【Canon】EOS R システムを充実させる新しいレンズ群 | THE MAP TIMES //該当の要素を削除する $(this).remove(); }); });  【Canon】EOS R システムを充実させる新しいレンズ群 | THE MAP TIMES
Select Language

【Canon】EOS R システムを充実させる新しいレンズ群

[ Category: Canon|掲載日時:2019年02月17日 19時00分]

2月14日、キヤノンよりフルサイズミラーレス一眼「EOS R システム」用の交換レンズ"RFレンズ"6本の開発が発表されました。
EFマウントと同じ内径54mmの大口径マウントとショートバックフォーカスという特長を活かし、高画質・ハイスペック・コンパクトのさらなる追求を図っているというRFレンズ。今からその登場が楽しみで仕方ありません。


■ 根強い人気の大三元レンズ


RF15-35mm F2.8 L IS USM

RF15-35mm F2.8 L IS USM

RF24-70mm F2.8 L IS USM

RF24-70mm F2.8 L IS USM

RF70-200mm F2.8 L IS USM

RF70-200mm F2.8 L IS USM


ズーム全域で開放F値2.8の、広角(焦点距離15-35mm)、標準(焦点距離24-70mm)、望遠(焦点距離70-200mm)ズーム。RFレンズならではの「コントロールリング」に加え、「IS(Image Stabilizer=手ブレ補正機構)」を搭載し、機動性と操作性を高めています。


■ 開放F値1.2の大口径中望遠単焦点レンズ


RF85mm F1.2 L USM

RF85mm F1.2 L USM


卓越した光学性能を備えた、高画質を追求した開放F値1.2の大口径中望遠単焦点レンズ。絞り開放から大きくて美しいボケ表現が楽しめます。


■ 柔らかな独特のボケ描写を持つ「DS」レンズ


RF85mm F1.2 L USM DS

RF85mm F1.2 L USM DS


キヤノン独自の蒸着技術により、ボケ像のエッジを滑らかにし、柔らかな独特のボケ描写「DS(Defocus Smoothing)効果」を実現します。


■ 幅広い焦点距離をカバーする高倍率ズームレンズ


RF24-240mm F4-6.3 IS USM

RF24-240mm F4-6.3 IS USM


小型・軽量設計でありながら、広角24mmから望遠240mmという幅広い焦点距離をカバーする高倍率ズームレンズは、旅行をはじめ、スナップ、風景、ポートレートに最適。写真撮影はもちろん、動画撮影にも適しています。


2019年中の発売を目指しているという以上6種類のレンズ。現行の4種類のレンズと合わせ計10種類中、8種類が最高水準の性能を追求した「L(Luxury)レンズ」というのも見逃せません。これから本当のRFシステムの本領が発揮されることでしょう。

さて次世代の高画質を体感するには、まずボディが必要です。
よりコストパフォーマンスに優れた「EOS RP」がまもなく発売されますが、Lレンズの高解像・高コントラストな描写性能を楽しむなら、より高精細な約3030万画素の「EOS R」がおすすめです。
※発売予定の6個のRFレンズは開発中のサンプル写真になります。実際の製品版とは異なる可能性もあります。





今ならお求めやすい綺麗な中古商品が豊富にあります。過去の傾向からレンズの発売前では品薄になることも予想されます。中古商品は見つけた時が買い時です!ご準備はお早めに!!




光学の力を最大限に活かすRFレンズ






〓〓新製品〓〓〓〓商品ピックアップ〓〓

[ Category: Canon|掲載日時:2019年02月17日 19時00分]

面白いと思ったらコチラをClick!17票


写真展『わたしの見つけた瞬間』vol.6

写真展のご案内 〜写真展『わたしの見つけた瞬間』vol.6~[2019年10月17日]

マップカメラでは写真展のご案内を致しております。 本日ご紹介するのは 写真展 『わたしの見つけた瞬間』vol.6 です。 是非足をお運び下さい。
続きを読む
MACRO日記 Vol.2

MACRO日記 Vol.2[2019年10月17日]

日中の厳しい暑さも終わり、過ごしやすい季節になりました。 皆様いかがお過ごしでしょうか。 今回は、 Canon EOS 90D Canon EF100mm F2.8Lマクロ IS USM の組み合わせで撮影してきました。 EOS 90Dは先月発売されたAPS-Cサイズのセンサーを搭載した一眼レフカメラ。EOS 90Dは有効画素数約3250万画素のセンサーとEOS Rなどに使われている映像エンジンDIGIC 8を積んでおり、より高画質な写真を撮ることができるようになっています。 焦点距離:100mm 絞り:F4 シャッタースピード:1/250秒 ...
続きを読む
『逍遥』PENTAX 6×7

『逍遥』PENTAX 67[2019年10月16日]

『逍遥』PENTAX 6×7 『逍遥(しょうよう)』とは、気ままにぶらぶら歩くこと、 つまりは散歩です。 たとえば、天気の良い日に洗濯物を干していて、ふと出かけたくなり、ちょっとそこまで散歩をする。 こういったことを『逍遥』と呼ぶのだと個人的に解釈しています。 散歩よりもちょっとかっこいい存在です。 今回は筆者が『逍遥』に持ち出したカメラ、 PENTAX67をご紹介します。 ウッドグリップがあるとよりどっしりとした印象を受けます。 少し重量が増えますが、 このカメ...
続きを読む
ぼくらのズミクロン日記

【Leica】ぼくらのズミクロン日記Vol.1 ~ズミクロンS100!~[2019年10月15日]

We are summicron!! この連載は、マップカメラライカブティックのスタッフそれぞれがズミクロンへの愛を語るものです。 1954年に発売され、その性能の高さと描写力で世界のレンズ設計の基準を引き上げたとすら言われるLeicaレンズのレジェンド、ズミクロン。 今ではライカMマウント以外にも、Rマウント、Lマウント、Sマウント等様々なズミクロンが存在します。 十人十色ならぬ十本十個性の色々なズミクロンに対し、様々な角度でスポットを当てていきたいと思います。 幕開けを飾る記事は、...
続きを読む
【SONY】早秋の汀にて。

【SONY】早秋の汀にて。[2019年10月14日]

SONY α7S+SIGMA Contemporary 45mm F2.8 DG DN 焦点距離:45mm 絞り:F6.3 シャッタースピード:1/200秒 ISO:100 「早秋の汀にて。」 暑さが一段落して、秋深まりつつある今日この頃…。皆様、いかがお過ごしでしょうか。筆者は北の生まれなもので、夏のうだるような暑さは苦手です。まだまだ残暑厳しい日もありますが、朝晩の風に秋の気配を感じつつあります。 ふと、「秋の海」というものに興味を持ちました。 海水浴客で賑わう夏の海とは少し違う、趣のある風景に出会うため...
続きを読む