【Canon】EOS R システムを充実させる新しいレンズ群 | THE MAP TIMES 
Select Language



【Canon】EOS R システムを充実させる新しいレンズ群

[ Category:Canon|掲載日時:2019年02月17日 19時00分]


2月14日、キヤノンよりフルサイズミラーレス一眼「EOS R システム」用の交換レンズ"RFレンズ"6本の開発が発表されました。
EFマウントと同じ内径54mmの大口径マウントとショートバックフォーカスという特長を活かし、高画質・ハイスペック・コンパクトのさらなる追求を図っているというRFレンズ。今からその登場が楽しみで仕方ありません。


■ 根強い人気の大三元レンズ


RF15-35mm F2.8 L IS USM

RF15-35mm F2.8 L IS USM

RF24-70mm F2.8 L IS USM

RF24-70mm F2.8 L IS USM

RF70-200mm F2.8 L IS USM

RF70-200mm F2.8 L IS USM


ズーム全域で開放F値2.8の、広角(焦点距離15-35mm)、標準(焦点距離24-70mm)、望遠(焦点距離70-200mm)ズーム。RFレンズならではの「コントロールリング」に加え、「IS(Image Stabilizer=手ブレ補正機構)」を搭載し、機動性と操作性を高めています。


■ 開放F値1.2の大口径中望遠単焦点レンズ


RF85mm F1.2 L USM

RF85mm F1.2 L USM


卓越した光学性能を備えた、高画質を追求した開放F値1.2の大口径中望遠単焦点レンズ。絞り開放から大きくて美しいボケ表現が楽しめます。


■ 柔らかな独特のボケ描写を持つ「DS」レンズ


RF85mm F1.2 L USM DS

RF85mm F1.2 L USM DS


キヤノン独自の蒸着技術により、ボケ像のエッジを滑らかにし、柔らかな独特のボケ描写「DS(Defocus Smoothing)効果」を実現します。


■ 幅広い焦点距離をカバーする高倍率ズームレンズ


RF24-240mm F4-6.3 IS USM

RF24-240mm F4-6.3 IS USM


小型・軽量設計でありながら、広角24mmから望遠240mmという幅広い焦点距離をカバーする高倍率ズームレンズは、旅行をはじめ、スナップ、風景、ポートレートに最適。写真撮影はもちろん、動画撮影にも適しています。


2019年中の発売を目指しているという以上6種類のレンズ。現行の4種類のレンズと合わせ計10種類中、8種類が最高水準の性能を追求した「L(Luxury)レンズ」というのも見逃せません。これから本当のRFシステムの本領が発揮されることでしょう。

さて次世代の高画質を体感するには、まずボディが必要です。
よりコストパフォーマンスに優れた「EOS RP」がまもなく発売されますが、Lレンズの高解像・高コントラストな描写性能を楽しむなら、より高精細な約3030万画素の「EOS R」がおすすめです。
※発売予定の6個のRFレンズは開発中のサンプル写真になります。実際の製品版とは異なる可能性もあります。





今ならお求めやすい綺麗な中古商品が豊富にあります。過去の傾向からレンズの発売前では品薄になることも予想されます。中古商品は見つけた時が買い時です!ご準備はお早めに!!




光学の力を最大限に活かすRFレンズ






〓〓新製品〓〓〓〓商品ピックアップ〓〓

[ Category:Canon|掲載日時:2019年02月17日 19時00分]



≪前の記事 記事一覧 次の記事≫

null 【EOS RP発売記念】いい写真の予感がする。vol. 4 2019年03月13日
EOS RPの発売までいよいよあと1日!! サムネイルの写真でお気づきだと思いますが、前回同様「浜離宮恩賜庭園」での写真をお届けします。 前回の「CONTAX Planar T* 50mm F1.4 AE」と一緒に持っていったのは、 「Leica SUMMICRON R 50mm F2 3カム」 マウント:ライカ R レンズ構成:5群6枚(絞り羽根:6枚) 最短撮影距離:0.5m フィルター径:シリーズ6 質量:約330g (KIPON製レンズマウントアダプター使用) ライカのRマウントレンズは、1965年発売のライカフレックスI型から2002年発...
続きを読む
null 【EOS RP発売記念】いい写真の予感がする。vol. 3 2019年03月12日
 EOS RPの発売までいよいよあと2日! 『EOS R で遊んでみた!』というブログで、レンズマウントアダプターを介してオールドレンズでの撮影を紹介しているのですが、今回もその流れで遊んでみました。 「CONTAX Planar T* 50mm F1.4 AE」 マウント:ヤシカ/コンタックス レンズ構成:6群7枚(絞り羽根:6枚) 最短撮影距離:0.45m フィルター径:55mm 質量:約275g (KIPON製レンズマウントアダプター使用) かつて、カメラ小僧たちが一度は使ってみたいと憧れたカールツァイスの銘玉。 ...
続きを読む
Canon (キヤノン) EOS 5D Mark III+Canon (キヤノン) EF16-35mm F4L IS USM 雨の日でも旅行気分 2019年03月10日
今日は休日ですが、あいにくの雨。 気になっていた近所のトルコランプ屋さんに行って参りました。 天井は一面ランプだらけ。 こちらは煌びやかな香水瓶。 店内では写真を取り損ねてしまいましたが、こちらは衝動買いしてしまったチャイグラス。 この特徴的な模様はナザールボンジュウというもので、トルコでは神様、メドゥーサの眼をモチーフにしているそう。 メドゥーサの眼は悪意を持った者を石にしてしまう伝承があり、そこから転じて厄除けのお守りとして親しまれているそ...
続きを読む
【EOS RP発売記念】いい写真の予感がする。vol.2 【EOS RP発売記念】いい写真の予感がする。vol.2 2019年03月09日
EOS RPの発売まであと5日となりました。 今回はEF-EOS Rアダプタを介してサードパーティーレンズ 「TAMRON SP 35mm F1.8 Di VC USD」 レンズ構成:9群10枚 (絞り羽根:9枚) 最短撮影距離:0.2m(最大撮影倍率:2.5) フィルター径:67mm 質量:約480g こちらを使ってちょっとした街角スナップを楽しんできました。 撮影場所はオシャレな街「原宿」 f/1.8 シャッタースピード 1/1250 ISO感度 100 山手線、渋谷への道 隠しきれてないフェンスが不規則な明暗のコントラストを作り上げています。...
続きを読む
鉄板とM 【Canon】鉄板とM 2019年03月08日
まだまだ肌寒いですが、時折見せる春らしい日にわくわくしています。 そんな某日、私はKiss Mを持ってお好み焼きを食べに行きました。 非常に暗い店内でしたが、ブレずに撮影が出来ました。 手振れ補正が結構効いているのを実感しました。 鉄板と向き合い、グッと被写体に近づけたので 飛び跳ねる油に、レンズが汚れないか心配しました。 私事ですが、マヨラーなので焼きそばにもマヨネーズをかけます。 お好み焼きをひっくり返すのがうまくいくと、楽しいですね。 背面の液...
続きを読む

[↑TOPへ戻る]