【SONY】 α9 & Planar T* FE 50mm F1.4 極上の解像力とボケ味 | THE MAP TIMES 
Select Language



【SONY】 α9 & Planar T* FE 50mm F1.4 極上の解像力とボケ味

[ Category:SONY|掲載日時:2019年03月04日 13時00分]




SONY α9 + Planar T* FE 50mm F1.4 ZA
SONY α9 + Planar T* FE 50mm F1.4 ZA
F1.4 1/320 ISO-100

いよいよ3月にアップデートが実施されるα9。
アップデートに先立ち、α9を使用したポートレートを紹介します。

今回使用したレンズはPlanar T* FE 50mm F1.4 ZA
SONYとCarlZeissの共同開発された素晴らしいレンズです。
Zeissならではの美しいコントラスト、シャープな解像力に加え、SONY独自の素晴らしい光学性能がつまっています。



SONY α9 + Planar T* FE 50mm F1.4 ZA
F1.4 1/800 ISO-100




SONY α9 + Planar T* FE 50mm F1.4 ZA
F1.4 1/10000 ISO-100

地面においてチルト液晶を使用して撮影。
息を呑むような美しいボケ味、恐ろしい程に解像力の高いシャープネスを持ったレンズ。
手前から奥にかけての滑らかなボケ味に、どこを見てもみとれてしまいます。

それに加えてα9の素晴らしいAF性能に助けられました。
写真を見ての通り、離れた場所から撮影しても、モデルの顔にピントがしっかり合っています。
今回の撮影ではピントの甘さは一切ありませんでした。
間違いなく、α9は精密で素晴らしいAF性能を持っています。



SONY α9 + Planar T* FE 50mm F1.4 ZA
F1.6 1/4000 ISO-100




SONY α9 + Planar T* FE 50mm F1.4 ZA
F1.4 1/4000 ISO-100

夕暮れ、半逆光での撮影。
フードを外して撮影しましたが、ハレーションは気になりません。
逆光で黒い部分も黒つぶれすることはなく、きちんと色が残っている事に驚きました。



SONY α9 + Planar T* FE 50mm F1.4 ZA
F1.4 1/160 ISO-100

モデルのまつ毛一本一本まで、綺麗に解像しています。
恐ろしい程に美しく精密な解像力。



SONY α9 + Planar T* FE 50mm F1.4 ZA
F1.4 1/1250 ISO-100

太陽が出て色が綺麗だと思い、特に考えもせずパッとカメラを向けた画です。
とても鮮やかで美しい色味の写真を撮影出来ました。
こういう咄嗟の撮影は、他のカメラでは色は綺麗なのにピントが甘く失敗してしまう事が多かったのですが、
α9はそういった失敗がなく、しっかりとモデルの目にピントが合っていて感動しました。



SONY α9 + Planar T* FE 50mm F1.4 ZA
F1.4 1/1600 ISO-100

こちらも地面に置いて撮影。
縮小しても色やボケが潰れたり荒れる事がなく、美しい描写力が伝わるかと思います。

今まで何年も他社メーカーのカメラを使用していた私は、この時初めてSONYのカメラを使いました。
正直に言うと、α9の使い方がほとんどわからなく四苦八苦しました。

ですが仕上がりを見てみると、
今までのカメラとは比べものにならないくらいに失敗が少なかったのです!!

逆に言うと、シャッターボタンを押すだけで誰でも簡単に美しく撮れてしまう、恐ろしいカメラだと思いました…
(勿論、構図やライティングは勉強が必要なので、そこで他人との差をつけられます)
α9の使い方は3日もすれば覚えましたので、
使い方がわからなくてもそんなに不安になる必要はありません。

ファームアップ発表の影響なのか、α9は高額にも関わらず非常に人気のあるカメラです。
Planar T* FE 50mm F1.4のレンズも高解像度で、非常におすすめの組み合わせです。
この素晴らしい解像力、AF性能を持ったカメラを、ぜひお客様のその手でも味わって下さい!!



↓今回使用した機材はコチラ!↓











〓〓商品ピックアップ〓〓 〓〓タイムズフォト〓〓

[ Category:SONY|掲載日時:2019年03月04日 13時00分]



≪前の記事 記事一覧 次の記事≫

空を印刷 【写真を楽しむ6月】空を印刷 2019年06月19日
FUJIFILM X100F -今月の空- 6月は梅雨の季節。 防塵防滴のカメラも増え、雨の日でも写真を楽しめる現代ですが、 それでもやはり雨の日は撮影に出かけるのは控えてしまいます。 そんな6月に写真を楽しむ方法のひとつとして、 今までご自身で撮った写真を振り返り、お気に入りの写真を選別・印刷し、 まとめてみることはいかがでしょうか。 私は、毎日の空をFUJIFILM X100Fで撮って楽しんでいます。 今回このブログを書くために、1年間撮り続けた空の写真を整理・選別してみました。 そして...
続きを読む
イメージです 【写真を楽しむ6月】ローライ持って出かけよう! 2019年06月18日
ある日、棚を開けたらローライフレックスが出てきたとします。 「棚からローライ」……出たらいいなぁ… ……なんて願望はともかく、幸運にも二眼レフカメラの雄 ローライフレックスを手に入れることに成功した貴方は、いざ撮影に出かけようとして大変な事に気がつきます。 そう、ストラップがない!! ローライフレックスのほとんどのモデルで、ストラップ取付部が下の写真のような形状になっています。(ローライコードのシリーズは異なります。) 真ん中に心棒が入っているため、通常のスト...
続きを読む
【写真を楽しむ6月】OLYMPUS OM-4 とちょっとそこまで 【写真を楽しむ6月】OLYMPUS OM-4 とちょっとそこまで 2019年06月17日
とある平日の午後。東京都東村山市にある北山公園菖蒲苑に行きました。 北山公園菖蒲苑は東村山駅から徒歩で20分ほど。八国山緑地を背景にした自然公園です。 毎年6月上旬から中旬にかけ、300種、8,000株の花菖蒲が開花し、新東京百景にも選ばれています。 この日、首から下げたのは、OLYMPUS OM-4TiとE.ZUIKO AUTO-T 100mm F2.8の組み合わせ。 コンパクトなボディとレンズは、動き回る撮影にぴったりです。 OM-4Tiは1986年に発売され、電子制御布幕横走りフォーカルプレーンシャッターを持...
続きを読む
紫陽花を見上げる 【写真を楽しむ6月】紫陽花を見上げる 2019年06月16日
手に入れてすぐ、 これはめいっぱい楽しむには一脚必須! と確信した RICOH THETA SC。 今後の様々な撮影シーンを見据え、 小さな三脚付きの一脚を購入し、 紫陽花を見に出かけた際に連れていきました。 たくさんの品種が植えられており、 満開時にはそれは美しいようなのですが、まだ見頃はこれからというところ。 現在は、白と緑が上品なアナベルがとてもきれいに咲いていました。 これがやりたかった、中から! まるでこびとになった気分です。 手持ちではできません...
続きを読む
null 【写真を楽しむ6月】Tokyo Reflection 2019年06月15日
  筆者は昔から、建物のガラスなどに「反射した光」に惹かれ、 気が付けばカメラを向けていることが多くありました。 梅雨に入り、曇りがちの天気が続いております。 晴天のようなドラマチックな光線状態は望めません。 そんな中、「反射した光=Reflection」をテーマに最近撮影した写真を集めてみました。 東京タワーは昔から好きな被写体です。 普通に撮影すると平凡になってしまうため、ビルのガラスに反射する姿を狙ってみました。 道端の道路標識が、車のヘッドライトに照らさ...
続きを読む

[↑TOPへ戻る]