北国雪景色の旅 | THE MAP TIMES 
Select Language



北国雪景色の旅

[ Category:SIGMA|掲載日時:2019年03月03日 19時28分]



今回ご紹介する写真は本州最北端、青森県で撮影してきたものになります。
暖冬という言葉がいたる所から聞こえていたので、果たして素晴らしい雪景色は見られるのか、と少々不安に思っていましたがそんな不安はすぐに吹雪の中へと消えていきました。

この旅のお供は、【SIGMA sdQuattro】と【SIGMA Art 12-24mm F4 DG】【SIGMA Art 24-105mm F4 DG】です。


現地に着く前に天気予報を確認すると滞在日数のうち、初日のみ晴れの予報でした。
青森と言えば、八甲田山の樹氷が有名です。
晴れているうちに撮影しようと急いでロープウェイに乗り山の上へ。

SIGMA (シグマ) sd Quattro + SIGMA (シグマ) Art 12-24mm F4 DG HSM(シグマSA用)

焦点距離:12mm 絞り:f8.0 シャッタースピード:1/250秒 ISO:100


山の上は5m先が見えない猛吹雪でした。
そんな中かろうじて撮影出来た樹氷です。
さすがFoveonセンサーと言った所でしょうか。
細かい雪のディテールまでくっきりと写しこんでいます。
一度このセンサーを使ってしまうと病みつきになります。

SIGMA (シグマ) sd Quattro + SIGMA (シグマ) Art 24-105mm F4 DG OS HSM(シグマSA用)

焦点距離:30mm 絞り:f8.0 シャッタースピード:1/250秒 ISO:100


帰り道、素敵な空に巡り会えました。
束の間の太陽の光が優しく田舎の風景を照らします。

SIGMA (シグマ) sd Quattro + SIGMA (シグマ) Art 24-105mm F4 DG OS HSM(シグマSA用)

焦点距離:105mm 絞り:f8.0 シャッタースピード:1/60秒 ISO:100


北国の田園風景の中でよく見かける光景です。
モノクロで写してみると、アート作品の様にも見えてきます。

SIGMA (シグマ) sd Quattro + SIGMA (シグマ) Art 24-105mm F4 DG OS HSM(シグマSA用)

焦点距離:42mm 絞り:f8.0 シャッタースピード:1/60秒 ISO:100


普段、都会でのスナップばかりなのでこう言った静かな場所でのスナップは楽しいですね。
手前から奥までの奥行き感を出す為に縦構図にしてみました。
雪が降り始めた時だけ見られる瞬間ですね。
積もってからではこの軌跡は残りません。

SIGMA (シグマ) sd Quattro + SIGMA (シグマ) Art 12-24mm F4 DG HSM(シグマSA用)

焦点距離:24mm 絞り:f8.0 シャッタースピード:1/50秒 ISO:100


青森県にも千本鳥居があります。
場所は高山稲荷神社という所です。
千本鳥居と凍り付いた枝の一本一本まで描写出来ています。
Foveonらしい被写体ではないでしょうか。
ここまでの道のりが中々に大変でした。

SIGMA (シグマ) sd Quattro + SIGMA (シグマ) Art 12-24mm F4 DG HSM(シグマSA用)

焦点距離:17mm 絞り:f8.0 シャッタースピード:1/25秒 ISO:100


この日も朝から猛吹雪だったのですが、こちらのロケーションに到着する直前から奇跡的に晴れました。
そんな一瞬の晴れ間を撮影。
手前の雪の波紋と奥の橋、どちらもしっかり解像してくれています。

SIGMA (シグマ) sd Quattro + SIGMA (シグマ) Art 24-105mm F4 DG OS HSM(シグマSA用)

焦点距離:105mm 絞り:f4.0 シャッタースピード:1/13秒 ISO:100


使用した事のある方ならご存知かと思いますが、このsdQuattro、高感度を使った撮影があまり得意ではありません。
ですが、どうしてもこの風景を撮りたかったので手持ちで頑張って撮影してみました。
結果的に今回の旅で個人的に一番気に入っている1枚です。



如何でしたでしょうか。
雪景色の撮影はカメラの防寒対策や、普段とは違う露光量の調整など一筋縄ではいきませんが、上手く撮影出来た時は素晴らしい写真を残す事が出来ます。
皆様も是非、雪景色の撮影に挑戦してみては如何でしょうか。


今回使用した機材はこちら
SIGMA (シグマ) sd Quattro
SIGMA (シグマ) Art 12-24mm F4 DG HSM(シグマSA用)
SIGMA (シグマ) Art 24-105mm F4 DG OS HSM(シグマSA用)












〓〓タイムズフォト〓〓 〓〓商品ピックアップ〓〓

[ Category:SIGMA|掲載日時:2019年03月03日 19時28分]



≪前の記事 記事一覧 次の記事≫

本日もまた写真日和。毎日がそうであるように。 本日もまた写真日和。毎日がそうであるように。 2019年05月21日
のんびり、まったり・・・好きな写真を好きなように撮り続けてはや10年。 喜怒哀楽に合わせて時を残してくれるカメラやレンズを、私は敬意を込めて“彼ら”と呼びます。 カメラはCANON EOS7DMarkⅡ、それに付けるレンズはSIGMA Art 30mm F1.4 DC HSM お初にお目にかかります。新人スタッフのカメラ話に暫し、お付き合い下さいませ。 私が学生時代から愛用し続けているこの組合わせは 撮影において非常に便利、かつ、実に可愛げのある写真を生み出します。 このレンズが実現するボケ描写はあらゆる...
続きを読む
熱帯植物園 【SIGMA】熱帯植物園 2019年05月10日
今回、私が選んだカメラは、2015年に発売された 【SIGMA dp0 Quattro】です。 これを持って熱帯植物園へ行ってきました。 レンズは14mmF4。 35mm判換算で21mm相当の焦点距離です。 歪曲収差が少ないのが特徴です。 目の前いっぱいに広がる熱帯の植物たちを、 一つとして逃がすまいとシャッターを切ります。 目に映る迫力をそのままに。 dp0の超広角と極限まで抑え込まれた歪曲収差だからこそできる表現ではないでしょうか。 もっとこの熱帯の世界を切り取りたいと、ワイドで...
続きを読む
Canon EOS 8000D+SIGMA 17-50mm F2.8 EX DC OS HSM 【新元号令和、平成を振り返る】私が見た平成の色平成最後の目黒川桜まつり 2019年04月21日
新元号の発表が迫る平成31年3月の終わり。 愛用の一眼レフを片手に初めて目黒川桜まつりに足を運びました。 「さて、レンズはどれにしようか」 初めての場所だし、混雑すれば自由に動けないかもしれない。 広角か、望遠か、単焦点か…。 そうは言っても、機材をあれもこれも持っていけるわけでもない。 そんな時に持ち出すのは、 「SIGMA 17-50mm F2.8 EX DC OS HSM」 2010年にキヤノン用が発売され、かれこれ10年近く経過しますが、 未だに人気の衰えない平成のロングセラー商品となります。 ...
続きを読む
SIGMA MC-21 【SIGMA】マウントコンバーターMC-21発売開始! 2019年04月19日
フルサイズミラーレスLマウントユーザーのお客様、大変お待たせいたしました。 使用できる交換レンズ数が広がる大好評のマウントコンバーター「MC-21」、本日発売開始です! ラインナップがまだまだ限定的なLマウントにあって、既に発売されているEFマウントレンズやSAマウントレンズを取り付けられます。これは素晴らしい。 2019年4月19日時点で、対応を謳うレンズは以下の通りです。 【35mmフルサイズ】 12-24mm F4 DG HSM | Art 14-24mm F2.8 DG HSM | Art 24-35mm F2 DG HSM | A...
続きを読む
NikonD810+SIGMA Art40mmF1.4 DG HSM 【新元号令和、平成を振り返る】【Nikon・SIGMA】写真と音楽 2019年04月10日
『Nikon D810 + Sigma Art40mm F1.4 DG HSM』 1/320 f/1.4 ISO400 WB AUTO -言葉を写真に- 【新元号令和、平成を振り返る】 "時代は進化し続けるけれど、変わらない真髄を探し続ける" 1/160 f/2 ISO640 WB AUTO 「サードパーティー製レンズは安くて気軽に使える…」 という平成のはじめの頃にあった通常の世の中のイメージを、見事に変えてくれたのがSIGMAだと私は思います。 2012年に3つのコンセプト、Contemporary・Art・Sportsで交換レンズの展開がはじまりました。 その中でもS...
続きを読む

[↑TOPへ戻る]