【Leica】刻を越えた"銘玉" | THE MAP TIMES 
Select Language



【Leica】刻を越えた"銘玉"

[ Category:Leica|掲載日時:2019年02月26日 21時00分]


最近雑誌にてライカが大きく取り上げられた事もあり、
店頭に雑誌を見て興味を持ちご来店頂く方も多くなっております。
如何にライカというブランド、そして作られる製品の数々とその写真達が魅力溢れるものか
その大きさを実感します。

近年になりライカの”伝統”を強く感じさせたのはズマロン M28mm F5.6が発売された時です。
元々スクリューマウント時代に僅かに生産された通称「赤ズマロン」を現代に甦らせました。
そして第2弾として発売されたのが今回ご紹介する「タンバール M90mm F2.2」です。




少し前までは知る人ぞ知るレンズとして有名であったこのタンバール。
ライカレンズの中でも屈指の異色レンズとも呼び声が高い一本。
従来の90mmレンズとしても使用可能ですが、「センタースポットフィルター」と呼ばれる
フィルターを装着する事によりソフトフォーカスレンズとしても使用可能になります。


Leica M Monochrom(typ246) + Thambar M90mm F2.2


大きな特徴としては開放にすればするほどソフト効果が強くなります。
まるで白昼夢。従来のレンズには無い幻想的な描写を思いのままにお楽しみいただけます。
今回使用したボディはM Monochrom(typ246)。
組み合わせとしてはベストマッチとも言える仕上がりを見せてくれました。


Leica M Monochrom(typ246) + Thambar M90mm F2.2


センタースポットフィルターを使用すると先ほど述べたソフト効果の他に
バブルボケが発生します。点光源等が背景にあるとリング状のボケが騒がしくなり、
使用時には背景の処理をいつも以上に考えて撮影が必要になります。


Leica M Monochrom(typ246) + Thambar M90mm F2.2


オリジナルのスクリューマウントのタンバールは個体差も大きく、
実際に当時はどの様な写りであったのかは最早想像の域になってしまいます。
今回の復刻されたタンバールは製造としてはやはり新しいレンズである為、
筆者が思っていたよりもピントの芯がしっかり残ります。
此所は好みが分かれる部分。そしてオリジナルのレンズがどの様な写りなのか、
新たな誘惑が生まれます。そういった意味でも「魔性のレンズ」とも呼べます。


Leica M Monochrome(typ246) + Thambar M90mm F2.2


今回はスナップで使用してみました。
本来ならばポートレートに使うのが実感しやすいのですが、スナップに於いても
この復刻タンバールの魅力の片鱗が伺えます。


Leica M monochrom(typ246) + Thambar M90mm F2.2


日が落ちてきたタイミングで使用する事と気分は最早クラシック映画。
ソフト効果を強調しても気品の高さがしっかり存在するのは「流石ライカ」と唸らせる。
ロケーションもクラシックな場面で使用すれば時を超えて1950年代に。
一度ハマると病みつきになる凄みがあります。




やはり使用する際にこのタンバールは撮影者の技量と感性が試されます。
しかし使いこなせば手放せなくなる「最高の一本」になってくれるのは間違いありません。
通常使用しているレンズとは違う「決めの一本」として2本目としても最適です。
貴方もこの魅惑の描写に酔いしれてみませんか?




↓中古のM Monochrom(typ246)とタンバール M90mm F2.2はコチラ↓












〓〓タイムズフォト〓〓

[ Category:Leica|掲載日時:2019年02月26日 21時00分]



≪前の記事 記事一覧 次の記事≫

憧れとその先と 【増税前にデビュー】Leica 憧れとその先と 2019年09月20日
ISO100 SS:1/125 f8 冷夏、酷暑に暴風雨と続いた今年も いつの間にか身を撫ぜる風が 心地よい日柄に落ち着いてまいりました。 油断すると身体もすぐ冷えてしまいますので 衣替えのタイミングは計画的に。 皆様いかがお過ごしでしょうか。 ISO100 SS:1/250 f2 さて、この度フィルム派の私は ここにきて本格的にデジタル初挑戦。 Mの新鋭【M10-P】で華々しいデビューです。 無論RAW現像も初挑戦で正解が見えるはずもなく、 明るさ調節程度に済ませありのまま撮ってまいりま...
続きを読む
TL2と行く。 【増税前にデビュー】TL2と行く。 2019年09月17日
ここ1ヵ月くらい、関西の方へ、その先へと 足を延ばすことが多かったです。 夜行バスに飛び乗り京都へ行ったり 目的地を鳥取県、某砂丘にしレンタカーを走らせたり。 (帰りはレンタカーの返却リミットが迫りタイムアタックな 帰路となり、あまりゆっくりはできませんでした) 今回使用したレンズは、 ライカ・スクリューマウントのNikkor 50mm F1.4です 口径には当時の呼び名(日本光学)で NIPPON KOGAKUと刻まれているレンズです。 ズマリット50mm F1.5を気にかけていましたが 同...
続きを読む
Leica (ライカ) Q-P 【増税前にデビュー】[ライカデビュー]そしてついでに「ギター撮り」デビュー。 2019年09月06日
「遂に」と言うか「やっと」と言うか【ライカデビュー】の日がやって来ました。 そのお相手は『Leica Q-P』です。 なんだかものすごく可愛らしいお名前のこのカメラです。 その可愛らしさとこのビジュアルのギャップがとてもいいと思います。 大人っぽいマットなブラックボディ。 その姿は正面から見るとあまりにもシンプル。 それでもトップカバーの上面にはしっかりと「譲れない拘り」を主張。 そうです。世界中の多くのLeicaファンの拘り「筆記体ロゴの刻印」です。 そしてつ...
続きを読む
null 【増税前にデビュー】[Noct debut] Noctilux M75の描写・画質 2019年09月03日
写真でしか、描き出せない世界があります。 我々人間の目がどんなに高性能でも、たとえ息を呑むような美しい景色が目の前に広がっていても…。 結局は普段通りの「自分の目」で、付き合い慣れた「自分の感性」で視ていることに他なりません。 だからこそ、シャッターを切った先で待っていてほしいのは“どこでもない”ファンタジー。 そこへ至る手段は多々あれど、一番痛烈で、妖艶で、官能的な選択肢はNoctilux M75mm f1.25 ASPH.ではないでしょうか! 数えきれないほどの伝説を遺してきたM型の...
続きを読む
嵐のち晴天、黄昏がきこえた 【私のお気に入り】嵐のち晴天、黄昏がきこえた 2019年08月16日
ライツレンズはその端正な造りもあって こういった空間にもうまく溶け込んでいます。 おわかりいただけるでしょうか。 閑話休題、お盆も明けて そろそろ素麺や冷や麦に 飽きてきた頃合いかと思います。 皆様いかがお過ごしでしょうか。 この度は【私のお気に入り】の続きを綴ります。 またお付き合いいただけると幸いです。 背中。 何も告げず帰ってきた私にも ふたりは昔と変わらない あたたかさで迎えてくれました。 祖母は明るく少し皮肉屋で、 ...
続きを読む

[↑TOPへ戻る]