【Leica】私のライカライフ~相棒~ | THE MAP TIMES 
Select Language



【Leica】私のライカライフ~相棒~

[ Category:Leica|掲載日時:2019年02月26日 21時10分]


私のライカライフ


平素よりマップカメラをご愛顧賜りまして、誠に有難うございます。お陰様でライカブティック MapCamera Shinjukuは、2月20日にオープン6周年を迎えることが出来ました。これまでに支えてくださったお客様のおかげと感謝申し上げます。 また『Leica Qチタングレー』等の豪華賞品が貰えるLEICA SMILE PHOTO CONTESTを開催しており多くのお客様にご応募いただいております。残すところ2日になりますので奮ってご応募のほどよろしくお願いいたします。 今回は「LEICA SMILE PHOTO CONTEST」の対象商品でもある『Q』についてお話しさせていただきます。 ライカライフといってもまだまだ入口に立ったばかりで歴代の所有はX2と本日紹介する『Q』のみの私です。
ライカといえばM型と各種のレンズを楽しむことが本筋かもしれないですが、レンズが固定されすぐに撮影できる一体型が好きでついつい手に取ってしまう。この『Q』は28㎜広角ですがF1.7のズミルックス装備で十分に所有欲も満足させてくれます。しかもEVFではありますがファインダー装備・M型から引き継がれるボディ両端の曲線は「ライカ」で撮影していることを実感させてくれるのです。

付き合いの長くなるカメラの条件として常に持ち歩きたい一台かどうかがわたしにとっては重要です。小型とは一概に言えないかもしれませんがこの『Q』は、外出時には常にかばんの中に入れて持ち歩けるし、様々な状況でしっかりと作品を残してくれる。
現在のデジタルカメラには標準装備であるが、以前使用していたX2にはない点でWi-Fi接続が可能な点もありがたい。出先であれ撮った画像をすぐにスマホに納め、インスタにあげたりラインで送ることが出来るのはやはり現在では重要な点ではないでしょうか。



私のライカライフ


広角28mmは非常にありがたく街撮りのスナップ撮影でもたいがいの状況をカバーしてくれます。ファインダーを覗いてじっくりと構えてもよいし、モニターで確認すればハイアングルやローアングルもお手のもの。例えば室内での食事会などでも広い視野で友達の記念写真をとるにも大活躍するのです。




私のライカライフ


デジタルになって便利な点はISOが幅広く使用できる点もあります。ライブなどの暗所でも手持ちで十分撮影できる感度をもっています。多少絵がざらつくところも 私の中では許容範囲内です。



私のライカライフ


また『Q』にはマクロ機能もあり、従来のライカではできなっかったテーブルフォトや 草花の近接も撮影できる楽しさがあります。表現の幅が広く、撮ることへの欲求を阻害しないで様々なシュチュエーションを捉えることが出来る。



私のライカライフ


フルサイズセンサーの利点
センサーサイズとレンズの性能で細密な描写がここちよい。大げさすぎない色づくりは時として他のカメラと比べると見劣りするかもしれないですがこれでこそライカと言いたくなる飽きのこない描写。モノクロが好きで多用するのですが階調性・描写もしっくりくるのはライカの神髄ではないでしょうか。



私のライカライフ


あるカメラマン曰く、28㎜とデジタルの利点を生かし、臆せずシャッターを切る。フルサイズでとらえた絵はトリミングしても十分耐えうる描写をしてくれる。逃したくないイメージを撮影するという点に関してのこの方法は私も多用させていただいています。



私のライカライフ


いい写真を撮るためのカメラの条件は私の場合、どれだけ生活の中で一緒にいられるか。そのカメラを持つことで常に撮る時のテンションを上げてくれるか、であるような気がします。
他にも性能が優れたカメラ、お手頃な価格のカメラ、優秀なカメラは数知れないですがなぜライカなのかといわれるとこの2点を満たしてくれるからであると思います。所有欲とブランド力も男にとっては重要な要素ではないでしょうか。カメラを知っている人はすぐに気づいてくれるし、どんな場面でもこの佇まいは臆することなく取り出して構えることが出来るのです。なかなか敷居が高いと思っている方こそ、今手にすべきライカの一台であるとおすすめ出来ますので、ご検討ください。










〓〓タイムズフォト〓〓〓〓商品ピックアップ〓〓

[ Category:Leica|掲載日時:2019年02月26日 21時10分]



≪前の記事 記事一覧 次の記事≫

Leica M Monochrom 【私のお気に入り】LEICA MM 2019年07月16日
私のお気に入り 『LEICA M Monochrom』 その「デジタルモノクロ縛り」の哲学に惚れ込んでからは すっかり私のお気に入りになりました。 そして始まった、お気に入りレンズを模索する日々の中から 気に入った幾つかのレンズを紹介していきます。 MINOLTA SUPER ROKKOR 50mm F1.8 此処でいきなり、MINOLTAレンズです。 旧千代田光学であるMINOLTA、 銘板にその名残である「CHIYOKO」と記してあるのも気に入っています。 明るく使いやすいレンズ、心なしか白が綺麗に写るような気がし...
続きを読む
【Leica】オペレーション・ノクト! 【Leica】オペレーション・ノクト! 2019年07月09日
オペレーション・ノクト! 今回、光栄にもライカM(Typ240)にノクティルックスM50mm F1.0(フード組み込み)のセットで撮影する機会を得ましたので、そちらのレポートを綴ってみようと思います。 巷で言われているように、レンジファインダーだとノクティルックスのピント合わせは難しいのか。ずっと気になっていた疑問に真正面から挑む良い機会です。 なお、全ての写真は一切の編集を加えていないjpegとなります。 それではどうぞ。 まずはピント合わせが難しいと言われているファインダー像を見て...
続きを読む
M9-P×ズミクロン M50mm F2沈胴 【写真を楽しむ6月】写真を見返す 2019年06月29日
突然ですが皆様は撮影した写真を時間が経ってから見返すことはありますでしょうか。 私は撮影が終わった後に確認し、取捨選択したものをSNSにアップした後はデータの肥やしとなっています。 6月度のブログテーマが『写真を楽しむ』ということなので、この機会に撮影した写真を見返してみました。 写真は昨年11月頃に撮影したものになります。 この梅雨時期に寝かせていた写真を見返してみるのも面白いのではないでしょうか。 ↓今回使用した機材はコチラ↓ ...
続きを読む
水無月の古都 【写真を楽しむ6月】水無月の古都 2019年06月21日
6月某日。 バスは定刻通りターミナルを出発しました。 カバンの中に 【Leica CL】と【エルマリート TL18mm F2.8 ASPH.】 を忍ばせ、 週末の繁華な新宿を抜けて西へ向かいます。 西の都といえば京都を連想するかもしれませんが、今日行く都はこちら。 どこだと思われましたか。 奈良です。 まほろば、ロマン溢れる古代の都。 青々とした緑に初夏を感じます。 木、水、石、様々な質感を表現する描写力はさすがライカ。 身軽な見た目と侮れません。 【ササユリ】は...
続きを読む
6枚玉がとおる 【写真を楽しむ6月】6枚玉がとおる 2019年06月14日
各所で暑い日が続き、日に日に来る夏の気配を肌で感じられるようになってまいりました。 皆様いかがお過ごしでしょうか。 今年ももう折り返しの6月。 私事ですが今月で【ズミクロン M35mm F2】の第二世代 通称【6枚玉】を使い始めて半年、つまり6か月が経ちます。 この度のテーマは【写真を楽しむ6月】。 半ば強引ではございますが、この6の数のめぐりあわせに改めて6枚玉で写真を撮ってまいりました。 またお付き合いいただけると幸いです。 ...
続きを読む

[↑TOPへ戻る]