【PENTAX】FA35mmF2の進化 | THE MAP TIMES //該当の要素を削除する $(this).remove(); }); });  【PENTAX】FA35mmF2の進化 | THE MAP TIMES
Select Language

【PENTAX】FA35mmF2の進化

[ Category: PENTAX RICOH|掲載日時:2019年02月20日 10時30分]


『smc PENTAX-FA35mmF2AL・HD FA35mmF2』

PENTAX K-1+HD FA 35mm F2
PENTAX K-1+HD FA 35mm F2 1/400 f/2 ISO100


PENTAXファンの皆様、お待たせいたしました。
FA35mmF2にHDコーティングを採用したという、今週新発売のHD FA35mmF2。

誰もが気になっているであろうこと、
なぜこのレンズをリニューアルする必要があったのか…
今回一足早く新旧の描写を比較してみたところ、すぐにその答えが見えてきました。
その魅力をお伝えしたいと思います。

まずは外観の比較をご覧くださいませ。

PENTAX K-1 + smc PENTAX-FA35mmF2AL
PENTAX K-1 + smc PENTAX-FA35mmF2AL
K-1+HD FA35mm F2
PENTAX K-1 + HD FA35mmF2

旧FA35mmですと、高画素フルサイズ機・K-1とデザインや質感が異なるため、装着しようと思う機会が少なかった組み合わせでしたが、
新FA35mmはK-1とマッチしており、非常にかっこいいと思いました。
ピントリングが到来のものよりもぐっと使いやすくなりました。

デザインに統一感があるものの、距離計や絞りリングは到来と変わらないため、違和感を感じないリニューアルで、
さすが、PENTAXはファンの気持ちが分かっているなと感じます。

そして気になるコーティングの違いとは…
同じ位置、同じ設定でレンズを変えて撮り比べてみたところ、驚くほどの差を感じました。

PENTAX K-1 + smc PENTAX-FA35mmF2AL
PENTAX K-1 + smc PENTAX-FA35mmF2AL 1/160 f/8 ISO100
PENTAX K-1 + HD FA35mmF2
PENTAX K-1 + HD FA35mmF2 1/160 f/8 ISO100

写真向かって右手に太陽がいる状況、
旧FA35mmはフレアが発生してしまい、全体が白っぽくシャープネスが失われています。
対して新FA35mmはしっかりと空・水のどちらも青の発色が綺麗に出ています。

PENTAX K-1 + smc PENTAX-FA35mmF2AL
PENTAX K-1 + smc PENTAX-FA35mmF2AL 1/160 f/8 ISO100
PENTAX K-1 + HD FA35mmF2
PENTAX K-1 + HD FA35mmF2 1/160 f/8 ISO100

ここまで違うとRAWで整えて現像しているのではないかと思われてしまいそうで不安なほどですが、
もちろんすべてJPEGの撮って出しです。
正直に申し上げると、状況によってはフレアやゴーストなどが発生する場合もありましたが、数枚撮ればOK、
上記の写真の通り、新FA35mmは厳しい条件下の中でもゴーストを発生することなく撮影することが出来ました。


最後の撮り比べはあえてパープルフリンジが発生しやすい最大開放で撮影しました。

PENTAX K-1 + smc PENTAX-FA35mmF2AL
PENTAX K-1 + smc PENTAX-FA35mmF2AL 1/5000 f/2 ISO100
PENTAX K-1 + HD FA35mmF2
PENTAX K-1 + HD FA35mmF2 1/5000 f/2 ISO100

多すぎるパープルフリンジに肩を落としてしまいそうな旧FA35mm。
対して若干残っているものの、素晴らしいクリアな描写を残してくれた新FA35mm。
この歴然とした違いを目の当たりにし、リニューアルの意図が見えてきたような気がしました。

PENTAX K-1 + HD FA35mmF2
PENTAX K-1 + HD FA35mmF2 1/500 f/2 ISO100

片手で持ち運びしながら1日使用しておりましたが、K-1の持ちやすいグリップと
レンズの全長が短く軽量なHDFA35mmの組み合わせは
非常に使いやすくてストレスなく、気軽に撮影を楽しむことが出来ました。

PENTAX K-1 + HD FA35mmF2
PENTAX K-1 + HD FA35mmF2 1/640 f/2 ISO100

FA35mmは到来から小さくて軽くてしかもお値段もお手頃で、
非常に扱いやすいレンズです。
ですが、厳しい条件下では描写力に乏しい場面が出てしまい、
現行機種・フルサイズ、高画素機であるK-1MarkⅡの高画質を再現できない状況がありました。

PENTAX K-1 + HD FA35mmF2
PENTAX K-1 + HD FA35mmF2 1/800 f/2.2 ISO100

その概念を見事に覆し、完璧なリニューアルを遂げたHD FA35mmF2はPENTAXユーザーなら
必ず持っておきたい基本の1本へ、そして長く永久に愛される1本になることでしょう。

発売まであと2日となりました。
既存のPENTAXユーザーの方にはもちろん、
はじめてPENTAXを使用する方にもはじめの単焦点の1本として、
ぜひ手に入れてみてください。


また、注目の広角スターレンズのフォトレビューは近日中にkasyapaにて掲載を予定しております。
もう少々お待ちくださいませ。

▼今回使用した機材はこちら▼







〓〓タイムズフォト〓〓〓〓商品ピックアップ〓〓


[ Category: PENTAX RICOH|掲載日時:2019年02月20日 10時30分]

面白いと思ったらコチラをClick!42票


『逍遥』PENTAX 6×7

『逍遥』PENTAX 67[2019年10月16日]

『逍遥』PENTAX 6×7 『逍遥(しょうよう)』とは、気ままにぶらぶら歩くこと、 つまりは散歩です。 たとえば、天気の良い日に洗濯物を干していて、ふと出かけたくなり、ちょっとそこまで散歩をする。 こういったことを『逍遥』と呼ぶのだと個人的に解釈しています。 散歩よりもちょっとかっこいい存在です。 今回は筆者が『逍遥』に持ち出したカメラ、 PENTAX67をご紹介します。 ウッドグリップがあるとよりどっしりとした印象を受けます。 少し重量が増えますが、 このカメ...
続きを読む
【RICOH】楽しい白黒

【RICOH】楽しい白黒[2019年10月09日]

『RICOH GRⅢ』 -言葉を写真に- 1/100 F2.8 ISO1000 ハイコントラスト白黒 今回は最強のスナップシューターと呼ばれるRICOH GRⅢを使用しました。 GRⅡよりも、大きさが一回り小さくなったため、とても扱いやすく、 まるで自分の体の一部に思えてしまうような感覚でストレスフリーに撮影することが出来ました。 1/200 F4 ISO1000 ハイコントラスト白黒 電源ボタンを押してから、撮影ができるスピードもGRⅡと比べ、驚くほど速く撮影することが出来ます。 この些細な向上が、一瞬のシャッターチャ...
続きを読む
PENTAX K-7

【増税前にデビュー】モノクロ写真に挑戦[2019年09月29日]

デジタルカメラで撮るようになってからはずっとカラーしか撮影していなかったのですが、今回はモノクロに挑戦してみました。 通勤途中に毎日見かける景色も、モノクロで撮るとひと味違って見えます。 木の感じがいい味を出しています。ちなみに、ここのラーメンは結構おいしいです。 これもいつもの景色。モノクロ写真で見るとなんだか懐かしい気分になります。 めいっぱい広角で撮ったところ、とてもダイナミックな写真になりました。 待ち合わせスポットの通称「ぐるぐる」。...
続きを読む
はじめてのマクロレンズ

【増税前にデビュー】はじめてのマクロレンズ[2019年09月21日]

雨の雫を撮影してみたかったんです。 世の中には素敵な雫写真が沢山あるので、 真似したくなりました。 そうはいっても雨の日にカメラを持ち出す気にはなれず。 雨上がりでの撮影チャンスにもなかなか出会えず。 ということで無理やり庭に水をまいて撮影することにしました。 くつろいでいた虫達が逃げ回っております。 今回使用した機材はこちら。 『PENTAX KP』 『PENTAX HD DA35mm F2.8 Macro Limited』 「HD DA35mm F2.8 Macro Limited」は、 小型で携帯性もよく「KP」との相性も抜...
続きを読む
PENTAX K-7

【写真を楽しむ6月】近所で新発見[2019年06月30日]

ふと、近所の普段は通らない道に新しい発見があるかもしれない!と思い立ち、 愛機ペンタックスK-7と共に地元である町田を散策してみました。 カメラを持って、傘をカバンに入れて、気合を入れて、「いざ、参る!」 さっそく新しい発見。 天明7年(1787年)に創業し200年以上続いているこだわりの醤油蔵でした。 しかもここはその本店です。近所にこんなすごい蔵があるとは驚きです。 少し歩くとまた新たな発見! 地元で人気のある老舗のとんかつ屋『とんかつ松村』こんな近所にあったと...
続きを読む