamera Shinjukuはオープン6周年目を迎えます。
今年も多くのお客様に一緒に6周年をお祝いいただけるよう、様々なイベントを企画しておりますのでどうぞお楽しみください。

さて、その一環で始まりましたライカユーザーによる「私のカメラライフ」ですが
第2回目は本館地下スタッフAがお届けいたします。よろしければ最後までお付き合いください。

Leica M モノクローム(Typ246)+MS-Optics Sonnetar 73mm F1.5

私は日ごろ、佳い光だと感じた物やシーンをより印象的に記録していく事に楽しみを見出しています。ではそんな楽しみの中にライカはどう溶け込むのか、今回改めて思い返した時に他の形式のカメラには無い要素がひとつあります。
それは「ピントなんて合ってなくても良いんだ」と思わせてくれるところです。

Leica M モノクローム(Typ246)+MS-Optics Sonnetar 73mm F1.5

一眼レフでオートフォーカスに頼っている時や、ミラーレス一眼で拡大表示まで使ってピントを追い込んでいると、ちょっとしたピント抜けで「ああ、失敗作品だ」と感じてしまう事が少なくありません。もっと言うとピントが合っていると確信するまでシャッターを切る事すら出来なくなってしまうことがあります。これが「ピントの呪縛」です。

Leica M モノクローム(Typ246)+MS-Optics Sonnetar 73mm F1.5

これが不思議な事にライカだとこの呪縛から解き放たれるのです。レンジファインダーというピント合わせ方では己の鍛錬で精度を高める事は出来ても、メカニクスの構造上2重像を見ながら百発百中を決めるのはそう容易ではありません。
しかし、ピントとはそういうモノだと思えてしまう事で、何が何でも合わせなければという呪縛から解放されます。ファインダーで構図を切り、その向こうに流れる時間を見ながら「撮りたい」と感じたタイミングでレリーズ出来るのです。
実は早速ですが、この写真ピントが合っていません。奥へ歩き行く女性に合わせたつもりだったのですが、それよりも手前に合焦してしまっていますが、絵全体の纏まりが良いなと感じたのでご紹介いたしました。


ところで今回はLeica M Monochrome(Typ246)と宮崎光学から新たに発売されるSonnetar 73mm F1.5で撮影した写真と共にお届けしています。

先代Sonnetar 50mm F1.1同様にSonnarタイプを採用した大口径レンズでありながら、超軽量コンパクトかつシンプルなレンズ構成を採用した中望遠単焦点で、なんとその重量197g!
1枚目にあるように絞りを開けた状態での描写は滲みを伴ってシルキー、そしてうっすらとフレアのヴェールを纏いながらも像がぐしゃりと乱れることはありません。残存している収差のコントロールが上手なのでしょう。ボケ味も大変スムースです。

Leica M モノクローム(Typ246)+MS-Optics Sonnetar 73mm F1.5

敢えて無限遠で絞りを開けてみましたが如何でしょう。M Monochromeの豊富な階調表現が助けている部分もあるとは思うのですが、同様にフレアを伴いミッドからシャドウにかけての美しくなだらかなトーンを描き出します。程良いヴィネットも作画の良いスパイスに。



最後にもう一枚。筆者は撮影した写真を家に帰ってからPCに取り込み、セレクトを行うのですが、今までの撮影であれば「ピントが合っていないから」という理由で間違いなくセレクトから弾かれていた写真です。ライカを使い始めるまで、写真を撮るという行為においてどこか息苦しさを感じることが少なからずあったのですが、きっとピントを合わせることに対しての苦しさだったのだろうなと今振り返ると感じます。
その呪縛から解放されてより純粋に「写真を撮る」という行為に臨めるようになった事が、ライカで撮る事の一つの醍醐味であり魅力なのだなと思います。

あなたもライカ使ってみませんか。


今回使用した機材はコチラから







Leica Smail Photon







〓〓商品ピックアップ〓〓〓〓タイムズフォト〓〓

[ Category:Leica|掲載日時:2019年02月06日 19時30分]



≪前の記事 記事一覧 次の記事≫

キヤノン 【新元号令和、平成を振り返る】平成に誕生した「L」レンズ、勝手に8選 2019年04月22日
キヤノン EFレンズで振り返る平成。 「平成」に誕生した「個人的に推せる」EFレンズの数々を写真と共に紹介します。 今回は数あるEFレンズから、筆者が特に思い入れの強い8本を選出しました。 EFレンズは多くの種類から構成されていますがその中でも「Lレンズ」から厳選します。 鏡筒に刻まれた鮮やかな一本の赤いラインには特別感があります。 プロ品質と呼ぶに相応しい卓越した描写性能と優れた操作性、耐環境性・堅牢性を備えたレンズです。 EF50mm F1.0L USM(1989年/平成元年) 当時、35mm一眼...
続きを読む
Canon EOS 8000D+SIGMA 17-50mm F2.8 EX DC OS HSM 【新元号令和、平成31年間を振り返る】平成最後の目黒川桜まつり 2019年04月21日
新元号の発表が迫る平成31年3月の終わり。 愛用の一眼レフを片手に初めて目黒川桜まつりに足を運びました。 「さて、レンズはどれにしようか」 初めての場所だし、混雑すれば自由に動けないかもしれない。 広角か、望遠か、単焦点か…。 そうは言っても、機材をあれもこれも持っていけるわけでもない。 そんな時に持ち出すのは、 「SIGMA 17-50mm F2.8 EX DC OS HSM」 2010年にキヤノン用が発売され、かれこれ10年近く経過しますが、 未だに人気の衰えない平成のロングセラー商品となります。 ...
続きを読む
【新元号令和、平成を振り返る】フィルムカメラからデジタルカメラへ 【新元号令和、平成を振り返る】フィルムカメラからデジタルカメラへ 2019年04月20日
初めて意識的に写真を撮ったのは18歳でした。高校を卒業し、進路がバラバラになる友人達を撮るためにフィルムのコンパクトカメラで撮影をしていました。 それから写真を撮るようになり、アルバイトをしてNikon FM10と50mmを購入。 ボディは壊れるまで使いました。 当時はカメラと言えばフィルムカメラの時代で、進学先で出来た友人達やライブハウスで撮影したりする日々を送っていました。 その頃から「ロンドンの街をフィルムで撮りたい」という夢があり、2016年にお休みをいただいて渡英。 ...
続きを読む
【SONY】遂に始動!驚愕の動物リアルタイム瞳AFの実力!(実写作例多数掲載) 【SONY】遂に始動!驚愕の動物リアルタイム瞳AFの実力!(実写作例多数掲載) 2019年04月19日
SONY α7III(動物リアルタイム瞳AF) + SEL100400GM 2019年4月11日 α9に続いてα7RIII、α7IIIの大規模アップデートが実施されました。 今回のアップデートでは初めて動物を対象にしたリアルタイム瞳AFが搭載されました。 ペットを飼っている方は待望の機能、待っていた方も多かったと思います。 実際の使い勝手はどうなのか? 本当に瞳にAFが合うようになるのか? そんな疑問にお答えすべく、今回は動物リアルタイム瞳AFにスポットを当てて行きたいと思います。 筆者はロングコートチワワ(白)...
続きを読む
SIGMA MC-21 【SIGMA】マウントコンバーターMC-21発売開始! 2019年04月19日
フルサイズミラーレスLマウントユーザーのお客様、大変お待たせいたしました。 使用できる交換レンズ数が広がる大好評のマウントコンバーター「MC-21」、本日発売開始です! ラインナップがまだまだ限定的なLマウントにあって、既に発売されているEFマウントレンズやSAマウントレンズを取り付けられます。これは素晴らしい。 2019年4月19日時点で、対応を謳うレンズは以下の通りです。 【35mmフルサイズ】 12-24mm F4 DG HSM | Art 14-24mm F2.8 DG HSM | Art 24-35mm F2 DG HSM | A...
続きを読む

[↑TOPへ戻る]