【Leica】刻を越えた"銘玉" | THE MAP TIMES 
Select Language



【Leica】刻を越えた"銘玉"

[ Category:Leica|掲載日時:2019年02月26日 21時00分]


最近雑誌にてライカが大きく取り上げられた事もあり、
店頭に雑誌を見て興味を持ちご来店頂く方も多くなっております。
如何にライカというブランド、そして作られる製品の数々とその写真達が魅力溢れるものか
その大きさを実感します。

近年になりライカの”伝統”を強く感じさせたのはズマロン M28mm F5.6が発売された時です。
元々スクリューマウント時代に僅かに生産された通称「赤ズマロン」を現代に甦らせました。
そして第2弾として発売されたのが今回ご紹介する「タンバール M90mm F2.2」です。




少し前までは知る人ぞ知るレンズとして有名であったこのタンバール。
ライカレンズの中でも屈指の異色レンズとも呼び声が高い一本。
従来の90mmレンズとしても使用可能ですが、「センタースポットフィルター」と呼ばれる
フィルターを装着する事によりソフトフォーカスレンズとしても使用可能になります。


Leica M Monochrom(typ246) + Thambar M90mm F2.2


大きな特徴としては開放にすればするほどソフト効果が強くなります。
まるで白昼夢。従来のレンズには無い幻想的な描写を思いのままにお楽しみいただけます。
今回使用したボディはM Monochrom(typ246)。
組み合わせとしてはベストマッチとも言える仕上がりを見せてくれました。


Leica M Monochrom(typ246) + Thambar M90mm F2.2


センタースポットフィルターを使用すると先ほど述べたソフト効果の他に
バブルボケが発生します。点光源等が背景にあるとリング状のボケが騒がしくなり、
使用時には背景の処理をいつも以上に考えて撮影が必要になります。


Leica M Monochrom(typ246) + Thambar M90mm F2.2


オリジナルのスクリューマウントのタンバールは個体差も大きく、
実際に当時はどの様な写りであったのかは最早想像の域になってしまいます。
今回の復刻されたタンバールは製造としてはやはり新しいレンズである為、
筆者が思っていたよりもピントの芯がしっかり残ります。
此所は好みが分かれる部分。そしてオリジナルのレンズがどの様な写りなのか、
新たな誘惑が生まれます。そういった意味でも「魔性のレンズ」とも呼べます。


Leica M Monochrome(typ246) + Thambar M90mm F2.2


今回はスナップで使用してみました。
本来ならばポートレートに使うのが実感しやすいのですが、スナップに於いても
この復刻タンバールの魅力の片鱗が伺えます。


Leica M monochrom(typ246) + Thambar M90mm F2.2


日が落ちてきたタイミングで使用する事と気分は最早クラシック映画。
ソフト効果を強調しても気品の高さがしっかり存在するのは「流石ライカ」と唸らせる。
ロケーションもクラシックな場面で使用すれば時を超えて1950年代に。
一度ハマると病みつきになる凄みがあります。




やはり使用する際にこのタンバールは撮影者の技量と感性が試されます。
しかし使いこなせば手放せなくなる「最高の一本」になってくれるのは間違いありません。
通常使用しているレンズとは違う「決めの一本」として2本目としても最適です。
貴方もこの魅惑の描写に酔いしれてみませんか?




↓中古のM Monochrom(typ246)とタンバール M90mm F2.2はコチラ↓












〓〓タイムズフォト〓〓

[ Category:Leica|掲載日時:2019年02月26日 21時00分]



≪前の記事 記事一覧 次の記事≫

Panasonic LUMIX DC-S1R+Leica  テレエルマリート M90mm F2.8 【私のお気に入り】新しいお気に入り、S1R 2019年07月18日
私にはお気に入りがありません。 別にネガティブな理由ではありません。 ただ単純にお気に入りの移り変わりが多いだけです。 今までのお気に入りはオリンパスを始め、キヤノン・フジフィルム・ペンタックスと色々変わってきました。 そして、今、新しくお気に入りになろうとしているカメラがあります。 「Panasonic LUMIX DC-S1R」 動画に強みを持ったミラーレスカメラLUMIXシリーズ。 そこから出た待望のフルサイズミラーレス機。 発表された日から手に取りたい1台でした。そして今私の手元に。 ...
続きを読む
Nikon Z 50mm F1.8 S 【私のお気に入り】旅行とZで日常にスパイス【Nikon】 2019年07月17日
スパイス12 どんよりとした天気の中に、時折見せる晴れ間。 照らされる新緑の木々が、より一層青々としてきた文月。 昨日、SONYより新型のミラーレスカメラが発表される等、 今年のミラーレス市場はますます盛り上がってまいりました。 しかしながら、Nikonを愛してやまない私は、相も変わらず、 愛用のボディと共に写真活動に臨みます。 今回の撮影に持ち出したのは、愛機Nikon Z6と、Z 50mm F1.8 Sです。 50mmは基本の「き」である 去る7月初旬、私はZ6と、持ち出したZ 50mm F1.8 ...
続きを読む
Leica M Monochrom 【私のお気に入り】LEICA MM 2019年07月16日
私のお気に入り 『LEICA M Monochrom』 その「デジタルモノクロ縛り」の哲学に惚れ込んでからは すっかり私のお気に入りになりました。 そして始まった、お気に入りレンズを模索する日々の中から 気に入った幾つかのレンズを紹介していきます。 MINOLTA SUPER ROKKOR 50mm F1.8 此処でいきなり、MINOLTAレンズです。 旧千代田光学であるMINOLTA、 銘板にその名残である「CHIYOKO」と記してあるのも気に入っています。 明るく使いやすいレンズ、心なしか白が綺麗に写るような気がし...
続きを読む
【私のお気に入り】 旅と一緒にSONY RX100M5A 【私のお気に入り】 旅のお伴にSONY RX100M5A 2019年07月15日
F1.8 1/40 ISO-2000 24mm 観覧車からのラスベガス夜景 F2.8 1/50 ISO-1600 53mm アンテロープ・キャニオン アメリカのラスベガスと西海岸のキャニオン観光。 そこでRX100M5Aをお伴に連れて行きました。 メイン機にフルサイズを携え、サブ機のつもりで持って行きましたが、 フルサイズ顔負けの素晴らしい画の数々!! 今まで所詮コンデジという印象が一気に変わりました。 F2.8 1/160 ISO-500 70mm まずはラスベガス・マッカラン国際空港に到着するなりパシャリ。 飛行機を...
続きを読む
空飛ぶ巨大なカメと 【私のお気に入り】空飛ぶ巨大なカメと 2019年07月14日
私は幼少の頃から鉄道好きで、写真を始めたきっかけも鉄道を撮ることから始まりました。 そんな私が飛行機に興味を持ち始めたのが「ジャンボ」の愛称で親しまれてきたとボーイング747型機が、日本の航空会社から無くなると聞いた時からです。 鉄道写真を撮る人達の間では、廃線となる路線や引退する車両に集まることを「葬式鉄」と呼びますので、これに倣えば葬式空がきっかけだったのかもしれません。 小型低燃費機へのシフトは日本だけではないようで、国際線が発着する空港でも大型機を...
続きを読む

[↑TOPへ戻る]