【Canon】Diamond sparkle! | THE MAP TIMES 
Select Language



【Canon】Diamond sparkle!

[ Category:Canon|掲載日時:2019年03月05日 13時45分]




この世に生を受け、初めて目を開いたその時から
私たちはどれほどの光に、幾多の色に出会えたのでしょうか。
朝日の暖かなオレンジ。芳醇な葡萄の紫。目の覚めるような絨毯の赤…。どれも魅力的です。
そうして思い出の中で輝き続ける沢山の色の中でも、自分が本当に「特別」と思える色って何でしょう?
私にとってそれは、海や空の水色でした。


EOS 6D MarkⅡ+EF16-35mm F4L IS USM

出会った瞬間に、心が舞い上がるような美しい水色。
いつもそれを探して、カメラを肩から下げ、愛車と共に走ります。もちろん愛車の色も水色。
できればカメラも水色…とはさすがにいきませんが。


EOS 6D MarkⅡ+EF16-35mm F4L IS USM

どこまでも純化された、ソーダ水のような水色を表現したい。
Canon EOS 6D MarkⅡは、そんな私の思いを受け止める、とっても素敵なカメラです。


EOS 6D MarkⅡ+EF16-35mm F4L IS USM

私が一眼レフにこだわるのは、自分の目で見えているものと同じ世界をファインダーでも見たいから。
素通しの景色(今)を、シャッターを切ることで想い出(過去)に閉じ込める。これって、本当に素敵なことだと思うんです。

クリアで見やすいEOS 6D MarkⅡの光学ファインダーなら、ストレスなくフレーミングが出来ます。
撮影に必要な情報も沢山表示できるので、いちいちファインダーから目を離さなくても大丈夫。
特に従来より見やすくなった電子水準器は最高なんです!
海を撮る際に重要な水平が、簡単に出せます。


EOS 6D MarkⅡ+EF16-35mm F4L IS USM

海風が巻き上げた細かな砂埃やチリも、防塵防滴のボディならへっちゃらです。
フラッグシップに負けず劣らずの堅牢性です。


EOS 6D MarkⅡ+EF16-35mm F4L IS USM

同じ場所、同じ海でも同じ水色はありません。
その日の風向きや、前日の天気。そして季節…。それらによってどんどん表情を変えてゆきます。
だからこそ、こんなにも魅せられてしまうのでしょう。
できることなら、この世のすべての水色を自分だけのものにして抱きしめていたい。旅はまだまだ続きます。


EOS 6D MarkⅡ+EF16-35mm F4L IS USM

輝度差の激しいシーンでは、搭載されたHDR機能が活躍します。
グラフィック調モードを選べば、絵画のような世界が簡単に楽しめます。


EOS 6D MarkⅡ+EF16-35mm F4L IS USM

EOS 6D MarkⅡ+EF16-35mm F4L IS USM


何度同じ場所に通っても、そのたびに違う「おかえりなさい」で迎えてくれる海。
ホワイトバランスやピクチャースタイルを次々と変えながら、一番輝きと華やぎのある色で写真に残してゆく。
そんな私の傍らには、いつでもEOS 6D MarkⅡがいるのです。













[ Category:Canon|掲載日時:2019年03月05日 13時45分]



≪前の記事 記事一覧 次の記事≫

null 【Canon】EOS Kiss M でカメラデビュー 2019年05月16日
初めまして。今回から新たにブログを書かせていただきます。 そんな私ですが、ずばりカメラ初心者です。 どうか温かい目で見守っていただけると嬉しいです。 さて、初心者の私が相棒に選んだのは、 【Canon】の「EOS Kiss Mダブルズームキット」です。 カメラを手にして感じたのが、 普段の何気ない景色をしっかりと見つめるようになりました。 そこで、今回の写真は近所の公園を撮ろうと思い、Kiss Mで 撮影を楽しんできました。 Kiss Mを選んだ理由の一つは何と言っても軽いことで...
続きを読む
【Canon】雨色じゃない景色Vol5%>>--><br />
<br />
本日はこどもの日。<br />
後半は晴天に恵まれた大型連休も残り僅かとなりました。<br />
<br />
こんにちは。雨男です。<br />
<br />
<br />
前半に雨が降り続いたので撮影をしようかと考えたのですが残念ながらタイミングが合わず撮影できませんでした。<br />
<br />
それならば!と混雑しているのを覚悟し立川の昭和記念公園にネモフィラを撮影しに行こう!<br />
<br />
<div style="text-align: center"><%image(nemo.JPG 【Canon】雨色じゃない景色Vol5 2019年05月05日
本日はこどもの日。 後半は晴天に恵まれた大型連休も残り僅かとなりました。 こんにちは。雨男です。 前半に雨が降り続いたので撮影をしようかと考えたのですが残念ながらタイミングが合わず撮影できませんでした。 それならば!と混雑しているのを覚悟し立川の昭和記念公園にネモフィラを撮影しに行こう! いつもの様にハイキーな写真で・・・と、他のスタッフのマップタイムズを見るとネモフィラ・・・。 昭和記念公園より迫力満点なネモフィラ。しかも2人も。 【HASSEL BLAD】...
続きを読む
【新元号令和、平成を振り返る】「またね」 【新元号令和、平成を振り返る】「またね」 2019年04月30日
2019年4月30日。本日をもって平成が終わります。 連載企画【新元号令和、平成を振り返る】もこの記事で最後となります。 マップカメラスタッフそれぞれの「平成」、お楽しみ頂けましたでしょうか? ラストを務めますのは私、スタッフEです。 使用機材はCANON EOS 60D。 Canonデジタル一眼レフの中級機として初めてバリアングル液晶を搭載した画期的な一台でした。 筆者はEOS 60Dと5年間寄り添い、数えきれないほど写真を撮りました。 当時は休日が楽しみで楽しみで、「次はどこに行こう、何を撮ろう」...
続きを読む
キヤノン 【新元号令和、平成を振り返る】平成に誕生した「L」レンズ、勝手に8選 2019年04月22日
キヤノン EFレンズで振り返る平成。 「平成」に誕生した「個人的に推せる」EFレンズの数々を写真と共に紹介します。 今回は数あるEFレンズから、筆者が特に思い入れの強い8本を選出しました。 EFレンズは多くの種類から構成されていますがその中でも「Lレンズ」から厳選します。 鏡筒に刻まれた鮮やかな一本の赤いラインには特別感があります。 プロ品質と呼ぶに相応しい卓越した描写性能と優れた操作性、耐環境性・堅牢性を備えたレンズです。 EF50mm F1.0L USM(1989年/平成元年) 当時、35mm一眼...
続きを読む
EOS620+EF 85mm F1.2L USM 【新元号令和、平成を振り返る】平成元年生まれのレンズと私 2019年04月17日
平成、それは FUJIFILM SUPERIA PREMIUM 400 平成、それは 私が生まれてから今に至るまでの全ての時間。 筆者は平成元年(1989年)9月生まれです。 私にとっては、景色や音楽、今までの記憶全てが平成そのものです。 平成の最後に、自分が生まれて最初に住んでいた街へ出かけておきたいと思い、 筆者がお供に選んだのがこちらです。 「Canon EOS 620」。 CanonがEOSを投入したのは1987年、 筆者が生まれた時、平成が始まった頃にはすでにEOSは世に登場していたのです。 このEOS 620...
続きを読む

[↑TOPへ戻る]