【PENTAX】FA35mmF2の進化 | THE MAP TIMES 
Select Language



【PENTAX】FA35mmF2の進化

[ Category:PENTAX RICOH|掲載日時:2019年02月20日 10時30分]



『smc PENTAX-FA35mmF2AL・HD FA35mmF2』

PENTAX K-1+HD FA 35mm F2
PENTAX K-1+HD FA 35mm F2 1/400 f/2 ISO100


PENTAXファンの皆様、お待たせいたしました。
FA35mmF2にHDコーティングを採用したという、今週新発売のHD FA35mmF2。

誰もが気になっているであろうこと、
なぜこのレンズをリニューアルする必要があったのか…
今回一足早く新旧の描写を比較してみたところ、すぐにその答えが見えてきました。
その魅力をお伝えしたいと思います。

まずは外観の比較をご覧くださいませ。

PENTAX K-1 + smc PENTAX-FA35mmF2AL
PENTAX K-1 + smc PENTAX-FA35mmF2AL
K-1+HD FA35mm F2
PENTAX K-1 + HD FA35mmF2

旧FA35mmですと、高画素フルサイズ機・K-1とデザインや質感が異なるため、装着しようと思う機会が少なかった組み合わせでしたが、
新FA35mmはK-1とマッチしており、非常にかっこいいと思いました。
ピントリングが到来のものよりもぐっと使いやすくなりました。

デザインに統一感があるものの、距離計や絞りリングは到来と変わらないため、違和感を感じないリニューアルで、
さすが、PENTAXはファンの気持ちが分かっているなと感じます。

そして気になるコーティングの違いとは…
同じ位置、同じ設定でレンズを変えて撮り比べてみたところ、驚くほどの差を感じました。

PENTAX K-1 + smc PENTAX-FA35mmF2AL
PENTAX K-1 + smc PENTAX-FA35mmF2AL 1/160 f/8 ISO100
PENTAX K-1 + HD FA35mmF2
PENTAX K-1 + HD FA35mmF2 1/160 f/8 ISO100

写真向かって右手に太陽がいる状況、
旧FA35mmはフレアが発生してしまい、全体が白っぽくシャープネスが失われています。
対して新FA35mmはしっかりと空・水のどちらも青の発色が綺麗に出ています。

PENTAX K-1 + smc PENTAX-FA35mmF2AL
PENTAX K-1 + smc PENTAX-FA35mmF2AL 1/160 f/8 ISO100
PENTAX K-1 + HD FA35mmF2
PENTAX K-1 + HD FA35mmF2 1/160 f/8 ISO100

ここまで違うとRAWで整えて現像しているのではないかと思われてしまいそうで不安なほどですが、
もちろんすべてJPEGの撮って出しです。
正直に申し上げると、状況によってはフレアやゴーストなどが発生する場合もありましたが、数枚撮ればOK、
上記の写真の通り、新FA35mmは厳しい条件下の中でもゴーストを発生することなく撮影することが出来ました。


最後の撮り比べはあえてパープルフリンジが発生しやすい最大開放で撮影しました。

PENTAX K-1 + smc PENTAX-FA35mmF2AL
PENTAX K-1 + smc PENTAX-FA35mmF2AL 1/5000 f/2 ISO100
PENTAX K-1 + HD FA35mmF2
PENTAX K-1 + HD FA35mmF2 1/5000 f/2 ISO100

多すぎるパープルフリンジに肩を落としてしまいそうな旧FA35mm。
対して若干残っているものの、素晴らしいクリアな描写を残してくれた新FA35mm。
この歴然とした違いを目の当たりにし、リニューアルの意図が見えてきたような気がしました。

PENTAX K-1 + HD FA35mmF2
PENTAX K-1 + HD FA35mmF2 1/500 f/2 ISO100

片手で持ち運びしながら1日使用しておりましたが、K-1の持ちやすいグリップと
レンズの全長が短く軽量なHDFA35mmの組み合わせは
非常に使いやすくてストレスなく、気軽に撮影を楽しむことが出来ました。

PENTAX K-1 + HD FA35mmF2
PENTAX K-1 + HD FA35mmF2 1/640 f/2 ISO100

FA35mmは到来から小さくて軽くてしかもお値段もお手頃で、
非常に扱いやすいレンズです。
ですが、厳しい条件下では描写力に乏しい場面が出てしまい、
現行機種・フルサイズ、高画素機であるK-1MarkⅡの高画質を再現できない状況がありました。

PENTAX K-1 + HD FA35mmF2
PENTAX K-1 + HD FA35mmF2 1/800 f/2.2 ISO100

その概念を見事に覆し、完璧なリニューアルを遂げたHD FA35mmF2はPENTAXユーザーなら
必ず持っておきたい基本の1本へ、そして長く永久に愛される1本になることでしょう。

発売まであと2日となりました。
既存のPENTAXユーザーの方にはもちろん、
はじめてPENTAXを使用する方にもはじめの単焦点の1本として、
ぜひ手に入れてみてください。


また、注目の広角スターレンズのフォトレビューは近日中にkasyapaにて掲載を予定しております。
もう少々お待ちくださいませ。

▼今回使用した機材はこちら▼







〓〓タイムズフォト〓〓〓〓商品ピックアップ〓〓


[ Category:PENTAX RICOH|掲載日時:2019年02月20日 10時30分]



≪前の記事 記事一覧 次の記事≫

null 【私のお気に入り】 格安高性能レンズ【SIGMA】 2019年08月17日
前回、筆者の担当の回で、OM-D EM-1 MarkIIをご紹介しましたが、その際に使用したSIGMA Art 60mm F2.8 DN(マイクロフォーサーズ)について改めてご紹介します。 このレンズの価格の安さに惹かれ、何気なく購入し、少し使ってみただけなのですが、解像感の高さ、色乗りの良さには舌を巻きました。 筆者は夜景を撮影することが多いのですが、ノイズを抑えるため、できるだけ感度を上げずに、絞りを開けたいところです。 F2.8ではありますが、このレンズは解放から安心して使用できます。 ...
続きを読む
角形フィルターで遊ぼう 【marumi】最新の角形フィルターを試みる 2019年08月16日
α7III + FE16-35mm F2.8 GM + M100 + C-PL For M100 + Soft GND8 + ND16 18mm | F8 | 20s | ISO100 千葉県佐倉市 印旛沼にて 「marumi」から最新鋭の角形フィルター誕生 EXUSやEXUS SOLIDといったレンズフィルターをご存知でしょうか。 レンズフィルター専業メーカーとして名の知れる「マルミ光機」通称「marumi」。 marumiのフィルターを愛用する写真愛好家は多いと思います。 レンズフィルターとは、レンズ前面のガラスの保護を目的として装着する「保護フィルター」が一般的ですが、 ...
続きを読む
嵐のち晴天、黄昏がきこえた 【私のお気に入り】嵐のち晴天、黄昏がきこえた 2019年08月16日
ライツレンズはその端正な造りもあって こういった空間にもうまく溶け込んでいます。 おわかりいただけるでしょうか。 閑話休題、お盆も明けて そろそろ素麺や冷や麦に 飽きてきた頃合いかと思います。 皆様いかがお過ごしでしょうか。 この度は【私のお気に入り】の続きを綴ります。 またお付き合いいただけると幸いです。 背中。 何も告げず帰ってきた私にも ふたりは昔と変わらない あたたかさで迎えてくれました。 祖母は明るく少し皮肉屋で、 ...
続きを読む
Canon EOS kiss X7+Nikon Ai AF Zoom Nikkor 35-70mm F2.8D 【私のお気に入り】キヤノン×ニコン 夏のポートレート 2019年08月15日
今回はCanon EOS kiss X7にニコンのレンズを装着して撮影したポートレートを紹介します。  使用レンズは1992年に発売されたNikon Ai AF Zoom Nikkor 35-70mm F2.8D このボディとレンズの組み合わせは大学生の頃から愛用しています。 Canon EOS kiss X7+Nikon Ai AF Zoom Nikkor 35-70mm F2.8D 最新のレンズでは表現できないような、ふんわりとした描写がとても好きです。 27年前に発売されたレンズなので、F値開放で撮影すると少々ピントを合わせにくいです。 Canon EOS kiss X7+Nikon...
続きを読む
TeleElmare135mm+monochrom 【私のお気に入り】MMvol.3 2019年08月14日
前回に続きわたしのお気に入り『LEICA M Monochrom』 まだまだレンズを模索する日々、 今回は普段個人では使わない望遠を攻めてみました。 ここでいきなり【Tele Elmar135mm】を持ち出す事に。 ちなみにわたしが使っているモノクロームCCDタイプのもの ライブビューありません。AFもそこはM型、ありません。 いけるのでしょうか… よって撮ってみたり 眼圧の限界を感じながらも引いてみたり 通りがかりでやっていた阿波踊り とてつもなく混み合っていた...
続きを読む

[↑TOPへ戻る]