【PENTAX】FA35mmF2の進化 | THE MAP TIMES 
Select Language



【PENTAX】FA35mmF2の進化

[ Category:PENTAX RICOH|掲載日時:2019年02月20日 10時30分]



『smc PENTAX-FA35mmF2AL・HD FA35mmF2』

PENTAX K-1+HD FA 35mm F2
PENTAX K-1+HD FA 35mm F2 1/400 f/2 ISO100


PENTAXファンの皆様、お待たせいたしました。
FA35mmF2にHDコーティングを採用したという、今週新発売のHD FA35mmF2。

誰もが気になっているであろうこと、
なぜこのレンズをリニューアルする必要があったのか…
今回一足早く新旧の描写を比較してみたところ、すぐにその答えが見えてきました。
その魅力をお伝えしたいと思います。

まずは外観の比較をご覧くださいませ。

PENTAX K-1 + smc PENTAX-FA35mmF2AL
PENTAX K-1 + smc PENTAX-FA35mmF2AL
K-1+HD FA35mm F2
PENTAX K-1 + HD FA35mmF2

旧FA35mmですと、高画素フルサイズ機・K-1とデザインや質感が異なるため、装着しようと思う機会が少なかった組み合わせでしたが、
新FA35mmはK-1とマッチしており、非常にかっこいいと思いました。
ピントリングが到来のものよりもぐっと使いやすくなりました。

デザインに統一感があるものの、距離計や絞りリングは到来と変わらないため、違和感を感じないリニューアルで、
さすが、PENTAXはファンの気持ちが分かっているなと感じます。

そして気になるコーティングの違いとは…
同じ位置、同じ設定でレンズを変えて撮り比べてみたところ、驚くほどの差を感じました。

PENTAX K-1 + smc PENTAX-FA35mmF2AL
PENTAX K-1 + smc PENTAX-FA35mmF2AL 1/160 f/8 ISO100
PENTAX K-1 + HD FA35mmF2
PENTAX K-1 + HD FA35mmF2 1/160 f/8 ISO100

写真向かって右手に太陽がいる状況、
旧FA35mmはフレアが発生してしまい、全体が白っぽくシャープネスが失われています。
対して新FA35mmはしっかりと空・水のどちらも青の発色が綺麗に出ています。

PENTAX K-1 + smc PENTAX-FA35mmF2AL
PENTAX K-1 + smc PENTAX-FA35mmF2AL 1/160 f/8 ISO100
PENTAX K-1 + HD FA35mmF2
PENTAX K-1 + HD FA35mmF2 1/160 f/8 ISO100

ここまで違うとRAWで整えて現像しているのではないかと思われてしまいそうで不安なほどですが、
もちろんすべてJPEGの撮って出しです。
正直に申し上げると、状況によってはフレアやゴーストなどが発生する場合もありましたが、数枚撮ればOK、
上記の写真の通り、新FA35mmは厳しい条件下の中でもゴーストを発生することなく撮影することが出来ました。


最後の撮り比べはあえてパープルフリンジが発生しやすい最大開放で撮影しました。

PENTAX K-1 + smc PENTAX-FA35mmF2AL
PENTAX K-1 + smc PENTAX-FA35mmF2AL 1/5000 f/2 ISO100
PENTAX K-1 + HD FA35mmF2
PENTAX K-1 + HD FA35mmF2 1/5000 f/2 ISO100

多すぎるパープルフリンジに肩を落としてしまいそうな旧FA35mm。
対して若干残っているものの、素晴らしいクリアな描写を残してくれた新FA35mm。
この歴然とした違いを目の当たりにし、リニューアルの意図が見えてきたような気がしました。

PENTAX K-1 + HD FA35mmF2
PENTAX K-1 + HD FA35mmF2 1/500 f/2 ISO100

片手で持ち運びしながら1日使用しておりましたが、K-1の持ちやすいグリップと
レンズの全長が短く軽量なHDFA35mmの組み合わせは
非常に使いやすくてストレスなく、気軽に撮影を楽しむことが出来ました。

PENTAX K-1 + HD FA35mmF2
PENTAX K-1 + HD FA35mmF2 1/640 f/2 ISO100

FA35mmは到来から小さくて軽くてしかもお値段もお手頃で、
非常に扱いやすいレンズです。
ですが、厳しい条件下では描写力に乏しい場面が出てしまい、
現行機種・フルサイズ、高画素機であるK-1MarkⅡの高画質を再現できない状況がありました。

PENTAX K-1 + HD FA35mmF2
PENTAX K-1 + HD FA35mmF2 1/800 f/2.2 ISO100

その概念を見事に覆し、完璧なリニューアルを遂げたHD FA35mmF2はPENTAXユーザーなら
必ず持っておきたい基本の1本へ、そして長く永久に愛される1本になることでしょう。

発売まであと2日となりました。
既存のPENTAXユーザーの方にはもちろん、
はじめてPENTAXを使用する方にもはじめの単焦点の1本として、
ぜひ手に入れてみてください。


また、注目の広角スターレンズのフォトレビューは近日中にkasyapaにて掲載を予定しております。
もう少々お待ちくださいませ。

▼今回使用した機材はこちら▼







〓〓タイムズフォト〓〓〓〓商品ピックアップ〓〓


[ Category:PENTAX RICOH|掲載日時:2019年02月20日 10時30分]



≪前の記事 記事一覧 次の記事≫

GR IIとお散歩 【RICOH】GR IIとお散歩 2019年05月17日
ゴールデンウィークも終わり、初夏を思わせるような陽気になってきました。 そんな私は桜が散り始めた頃、 周りの方々からすすめられて、気になっていたカメラを手にしました。 【RICOH (リコー) GR II】です。 今回はこのカメラを持ち、駒込にある「六義園」に行きました。 巣鴨駅からとことこお散歩をしながら六義園の近くまで。 知らない場所を歩くのは楽しいですね。 庭園にはレトロなお茶屋さんがあったり、老若男女楽しめるところでした。 毎日東京のせわしないところに...
続きを読む
緑の恵み 【PENTAX】緑の恵み 2019年05月15日
『PENTAX K-1MarkⅡ +FA77mm F1.8 Limited』 1/125 f/8 ISO400 WB AUTO -言葉を写真に- "ひとつ、またひとつ心を優しくするために" 1/100 f/6.3 ISO800 WB AUTO 今回は新緑の緑を感じにフルサイズボディPENTAXK-1と 独特な描写で人気のLimitedレンズ・FA77mmの組み合わせでお出掛けしました。 1/160 f/5.6 ISO800 WB AUTO PENTAXは緑の発色が本当に綺麗だと、心から思います。 JPEGで撮ってだし、WBをボディ内で調整せず、 AUTOでこの緑の発色が出せ、さらにこの表現力は このメーカ...
続きを読む
THETA 【新元号令和、平成を振り返る】RICOH THETAを振り返る 2019年04月07日
RICOHより平成25年に発売された全天球カメラ『THETA』シリーズは、平成という時代の中では比較的最後の方に登場したカメラではありますが、同時に360度のパノラマ写真を撮影する全天球カメラという平成という時代に新たに生まれたジャンルのパイオニアともいうべきカメラでもあります。 無印から始まったTHETAも現在では『THETA V』で五台もの機種が発売となり、近日発売に発売日がずれ込んでしまいましたが最新機『THETA Z1』もただいまご予約受付中となっています。THETA Z1はセンサーが1インチにパワー...
続きを読む
RIOCH GR III 【RICOH】GReatest snapshooter 2019年03月20日
GR III 1/40 | F2.8 | ISO 1600 ついに発売となりました、RICOH GR III。 昨年の発表からずっと心待ちにしていた方も多くいらっしゃると思います。 既に最高のスナップシューターとしての地位を確立し、 このジャンルにおける一大巨塔であったGRシリーズ。 ですがここにきて、さらなる小型化、画素数向上、レンズの刷新、 そして手ぶれ補正機構”SR”を搭載するなどなど、 さらなる高み、”究極”へと進化したGR III。 待望のこのGR IIIで撮影してきましたので、ご覧いただければと思いま...
続きを読む
【PENTAX】新宿ビル's 【PENTAX】新宿ビル's 2019年03月01日
今回はPENTAX K-7とDA50-200mm F4-5.6ED WRを持って西新宿を散歩しました。 あまり動かずに遠くのものを撮影できるレンズを使うと、どうしてもビルを撮りたくなります。 新宿はビルが多く建てられていますので、建物好きにはいい撮影ポイントだと思います。 今回使用したのはお手軽価格のレンズですが、建物の深見も写し撮ってくれます。 光をうまい具合に反射したビルを撮影したところ、ダイナミックな描写になりました。 ビルを撮る時、どうしてもこういうアングルを撮りたくなり...
続きを読む

[↑TOPへ戻る]