【GoPro】GoPro×海 | THE MAP TIMES 
Select Language



【GoPro】GoPro×海

[ Category:GoPro|掲載日時:2019年02月28日 10時30分]



GoPro HERO7が発売されてから5ヶ月が経とうとしています。
私個人としてはHERO6を持っているし、機能が大きく変わっているわけではないので、買い換える必要はないかな。と思っていました。
あの時までは。


HERO6との違いは手振れ補正や画質調整が強化されています。
新製品は触ってみたいもの。
撮る機会があったので物は試しにと借りてみました。

撮影地は日本、西の最果て地。
ヨナクニウマと某離島医療ドラマで一躍有名になった与那国島へ


OLYMPUSPEN-F+M.ZUIKO DIGITAL ED 12mm F2.0



与那国島は基本雨が多く、私が行った3日間も厚い雲に覆われておりました。
撮り比べるためにGoPro HERO7とHERO6、それから愛用のOLYMPUS PENFを持参しましたが、PENFは防塵防滴ではないために離島での出番はあまりありませんでした。
下記の写真は夕飯の後の雨が引いた時にPEN-Fでパシャリ


GoPro HERO7



今回はハンマーヘットシャークを見るために3日間ダイビングをしました。
いつもよりも深いところへ行き、周りは何も無い静かな青が広がります。

撮り比べといっても、二つ同時に持っていくことは出来ず、ポイントや天気なども左右されているので、あくまで私個人的に実感したことを綴っていこうと思います。


OLYMPUSPEN-F+M.ZUIKO DIGITAL ED 12mm F2.0



HERO7はHERO6と同じアクセサリーが使えます。
自前のハウジングとバンドが使えるのは買い直さなくて済むので有難いです。

設定は基本カメラ任せ。
コントラスト・露出・鮮度→標準
鮮明度→ハード
ホワイトバランス→自動
ハードであればきっと綺麗にサメが写るだろうと安易な考え方をしていたのですが、実際にはシャープが強かったと少し後悔をしました。


GoPro HERO7



1日目潜ってから、撮影したものをiPhoneのアプリで見てみると…
これが手ブレ補正の威力か。
海の美しい青のグラデーションと透明度をここまで写すことが出来る。
フィンを蹴る動きや、息を吸う音が聞こえてきそうな写真が撮れました。


GoPro HERO7



海の中での設定は難しいので全てオートで撮影しています。
画格が違うものはムービーをiPhoneでスクリーンショットしたものです。


GoPro HERO6
GoPro HERO7



今まで使っていたHERO6では、上(水面や太陽)に向けるとぶれてしまったり、色が潰れてしまうことが多々ありました。
HERO7は驚くほどクリア


GoPro HERO7



こちらは海が荒れてしまいシャッターを切りにくく、ムービーを回しっぱなし。放置をしたものです。
水面に上がる寸前の写真
目の前にいるバディと荒れた海がわかります。


GoPro HERO7



余談ですが、サメは20-30匹の群れに遭遇することが出来ました。
サメを見つけると鈴を鳴らし指さしで教えてくれます。
頑張って泳いだのですがムービーに残っていたのは小さい…
望遠レンズが欲しいところです。


GoPro HERO7



圧倒的な手ブレ補正効果を実感しました。
これは下取り交換をしたいところです。


GoPro HERO7















マップカメラのご案内


〓〓商品ピックアップ〓〓 〓〓タイムズフォト〓〓







[ Category:GoPro|掲載日時:2019年02月28日 10時30分]



≪前の記事 記事一覧 次の記事≫

【写真を楽しむ6月】祖父の形見のNikon F4で撮るポートレート 【写真を楽しむ6月】祖父の形見のNikon F4で撮るポートレート 2019年06月20日
私は大学一年生の時に、祖父の形見のNikon F4を譲り受け、今でもF4で写真を撮り続けています。 今回はF4で撮影した、どこか懐かしい気分にさせてくれるようなポートレートをご紹介しながらF4の魅力に触れていきたいと思います。 Nikon F4は1988年にフラッグシップ機として発売されました。Nikon F一桁シリーズ初のオートフォーカスが搭載されています。 見た目はとてもメカメカしく、レバーやダイヤルにも存在感があります。シャッタースピードの最高速は1/8000秒。 そして大きくて重量があるのも特...
続きを読む
空を印刷 【写真を楽しむ6月】空を印刷 2019年06月19日
FUJIFILM X100F -今月の空- 6月は梅雨の季節。 防塵防滴のカメラも増え、雨の日でも写真を楽しめる現代ですが、 それでもやはり雨の日は撮影に出かけるのは控えてしまいます。 そんな6月に写真を楽しむ方法のひとつとして、 今までご自身で撮った写真を振り返り、お気に入りの写真を選別・印刷し、 まとめてみることはいかがでしょうか。 私は、毎日の空をFUJIFILM X100Fで撮って楽しんでいます。 今回このブログを書くために、1年間撮り続けた空の写真を整理・選別してみました。 そして...
続きを読む
イメージです 【写真を楽しむ6月】ローライ持って出かけよう! 2019年06月18日
ある日、棚を開けたらローライフレックスが出てきたとします。 「棚からローライ」……出たらいいなぁ… ……なんて願望はともかく、幸運にも二眼レフカメラの雄 ローライフレックスを手に入れることに成功した貴方は、いざ撮影に出かけようとして大変な事に気がつきます。 そう、ストラップがない!! ローライフレックスのほとんどのモデルで、ストラップ取付部が下の写真のような形状になっています。(ローライコードのシリーズは異なります。) 真ん中に心棒が入っているため、通常のスト...
続きを読む
【写真を楽しむ6月】OLYMPUS OM-4 とちょっとそこまで 【写真を楽しむ6月】OLYMPUS OM-4 とちょっとそこまで 2019年06月17日
とある平日の午後。東京都東村山市にある北山公園菖蒲苑に行きました。 北山公園菖蒲苑は東村山駅から徒歩で20分ほど。八国山緑地を背景にした自然公園です。 毎年6月上旬から中旬にかけ、300種、8,000株の花菖蒲が開花し、新東京百景にも選ばれています。 この日、首から下げたのは、OLYMPUS OM-4TiとE.ZUIKO AUTO-T 100mm F2.8の組み合わせ。 コンパクトなボディとレンズは、動き回る撮影にぴったりです。 OM-4Tiは1986年に発売され、電子制御布幕横走りフォーカルプレーンシャッターを持...
続きを読む
紫陽花を見上げる 【写真を楽しむ6月】紫陽花を見上げる 2019年06月16日
手に入れてすぐ、 これはめいっぱい楽しむには一脚必須! と確信した RICOH THETA SC。 今後の様々な撮影シーンを見据え、 小さな三脚付きの一脚を購入し、 紫陽花を見に出かけた際に連れていきました。 たくさんの品種が植えられており、 満開時にはそれは美しいようなのですが、まだ見頃はこれからというところ。 現在は、白と緑が上品なアナベルがとてもきれいに咲いていました。 これがやりたかった、中から! まるでこびとになった気分です。 手持ちではできません...
続きを読む

[↑TOPへ戻る]