Select Language

通勤という旅路

[ Category: Panasonic|掲載日時:2019年02月09日 08時00分]


「通勤時間を楽しいものにしたい」
それが最近の私のテーマです。
通勤時間というのは一年で換算するとかなりの割合を占めていることに驚かされます。
毎日というわけにはいかなくとも、せめて休日前の帰りの時間だけでも有意義にすることは出来ないでしょうか。


そこである日、私はある試みをしてみました。
休日前の仕事終わりに家には帰らず、あえて一泊してみたのです。
はたして結果はどうなったのでしょうか。

Panasonic (パナソニック) LUMIX DC-G9 PRO ボディ+Panasonic (パナソニック) LEICA DG SUMMILUX 25mm F1.4 ASPH.


市ヶ谷のホテルを出てすぐ、中央線の走る線路上から見下ろすところに釣り堀がありました。
まだ開店前のようでしたが、中央線の駅からすぐのところにこんな場所があるとは思いもしませんでした。


Panasonic (パナソニック) LUMIX DC-G9 PRO ボディ+Panasonic (パナソニック) LEICA DG SUMMILUX 25mm F1.4 ASPH.


そのまま靖国通りを直進すれば街道の由来である靖国神社へとたどり着きます。
靖国神社といえば正面入り口の大きな鳥居が印象的ではありますが、通り沿いからは門をくぐって入ることになります。
門を守護する狛犬の力強い前足に目が留まりました。


Panasonic (パナソニック) LUMIX DC-G9 PRO ボディ+Panasonic (パナソニック) LEICA DG SUMMILUX 25mm F1.4 ASPH.


神社など、古来から伝わる日本の建築様式には光と影のコントラストが良く似合います。


Panasonic (パナソニック) LUMIX DC-G9 PRO ボディ+Panasonic (パナソニック) LEICA DG SUMMILUX 25mm F1.4 ASPH.


靖国神社は戦没者を奉る神社です。
資料館の中には実際に使用された乗り物や兵器を、戦地跡から部品を寄せ集めて展示されています。
写真にあるのは当時実際に現地で走っていたSLです。


Panasonic (パナソニック) LUMIX DC-G9 PRO ボディ+Panasonic (パナソニック) LEICA DG SUMMILUX 25mm F1.4 ASPH.



Panasonic (パナソニック) LUMIX DC-G9 PRO ボディ+Panasonic (パナソニック) LEICA DG SUMMILUX 25mm F1.4 ASPH.


靖国神社を出てすぐに日本武道館が見えてきました。
武道館の周囲には緑地が広がり、遊歩道を歩けば都会の喧騒を忘れさせるような森林が広がっています。
天気に恵まれたとはいえ木陰に入れば身震いするほど冷え込んでいましたが、木漏れ日を見ていると不思議と寒さを忘れる瞬間がありました。


Panasonic (パナソニック) LUMIX DC-G9 PRO ボディ+Panasonic (パナソニック) LEICA DG SUMMILUX 25mm F1.4 ASPH.


公園を出て濠沿いを歩いていけば日比谷公園にたどり着きます。
考えてみれば東京の中心には案外緑が多いのです。
コンクリートジャングルなんていう言葉がありますが、東京でも十分に自然と親しむことができるのだと思いました。


Panasonic (パナソニック) LUMIX DC-G9 PRO ボディ+Panasonic (パナソニック) LEICA DG SUMMILUX 25mm F1.4 ASPH.


日比谷線に乗って上野へ。
ここにも多くの自然に出会うことができます。
不忍池の蓮はすっかり葉を落としてしまっていますが、のんびりと日向ぼっこを楽しんでいるカモメたちを見ると癒されます。


不思議なもので、ホテルを出た瞬間にはすっかり旅をしているに気分になっていました。
結果として、仕事の延長のようにしてただ帰るのではなく、帰る道や手段を変えてみるだけで多くの発見がありました。
特別遠方に出掛けたわけではありませんが、小さな「旅」をすることができたわけです。

「日常」の中に少しの「非日常」を加えれば、毎日の通勤もたちまち「旅路」に変わるのだと思いました。



今回使用した機材はこちら
Panasonic (パナソニック) LUMIX DC-G9 PRO ボディ
Panasonic (パナソニック) LEICA DG SUMMILUX 25mm F1.4 ASPH.














〓〓タイムズフォト〓〓 〓〓商品ピックアップ〓〓

[ Category: Panasonic|掲載日時:2019年02月09日 08時00分]

面白いと思ったらコチラをClick!26票


null

【SIGMA】しぐまびより Part33[2019年12月05日]

ひかり。 背の高いビルが立ち並ぶ街の日向と日陰のコントラストは一層強く、 その時その時にしか見れない街の風景の連続だったりする。 あとで撮ろうと思っていたらチャンスを逃してしまう、なんてことは何度も経験しています。 同じ街に何回足を運ぼうが、同じ顔を見れることはない。 何度も何度も通ったからこそ見れる瞬間があるのだと思います。 強くて明るい光と淡くて柔ら...
続きを読む
写真展のご案内 〜『BRITONS images of my memory』

写真展のご案内 〜『BRITONS images of my memory』 KENJI NAKAMURA PHOTO EXHIBITION 2019~[2019年12月04日]

マップカメラでは写真展のご案内を致しております。 本日ご紹介するのは 『BRITONS images of my memory』 NAKAMURA PHOTO EXHIBITION2019 です。 是非足をお運び下さい。 会期:2019年12月7日(土)& 12月8日(日)12:00〜21:00 会場:吉祥寺・オルレアカメラ ギャラリー 東京都武蔵野市吉祥寺本町3-12-3
続きを読む
Nikon Z50 + FTZ + DX 18-140G VR

【飛行機を撮ろう】バイバイ レコンファントム ~午前の部~【Nikon Z50】[2019年12月04日]

Nikon Z50 × 令和元年度百里基地航空祭 【1/200 |F8 | ISO100 | Nikon Z50 + FTZ + DX 18-140G VR】 12月1日(日)は茨城県にて、 令和元年度百里基地航空祭が催されました。 百里基地の名物、 航空自衛隊の偵察機RF-4E/EJは今年度で運用が終了し、 来年度中には同基地のF-4EJ/EJ改も運用が終了するので、 往年の名機「ファントム」を満喫できる最後の航空祭となりました。 行ってみた方も...
続きを読む
大きいけれど何故だか身近に寄り添う1台-PENTAX67II-

大きいけれど何故だか身近に寄り添う1台-PENTAX67II-[2019年12月03日]

PENTAX67、通称"バケペン"と呼ばれるこのカメラ。 一眼レフカメラをそのまま巨大化させたフォルムがまるで お化けの様だと例えられ、長く愛される6x7の中判機。 その中でも今回取り上げる67IIは、 AEファインダーと併用する事によって絞り優先モードの 使用が可能なところが最大のポイント。 これが実際に使ってみると…「コレ無くしては…!」と考えてしまう程に テンポ良く速写が可能...
続きを読む
【SONY】自分の知らない「自分」に出逢う

【SONY】自分の知らない「自分」に出逢う[2019年12月02日]

SONY α6400 + E 70-350mm F4.5-6.3 G OSS 焦点距離:350mm(全画素超解像ズーム2倍) 絞り:F6.3 シャッタースピード:1/1600秒 ISO:200 いつからだろう、「新しい事」を億劫に思うようになったのは。 いつからだろう、「いつもと同じ」選択しかしなくなったのは。 いつからだろう、「面白い事」を探しているはずなのに、そのくせ二の足を踏むようになったのは。 いつからだろう...
続きを読む