【OLYMPUS】OM-D E-M1Xの実力と魅力に迫る Part.4 | THE MAP TIMES 
Select Language



【OLYMPUS】OM-D E-M1Xの実力と魅力に迫る Part.4

[ Category:OLYMPUS|掲載日時:2019年02月15日 13時35分]


OLYMPUS OM-D E-M1Xの実力を検証
何が変わった?OM-D E-M1X AF性能の向上
世界最高7.5段の手ぶれ補正 圧倒的な機動性と高い信頼性


圧倒的な機動性と高い信頼性

オリンパスのフラッグシップ機には、代々受け継がれてきた高い信頼性があります。SDカードスロットをはじめとする開閉部やダイヤル部分には、浸水を抑えるラバーを使って気密性を高めています。実際、私たちが撮影に出かけた際も強い雨に遭遇しました。普段なら早々に撮影を切り上げるところですが、本機の信頼性を検証する良い機会と思い、しっかり雨に濡らしてみました。雨の降る冬の海岸はとても寒かったものの、カメラはびくともしません。


防塵防滴


外装にはマグネシウム合金を採用し、堅牢な高剛性に防塵・防滴・耐低温(-10℃)など撮影環境を選ばない高い信頼性がありますが、その信頼性は外装部分だけではありません。レンズ交換の際、ボディ内部に入り込み撮像素子に付着するゴミやホコリを弾き飛ばす「ダストリダクションシステム」も大きく進化。30,000回/秒以上で振動させるSSWF(スーパーソニックウェーブフィルター)と新コーティングにより、写真にゴミが写りこむ可能性を従来の1/10にまで低減しました。ホコリが舞う環境下でも安心してレンズ交換が行えます。





レンズシステムを含めた小型軽量設計も魅力です。「OM-D E-M1X」と同じく動体撮影を得意とする縦位置グリップ一体構造の各社フラッグシップ機と比べてみました。握りやすいグリップ形状を追求すると、ほぼ同じ大きさになるというのがよく分かります。それでもミラーが無い分、厚みを抑えた「OM-D E-M1X」はこの中でも一番コンパクトであることが分かります。

寸法比較

重量比較


「OM-D E-M1X」の小型軽量化はレンズを含めたシステム全体で見るとより明確になります。上の写真は画質に定評がある人気のF2.8望遠ズームレンズを装着したものです。「OM-D E-M1X」は35mm換算で80-300mm相当をカバーしますので、広角端で10mm狭いものの望遠端では100mmの余裕があり、ニコン/キヤノンの両機よりもう一歩踏み出した画像が得られます。そして何より、レンズ自体の軽さも魅力ではないでしょうか。
より望遠域を求めると、その差はさらに大きくなります。600mm F4 相当の超望遠レンズと合わせても約 2270g。フルサイズシステムならレンズだけで 3800g 以上ですから、その差は歴然。手持ち撮影を可能にするだけでなく、撮影地への移動にかかる負担も軽減されます。さらに三脚等を使う際は、耐荷重の大きなより丈夫な脚が必要になりますから、アクセサリーにかかる費用負担も馬鹿になりません。
マイクロフォーサーズはフルサイズと比べると、被写界深度が2段分深くなりますので、シャッタースピードを落とすことなく、画像の鮮明さが増すのも超望遠撮影では嬉しいポイントです。ポートレートなどボケ量を重視したいシーンでは、より大口径なF1.2 PROレンズ等で対応するとよいでしょう。この完成されたレンズシステムはとても魅力です。




「OM-D E-M1 Mark II」と比べれば、確かに大きくなりました。それでも握りやすくなったグリップと操作性の向上、手ぶれ補正の強化やAF機能の進化など、飛行機などの動体を狙うにはこの上ない進化を遂げた印象です。好きな被写体のためにとことん拘った結果に繋がるのが「OM-D E-M1X」なのです。



<< Part.1へ戻る



〓〓新製品〓〓

[ Category:OLYMPUS|掲載日時:2019年02月15日 13時35分]



≪前の記事 記事一覧 次の記事≫

【OLYMPUS】ほぼ一択の望遠レンズ 【OLYMPUS】ほぼ一択の望遠レンズ 2019年05月11日
今回ご紹介するのは、 オリンパス M.ZUIKO DIGITAL ED 40-150mm F2.8 PROです。 他社のフルサイズ機やAPS-Cサイズのシステムで、 普及タイプ以外の望遠ズームを探してみると、 70-200mm F2.8、70-200mm F4、70-300mm、100(80)-400mmなど、多くの選択肢があります。 しかしながら、オリンパスの望遠レンズはシステムのコンパクトさゆえ、 購入時も、使用時も、レンズ選びに迷う必要がほぼありません。 筆者は、このレンズを使うためにオリンパスを選んだといっても過言ではありませんでした。 使用...
続きを読む
M.ZUIKO DIGIAL 30mm F3.5 Macro 【OLYMPUS】どこでもマクロ 2019年05月09日
令和が始まり、約1週間が経ちました。 季節も5月と過ごし易い時期で、 写真を撮りに出掛けたくなるかと思います。 そう言った時、持ち出すレンズは 標準ズームレンズや標準単焦点レンズが多いかもしれません。 しかし、こちらのレンズを使って見るのも良いかもしれません。 「M.ZUIKO DIGIAL 30mm F3.5 Macro」 コンパクトなマクロレンズはとても使いやすく便利で面白いレンズです。 1/200秒 F8 ISO 200 小枝の幹の分かれ目を一枚。 普通に見ているとただの小枝ですが、レンズ越しですと ...
続きを読む
【新元号令和、平成を振り返る】魅惑のE-1 【新元号令和、平成を振り返る】魅惑のE-1 2019年04月29日
平成が終わるまであと一日。久しぶりに写真を見返しながらどんなカメラで撮っているかを見ていると、 今でも年に1回か2回必ずオリンパスのE-1で撮影していることに気が付いた。 オリンパス E-1が発売されたのが2003年。今から15年以上前のことである。自身が手に入れたのは2012年なので、その当時でもかなり古い機種であった。 E-1自体は何度も手に取っていたが、後継のE-3、および2012年当時のフォーサーズフラッグシップのE-5と比べるとセンサーも500万画素と少なく、CAMEDIAシリーズから受け...
続きを読む
null 【新元号令和、平成を振り返る】フォトキナ2008とマイクロフォーサーズ 2019年04月13日
今から遡ること、10年半ほど前。 既にカメラ業界に足を踏み入れていた私は「フォトキナ2008」を視察する機会を得たのでした。 ちなみに、撮影機材は「リコー R8」です。 フォトキナ直前に、パナソニックからマイクロフォーサーズ企画のデジタル一眼カメラ「LUMIX DMC-G1」が発表され 言わばミラーレス創生のタイミングであった訳ですが、市場的にはライブビュー専用機に懐疑的な見方がされ 小型で女性に受けるかなという程度の感覚で見られている方が多かったように思います。 「ミラーレス」...
続きを読む
OM-D E-M1 Mark II 【新元号令和、平成を振り返る】平成最後の桜とともに平成のカメラの進化を振り返る 2019年04月12日
ここ数年、桜の咲く時期はなぜか多忙なことが多く、 「今年は桜の写真は1枚も撮らなかった」という年も多くありました。 今年の春は、「平成最後」という、少し格別な思いがあるせいか、 桜の写真を撮る機会をいつもより持つことができました。 筆者は、昭和の終わり、高校生の頃に写真を撮り始めました。 当時、フイルムカメラ(キヤノン A-1)で、1枚1枚、丁寧に撮っていたことを思い出します。 そんな中、平成のカメラの歴史について思いをめぐらしていて、 あることに気がつき...
続きを読む

[↑TOPへ戻る]