新登場!オリジナルフィルター「WORプロテクトフィルター 」! | THE MAP TIMES 
Select Language



新登場!オリジナルフィルター「WORプロテクトフィルター 」!

[ Category:etc.|掲載日時:2019年02月21日 20時22分]






WOR...!?


皆様こんにちは。
マップカメラでは2019年2月22日より、新オリジナルフィルター「WORプロテクトフィルター」の販売を開始いたしました。
目指したのは「安心の国内生産」「撥水撥油コーティング」、そして嬉しい「お買い得価格」。さっそく見ていきましょう。



■安心の国内生産■

当店では長らく定番品として「MC-Nノーマルフィルター」を取り扱っていますが、より高機能なフィルターを求める声も頂戴しており、今回「WORプロテクトフィルター」という名で待望の商品化に漕ぎ着けました。
安心の国内生産を実現するために、製造はフィルター専業メーカー「マルミ光機」に依頼。
撥水撥油フィルターの先駆けとして同社より登場した「DHGスーパー」シリーズと同等のガラスを採用したことで、雨や油汚れに強いフィルターに仕上がっています。



■お手入れが楽になる撥水撥油コーティングを採用■

水滴なんてどんどん弾きます
水滴なんてどんどん弾きます




頑固な油性インクも弾いてしまいます
頑固な油性インクも弾いてしまいます


今回最大の改良点は、ガラス表面に施すコーティングを撥水撥油コーティングにアップグレードさせたことです。
これにより、ガラス表面に付着する水滴や油汚れを抑制できるほか、付着した場合でも軽く拭き取れるようになりました。


こ、こんなにも違いがっ!
左:従来品 右:WORフィルター

フィルター表面に水滴を垂らすと、さっそく違いが現れました。
左の従来品では、ガラス面に垂れた水滴が広範囲に拡散したのに対して、WORは水滴となって散らばっていることがわかります。
これだけでも大きな違いといえるのですが、実際はこの状態からメンテナンスを行っていきます。実験して改めて凄さを感じたのが、メンテナンスにかかる手間の違い。
WORフィルターはティッシュを被せると、フィルター面から水滴を瞬く間に吸引できたのに対して、従来品は完全に吸引できず、最終的にクリーナーを用いて除去に至りました。


そのさま、まさに古い卵白のよう

従来品を手前に引き出し、アップで撮影。
水滴が広範囲に広がるため、水滴の盛り上がりは失われています。
生卵で例えると、古くなった卵白のような印象。



そのさま、フレッシュな卵黄のよう

WORプロテクトフィルターをアップで撮影。
新鮮な卵黄のように、水滴は半球の形状を維持しています。


いざというときのために、筆運びは鍛錬しなくてはと思った瞬間
左:従来品 右:WORプロテクトフィルター

次は撥油効果を確かめるべく、油性マジックを使って落書きを施してみました。
WORフィルターでは油性インクは細かな粒のように分散したのに対して、従来品は不慣れな筆運びを克明に記録してくれました。
著名なアスリートのサインを狙う方は従来品を、荒天下でも著名なアスリートの姿を狙いたい方は、WORプロテクトフィルターをお選びください。



■レンズの意匠を活かすデザイン■

こだわりの黒字プリント


今回のWORプロテクトフィルターは外観にも違いがあります。
従来品は印字を行わずお買い得価格を実現する一方、口径の記載がないためサイズが分からなくなるという評価をいただいていました。
WORフィルターはお客様の声に応え、シルクプリントによる印字を行うことでサイズ表記を実現しました。
同系色の色味にしたこともこだわりのポイント。
従来品のシンプルなデザインは「レンズの意匠・デザインを損なわない」ということで支持されていました。
他にはないブラックのプリントで対応することで、記事の冒頭に上げた写真のように光に反射させるとハッキリ見え、通常は目立たない印字を実現しました。



■お手頃価格を実現■

マップカメラオススメのWORプロテクトフィルター。
価格もオリジナル商品として、お手頃価格に収まるよう頑張りました。

フィルターラインナップは、ミラーレス一眼用の小型単焦点から、フルサイズ一眼向けの大口径ズームレンズまで対応できるよう、43mm~82mmまでの11種類をご用意いたしました。
価格は¥1,980-~¥4,380-となっています。

画質にこだわるハイエンドユーザーはもちろん、可愛いお子様の写真を綺麗に撮りたいパパママ世代にもオススメの「WORプロテクトフィルター」。ぜひ一度お試しください。



マップカメラがオススメする「WORプロテクトフィルター」





〓〓タイムズフォト〓〓

[ Category:etc.|掲載日時:2019年02月21日 20時22分]



≪前の記事 記事一覧 次の記事≫

ヴィンテージカメラ mickey35を使ってみた ヴィンテージカメラ mickey35を使ってみた 2019年05月20日
先日リサイクルショップの陰にひっそりと転がっていた一つのカメラを購入しました。 本日はこのカメラについて書いていきたいと思います。 色々なカメラに興味が湧いてくると、最終的にたどり着くのがオールドカメラ。 そんな経験をされている方も多いのではないでしょうか? この世の中には様々なメーカーのカメラやレンズたちが眠っていますが、多くは大量生産されたレンズやボディ、希少性があってもLeicaなどの高価な有名メーカーが占めており 生産数が少ない無名メーカーのカメラはな...
続きを読む
新品・中古デジタルカメラ人気ランキング 2019年4月 新品・中古デジタルカメラ人気ランキング 2019年05月11日
新品デジカメ4月ランキング 1位 SONY α6400 ミラーレス一眼カメラ 2位 SONY α7III ミラーレス一眼カメラ 3位 SONY Cyber-shot DSC-RX0M2 コンパクトデジタルカメラ 4位 Nikon Z6 ミラーレス一眼カメラ 5位 FUJIFILM X-T30 ミラーレス一眼カメラ 6位 Canon EOS R ミラーレス一眼カメラ 7位 Canon IXY200 コンパクトデジタルカメラ 8位 R...
続きを読む
【CONTAX】デジタルバックの深淵 【CONTAX】デジタルバックの深淵 2019年05月07日
新元号を迎えて10連休も終わり、新しい時代を感じる連休明け。 皆様いかがお過ごしでしょうか? 今回は非常にレアな組み合わせ。 CONTAX唯一の中判カメラであるCONTAX645と、専用デジタルバックの PhaseOne P45+を使用してみました。 世代としては少し前のデジタルバックですが、使用してみるとコレでしか味わえない 魅力が詰まった描写の数々に思わず欲しくなってしまうほどです。 折角こんなに素敵な機材なのだからと、桜を見ながら 撮影していました。CONTAX645の標準レンズであるPlanar...
続きを読む
新元号令和、平成を振り返る】私が見た平成の色 【新元号令和、平成を振り返る】私が見た平成の色 2019年04月25日
元号が変わる。 平成生まれの私はニュースで見た時に『消費期限や保証書ってどうなるんだろう』と他人事のように思いました。 5月になるにつれて平成最後のフェアや、元号が変わる内容の音楽、先日は令和のグッズや服が売っているのを見ました。 平成を振り返る。 と言うのは私の23年間を振り返る。 ということで、正確にはカメラを初めて持った高校生から少し振り返っていこうと思います。 高校生、ずっと続けていた吹奏楽部を抜けてからそれまでの目まぐるしい時間が止まったように...
続きを読む
【新元号令和、平成を振り返る】写真で思い出を振り返る 【新元号令和、平成を振り返る】写真で思い出を振り返る 2019年04月24日
「写真で思い出を振り返る」 平成も残すところ数日となってまいりました。 平成を振り返ってみると、カメラを持っていろいろなところへ出掛け、たくさんの写真を撮ったなと感じています。 ここ5年は特に写真の枚数が増えたように感じております。 なので今回はどのような写真を撮ってきたか振り返るブログにしようと思います。 筆者は普段動体をメインに撮影しておりますが、写真を始めた頃は、自宅の猫をひたすら撮っておりました。 Nikon Nikon 1 V2 + FT1 + SIGMA 50mm F1.4 EX DG HSM 学生...
続きを読む

[↑TOPへ戻る]