【Leica】刻を越えた"銘玉" | THE MAP TIMES 
Select Language



【Leica】刻を越えた"銘玉"

[ Category:Leica|掲載日時:2019年02月26日 21時00分]


最近雑誌にてライカが大きく取り上げられた事もあり、
店頭に雑誌を見て興味を持ちご来店頂く方も多くなっております。
如何にライカというブランド、そして作られる製品の数々とその写真達が魅力溢れるものか
その大きさを実感します。

近年になりライカの”伝統”を強く感じさせたのはズマロン M28mm F5.6が発売された時です。
元々スクリューマウント時代に僅かに生産された通称「赤ズマロン」を現代に甦らせました。
そして第2弾として発売されたのが今回ご紹介する「タンバール M90mm F2.2」です。




少し前までは知る人ぞ知るレンズとして有名であったこのタンバール。
ライカレンズの中でも屈指の異色レンズとも呼び声が高い一本。
従来の90mmレンズとしても使用可能ですが、「センタースポットフィルター」と呼ばれる
フィルターを装着する事によりソフトフォーカスレンズとしても使用可能になります。


Leica M Monochrom(typ246) + Thambar M90mm F2.2


大きな特徴としては開放にすればするほどソフト効果が強くなります。
まるで白昼夢。従来のレンズには無い幻想的な描写を思いのままにお楽しみいただけます。
今回使用したボディはM Monochrom(typ246)。
組み合わせとしてはベストマッチとも言える仕上がりを見せてくれました。


Leica M Monochrom(typ246) + Thambar M90mm F2.2


センタースポットフィルターを使用すると先ほど述べたソフト効果の他に
バブルボケが発生します。点光源等が背景にあるとリング状のボケが騒がしくなり、
使用時には背景の処理をいつも以上に考えて撮影が必要になります。


Leica M Monochrom(typ246) + Thambar M90mm F2.2


オリジナルのスクリューマウントのタンバールは個体差も大きく、
実際に当時はどの様な写りであったのかは最早想像の域になってしまいます。
今回の復刻されたタンバールは製造としてはやはり新しいレンズである為、
筆者が思っていたよりもピントの芯がしっかり残ります。
此所は好みが分かれる部分。そしてオリジナルのレンズがどの様な写りなのか、
新たな誘惑が生まれます。そういった意味でも「魔性のレンズ」とも呼べます。


Leica M Monochrome(typ246) + Thambar M90mm F2.2


今回はスナップで使用してみました。
本来ならばポートレートに使うのが実感しやすいのですが、スナップに於いても
この復刻タンバールの魅力の片鱗が伺えます。


Leica M monochrom(typ246) + Thambar M90mm F2.2


日が落ちてきたタイミングで使用する事と気分は最早クラシック映画。
ソフト効果を強調しても気品の高さがしっかり存在するのは「流石ライカ」と唸らせる。
ロケーションもクラシックな場面で使用すれば時を超えて1950年代に。
一度ハマると病みつきになる凄みがあります。




やはり使用する際にこのタンバールは撮影者の技量と感性が試されます。
しかし使いこなせば手放せなくなる「最高の一本」になってくれるのは間違いありません。
通常使用しているレンズとは違う「決めの一本」として2本目としても最適です。
貴方もこの魅惑の描写に酔いしれてみませんか?




↓中古のM Monochrom(typ246)とタンバール M90mm F2.2はコチラ↓












〓〓タイムズフォト〓〓

[ Category:Leica|掲載日時:2019年02月26日 21時00分]



≪前の記事 記事一覧 次の記事≫

【新元号令和、平成を振り返る】私のM9とSonnarと子供 【新元号令和、平成を振り返る】私のM9とSonnarと子供 2019年04月28日
あと数日で平成も終わり、新たな元号へと変わります。 今回のブログ企画の話が来て、所有しているカメラでちょうどいい話ができそうだと思いました。そのカメラは『Leica M9』。平成はフィルムからデジタルへ変わった時代。35mmフィルムカメラの歴史そのものとも言えるライカが作った、初のフルサイズセンサーを搭載したM型ライカになります。 M9の発売は今から10年前の2009年。1800万画素のコダック製ローパスレスCCDを搭載した伝統のMマウント・レンジファインダー機。 ...
続きを読む
Vol.1 ~Summicron 50mm F2 1st~ 【新元号令和、平成を振り返る】Leicaで撮るということ 2019年04月18日
平成も終わりかぁ。と思い 数年前に書いたブログを思い出しました。 【SONY】Leicaで撮るということ 当時はα7が発売され、 マウントアダプターでどんなレンズも付ける事が出来る。 という事に感激していた記憶があります。 Leicaで撮るということ、と書いておきながらカメラはSONYなんですが笑 Vol.1 ~Summicron 50mm F2 1st~ Vol.2 ~Summarit 50mm F1.5~ Vol.3 ~Summilux 75mm F1.4~ Vol.4 ~Summar 50mm F2.0~ Vol.5 ~Summarit-M 90mm F2.5 6bit~ Vo...
続きを読む
【Leica】花見月をライカと楽しむ「鎌倉の旅」イベントレポート 【Leica】花見月をライカと楽しむ「鎌倉の旅」イベントレポート 2019年04月02日
桜の開花宣言から数日経ち、そろそろ見頃を迎えた3月30日。神奈川・鎌倉にて開催いたしました『花見月をライカと楽しむ 鎌倉の旅』のイベントをレポートいたします。 今回16名の参加者にお貸し出しをした機種は最新の『M10』と『M10-P』。レンズは35mmと50mmをご用意し、春の鎌倉を思い思いに撮影していただくイベントです。 新宿から貸切バスで移動し、一行は“鎌倉大仏”で有名な大仏殿高徳院へ。 ツアーの講師としてお招きしたのはプロカメ...
続きを読む
【Leica】貴婦人と歩く鎌倉散策 【新元号令和、平成を振り返る】貴婦人と歩く鎌倉散策 2019年04月02日
桜も本格的なシーズンとなり、カメラを持って散歩に 出掛ける機会も多くなりました。皆様如何お過ごしでしょうか? 当店で3/30に行われた「花見月をライカと楽しむ」ツアーは 大変ご好評頂き、ありがとうございます。 ライカを持って1日撮影ができる機会が設けられるのも当店ならでは。 筆者もツアーに同行し、撮影を楽しんでおりました。 今回使用したボディはM モノクローム(Typ246)は平成27年(2015年)発売です。 平成の今、モノクロームしか撮れないという、一見不便そうな制限こそあり...
続きを読む
イメージです 【Leica】勝手にライカライフ 2019年03月21日
先月6周年を迎えたライカブティック MapCamera Shinjuku。 それを記念してマップカメラスタッフ数名による「私のライカライフ」というブログが掲載されました。 ちなみにこの「ライカライフ」という単語を『マップタイムス』のページで検索かけていただくと、一番古いものとして「【LEICA愛】ライカの世界へようこそ」という記事が引っ掛かります。 実はこれ私が書いたもの。 ちょうど6年前の記事で、そのなかに「ライカライフ」という言葉を使っています。 そんなわけで、『マップタイムス』における元...
続きを読む

[↑TOPへ戻る]