【Leica】私のライカライフ ~S~ | THE MAP TIMES 
Select Language



【Leica】私のライカライフ ~S~

[ Category:Leica|掲載日時:2019年02月19日 18時30分]



Leica Boutique MAPCAMERA Shinjuku 6th Anniversary


平素よりマップカメラをご愛顧賜りまして、誠に有難うございます。
お陰様でライカブティック MapCamera Shinjukuは、2月20日にオープン6周年を迎えます。
LEICA Qチタングレー等の豪華賞品が貰えるLEICA SMILE PHOTO CONTESTの開催や、
LEICA M10用のサムレストレバーなど、ワクワク盛り沢山でお送りしております。

さて、そんなワクワクの中の一つ(になれたらいいな)の「私のライカライフ」ですが、今回はスタッフEがお送りいたします。
使用機材はLEICA S(Typ007)LEICA S-E、組み合わせたレンズはズマリット S35mm F2.5 ASPHです。
ライカ独自のフォーマットである30x45㎜の大型センサーを内蔵した、プロフェッショナル向け一眼レフシステム。
その独特な使用感なども交えて、お話させて頂きます。


まずはLEICA S(Typ007)から。
ボディ単体で1キロを超える大柄な一眼レフですが、レンズを装着して持ってみた感じではさほど重さを感じません。
掌すべてを使って支えられるグリップデザインのおかげと言えるでしょう。

LEICA S(Typ007)+ズマリット S35mm F2.5 ASPH

さて、このカメラのセンサーは現像時の暗部の持ち上げ耐性が非常に優秀です。
こちらのカットは1.7段ほど明るさを持ち上げていますが、ノイズやディテールの潰れ等はほぼ見受けられません。

LEICA S(Typ007)+ズマリット S35mm F2.5 ASPH

また、ダイナミックレンジも広いので「場の微妙な空気感」を捉えることも得意です。
35㎜フルサイズ機では四苦八苦して切り詰めていた露出が、少しアバウトでも大丈夫という心強さは頼もしいです。

LEICA S(Typ007)+ズマリット S35mm F2.5 ASPH


こちらのカットは、オリジナルの大きさのデータでは格子の奥の店舗内まで黒潰れせず描き切っています。流石と言うべきでしょうか。



ここからは選手交代。ボディをLEICA S-Eに交換して撮影して参りました。こちらはセンサーがCCDとなり、発色の傾向が大きく変わります。写りの瑞々しさと、画の奥行表現はLEICA S(Typ007)よりも上に感じます。その代わりに、ライブビューが使えなかったり、高感度に弱くなりますので取り扱いには細心の注意を払いました。

LEICA S-E+ズマリット S35mm F2.5 ASPH

街中での注目度は半端なものではありませんでしたので、撮影には気を使います…。

LEICA S-E+ズマリット S35mm F2.5 ASPH

また、今回使用した二機種はどちらもブレに対して非常に敏感です。手振れ補正機構等が無いため、大きなミラーショックとシャッターショックがもろに響いてきます。暗所では、左腕を折り曲げ、肘を支えにして息を止めてシャッターボタンを押す事で、何とか手振れを防ぎました。広角レンズでも1/250以上のシャッタースピードはキープし続けたい所です。

LEICA S-E+ズマリット S35mm F2.5 ASPH


LEICA S-E+ズマリット S35mm F2.5 ASPH



本来であれば、しっかりと三脚に据えて使用するようなカメラをスナップシューターとして使ってまいりました。
それはなかなかにエキサイティングな体験。
「ライカSを使っている」という一種の快楽を享受すること。
これこそが、このカメラを持つ者にのみ許された特権なのでしょう。











Leica Smail Photon



[ Category:Leica|掲載日時:2019年02月19日 18時30分]



≪前の記事 記事一覧 次の記事≫

Leica M Monochrom 【私のお気に入り】LEICA MM 2019年07月16日
私のお気に入り 『LEICA M Monochrom』 その「デジタルモノクロ縛り」の哲学に惚れ込んでからは すっかり私のお気に入りになりました。 そして始まった、お気に入りレンズを模索する日々の中から 気に入った幾つかのレンズを紹介していきます。 MINOLTA SUPER ROKKOR 50mm F1.8 此処でいきなり、MINOLTAレンズです。 旧千代田光学であるMINOLTA、 銘板にその名残である「CHIYOKO」と記してあるのも気に入っています。 明るく使いやすいレンズ、心なしか白が綺麗に写るような気がし...
続きを読む
【Leica】オペレーション・ノクト! 【Leica】オペレーション・ノクト! 2019年07月09日
オペレーション・ノクト! 今回、光栄にもライカM(Typ240)にノクティルックスM50mm F1.0(フード組み込み)のセットで撮影する機会を得ましたので、そちらのレポートを綴ってみようと思います。 巷で言われているように、レンジファインダーだとノクティルックスのピント合わせは難しいのか。ずっと気になっていた疑問に真正面から挑む良い機会です。 なお、全ての写真は一切の編集を加えていないjpegとなります。 それではどうぞ。 まずはピント合わせが難しいと言われているファインダー像を見て...
続きを読む
M9-P×ズミクロン M50mm F2沈胴 【写真を楽しむ6月】写真を見返す 2019年06月29日
突然ですが皆様は撮影した写真を時間が経ってから見返すことはありますでしょうか。 私は撮影が終わった後に確認し、取捨選択したものをSNSにアップした後はデータの肥やしとなっています。 6月度のブログテーマが『写真を楽しむ』ということなので、この機会に撮影した写真を見返してみました。 写真は昨年11月頃に撮影したものになります。 この梅雨時期に寝かせていた写真を見返してみるのも面白いのではないでしょうか。 ↓今回使用した機材はコチラ↓ ...
続きを読む
水無月の古都 【写真を楽しむ6月】水無月の古都 2019年06月21日
6月某日。 バスは定刻通りターミナルを出発しました。 カバンの中に 【Leica CL】と【エルマリート TL18mm F2.8 ASPH.】 を忍ばせ、 週末の繁華な新宿を抜けて西へ向かいます。 西の都といえば京都を連想するかもしれませんが、今日行く都はこちら。 どこだと思われましたか。 奈良です。 まほろば、ロマン溢れる古代の都。 青々とした緑に初夏を感じます。 木、水、石、様々な質感を表現する描写力はさすがライカ。 身軽な見た目と侮れません。 【ササユリ】は...
続きを読む
6枚玉がとおる 【写真を楽しむ6月】6枚玉がとおる 2019年06月14日
各所で暑い日が続き、日に日に来る夏の気配を肌で感じられるようになってまいりました。 皆様いかがお過ごしでしょうか。 今年ももう折り返しの6月。 私事ですが今月で【ズミクロン M35mm F2】の第二世代 通称【6枚玉】を使い始めて半年、つまり6か月が経ちます。 この度のテーマは【写真を楽しむ6月】。 半ば強引ではございますが、この6の数のめぐりあわせに改めて6枚玉で写真を撮ってまいりました。 またお付き合いいただけると幸いです。 ...
続きを読む

[↑TOPへ戻る]