【Leica】私のライカライフ ~S~ | THE MAP TIMES 
Select Language



【Leica】私のライカライフ ~S~

[ Category:Leica|掲載日時:2019年02月19日 18時30分]



Leica Boutique MAPCAMERA Shinjuku 6th Anniversary


平素よりマップカメラをご愛顧賜りまして、誠に有難うございます。
お陰様でライカブティック MapCamera Shinjukuは、2月20日にオープン6周年を迎えます。
LEICA Qチタングレー等の豪華賞品が貰えるLEICA SMILE PHOTO CONTESTの開催や、
LEICA M10用のサムレストレバーなど、ワクワク盛り沢山でお送りしております。

さて、そんなワクワクの中の一つ(になれたらいいな)の「私のライカライフ」ですが、今回はスタッフEがお送りいたします。
使用機材はLEICA S(Typ007)LEICA S-E、組み合わせたレンズはズマリット S35mm F2.5 ASPHです。
ライカ独自のフォーマットである30x45㎜の大型センサーを内蔵した、プロフェッショナル向け一眼レフシステム。
その独特な使用感なども交えて、お話させて頂きます。


まずはLEICA S(Typ007)から。
ボディ単体で1キロを超える大柄な一眼レフですが、レンズを装着して持ってみた感じではさほど重さを感じません。
掌すべてを使って支えられるグリップデザインのおかげと言えるでしょう。

LEICA S(Typ007)+ズマリット S35mm F2.5 ASPH

さて、このカメラのセンサーは現像時の暗部の持ち上げ耐性が非常に優秀です。
こちらのカットは1.7段ほど明るさを持ち上げていますが、ノイズやディテールの潰れ等はほぼ見受けられません。

LEICA S(Typ007)+ズマリット S35mm F2.5 ASPH

また、ダイナミックレンジも広いので「場の微妙な空気感」を捉えることも得意です。
35㎜フルサイズ機では四苦八苦して切り詰めていた露出が、少しアバウトでも大丈夫という心強さは頼もしいです。

LEICA S(Typ007)+ズマリット S35mm F2.5 ASPH


こちらのカットは、オリジナルの大きさのデータでは格子の奥の店舗内まで黒潰れせず描き切っています。流石と言うべきでしょうか。



ここからは選手交代。ボディをLEICA S-Eに交換して撮影して参りました。こちらはセンサーがCCDとなり、発色の傾向が大きく変わります。写りの瑞々しさと、画の奥行表現はLEICA S(Typ007)よりも上に感じます。その代わりに、ライブビューが使えなかったり、高感度に弱くなりますので取り扱いには細心の注意を払いました。

LEICA S-E+ズマリット S35mm F2.5 ASPH

街中での注目度は半端なものではありませんでしたので、撮影には気を使います…。

LEICA S-E+ズマリット S35mm F2.5 ASPH

また、今回使用した二機種はどちらもブレに対して非常に敏感です。手振れ補正機構等が無いため、大きなミラーショックとシャッターショックがもろに響いてきます。暗所では、左腕を折り曲げ、肘を支えにして息を止めてシャッターボタンを押す事で、何とか手振れを防ぎました。広角レンズでも1/250以上のシャッタースピードはキープし続けたい所です。

LEICA S-E+ズマリット S35mm F2.5 ASPH


LEICA S-E+ズマリット S35mm F2.5 ASPH



本来であれば、しっかりと三脚に据えて使用するようなカメラをスナップシューターとして使ってまいりました。
それはなかなかにエキサイティングな体験。
「ライカSを使っている」という一種の快楽を享受すること。
これこそが、このカメラを持つ者にのみ許された特権なのでしょう。











Leica Smail Photon



[ Category:Leica|掲載日時:2019年02月19日 18時30分]



≪前の記事 記事一覧 次の記事≫

M.ZUIKO DIGITAL ED 12mm F2.0 【増税前にデビュー】ヨコハマワイドスナップ 2019年09月22日
筆者は神奈川県出身で、横浜は何度も訪れたことはある地なのですが、 気が付けばいつも人との用事で赴くことばかりで、撮影のために訪れるのは初めてでした。 今回使用するレンズはM.ZUIKO DIGITAL ED 12mm F2.0です。 購入してから何か月か経ってしまい、撮影に使用するのは初めてとなります。 普段、望遠系のレンズで一部を切り取る撮影に慣れているせいか、 自分の影や通行人の姿など、余計なものが写りこんでしまうことがありました。 そのためお見せできるショットは少し...
続きを読む
【SONY】α7RIV:第4世代の真価 × 動物瞳AF 【SONY】α7RIV:第4世代の真価 × 動物瞳AF 2019年09月21日
α7RIV + FE 100-400mm F4.5-5.6 GM OSS / 400mm F5.6 SS 1/4000 ISO 1600 SONY α7RIV × 超高画素&動物対応瞳AFの実力 今年のαシリーズはハードウェアの進化とともに、ソフトウェア面でも大幅な進化がありました。 その中でもミラーレス業界初の動物対応 リアルタイム瞳AFに驚かれた方も多いと思います。 私も犬を飼っており、動物瞳AF機能の恩恵を受けたユーザーの1人でした。 α7IIIに搭載された動物瞳AFで撮影した愛犬はどれも目元にびしっとピントが合っており、衝撃を受けた事を良く...
続きを読む
はじめてのマクロレンズ 【増税前にデビュー】はじめてのマクロレンズ 2019年09月21日
雨の雫を撮影してみたかったんです。 世の中には素敵な雫写真が沢山あるので、 真似したくなりました。 そうはいっても雨の日にカメラを持ち出す気にはなれず。 雨上がりでの撮影チャンスにもなかなか出会えず。 ということで無理やり庭に水をまいて撮影することにしました。 くつろいでいた虫達が逃げ回っております。 今回使用した機材はこちら。 『PENTAX KP』 『PENTAX HD DA35mm F2.8 Macro Limited』 「HD DA35mm F2.8 Macro Limited」は、 小型で携帯性もよく「KP」との相性も抜...
続きを読む
【増税前にデビュー】Canon RFレンズ必須の1本!? 【増税前にデビュー】Canon RFレンズ必須の1本!? 2019年09月20日
ようやく過ごしやすい気温になってきました。 個人的に夏は好きなので名残惜しいですが、秋は紅葉などの風景写真を撮る楽しみがあります。 とは言うもの、私はまだ夏気分を捨てきれないので、 少しばかりですが涼しい金魚たちを使用したカメラと共にご紹介させてください。 Canon RF35mm F1.8 マクロ IS STM 何やら怪しげな雰囲気を漂わせる作品です。 よく見ると金魚が泳いでいます。 今回使用したレンズは「Canon RF35mm F1.8 マクロ IS STM」です。 選んだ理由は全ての要求を満たしていたから、...
続きを読む
7RM4 - Otus 55 【SONY】α7RIV:第4世代の真価 × 世界最高の標準レンズ 2019年09月20日
ボディ:SONY α7RIV / レンズ:Carl Zeiss Otus 55mm F1.4 マウントアダプター:SIGMA MC-11 キャノンEF用/ソニーE用 絞り:F1.4 / シャッタースピード:1/400秒 / ISO:100 SONY α7RIV × Carl Zeiss Otus  カールツァイスの中でも圧倒的なパフォーマンスで他の追従を許さないレンズ『Otus』のラインナップ。今回は標準レンズとして位置する『Otus 55mm F1.4』と、フルサイズカメラ世界初、有効画素数6100万画素を持つ『SONY α7RIV』を使用して撮影を行いました。  甲州街道沿いの駐輪場で撮影し...
続きを読む

[↑TOPへ戻る]