【Nikon】桜の季節が来る前に | THE MAP TIMES //該当の要素を削除する $(this).remove(); }); });  【Nikon】桜の季節が来る前に | THE MAP TIMES
Select Language

【Nikon】桜の季節が来る前に

[ Category: Nikon|掲載日時:2019年02月13日 10時30分]


桜の季節が来る前に


Nikon D500 + Nikon AF-S NIKKOR 70-200mm F2.8E FL ED VR


2月、まだまだ冷え込む日々が続きます。
白い吹雪ではなく桜色の吹雪が待ち遠しい今日この頃です。
さて2月というのは
「寒桜」が見ごろを迎え始める季節でもあります。

そろそろ寒桜が見ごろを迎えるかと思っていたある日の朝、
その日は雪が降った日でした。



Nikon D500 + Nikon AF-S NIKKOR 70-200mm F2.8E FL ED VR



「雪桜」

そんな言葉が頭に浮かんだ私は、
Nikon D500と70-200mm F2.8 FL VRだけを持ち、
都内某所に向かいました。


Nikon D500 + Nikon AF-S NIKKOR 70-200mm F2.8E FL ED VR


たったこれだけの機材に絞ったのは、
手持ちの中で最も防塵・防滴への信頼性が高いからです。

ですが理由はそれだけでなく、
望遠レンズでどうしても撮りたいものがあったのです。
寒桜と撮りたい、その被写体の名は…。



Nikon D500 + Nikon AF-S NIKKOR 70-200mm F2.8E FL ED VR


メジロ。
枝と枝、花と花の間を縦横無尽に飛びまわり、
その嘴を花粉で黄色に染める緑色の小鳥。



Nikon D500 + Nikon AF-S NIKKOR 70-200mm F2.8E FL ED VR


桜とセットで撮れる鳥としては定番ですが、
スズメよりも小さい鳥であるため、
望遠レンズの用意が欠かせません。
場所にもよりますが、
70-200mm、100-400mmなどの望遠レンズがあれば、
メジロをしっかり大きく撮れるでしょう。
最近はライトバズーカと形容される、
軽量な望遠レンズも増えており、
そうしたレンズを持ってきている方々もこの日はいらっしゃいました。



Nikon D500 + Nikon AF-S NIKKOR 70-200mm F2.8E FL ED VR


雪は途中でやみはじめましたが、
寒空の下、元気よく飛びまわるメジロ。
足先の冷たさを忘れ、こちらも無心に撮影を続けます。


Nikon D500 + Nikon AF-S NIKKOR 70-200mm F2.8E FL ED VR


目が合いました。
お食事中すいません。



Nikon D500 + Nikon AF-S NIKKOR 70-200mm F2.8E FL ED VR


その小ささ・身軽さも相まってか、
メジロという鳥は本当にアクロバティックです。
またこちらが構図を考えている時間をくれるわけでもないので、
ある程度動きは予想できても、
自分が思うような写真を撮れるとは限りません。
一瞬一瞬を大事にしながら、集中し、撮っていきます。



Nikon D500 + Nikon AF-S NIKKOR 70-200mm F2.8E FL ED VR


寒桜とメジロの組合せを狙いに今の季節のうちに出かけるのは、
とてもオススメです。
春の桜の季節の前に、
ちょっと練習くらいの気持ちで気軽に出かけてみましょう。

今の機材で十分臨めるのか、
試してみて、
やっぱり違うカメラボディやレンズを買い足し、
あるいは買い替えるのがベストなのか。
今のうちならじっくり考えることができます。


Nikon D500 + Nikon AF-S NIKKOR 70-200mm F2.8E FL ED VR + AF-S TELECONVERTER TC-20E III


ちなみに見ごろを迎えた寒桜であればこのような写真が撮れます。


Nikon D500 + Nikon AF-S NIKKOR 70-200mm F2.8E FL ED VR + AF-S TELECONVERTER TC-20E III


この時は晴天だったこともあって、
まるで春のような暖かな絵柄です。

Nikon D500 + Nikon AF-S NIKKOR 70-200mm F2.8E FL ED VR + AF-S TELECONVERTER TC-20E III


春にバッチリ桜(メジロもぜひ!)の写真を撮るために、
いまのうちにちょっと、
寒桜を撮りに出かけてみませんか。



↓使用した機材です↓









〓〓新製品〓〓〓〓商品ピックアップ〓〓

[ Category: Nikon|掲載日時:2019年02月13日 10時30分]

面白いと思ったらコチラをClick!23票


写真展『わたしの見つけた瞬間』vol.6

写真展のご案内 〜写真展『わたしの見つけた瞬間』vol.6~[2019年10月17日]

マップカメラでは写真展のご案内を致しております。 本日ご紹介するのは 写真展 『わたしの見つけた瞬間』vol.6 です。 是非足をお運び下さい。
続きを読む
MACRO日記 Vol.2

MACRO日記 Vol.2[2019年10月17日]

日中の厳しい暑さも終わり、過ごしやすい季節になりました。 皆様いかがお過ごしでしょうか。 今回は、 Canon EOS 90D Canon EF100mm F2.8Lマクロ IS USM の組み合わせで撮影してきました。 EOS 90Dは先月発売されたAPS-Cサイズのセンサーを搭載した一眼レフカメラ。EOS 90Dは有効画素数約3250万画素のセンサーとEOS Rなどに使われている映像エンジンDIGIC 8を積んでおり、より高画質な写真を撮ることができるようになっています。 焦点距離:100mm 絞り:F4 シャッタースピード:1/250秒 ...
続きを読む
『逍遥』PENTAX 6×7

『逍遥』PENTAX 67[2019年10月16日]

『逍遥』PENTAX 6×7 『逍遥(しょうよう)』とは、気ままにぶらぶら歩くこと、 つまりは散歩です。 たとえば、天気の良い日に洗濯物を干していて、ふと出かけたくなり、ちょっとそこまで散歩をする。 こういったことを『逍遥』と呼ぶのだと個人的に解釈しています。 散歩よりもちょっとかっこいい存在です。 今回は筆者が『逍遥』に持ち出したカメラ、 PENTAX67をご紹介します。 ウッドグリップがあるとよりどっしりとした印象を受けます。 少し重量が増えますが、 このカメ...
続きを読む
ぼくらのズミクロン日記

【Leica】ぼくらのズミクロン日記Vol.1 ~ズミクロンS100!~[2019年10月15日]

We are summicron!! この連載は、マップカメラライカブティックのスタッフそれぞれがズミクロンへの愛を語るものです。 1954年に発売され、その性能の高さと描写力で世界のレンズ設計の基準を引き上げたとすら言われるLeicaレンズのレジェンド、ズミクロン。 今ではライカMマウント以外にも、Rマウント、Lマウント、Sマウント等様々なズミクロンが存在します。 十人十色ならぬ十本十個性の色々なズミクロンに対し、様々な角度でスポットを当てていきたいと思います。 幕開けを飾る記事は、...
続きを読む
【SONY】早秋の汀にて。

【SONY】早秋の汀にて。[2019年10月14日]

SONY α7S+SIGMA Contemporary 45mm F2.8 DG DN 焦点距離:45mm 絞り:F6.3 シャッタースピード:1/200秒 ISO:100 「早秋の汀にて。」 暑さが一段落して、秋深まりつつある今日この頃…。皆様、いかがお過ごしでしょうか。筆者は北の生まれなもので、夏のうだるような暑さは苦手です。まだまだ残暑厳しい日もありますが、朝晩の風に秋の気配を感じつつあります。 ふと、「秋の海」というものに興味を持ちました。 海水浴客で賑わう夏の海とは少し違う、趣のある風景に出会うため...
続きを読む