Select Language

【SONY】 α9 & Planar T* FE 50mm F1.4 極上の解像力とボケ味

[ Category: SONY|掲載日時:2019年03月04日 13時00分]



SONY α9 + Planar T* FE 50mm F1.4 ZA
SONY α9 + Planar T* FE 50mm F1.4 ZA
F1.4 1/320 ISO-100

いよいよ3月にアップデートが実施されるα9。
アップデートに先立ち、α9を使用したポートレートを紹介します。

今回使用したレンズはPlanar T* FE 50mm F1.4 ZA
SONYとCarlZeissの共同開発された素晴らしいレンズです。
Zeissならではの美しいコントラスト、シャープな解像力に加え、SONY独自の素晴らしい光学性能がつまっています。



SONY α9 + Planar T* FE 50mm F1.4 ZA
F1.4 1/800 ISO-100




SONY α9 + Planar T* FE 50mm F1.4 ZA
F1.4 1/10000 ISO-100

地面においてチルト液晶を使用して撮影。
息を呑むような美しいボケ味、恐ろしい程に解像力の高いシャープネスを持ったレンズ。
手前から奥にかけての滑らかなボケ味に、どこを見てもみとれてしまいます。

それに加えてα9の素晴らしいAF性能に助けられました。
写真を見ての通り、離れた場所から撮影しても、モデルの顔にピントがしっかり合っています。
今回の撮影ではピントの甘さは一切ありませんでした。
間違いなく、α9は精密で素晴らしいAF性能を持っています。



SONY α9 + Planar T* FE 50mm F1.4 ZA
F1.6 1/4000 ISO-100




SONY α9 + Planar T* FE 50mm F1.4 ZA
F1.4 1/4000 ISO-100

夕暮れ、半逆光での撮影。
フードを外して撮影しましたが、ハレーションは気になりません。
逆光で黒い部分も黒つぶれすることはなく、きちんと色が残っている事に驚きました。



SONY α9 + Planar T* FE 50mm F1.4 ZA
F1.4 1/160 ISO-100

モデルのまつ毛一本一本まで、綺麗に解像しています。
恐ろしい程に美しく精密な解像力。



SONY α9 + Planar T* FE 50mm F1.4 ZA
F1.4 1/1250 ISO-100

太陽が出て色が綺麗だと思い、特に考えもせずパッとカメラを向けた画です。
とても鮮やかで美しい色味の写真を撮影出来ました。
こういう咄嗟の撮影は、他のカメラでは色は綺麗なのにピントが甘く失敗してしまう事が多かったのですが、
α9はそういった失敗がなく、しっかりとモデルの目にピントが合っていて感動しました。



SONY α9 + Planar T* FE 50mm F1.4 ZA
F1.4 1/1600 ISO-100

こちらも地面に置いて撮影。
縮小しても色やボケが潰れたり荒れる事がなく、美しい描写力が伝わるかと思います。

今まで何年も他社メーカーのカメラを使用していた私は、この時初めてSONYのカメラを使いました。
正直に言うと、α9の使い方がほとんどわからなく四苦八苦しました。

ですが仕上がりを見てみると、
今までのカメラとは比べものにならないくらいに失敗が少なかったのです!!

逆に言うと、シャッターボタンを押すだけで誰でも簡単に美しく撮れてしまう、恐ろしいカメラだと思いました…
(勿論、構図やライティングは勉強が必要なので、そこで他人との差をつけられます)
α9の使い方は3日もすれば覚えましたので、
使い方がわからなくてもそんなに不安になる必要はありません。

ファームアップ発表の影響なのか、α9は高額にも関わらず非常に人気のあるカメラです。
Planar T* FE 50mm F1.4のレンズも高解像度で、非常におすすめの組み合わせです。
この素晴らしい解像力、AF性能を持ったカメラを、ぜひお客様のその手でも味わって下さい!!



↓今回使用した機材はコチラ!↓











〓〓商品ピックアップ〓〓 〓〓タイムズフォト〓〓

[ Category: SONY|掲載日時:2019年03月04日 13時00分]

面白いと思ったらコチラをClick!24票


楽器を撮る。

【Canon】楽器を撮る。[2019年12月06日]

楽器を演奏する姿はかっこいい。 カメラを手にしてから、一番に撮りたいと思っていたのが、バンドのライブ写真だった。 私がギターを弾くという事もあり、自然に浮かんだ被写体だったからだ。 ひとつひとつのバンドが個性的で、撮影している時はとても楽しく、過ぎる時間はあっという間だ。 ライブ写真の中で、ギターに注目して今回のブログを書いてみた。 新品のギターも好きだが...
続きを読む
null

【SIGMA】しぐまびより Part33[2019年12月05日]

ひかり。 背の高いビルが立ち並ぶ街の日向と日陰のコントラストは一層強く、 その時その時にしか見れない街の風景の連続だったりする。 あとで撮ろうと思っていたらチャンスを逃してしまう、なんてことは何度も経験しています。 同じ街に何回足を運ぼうが、同じ顔を見れることはない。 何度も何度も通ったからこそ見れる瞬間があるのだと思います。 強くて明るい光と淡くて柔ら...
続きを読む
写真展のご案内 〜『BRITONS images of my memory』

写真展のご案内 〜『BRITONS images of my memory』 KENJI NAKAMURA PHOTO EXHIBITION 2019~[2019年12月04日]

マップカメラでは写真展のご案内を致しております。 本日ご紹介するのは 『BRITONS images of my memory』 NAKAMURA PHOTO EXHIBITION2019 です。 是非足をお運び下さい。 会期:2019年12月7日(土)& 12月8日(日)12:00〜21:00 会場:吉祥寺・オルレアカメラ ギャラリー 東京都武蔵野市吉祥寺本町3-12-3
続きを読む
Nikon Z50 + FTZ + DX 18-140G VR

【飛行機を撮ろう】バイバイ レコンファントム ~午前の部~【Nikon Z50】[2019年12月04日]

Nikon Z50 × 令和元年度百里基地航空祭 【1/200 |F8 | ISO100 | Nikon Z50 + FTZ + DX 18-140G VR】 12月1日(日)は茨城県にて、 令和元年度百里基地航空祭が催されました。 百里基地の名物、 航空自衛隊の偵察機RF-4E/EJは今年度で運用が終了し、 来年度中には同基地のF-4EJ/EJ改も運用が終了するので、 往年の名機「ファントム」を満喫できる最後の航空祭となりました。 行ってみた方も...
続きを読む
大きいけれど何故だか身近に寄り添う1台-PENTAX67II-

大きいけれど何故だか身近に寄り添う1台-PENTAX67II-[2019年12月03日]

PENTAX67、通称"バケペン"と呼ばれるこのカメラ。 一眼レフカメラをそのまま巨大化させたフォルムがまるで お化けの様だと例えられ、長く愛される6x7の中判機。 その中でも今回取り上げる67IIは、 AEファインダーと併用する事によって絞り優先モードの 使用が可能なところが最大のポイント。 これが実際に使ってみると…「コレ無くしては…!」と考えてしまう程に テンポ良く速写が可能...
続きを読む