通勤という旅路 | THE MAP TIMES 
Select Language



通勤という旅路

[ Category:Panasonic|掲載日時:2019年02月09日 08時00分]



「通勤時間を楽しいものにしたい」
それが最近の私のテーマです。
通勤時間というのは一年で換算するとかなりの割合を占めていることに驚かされます。
毎日というわけにはいかなくとも、せめて休日前の帰りの時間だけでも有意義にすることは出来ないでしょうか。


そこである日、私はある試みをしてみました。
休日前の仕事終わりに家には帰らず、あえて一泊してみたのです。
はたして結果はどうなったのでしょうか。

Panasonic (パナソニック) LUMIX DC-G9 PRO ボディ+Panasonic (パナソニック) LEICA DG SUMMILUX 25mm F1.4 ASPH.


市ヶ谷のホテルを出てすぐ、中央線の走る線路上から見下ろすところに釣り堀がありました。
まだ開店前のようでしたが、中央線の駅からすぐのところにこんな場所があるとは思いもしませんでした。


Panasonic (パナソニック) LUMIX DC-G9 PRO ボディ+Panasonic (パナソニック) LEICA DG SUMMILUX 25mm F1.4 ASPH.


そのまま靖国通りを直進すれば街道の由来である靖国神社へとたどり着きます。
靖国神社といえば正面入り口の大きな鳥居が印象的ではありますが、通り沿いからは門をくぐって入ることになります。
門を守護する狛犬の力強い前足に目が留まりました。


Panasonic (パナソニック) LUMIX DC-G9 PRO ボディ+Panasonic (パナソニック) LEICA DG SUMMILUX 25mm F1.4 ASPH.


神社など、古来から伝わる日本の建築様式には光と影のコントラストが良く似合います。


Panasonic (パナソニック) LUMIX DC-G9 PRO ボディ+Panasonic (パナソニック) LEICA DG SUMMILUX 25mm F1.4 ASPH.


靖国神社は戦没者を奉る神社です。
資料館の中には実際に使用された乗り物や兵器を、戦地跡から部品を寄せ集めて展示されています。
写真にあるのは当時実際に現地で走っていたSLです。


Panasonic (パナソニック) LUMIX DC-G9 PRO ボディ+Panasonic (パナソニック) LEICA DG SUMMILUX 25mm F1.4 ASPH.



Panasonic (パナソニック) LUMIX DC-G9 PRO ボディ+Panasonic (パナソニック) LEICA DG SUMMILUX 25mm F1.4 ASPH.


靖国神社を出てすぐに日本武道館が見えてきました。
武道館の周囲には緑地が広がり、遊歩道を歩けば都会の喧騒を忘れさせるような森林が広がっています。
天気に恵まれたとはいえ木陰に入れば身震いするほど冷え込んでいましたが、木漏れ日を見ていると不思議と寒さを忘れる瞬間がありました。


Panasonic (パナソニック) LUMIX DC-G9 PRO ボディ+Panasonic (パナソニック) LEICA DG SUMMILUX 25mm F1.4 ASPH.


公園を出て濠沿いを歩いていけば日比谷公園にたどり着きます。
考えてみれば東京の中心には案外緑が多いのです。
コンクリートジャングルなんていう言葉がありますが、東京でも十分に自然と親しむことができるのだと思いました。


Panasonic (パナソニック) LUMIX DC-G9 PRO ボディ+Panasonic (パナソニック) LEICA DG SUMMILUX 25mm F1.4 ASPH.


日比谷線に乗って上野へ。
ここにも多くの自然に出会うことができます。
不忍池の蓮はすっかり葉を落としてしまっていますが、のんびりと日向ぼっこを楽しんでいるカモメたちを見ると癒されます。


不思議なもので、ホテルを出た瞬間にはすっかり旅をしているに気分になっていました。
結果として、仕事の延長のようにしてただ帰るのではなく、帰る道や手段を変えてみるだけで多くの発見がありました。
特別遠方に出掛けたわけではありませんが、小さな「旅」をすることができたわけです。

「日常」の中に少しの「非日常」を加えれば、毎日の通勤もたちまち「旅路」に変わるのだと思いました。



今回使用した機材はこちら
Panasonic (パナソニック) LUMIX DC-G9 PRO ボディ
Panasonic (パナソニック) LEICA DG SUMMILUX 25mm F1.4 ASPH.














〓〓タイムズフォト〓〓 〓〓商品ピックアップ〓〓

[ Category:Panasonic|掲載日時:2019年02月09日 08時00分]



≪前の記事 記事一覧 次の記事≫

Vol.1 ~Summicron 50mm F2 1st~ 【新元号令和、平成を振り返る】Leicaで撮るということ 2019年04月18日
平成も終わりかぁ。と思い 数年前に書いたブログを思い出しました。 【SONY】Leicaで撮るということ 当時はα7が発売され、 マウントアダプターでどんなレンズも付ける事が出来る。 という事に感激していた記憶があります。 Leicaで撮るということ、と書いておきながらカメラはSONYなんですが笑 Vol.1 ~Summicron 50mm F2 1st~ Vol.2 ~Summarit 50mm F1.5~ Vol.3 ~Summilux 75mm F1.4~ Vol.4 ~Summar 50mm F2.0~ Vol.5 ~Summarit-M 90mm F2.5 6bit~ Vo...
続きを読む
EOS620+EF 85mm F1.2L USM 【新元号令和、平成を振り返る】平成元年生まれのレンズと私 2019年04月17日
平成、それは FUJIFILM SUPERIA PREMIUM 400 平成、それは 私が生まれてから今に至るまでの全ての時間。 筆者は平成元年(1989年)9月生まれです。 私にとっては、景色や音楽、今までの記憶全てが平成そのものです。 平成の最後に、自分が生まれて最初に住んでいた街へ出かけておきたいと思い、 筆者がお供に選んだのがこちらです。 「Canon EOS 620」。 CanonがEOSを投入したのは1987年、 筆者が生まれた時、平成が始まった頃にはすでにEOSは世に登場していたのです。 このEOS 620...
続きを読む
【新元号令和、平成を振り返る】My Style Welinagara 【新元号令和、平成を振り返る】続・私だけの色で 2019年04月16日
自分が生まれた年号が終わろうとしている。 その事実に、未だに実感がわきません。 「ひょっとすると、平成はこれからも続いてゆくのではないか」とすら思っています。 ああ、今気が付きました。私は「平成」が好きだったのだと。 毎朝泣きながら保育園に行き、小学校のカレー早食い競争で一位をとり、中学校で初恋をし、高校でクルマに憧れ、社会人になってカメラを始めて…。 私の時間は、ずっと平成でした。 「新元号令和、平成を振り返る」というタイトルで連載しておりますブログ、今回のタイ...
続きを読む
【新元号令和、平成を振り返る】Canonの名機5D MarkIIと世界を歩く 【新元号令和、平成を振り返る】Canonの名機5D MarkIIと世界を歩く 2019年04月15日
スイス ゴルナーグラート展望台 新元号『令和』を迎えるにあたって、平成を振り返る。 遡るは10年ほど前、今回は私が平成20年ごろに練り歩いたヨーロッパの写真を振り返ります。 私の愛する名機『EOS 5D MarkII』とレンズ数本を抱えて3ヶ月間ヨーロッパ一周、12カ国の旅へ出発。 その時は若くまだお金がなくレンズはサードパーティでしたが、 EOS 5D MarkIIが私の旅路をしっかり記録してくれました。 オーストリア ザルツブルグ 映画サウンドオブミュージックの舞台として知られ...
続きを読む
【SONY】RX0 II「手のひらサイズの本格派4Kカメラ」 【SONY】RX0 II「手のひらサイズの本格派4Kカメラ」 2019年04月14日
手のひらサイズの1.0型センサー搭載カメラ「RX0」が更に進化してII型として新登場しました。 今回撮影した映像(4K再生可能です) 撮影設定:PP7「S-Gamut/S-Log2」/ATOMOS SHOGUN収録 カラーグレーディング済み 新たに可動式液晶・4K動画の本体内記録・電子手振れ補正などに対応。外観レビューや使い方は既にメーカーサイトや様々なメディアで取り上げられているので、今回はRX0 IIの4K性能を最大限引き出すべく、外部レコーダーを使用して4Kのテスト撮影を行いました。 小型が魅力のカメラで外部収録を...
続きを読む

[↑TOPへ戻る]