【OLYMPUS】PEN-F×光の祭り | THE MAP TIMES 
Select Language



【OLYMPUS】PEN-F×光の祭り

[ Category:OLYMPUS|掲載日時:2019年02月28日 17時30分]



休日。
外は寒いし、家事も途中。読みたい本は溜まっている。
なんとなく外に出るのが億劫になってしまう時に
、カメラを触ると少し出かけてみようという気持ちになれます。

カメラを始めた時は旅行に行くのでカメラを持っていく。というスタンスでしたが、今となっては「写真を撮りに出かける」という考えに変わっていました。
今回使用する機材はPEN-F+M.ZUIKO DIGITAL ED 12mm F2.0
コンパクトなのでちょっとしたお出かけから旅行まで使いこなすことが出来、高スペックで申し分のない仕様になっています。


EN-F+M.ZUIKO DIGITAL ED 12mm F2.0

焦点距離:12mm 絞り:F2 シャッタースピード:1/8秒 ISO:80 アートフィルター:ヴィンテージ



そして直前に決まったドライブ。
埼玉のメッツァビレッジに行ってきました。
昼過ぎに家を出てのんびりお買い物をしたり、ゆったりランチをして夜になるのを待ちます。


PEN-F+M.ZUIKO DIGITAL ED 12mm

焦点距離:12mm 絞り:F2 シャッタースピード:1/30秒 ISO:600



今回のメインは『チームラボ 森と湖の光の祭り』
非物質的であるデジタルテクノロジーによって「自然が自然のままアートになる」というプロジェクトを行っているチームラボ。
今回は宮沢湖と湖畔の森を彩っていました。


PEN-F+M.ZUIKO DIGITAL ED 12mm

焦点距離:12mm 絞り:F2 シャッタースピード:1/6秒 ISO:1600



不思議な卵がいっぱい設置されています。
この卵、軽く叩くと音と共に色が変わります。

PEN-Fはカラープロファイルコントロールという機能があり自分好みの色が演出出来ます。
リアルタイムで画面に表示されるので卵を見ながら設定を弄ります。


PEN-F+M.ZUIKO DIGITAL ED 12mm

焦点距離:12mm 絞り:F2 シャッタースピード:1/25秒 ISO:1600



卵は色々な色に変り音を鳴らします。
小さいものから成人男性よりも大きなものまで。

子供たちは走り回ったり、卵に恐る恐る触れてみたり
色が変わると嬉しそうにお母さんに報告。
見ていて可愛かったです。


PEN-F+M.ZUIKO DIGITAL ED 12mm

焦点距離:12mm 絞り:F2 シャッタースピード:1/50秒 ISO:1600



湖畔を半周ほどでしょうか。
水面に写りこむ卵が幻想的で美しかったです。
三脚は禁止なので手持ちでの撮影。
ボディー内5軸手ぶれ補正と20M Live MOSセンサーのお陰で夜の撮影でしたが手ブレはほとんどありませんでした。
流石PEN F、優秀です。


PEN-F+M.ZUIKO DIGITAL ED 12mm

焦点距離:12mm 絞り:F2 シャッタースピード:1/8秒 ISO:1600


PEN-F+M.ZUIKO DIGITAL ED 12mm

焦点距離:12mm 絞り:F2 シャッタースピード:1/50秒 ISO:1600

いつもとは全く違った宮沢湖が見られました。


PEN-F+M.ZUIKO DIGITAL ED 12mm

焦点距離:12mm 絞り:F2 シャッタースピード:1/50秒 ISO:1600















マップカメラのご案内


〓〓商品ピックアップ〓〓 〓〓タイムズフォト〓〓

[ Category:OLYMPUS|掲載日時:2019年02月28日 17時30分]



≪前の記事 記事一覧 次の記事≫

【OLYMPUS】カメラと旅を。Ⅵ 【OLYMPUS】カメラと旅を。Ⅵ 2019年05月23日
カメラと旅を。第6弾。 今回はウサギが有名なとある島とともにお届けいたします。 持って行ったのはOLYMPUS PEN-F+M.ZUIKO DIGITAL ED12-100mmF4.0IS PRO 焦点距離:12mm 絞り:F9 シャッタースピード:1/320秒 ISO:200 島自体は1周1時間で回れる大きさ。 人口20人前後、それに比べウサギは900羽を超える数が生息しています。 焦点距離:100mm 絞り:F4.5 シャッタースピード:1/250秒 ISO:200 船から降りるといたるところにもふっ。もふっ。 地面に穴を掘って寝ていたり、追い...
続きを読む
【OLYMPUS】ほぼ一択の望遠レンズ 【OLYMPUS】ほぼ一択の望遠レンズ 2019年05月11日
今回ご紹介するのは、 オリンパス M.ZUIKO DIGITAL ED 40-150mm F2.8 PROです。 他社のフルサイズ機やAPS-Cサイズのシステムで、 普及タイプ以外の望遠ズームを探してみると、 70-200mm F2.8、70-200mm F4、70-300mm、100(80)-400mmなど、多くの選択肢があります。 しかしながら、オリンパスの望遠レンズはシステムのコンパクトさゆえ、 購入時も、使用時も、レンズ選びに迷う必要がほぼありません。 筆者は、このレンズを使うためにオリンパスを選んだといっても過言ではありませんでした。 使用...
続きを読む
M.ZUIKO DIGIAL 30mm F3.5 Macro 【OLYMPUS】どこでもマクロ 2019年05月09日
令和が始まり、約1週間が経ちました。 季節も5月と過ごし易い時期で、 写真を撮りに出掛けたくなるかと思います。 そう言った時、持ち出すレンズは 標準ズームレンズや標準単焦点レンズが多いかもしれません。 しかし、こちらのレンズを使って見るのも良いかもしれません。 「M.ZUIKO DIGIAL 30mm F3.5 Macro」 コンパクトなマクロレンズはとても使いやすく便利で面白いレンズです。 1/200秒 F8 ISO 200 小枝の幹の分かれ目を一枚。 普通に見ているとただの小枝ですが、レンズ越しですと ...
続きを読む
【新元号令和、平成を振り返る】魅惑のE-1 【新元号令和、平成を振り返る】魅惑のE-1 2019年04月29日
平成が終わるまであと一日。久しぶりに写真を見返しながらどんなカメラで撮っているかを見ていると、 今でも年に1回か2回必ずオリンパスのE-1で撮影していることに気が付いた。 オリンパス E-1が発売されたのが2003年。今から15年以上前のことである。自身が手に入れたのは2012年なので、その当時でもかなり古い機種であった。 E-1自体は何度も手に取っていたが、後継のE-3、および2012年当時のフォーサーズフラッグシップのE-5と比べるとセンサーも500万画素と少なく、CAMEDIAシリーズから受け...
続きを読む
null 【新元号令和、平成を振り返る】フォトキナ2008とマイクロフォーサーズ 2019年04月13日
今から遡ること、10年半ほど前。 既にカメラ業界に足を踏み入れていた私は「フォトキナ2008」を視察する機会を得たのでした。 ちなみに、撮影機材は「リコー R8」です。 フォトキナ直前に、パナソニックからマイクロフォーサーズ企画のデジタル一眼カメラ「LUMIX DMC-G1」が発表され 言わばミラーレス創生のタイミングであった訳ですが、市場的にはライブビュー専用機に懐疑的な見方がされ 小型で女性に受けるかなという程度の感覚で見られている方が多かったように思います。 「ミラーレス」...
続きを読む

[↑TOPへ戻る]