【PENTAX】FA35mmF2の進化 | THE MAP TIMES 
Select Language



【PENTAX】FA35mmF2の進化

[ Category:PENTAX RICOH|掲載日時:2019年02月20日 10時30分]



『smc PENTAX-FA35mmF2AL・HD FA35mmF2』

PENTAX K-1+HD FA 35mm F2
PENTAX K-1+HD FA 35mm F2 1/400 f/2 ISO100


PENTAXファンの皆様、お待たせいたしました。
FA35mmF2にHDコーティングを採用したという、今週新発売のHD FA35mmF2。

誰もが気になっているであろうこと、
なぜこのレンズをリニューアルする必要があったのか…
今回一足早く新旧の描写を比較してみたところ、すぐにその答えが見えてきました。
その魅力をお伝えしたいと思います。

まずは外観の比較をご覧くださいませ。

PENTAX K-1 + smc PENTAX-FA35mmF2AL
PENTAX K-1 + smc PENTAX-FA35mmF2AL
K-1+HD FA35mm F2
PENTAX K-1 + HD FA35mmF2

旧FA35mmですと、高画素フルサイズ機・K-1とデザインや質感が異なるため、装着しようと思う機会が少なかった組み合わせでしたが、
新FA35mmはK-1とマッチしており、非常にかっこいいと思いました。
ピントリングが到来のものよりもぐっと使いやすくなりました。

デザインに統一感があるものの、距離計や絞りリングは到来と変わらないため、違和感を感じないリニューアルで、
さすが、PENTAXはファンの気持ちが分かっているなと感じます。

そして気になるコーティングの違いとは…
同じ位置、同じ設定でレンズを変えて撮り比べてみたところ、驚くほどの差を感じました。

PENTAX K-1 + smc PENTAX-FA35mmF2AL
PENTAX K-1 + smc PENTAX-FA35mmF2AL 1/160 f/8 ISO100
PENTAX K-1 + HD FA35mmF2
PENTAX K-1 + HD FA35mmF2 1/160 f/8 ISO100

写真向かって右手に太陽がいる状況、
旧FA35mmはフレアが発生してしまい、全体が白っぽくシャープネスが失われています。
対して新FA35mmはしっかりと空・水のどちらも青の発色が綺麗に出ています。

PENTAX K-1 + smc PENTAX-FA35mmF2AL
PENTAX K-1 + smc PENTAX-FA35mmF2AL 1/160 f/8 ISO100
PENTAX K-1 + HD FA35mmF2
PENTAX K-1 + HD FA35mmF2 1/160 f/8 ISO100

ここまで違うとRAWで整えて現像しているのではないかと思われてしまいそうで不安なほどですが、
もちろんすべてJPEGの撮って出しです。
正直に申し上げると、状況によってはフレアやゴーストなどが発生する場合もありましたが、数枚撮ればOK、
上記の写真の通り、新FA35mmは厳しい条件下の中でもゴーストを発生することなく撮影することが出来ました。


最後の撮り比べはあえてパープルフリンジが発生しやすい最大開放で撮影しました。

PENTAX K-1 + smc PENTAX-FA35mmF2AL
PENTAX K-1 + smc PENTAX-FA35mmF2AL 1/5000 f/2 ISO100
PENTAX K-1 + HD FA35mmF2
PENTAX K-1 + HD FA35mmF2 1/5000 f/2 ISO100

多すぎるパープルフリンジに肩を落としてしまいそうな旧FA35mm。
対して若干残っているものの、素晴らしいクリアな描写を残してくれた新FA35mm。
この歴然とした違いを目の当たりにし、リニューアルの意図が見えてきたような気がしました。

PENTAX K-1 + HD FA35mmF2
PENTAX K-1 + HD FA35mmF2 1/500 f/2 ISO100

片手で持ち運びしながら1日使用しておりましたが、K-1の持ちやすいグリップと
レンズの全長が短く軽量なHDFA35mmの組み合わせは
非常に使いやすくてストレスなく、気軽に撮影を楽しむことが出来ました。

PENTAX K-1 + HD FA35mmF2
PENTAX K-1 + HD FA35mmF2 1/640 f/2 ISO100

FA35mmは到来から小さくて軽くてしかもお値段もお手頃で、
非常に扱いやすいレンズです。
ですが、厳しい条件下では描写力に乏しい場面が出てしまい、
現行機種・フルサイズ、高画素機であるK-1MarkⅡの高画質を再現できない状況がありました。

PENTAX K-1 + HD FA35mmF2
PENTAX K-1 + HD FA35mmF2 1/800 f/2.2 ISO100

その概念を見事に覆し、完璧なリニューアルを遂げたHD FA35mmF2はPENTAXユーザーなら
必ず持っておきたい基本の1本へ、そして長く永久に愛される1本になることでしょう。

発売まであと2日となりました。
既存のPENTAXユーザーの方にはもちろん、
はじめてPENTAXを使用する方にもはじめの単焦点の1本として、
ぜひ手に入れてみてください。


また、注目の広角スターレンズのフォトレビューは近日中にkasyapaにて掲載を予定しております。
もう少々お待ちくださいませ。

▼今回使用した機材はこちら▼







〓〓タイムズフォト〓〓〓〓商品ピックアップ〓〓


[ Category:PENTAX RICOH|掲載日時:2019年02月20日 10時30分]



≪前の記事 記事一覧 次の記事≫

写真展のご案内 〜『In the darkroom - 黒白写真フリーク展 VIII -』~ 写真展のご案内 〜『In the darkroom - 黒白写真フリーク展 VIII -』~ 2019年05月25日
マップカメラでは写真展のご案内を致しております。 本日ご紹介するのは 『In the darkroom - 黒白写真フリーク展 VIII -』です。 是非足をお運び下さい。
続きを読む
ALPA in Wonderland ALPA in Wonderland 2019年05月24日
この度私が紹介させていただくのは【Alpa Reflex II】です。 はじめに、アルパとは。 スイスの時計部品メーカー、ピニオン社製のカメラ。 レンズは他社から供給を受けていました。 【アルパ】のカメラは多くの種類がありますが、 この度私が使いますのは【アルパフレックス】のII型、前期モデルにあたります。 まずはこのカメラの機械的な仕組みの説明から。 鉄板削り出しの文字どおり重厚な造りのボディ。 シャッタースピードは...
続きを読む
【OLYMPUS】カメラと旅を。Ⅵ 【OLYMPUS】カメラと旅を。Ⅵ 2019年05月23日
カメラと旅を。第6弾。 今回はウサギが有名なとある島とともにお届けいたします。 持って行ったのはOLYMPUS PEN-F+M.ZUIKO DIGITAL ED12-100mmF4.0IS PRO 焦点距離:12mm 絞り:F9 シャッタースピード:1/320秒 ISO:200 島自体は1周1時間で回れる大きさ。 人口20人前後、それに比べウサギは900羽を超える数が生息しています。 焦点距離:100mm 絞り:F4.5 シャッタースピード:1/250秒 ISO:200 船から降りるといたるところにもふっ。もふっ。 地面に穴を掘って寝ていたり、追い...
続きを読む
Motorsports photo #7 Motorsports photo #7 2019年05月22日
「シーズンイン」 今年もモータースポーツの季節がやってきました。 令和最初の撮影ということもあり、テンションを上げて撮影に臨みました!(5月3.4、富士スピードウェイにて撮影) Nikon Z7 FTZ + SIGMA Sports 500mm F4 DG OS HSM(ss1/80 F10) 普段、撮影しているダンロップコーナー立ち上がりをZ7で撮影に臨みました。 比較的コーナー続きなため、Z7でもなんとか撮影可能であります。 Z7にテレコンバーターを使用し撮影すると、ピントを外すことが多いので、今回は普段使用している1.4倍のテレコ...
続きを読む
nekotocamera 【Nikon】Neko to camera 2019年05月22日
『Neko to camera』 10連休という異例のゴールデンウィークも終わり、少しずつ梅雨のじめじめとした空気が漂うようになってまいりました。連休中に写真をたくさん撮影された方は整理にも悩まれる頃かと思われます。いかがお過ごしでしょうか。 さて、Neko to cameraでは日常に潜む猫をテーマにお届けしたいと思います。 『猫とは類まれなる美貌を持ち、頭脳明晰でこちらの考えていることが分かっているかのような動きを見せてくれる生き物であります。』 今回はそんなかわいらしい猫をNikon DfとA...
続きを読む

[↑TOPへ戻る]